Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
go

主要訳語: 行く(42)   出かける(12)   出る(8)   いく(6)   進む(6)   帰る(5)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
〜くれ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
〜しそう
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 547
〜しそうになる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
〜しにいく
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
〜てもらいたい
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
〜になる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 158

ある
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 224
いいぞ
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 190
いく
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 385
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 65
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
いなくなる
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 170
うせる
   
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 266
おいとま
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
おもむく
   
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 95
モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 178
かたむく
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 490
くりだす
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
くる
   
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 75
ころがりこむ
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 175
さかのぼる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
さがす
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 150
さがる
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 226
さしこまれる
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 195
さなかに
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 386
すっ飛んでいく
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 582
すむ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 512
する
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 377
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 67
たつ
   
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 51
たどる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 229
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
つきる
   
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 39
つづく
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
つづける
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 477
ときがきた
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
とっとと行く
   
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 54
とる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 283
なくなる
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 201
なす
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 181
なすがままになる
   
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 378
なりそうだ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 182
なりますよ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 188
なる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 201
のこのこ出かけて行く
   
はこぶ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 177
はじける
   
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 584
はやっている
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 129
ひきあげる
   
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 186
ふみだす
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 69
ぷいと出かける
   
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 163
もぐる
   
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 43
もちこたえる
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 258
やっていく
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 12
やる
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 235
やる気
   
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 243
よぎる
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 79

カッカしている
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
ゴーサイン
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 118
スタートする
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275

鞍替えする
   
移る
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
移籍する
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
一走り行く
   
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 222
引きさがる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
引き取る
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
引き揚げる
   
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 213
引取る
   
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 59
化す
   
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 9
過ぎる
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 108
過ぎ去る
   
感じる
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 50
顔を出す
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 296
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 120
寄り添う
   
帰る
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 129
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 315
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 46
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 128
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 144
起こる
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 26
及ぶ
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 43
吸いよせられる
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
駆けつける
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 175
詣で
   
検討する
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
向かう
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
行き着く
   
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 39
行く
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 177
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 238
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 72
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 263
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 27
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 561
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 93
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 38
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 462
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 9
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 13
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 56
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 241
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 370
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 181
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 162
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 44
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 23
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 73
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 103
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 249
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 89
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 114
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 163
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 308
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 258
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 155
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 208
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 238
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 325
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 207
行くぞ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 281
腰をあげる
   
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 32
最期
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 468
仕事にとりかかる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
姿を消す
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 370
指す
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 9
死ぬ
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 178
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 446
失礼します
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 90
失礼する
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 64
手ばなす
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 42
出かけていく
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 73
出かける
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 232
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 136
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 67
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 476
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 159
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 251
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
出ていく
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
出て行く
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 199
出る
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 103
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 254
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 108
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 71
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 407
出掛ける
   
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 104
出勤する
   
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 301
出向く
   
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 76
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
出立
   
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 85
消える
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
消失
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
消滅する
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 283
上がる
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
乗りこむ
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 8
振り込まれる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 184
真っ最中
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 150
進む
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 114
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 221
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 543
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
進める
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 143
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
進行
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 52
進出する
   
尽きる
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 273
遂げる
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 302
生きていく
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 446
生じる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 80
切り出す
   
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 275
接近する
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 101
先をつづける
   
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25
染みつく
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 112
前に進む
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
前進する
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 133
巣立つ
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 319
走る
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 161
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
足を向ける
   
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 169
続く
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 476
退散する
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 178
沈み
   
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 518
墜落する
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
通う
   
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 142
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 129
通る
   
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 47
釣り合う
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 158
撤退する
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 191
転職
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 146
踏み込んで行く
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
逃げる
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 11
動く
   
入る
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 308
破裂する
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 342
廃止する
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 458
飛ぶ
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 120
描く
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 44
不能
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
赴く
   
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 66
部屋を出る
   
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 11
物事の判断を下す
   
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 258
奮闘する
   
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 115
片づく
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 68
歩く
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 366
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 244
歩を運ぶ
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
鳴る
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
戻す
   
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
誘いに応じる
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 72
来す
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
来る
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
離陸
   
立ち回り先
   
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 365
立ち去る
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 247
留守
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 94
留守にする
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
旅に出る
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 109
旅をつづける
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 234
輪に加わる
   
冷える
   
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 149
話す
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 277
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
話をもっていく
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

when the sun does down: 夕方に スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
what with the way things are going: そのうち 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
what is going on: 事情 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 99
what is going on: 情勢 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 226
what is going on: 様子 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 77
what goes on inside: 内面 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
what’s going on?: どうなってんの? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
what’s going on: どういう事件なのか ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 62
what’s going on: 情勢 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 29
want to go to beddy-byes: おねむだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 290
TV is going: テレビがつけっぱなしだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 80
turn to go: 背中を向けて歩きだす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 240
turn to go: 踵を返す セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 87
to go: あますところ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 325
they’re gone: それは過去の話だ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 39
there you go: それそれ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
there we go: ま、いいな 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 137
there they go again: ほらまた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 218
there it goes: 私の目の前で ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 101
the electricity goes off: 停電する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 92
system goes down: システム遮断 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
start going out: おつきあいを始める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 356
something to go on: 手がかり ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 8
so it goes: よくある話だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 187
sb finally go: 亡くなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
sb be gone: (人の)姿はない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 49
quickly go by: 早足で通りすぎる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 88
please go: 帰りなさい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
off you go: さあ、きみの出番だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 234
nothing go right: (人の)身の上にはろくでもないことばかりが降りかかってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
never go away: 決して見捨てない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 63
must go ahead: ここでやめるわけにはいかない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 49
make to go: 辞退する 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 298
love to go: 足繁く通う ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 206
light goes down: 明かりが暗くなる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 289
letting yourself go: なりをかまわなさすぎるぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
let sb go: (人を)お払い箱にする ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 148
let sb go: (人を)くびにする ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 456
let sb go: (人を)放免する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
let sb go: あのまま釈放する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
let sb go: 釈放する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
let oneself go: 〜されるままになる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
let oneself go: 自制心をかなぐり捨てる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 31
let oneself go: 自分をさらけ出す デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 171
let it go: もうほうっておくんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
let it go: 考えるのはよせ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 366
let go of me: 放せ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
let go: こだわりを捨てる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 162
let go: 運命に逆らわない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 162
let go: 何も言わない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 162
let go: 暇を出される デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 15
let go: 見逃す 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 57
let go: 大っぴらに羽目をはずす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 140
let go: 力を抜く ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 222
let’s go steady: ばっちりやろう オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 188
let’s go: よし、乗った ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 453
let’s go: 入れてもらうよ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 158
keep sb going: あれこれと手間がかかる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 31
keep sb going: 手をひかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
keep going: このまま前に進む スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
keep going: 歩きつづける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 200
it was gone: すでに売れてしまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
I’ll go on: このまま帰ります ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 35
how things go: なりゆき 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 120
how’s it going: どう? 元気? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 139
how’s it going: どうでした スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
here we go: よし、できた 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 121
here we go: 読むぞ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
here we go: 問題はつぎです ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 128
have to go: 電話を切る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 234
have something going: また何か企んでる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 213
have gone too far: 出すぎた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 176
have gone to war: 戦場の友 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 45
have gone on: 鳴りだす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 68
have gone back to sleep: 寐ている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 64
have been gone: (人の)姿は消えていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
have a go: 骨折る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 114
has gone: (人が)もういない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
gone to ...: 出張中 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
gone: それもこれも無になった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 316
gone: もうとりこわされてしまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
going through sth: 〜を述べる途中で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 87
going on again: また歩き出す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 296
going on: くりひろげている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
go XX out: 〜ほど沖へでる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
go wrong: 悪事に手をそめる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 236
go wrong: 失敗する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 254
go with sth: 〜と揃いになっている サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 147
go with sb: (人に)ついていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 300
go with sb: (人に)同行する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
go with ...: 〜にふさわしい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
go with ...: 〜説の方だ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 303
go with ...: とりあえず、〜に同調しておくことにする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 91
go wild: 沸きに沸く トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 334
go whole hog: とことん勝負してやる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
go white: 顔色が紙のように白くなる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 186
go way back: ずいぶん古いつきあいよ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 225
go way back: 幼馴染みである クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 89
go way: 帰って トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
you must go easy: お手やわらかに頼むよ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 190
you know how that goes: ご承知のとおり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
you have to let it go: 過ぎたことは悔まず スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
you have to let it go: 過ぎたことを悔やんでもしようがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
you couldn’t expect them go easy: やつらは食らいついたら離さんからな トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 260
you can go to hell: くそくらえ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 103
you are not going to be seen in public with me like that: そんな格好で、(人と)一緒に歩いてもらいたくない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 306
you‘re obsessing. you’ve got to let go of sb: そんな人に執着するのはよしなせい 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 83
would go for an obvious doing: 〜をやったと考えざるをえない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 221
work goes more smoothly: 仕事が捗る 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 66
with an easy smile that goes well with one’s relaxed manner: にこにこと気さくだ フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 49
wisdom to go with one’s aging: 年齢相応の知恵 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 61
will not have to worry anymore about what’s going to happen to one: 先のことを心配しないで暮らしていける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 328
will not be gone a minute: すぐに戻ってくる O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 236
will go out the door: 一瞬のうちに吹っ飛ぶ ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 257
will go everywhere and anywhere: どこにでも出没する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 138
while this hubbub is going on: こうした無拘束な喧噪を前にすると 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 208
wherever sb may go and be: 〜がこの先どのような境涯に置かれることになるかは知らず、なにはさて フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 55
where sb is going: (人の)いわんとするところ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
where one should go after a basehit: シングルヒットを打たれたあとはどこにカヴァーにまわるか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 225
where one is going: (人の)目的地 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 35
whenever one goes down: ひとりがすてんと転ぶたび ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 134
when you get going: いざとなると ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 66
when the war has still been going well: まだ戦況が有利なころ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 397
when a child goes wrong the fault lies with the parents: 娘の不始末は親の不始末だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 123
What the hell’s going on?: どうしたっていうんだろう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 248
what the fuck is going on!: どうなってんだ、いったい? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 192
what on earth is going on?: 何が何だかさっぱり 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 180
what on earth are you going on about: 一体、なんのはなしだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 19
what have gone wrong have occurred in large part as a result of sb’s past: うまくいかなかったのは、元をただせば(人の)過去に起こったことのせいなのだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
what goes on there at night: 夜はどうしてるんだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 157
what goes on inside sth: (物の)事情 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 52
what go on in one’s mind: (人の)内部 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 40
went up ... to have it out with sb just the same: (人と)はっきりさせようと思って出かけていったことは出かけていった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
went through a rough spell: ひどい時期があった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 127
we go to table at once: すぐに食卓に案内される ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 21
we can all go home: われわれはお役ご免だ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 237
we are just going around in circles: これではいつまでたっても堂々めぐりだ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 431
we all go home: おれたち全員無駄足だな デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 518
watch sb’s eyebrows go up: (人の)眉が丸く吊り上がる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
wash until all the mud is gone: 泥がすっかり落ちるまでごしごしと手を洗いつづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
was going to tell sb about ...: さっきは〜の話だった ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 136
was going to be sb: (人を)目ざしていた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
wait patiently for sb to go on the next thing: (人の)話を辛抱強く聞こうとする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 331
very civilly go to meet her with the shawl: ショールをかかえて、うやうやしく御前にすすみでる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 85
venture out to see what is going on: 意を決して外の様子を見に出る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 370
up, up, and away sb go: 高く高く舞い上がる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 198
until now, sb’s life had gone smoothly: それまでの(人の)人生は順調そのものだった カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 123
twelve days to go: あと十二日ってところ ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 24
turn onto the road that’s going to take one to ...: (場所に)通じる道路に車を乗り入れる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 371
time to go sit down again: 開演の時間 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 197
this is going to be great: うれしいな 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 29
think one is going to do ...: やりそうな気がする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
think maybe it is going to be again: もういっぺんもとにもどるかな、と思わないでもない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
things seems to go well enough: 無事に治まっている 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
things just can’t go on this way: そんな状態でほっといちゃいけない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
things aren’t going too well with one’s new lover: 新しい男とうまくいっていない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
things are going well: 羽振りがよくなってくる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
they all gotta go: 全部倒れたらな プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 194
these dramas of ... go on: さまざまな〜が絶えない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 5
there is an eclipse going on: 日食が進行中だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 532
there’s no need to go ahead of what I say: わたしの聞くことをさき廻りしないでください アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 74
there’s a rumor going around that ...: 〜という噂はきいたけど 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 128
there’s a lot of sth going around: いますごくはやってるんだって スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
theory and practice don’t always go hand in hand: 理想と現実は、食いちがいを生じ易い 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 299
the writing goes on: 書く材料には事欠かない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 270
the world go to hell: 生活はめちゃめちゃ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 51
the wheels go around: しゃかりきに〜する ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 138
the weight have gone: 肉が落ちてしまう ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 183
the way one’s day have gone so far: 今日一日のなりゆきから考える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
the two of them go at it again pretty good: (人と)また派手に喧嘩する フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 460
the TV is going: テレビがつけっぱなしだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
the TV is going: テレビが鳴っている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 82
the shortest way to go about this: 問題を解消するのにいちばんてっとりばやい方法 クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 40
the shining desolation that goes on and on: えんえんと続く輝く荒地 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 168
the same go for sb: (人に)話しても結果は同じ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
the rum go out of sb: ラムの酔いはさめる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 35
the phone went dead: 電話は切れた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 208
the old doctor sb used to go to: 通っていた老医 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 16
the ocean is gone: 海が見えなくなる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 73
the more one has to go through because of sth: 〜に苦労を強いられれば強いられるほど スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 286
the moment sb go out to the kitchen: (人が)勝手の方へ去ると 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 58
the man who is going to die: 死刑を目の前にした人間 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 516
the line went dead: 電話が切れた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 488
the line goes dead: 電話が切れる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 158
the light suddenly goes out: 電灯がふっと消える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 94
the lazy drone of the B-29s goes on interminably: B29が鈍い眠い音をたてて何時までも飛んでいる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 69
the guy who goes to Europe and places: ヨーロッパ通の男 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 255
the grand opening have gone very, very well: 開店大売り出しは大盛況のうちに幕をとじた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
the fucking key keep going astray: キーは入ってくれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
the flowers are all gone: 花が一つも見えない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 39
the fire-brigade ladders go up: 消防車の梯子がするするとのびる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
the face is what one goes by, generally: ふつう、顔で見分けがつくんじゃない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 123
the escape went over badly: 脱走が繰り返されがた、どれもうまくいかなかった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 233
the crowds of people always coming and going: たえず往来している群衆 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 157
the crowds have all gone home: みんな家に帰ってだれもいない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 238
the company’ll probably go under: 会社は左前になる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 204
the communications that go on between sb and sb: (人と)(人と)のあいだの心の交流 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 494
the car is gone: 車が行きすぎる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
the balls the hitters let go: 打者の見送ったボール プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
the ball went up over ...: 打球はぐーんと伸びて、〜の上を飛び越した プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 344
that smell goes right to your brain, doesn’t it?: 匂いって、すごいね。何よりもダイレクトに脳に入ってくるんだね 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 89
that goes without saying: わかってるよ、そんなことは タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 240
that’s as far as it goes: それ以外はまったくだめ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 57
tell sb to go fuck off: (人を)バカタレ呼ばわりする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 246
tell sb to go ahead: おおいにやれとけしかける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 97
tell sb one have to go to the bathroom: ちょっとトイレという スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
tell me how it all went: 首尾を聞かせて下さい ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 201
talk sb out of going over there sb want to go: (人が)出っぱっていこうとしたときに、なんとかひきとめようとして説得する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 339
take a train going north: 北陸のほうに向かって汽車に乗る 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 189
sure as hell isn’t going to tell sb: (人に)素顔をみせるつもりはない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 228
stir any emotional reminiscence of days gone by: 懐旧の情をそそる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 463
sth that go on at ...: 〜でひらかれる〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
sth go a long way to do: 〜するときには(物が)モノをいう バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 39
sth all at one go: 〜をひっくるめた ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 215
start to go wrong: ぐれはじめる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 180
start going out together: 交際しはじめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 378
something had gone wrong: 何かよくない事態が起こった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
someone to go out and get the other person ready: 相手の稽古台 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
some floodlights went on: 投光器の灯りにスイッチが入った プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 230
so how did the first day on the job go: どうだい、初日の感触は 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
sitting far gone in rum: ラム酒に酔いつぶれて スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 17
should have gone into ...: 本来なら〜に直行していたはず プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 27
see why one had sb going a while: (人が)どうして呆然となったか、理由がわかる O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 12
see what the hell is going on: どんなようすか見る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 106
see what’s going on: いったいどうなっているのかご視察なさる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
see much of the same horrible stuff that goes on in all prisons: 全国どこの刑務所でも見受けられるおぞましい光景を目撃する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
see just where sb be going: (人の)意図をさとる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 102
see a lot of what’s going on like that: こういうことに目がさとい デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 262
secretly go to sb and ask him to do: 蔭へ回って(人に)〜するよう頼む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 200
scoot down the hall going: 廊下をいそぐ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
sbs are coming and going: (人たちが)どたばたと出入りする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 313
sb, whose eyes have gone in the general direction: いままで法廷全体をながめわたしていた(人) ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
sb think sb really have something to go by: 何か確証を握ってる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 46
sb isn’t going to stop me: (人)なんかに邪魔されてたまるものかっ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
sb is now going to ...: これから〜しようとしている(人) スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
sb is going to do ...: 〜してくれるって トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
sb’s words go off like firecrackers, with terrific speed: まるで爆竹のように恐るべき早口でぽんぽんまくしたてる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 188
sb’s heart is going crazy: (人の)心臓が鐘みたいに鳴り響く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 399
sb’s hearing is almost gone: (人の)聴力がほとんど失われてしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60
sb’s health goes into a rapid decline: (人の)健康が急速に衰える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 383
sb’s fevers go up: この前より熱がでる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 35
sb’s eyes go to sb: (人の)方に目をやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 31
sb’s eyes go back on sb: 目が衰える マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 403
rise to go to the next room: 次の間へ立つ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
rest like one is going to do: (人の)予定通りに休む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 147
really go for sb: (人に)本気でかかる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 104
promise to go to dinner with sb: ディナーをつきあう約束をかわす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 257
please go to ...: 〜においでください トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
plantings that went in when ...: 〜したときに植えてあったもの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 113
people who apparently go there: 常連とおぼしき人たち プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 366
party be going on: パーティーがひらかれている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 96
only three days to go: あと三日だ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 290
only go to support sb’s belief that ...: 〜は(人の)説を、あるいは裏付けているのかもしれない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 195
only go on for a while: そんなに長くつづけていたわけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
one out to go: あと一人で試合終了 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 393
one oneself always go to bed late: いつでも遅くまで起きている男だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 243
one can’t go on: もうこれ以上は我慢できない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 212
one’s wind is gone: 息がつづかない フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 256
one’s students before going home: 帰りじたくをはじめた生徒 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
one’s story goes before one: (人の)噂は(人より)早く、人々の耳に届く ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 34
one’s position goes from bad to worse: 一方的に(人の)旗色のわるいものとなってくる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 231
one’s night wasn’t going well: 今夜はついていなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 508
one’s mind going back to the past: 昔のことに思いをはせながら アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 211
one’s mind go briefly back to ...: (人の)心はつかのま〜にひきもどされる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
one’s mind go back to work on it: (人の)頭はくりかえしその考えをもてあそんでしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
one’s legs go weak: 足がすくむ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 227
one’s legs go scissoring up the walk to ...: 脚を交差させながら、〜へ歩みよる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
one’s face has gone dead pale: 顔は死人のように真っ青 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
one’s doubts will be gone: 疑いもはれるだろう 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 177
one’s body let go: 全身の緊張がゆるむ 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 58
once one get going ...: (人が)しゃべりだすと勢い〜 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 74
once go so far as to do: それのみならず〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 170
on one level sb’s life probably seems to go in good place: (人の)人生は、外目には、けっこう順調にいっているように見えるかもしれない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 547
often come and go: 出たりひっこんだりすることが多い スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
occasional rendezvous for lunch have been going on: ときたまランチをともにしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
nothing seems to be able to keep it from going right: どう転んでも悪いようになるはずがない、と気が大きくなる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 254
nothing have actually gone wrong: 実際には何も不都合はない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
note everything that came and went as the minutes passed: 刻々の動きを残らず頭に入れる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
not go into ...: 〜に見向きもしない サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 71
not go far enough: どうも不十分な気がする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
not a thought of sth is going through one’s mind: 〜のことはこれっぽっちも頭にない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 41
no one is going near sb: みんな警戒して近よってこない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
no one came or went: 人の動きは途絶えた ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 202
never let sb go: (人を)捕らえてはなさない ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 54
never know when to let go of things: (人には)いつ引き下がるべきかがわからない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 447
need to go further: 無性にその先をしゃべりたくなる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 60
need to get going: 早く〜しなければ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 119
much talk goes on: おしゃべりに花を咲かせる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 90
much of sb’s sharpness is gone: (人の)持ち前のシャープさがすっかり影をひそめる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 427
might have realized that something strange was going on: うまくなかったことをかすかにおぼえているかもしれない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 156
might go for it: すんなり決まりかもしれない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 96
make sure that the right body go off to the right family: 遺族に間違いのない遺体が届くようにする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 274
make sure sb would go to sleep: (人を)しっかり寝つかせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 183
make sb go calmly through what has occurred: (人に)事の次第を語らせる デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 491
make sb go back: 〜を引き止める フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 55
make ready to go home: 帰りじたくをはじめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
make it go up to over the thermometer: 温度計で計れないくらいに熱くする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 274
Love Makes the World Go Round: 愛は世界を動かす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
lists go forth every evening: 名簿は毎夕発表される ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 177
listen to sb’s words go stumbling on: しどろもどろにしゃべり続ける(人の)言葉を聞く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
like the idea of sb being gone for a while: (人を)少しのあいだでも厄介払いできればという気持だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 220
lights are going on: 窓に明かりがつきはじめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 367
letting go a trial balloon: ためしに〜してみる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 74
let three days go by without dropping over: 三日にあげず顔を出す 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 98
let sth one go by: ほうっておくんですよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
let sth go natural: 〜を自然のまま野放しにする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 101
let oneself go on thinking about ...: 〜をうだうだ考える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 103
let oneself go in a breathless outpouring: 息をもつかず述べ立てる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 399
let me give it a go: まあとにかくできそうだ ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 249
let it go on ringing: 鳴らしっぱなしにしておく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 19
let it go at that: そういうことにしておく ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 135
let go of sth: 〜をとり落とす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 206
let go of sb’s face: (人の)顔を放す タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 160
let go of sb: (人と)放す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
let go of sb: (人の)体を放す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 113
let go of ...: 〜を揺する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 218
let go of ...: すべてを忘れる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
let go and run for sb: (人を)探して散り散りになる グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 37
let’s go on later: またつづきはあとで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 269
leave sb and go home: (人の家から)帰る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 65
leave A and go to B: AからBに渡る ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 239
learn to go with ...: 〜のやり口をうまく受け入れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 501
know what is going on: 事情がわかっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 345
know one is not going to do: この先〜できるという見込みもない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
kind of go into a funk: まるで崖から突き落とされたみたい デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 153
keep worrying about whether sb is going to do: いまに〜しないかと気になって仕方がない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 183
keep on saying that one is going to die: 自分で死ぬ死ぬっていう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 101
just to make sure sth has gone: もう〜はどこにもいないとなるまで フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 31
just let it go: もう忘れろよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
just keep letting sb go: 毎度放免している クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 230
just go with the attacks: パニックが起こるのに任せる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 254
just go on pushing sb: やってみるんだな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
just crawl into bed and go back to sleep: ベッドにもどって寝てなきゃ駄目よ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
just be not going to do it: ぷいとそっぽを向いて、それでおしまい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 114
joke is gone out of it with ...: からかい気分も、〜によって跡形もなく消失した ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 104
it would never go any further than that: それ以上のことはない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
it wasn’t going to work out: もう駄目だと思う プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 239
it was a good time gone bad: 楽しみの度がすぎた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 206
it isn’t going to help none: うまくいくわけない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 200
it isn’t going to do no good: そんなことしたってどうにもならねえぞ! カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
it is something going around: 何か具合の悪いことがもちあがっている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 323
it is just gone: 影も形もない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
it is impossible to go to bed: 気がたかぶって、とうてい眠れそうもない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 158
it is going to be frozen over outside: 外は凍りつきそうに寒い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 325
it is enough just to go through the motions of performing one’s duties: おつとめだけ果たせば足りる 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 150
it is difficult to work out what is going on inside sb’s head: (人が)どう考えているのかは傍からおし測ることは難しい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 65
it is about as nice a way to go as there is: ちょっとないくらい気分のいい旅になる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 247
it has all gone wrong: すべてが挫折したのだ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 41
it has all gone for nothing: みんなだめになってしまった ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 143
it goes through and through sb’s head like an earthquake: 地震みたいに脳天までぐらっとくる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 130
it goes through and through sb’s head like an earthquake: 頭がすっかり地震みたいにがんがんする ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 139
it goes on and on that way: まあ、こんな調子なのよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 124
it goes beyond right and wrong: これは正邪を超えた問題である トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 247
it’s touch and go: 微妙なところだ ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 243
it’s time to go: このあたりが潮時だ セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 37
it’s still going to be a lot of years: この先何年も何年もかかるだろう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
it’s obvious you’re not going to do: 結局〜しないつもりだね? ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 448
it’s not the way to go on at all, though they swear blind that it is: 奴らが何と言おうと、そんな人生ってあるものか シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 57
it’s as low as one can go: これ以上はビタ一文まからない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
it’s as low as I can possibly go: こっちはぎりぎりまで譲っている バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 322
isn’t going to let sb in: なにがあっても(人は)家に入れないぞ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
invite sb to go out to ...: (人に)(場所)に来ないかと言う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 327
immediately go off on a crying: わっと泣きだす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 168
if this goes on, ...: このぶんでいくと、〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 253
if things had started to go badly: いざとなったら 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 104
if sth will make one’s love go sour, then it isn’t meant to last anyway: 〜で2人がだめになるならなればいい 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 78
if one go on the way one have been: このままじゃ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 158
if ..., it will go unreported: 〜場合には、公表しないほうがいい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 224
I wish sth would go on forever: 消えるのが惜しい 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 7
I want to go over something with you.: 折り入っての相談だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 292
I thought we went past that: そのことはもうすんだはずじゃないか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
I thought it was going to be ...: 〜だと思ってたのに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
I think that pretty much goes without sayin’: そりゃまあ、そうだろう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 242
I think sb is going to kill sb: (人を)生かしておくまい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
I think ... probably go beyond that: 〜はただそれだけではあるまい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
I see where you’re going with this: だんだんわかってきた コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 29
I need to know what’s going on: 何がどうなってるのか知りたい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 579
I have to go now: ちょっと用事があるんだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 298
I have to go: 今ちょっと用事がある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 302
I don’t suppose sb’s experience has gone very far: (人の)経験がそれほど豊かだとは思わない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 190
I don’t know what in God’s name is going on: まったくいったい全体何がどうなってるんだい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 159
I can’t go on: やりきれないわ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 70
I’m not going to have sb saying ...: 〜なんて(人に)いわせはしない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
I’m going to tell your mother just how bad you behave: そんなお行儀の悪い恰好をして、ママに言いつけますよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
I’m going to see you do: おれが〜してやる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 64
I’m going to offer you the best deal of your life: 生涯最高の超特価でご奉仕しますよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 170
I’m going to have to call ...: 〜に通告するぞ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
I’m going to get you for this: お返しはさせてもらうよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
I’ll go right out: いま、とってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
however far one go: 行っても行っても 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 119
how to go about ~ing: 〜する要領 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 306
how the Steering Committee meeting had gone: 情報委員会の首尾 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 246
how far sb is willing to go to do: 〜するためには手段を選ばないつもりでいる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 93
how are things going: 異常はないか マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 279
how ... is going: 〜がどう受けとられるか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
houses go up in flames: 家が燃えさかる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 138
here we go again: とにかく、もういっぺんやってみるか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
hear something go in one’s arm: 腕に異状を感じる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 188
he knew he was gone: これでお払い箱になるのはわかっていた ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 464
having gone through that kind of experience: 二度の体験にこりて 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 94
have to go without sb: 〜を置去りにして出発しなければならない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 244
have to go to ... to get respect: まず最初に〜で高い評価を受ける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
have to go down oneself and do: かわりに行って〜をやらなくちゃならない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 324
have to find out where one want to go: 自分の行きたい道を見つけ出さずにはいない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
have to be going on: 起こらざるを得ない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
have started going strong with another girl: ほかの女の子といい仲になっていた ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 146
have so little to go on: 手がかりがあまりにも少ない アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 35
have Rod Stewart going full blast: ロッド・スチュアートをがんがん鳴らす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
have rather an odd way of going about things: 話を奇妙なふうに持ちまわる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 387
have one’s cigarette going: 煙草に火をつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
have nowhere to go: どこに避難するあてもない 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 129
have now gone on for XX months: 〜がXXカ月に及ぶ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 128
have not entirely gone: 一部には残っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
have no place to go that’s better than this: ここにいるのがいちばん スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 276
have no idea what’s going on here: なにがどうなってんだかさっぱりわかりません タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 106
have no idea at all what is going on: 事態がどういうことか判らない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
have got to know something’s going on: なにかあるってことには気づいている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
have gone with sb: (人と)駆け落ちした カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 286
have gone up in smoke overnight: 一夜の火災に跡形もなく消え失せてしまった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 386
have gone too far: これは調子にのりすぎだ シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 167
have gone pretty far in the emotional pathway: 精神的にも、ずいぶん奥の深い体験をした ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 118
have gone out to see a show: 観劇に招ばれていない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
have gone flying across America: アメリカ全土を飛びまわった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 319
have gone far enough: ちょっとやりすぎる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
have gone and said more than sb meant to: つい心にもないことを言ってしまう 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 7
have gone a couple of rounds: (人の)喧嘩が第三ラウンドあたりに達している カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 245
have a hard time going without a woman’s intimacy: 女性との深い関係なしで長い期間暮らすのは、(人)には辛いことだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393
have a go at sth: 〜をしっかりやる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 82
have a go at sb: (人に)食ってかかる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 58
have a certain freedom to come and go as one please: 行動の自由を持っている ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 40
grow worse as one go on: 悪くなるいっぽうだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 126
grow less interesting as it go along: しだいにおもしろくなくなる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 84
gone to seed a bit: ちと焼きがまわったか イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 228
gone as if never have been: 嘘のようになくなる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 105
gone are the days of ...: 〜の時代は過去のものとなる トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 210
Goddam cigar went out: 葉巻が消えちまってね タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 24
go without my coffee: コーヒーをたつ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 24
go with the full force: 総力をあげて戦う ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 150
go with sb on ...: (人に)〜をつきあう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 408
go wide of sb: (人の)手もとから大きく外れる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 236
go way over budget: 予算をえらくオーバーする 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 130
go upstairs and do one’s homework: 二階で宿題を片付ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 395
go up to sb: つかつかとそばへ寄る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 220
go up to bat: 打席に入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
go up to ...: 〜に乗り込む ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 144
go up the road: 街道づたいに行く ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 376
go up one ramp and down another: 高速のランプを昇ってすぐ降りる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 332
go up into the foothills: 山麓をめざす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 119
go up in flames: 火だるまになる ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 198
go up for one’s last sentence: 最後に食らい込む セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 185
go up and down blocks in strange neighborhoods: 知らない町のあちらこちらを歩く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
go up and down: 上がったり下がったり プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch