× Q 翻訳訳語辞典
way   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜通り
   
twelve ways: 一二通り ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 9
〜方
   
enquire in a loose and general way: 漫然と不得要領のききかたをする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 26
〜法
   
a way of committing suicide: 自殺法 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 145

あり方
   
いい分
   
each have said his way: それぞれのいい分をいった スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 38
かたち
   
will not force him to remember her that way: そういうかたちで女のことを思いださせたくはない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 206
in some way or the other: 何らかのかたちで デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 167
by way of the beeper: ポケットベルというかたちで ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 71
かわり
   
by way of a greeting: あいさつがわりに クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
きっかけ
   
there is no gracious way for one to withdraw: うまく座を外すきっかけがない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 82
くせ
   
one’s featherbrained ways: そそっかしいくせ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 356
さま
   
have a human look about them the way they stand up close to one another: ぴったりと寄りそって立っているさまは人間のようでもある ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 132
しぐさ
   
the way sb run sb’s fingers through sb’s hair: 髪に指を走らせるしぐさ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 298
even the way you light a cigaret: 煙草に火をつけるしぐさひとつにも カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 126
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
じりじりと近づく
   
edge one’s way toward ...: じりじりと〜に近づく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 133
すべ
   
way for doing: 〜するすべ サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 134
there is no way of guessing: 推測するすべはない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 46
there’s no way to know if ...: 〜かを知るすべはない ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 241
no way of knowing: 知るすべはない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 144
Is there no other way to tell if a string has Buddha-nature?: 糸が仏性を有するかどうかを知るすべはないわけかい? ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 245
have no way of doing: 〜するすべはない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 334
ずいぶん
   
be way early: ずいぶん早い サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 190
ずっと
   
sit way in the back of ...: 〜のずっと後ろのほうに坐る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 286
そうしたもの
   
that’s the way things are: 世の中そうしたものでね クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 320
それ
   
life can be that way: それもまた人の世だよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 48
てだて
   
way to do: 〜するてだて 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 42
ところ
   
have a compelling way about one: どこか強引なところがある ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 55
be already settled in its curious way: 妙に〜は、すでに落ち着くところに落ち着いている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 559
ところで
   
half way through his first pastis: 一杯目のパスティスを半分飲んだところで メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 65
ならわし
   
quickly come to know much of the ways of ...: 手早く〜のならわしをたくさん覚える ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 124
はるかに
   
be way beyond anything that one know about: (人の)常識をはるかに超える ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 173
やりかた
   
that’s the way corporate America works: いかにもアメリカ株式会社のやりかたですが プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 46
in the sort of candid way that probably too few siblings ever do: 普通の兄弟のあいだではまず見受けられないであろう率直なやり方で ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
やり口
   
sb’s commanding way: 有無をいわせぬやり口 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 136
in rage against the way ...: 〜というやりくちに腹を立て ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 14
be troubled by the way ...: 〜のやり口が気に入らない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 32
やり方
   
the way one have been with sb: (人に)対するやり方 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 159
play sb’s way: (人の)やり方に従う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
particularly in a rambling way: まったくとりとめもないやり方で ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 368
one’s way of ...: (だれかの)一流のやり方 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 83
like the way ...: 〜するやり方に、心を惹かれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 521
in sb’s way: 〜流のやり方 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
in one’s gentle, familiar way: (人の)いつものおだやかなやり方で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
hurt sb in shameless and cruel ways: (人の)ことを厭わしい、醜いやり方で傷つける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 304
have got a way to do too: 〜しかたにだってやり方がある 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 190
have a way with the facts which can be ...: 〜ともとれるやり方で事実を扱う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 292
ようす
   
with a solemn way one have: いつものもっともらしいようすで スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 89
よすが
   
provide a way of doing ...: (〜する)よすがになる 三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 159
らしさ
   
a policeman’s way of doing ...: 〜する警察官らしさ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 199
わけ
   
the way of sb’s coming: (人の)やってきたわけ オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 140

コツ
   
have a way about ...: 生まれつき〜のコツを知っている キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 141
チャンス
   
no way sb can ...: 〜するチャンスはゼロ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24

意志
   
have one’s way: その意志を貫く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 206
意識
   
in a confused way: ひどく混乱した意識で ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 26
意味
   
in all ways: あらゆる意味で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
一路
   
throb one‘ way nor’-nor’-west: 爆音高く一路北北西に向かう マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 455
遠い
   
quite a way from ...: 〜からはちょっと遠い メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 100
横丁
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
可能性
   
know of any way ...: 可能性を思いつく ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 241
格好
   
can’t go to ... that way: こんな格好で(場所に)行けない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 367
恰好
   
be bent forward in this queer way: 妙な恰好で前のめりになる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 119
感覚
   
in some peculiar, self-destructive way: ある異様な自滅的な感覚で キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 160
観点
   
think about sb’s stories in new and substantial ways: (人の)話をまた違った、実のある観点から眺める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 592
距離
   
walk a short way back almost to where the cross stands: 〜の近くまで、みじかい距離を歩いてもどる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
a long way: 長い距離 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
具合
   
this way: こんな具合に プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110
the way one lowers one’s face to sth: その顔の近づけ具合 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 58
   
to describe it another way: それは別の形でいえば 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 26
in a fairly subtle way: なるべく婉曲な形で サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 18
   
a way into ...: 入りこむ隙 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
見方
   
resent the way this whole event is being viewed: この事態についての世間のものの見方を、承服することができない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 482
言いぐさ
   
what a way to speak of sb: 〜に対して何という言いぐさだ アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 12
言葉
   
woo sb in one’s soft way: 甘い言葉で誘う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
be from the way sb: (人の)言葉のせい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
個所
   
in all sorts of ways: あらゆる個所に キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 70
悟り
   
The Path to The Way: 悟りに至る道 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
   
it is not difficult to find some way of supplementing sb’s income: 内職の口は払底でもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
口ぶり
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 12
口実
   
an acceptable way to refuse it: 断る態のいい口実 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 70
向かう
   
say on the way to ...: 言いながら〜に向かう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 198
工合
   
in this way: こんな工合ですから 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 65
考え
   
look at sb in one’s twisted way: ひねくれた考えで(人を)観察する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 269
行く手
   
stand somewhat in sb’s way: (人の)行く手に立ちふさがる O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 148
block sb’s way: (人の)行く手を塞ぐ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
行く先
   
block sb’s way: (人の)行く先へ立ちふさがる 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 9
行為
   
if it were in the nature of traitorous way to thrive: もしかかる通敵行為がそのまま栄えるものであったならば ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
姿
   
the way it is meant to be: あるべき姿 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 88
思案
   
easy way: うまい思案 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 60
糸口
   
there’s always a way: どこかに必ず糸口がある 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 200
事実
   
the way in which ...: 〜という事実 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 111
   
this is the only way to do: この一手以外に〜する方法はない 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 228
there are ways: いろいろ手はあるさ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 52
send sb message that way: (人に)その手で意思表示する ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 173
a better way: もっといい手 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
手ぎわ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 485
手だて
   
There's no way to stop it, and who's to say we should: それをとめる手だてはなく、とめるべきだという論拠もない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 69
Is there any way of tracing these books?: そういった本を追跡する手だてはないんですか? ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 272
if there’s a way to do ...: 〜する手だてがあるものなら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 351
have been able to discover no way to do: 〜する何の手だても見つからない 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 117
find a way to take care of oneself: 生きていくための手だてを、自分で見つける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 364
find a way to ...: 〜する手だてを考え出す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 77
a way out of this: この窮地を脱する手だて クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 513
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
手つき
   
the way one is always fussing sth: たえずそこをいじくる手つき トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
the way one do: 〜する(人の)手つき 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 168
sweep one’s hat off one’s head in a very elegant way: 気どった手つきで麦わら帽をさっと脱ぐ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 64
in one’s clumsy way: 独特のぶきっちょな手つきで キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 33
手のうち
   
show sb the way: (人に)手のうちを明かす フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 144
手はず
   
the way sb work ... with sb: (人と)そういう手はずになる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 340
手口
   
this nasty brawler and the obvious ways that he cheats: この汚らわしい芝居がかった男と(人の)見えすいた手口 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 314
手順
   
They'd run the whole slate that way: この手順で、彼らは全レースをためしてみるんです スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
手蔓
   
actually be the way to do: 〜するのにかっこうの手蔓 フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 172
趣味
   
that’s not my way: おれにそんな趣味はない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 6
   
the way sb get sb’s wealth: 蓄財の術 ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 171
know the way: 〜する術を心得ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
have no way of knowing ...: 〜か知る術もない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 474
勝ち目
   
there is no way one will win this argument: この議論に勝ち目はない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
場所
   
I knew the way: 場所はわかっていた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 33
常識
   
become the American way: アメリカ企業の常識になる サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 243
状態
   
the way one be: あの状態では クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
心の部分
   
in other ways: 心のべつな部分では クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 132
振る舞い
   
grow strange in one’s ways: 奇妙な振舞いをするようになる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 39
対策
   
the obvious way to do: 〜する最も確実な対策 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 269
態度
   
sb’s offhand ways: (人の)むぞうさな態度 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 74
sb’s kind way: (人の)親切な態度 ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 131
look at ... in an understanding way: 〜に対して(人が)理解ある態度をしめしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
断行
   
finally have one’s way: だから良いと思う所を強いて断行する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 185
調子
   
say in a leisurely way: どうでもいいような調子で言う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 311
listen to me in one’s usual way except for an occasional ...: 何時もの調子で〜といってくれる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
in a very confrontational way: 詰問するような調子で ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 206
in a gentle but explicit way: 穏やかだが、うむをいわさぬ調子 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 572
be very much like the way ...: 〜と同じ調子 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 22
be in some misty way: 何か夢現のような調子ではあったが ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 26
通りに
   
the way I tell you to: 俺の合図通りに クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 36
程度
   
in different ways: 程度の差こそあれ オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 35
展開
   
the way the night have turned out: この夜の思いがけぬ展開 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 284
   
be on one’s way home: 帰国の途につく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
途中
   
go over procedures on the way over: 途中でもう一度、作業手順の打ち合わせをする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
逃亡
   
send any help one’s way: (人の)逃亡を助ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 477
動作
   
one’s curt and cold ways: 時々の素っ気ない挨拶や冷淡に見える動作 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 14
   
way around ...: 〜を避けて通る道 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 223
there is no easy way to do: (〜する)早道といったものはない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 337
the quickest way to ...: 〜への一番の早道 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 372
take the easy way out: 安易な逃げ道をとる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332
stop on the way home and do: 〜の帰り道、(場所)によって〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
pave the way: 道をならす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 46
on the way over: 道々 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 105
on one’s way back: 帰り道 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
make a way for sb: 道をあけさせる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
lose one’s way: 道を踏みはずす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
knowing one is going the right way: この道でいいと確信しながら レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 94
go the way of ...: 〜とおなじ道をたどる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 229
go out of one’s way to do some kind of job on sb: (人に)対して道をはずれた行為におよぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
find a way to change things: 世の中を変える道を見いだす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 393
empty can out of one’s way: 通り道にころがっていた空缶 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
clear the way for ...: 〜の道を開く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 16
begin to follow one’s beloved true way: 自分の好きな道を歩き出す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
be determined to do one’s own way: 自分の決めた道を何がなんでも突き進もうと心に決めている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 489
be absolutely mystified about which way to go: どの道に進んでいいのか五里霧中の状態だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
be about the only way that ...: 〜するより外に道がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
a place of no third way: 第三の道のないところ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
道順
   
Oh I know the way: 道順は知ってる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 58
ask the way to ...: 〜への道順を尋ねる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 197
破目
   
it have just never worked out that way: 一度もそういう破目には至らなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 493
抜け道
   
have one’s ways: いろいろ抜け道を編みだしている レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 25
反応
   
go quite the other way: それと逆の反応をしめす ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 287
   
force sb’s hand and get one’s way: (人の)手を借りてみずからの扉をこじあける ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 22
表現
   
a very complicated way of saying that ...: 〜というには、だいぶもってまわった表現である マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 71
   
be disposed of this way: こんな風に始末される クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
   
she is queer to handle till sb know her way: あの船ときたら、癖をのみこむまでは一筋縄ではゆかん スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 186
   
secretly look sb’s way: (人の)方をそっと振りかえる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 102
not the way sb is angry: (人の)ような怒り方はしない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
be not supposed to die that way: あんな死にかたをしてはいけないわ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 238
方向
   
run hard the other way: 脇目もふらず逆の方向に向かって走る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 232
point the wrong way: あらぬ方向へ向ける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
方式
   
way to do: 〜する方式 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 271
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 72
方便
   
方法
   
try to think of a way to do: 〜する方法はないだろうか、と考える 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 114
there are only so many ways to do ...: 〜をやる方法は限られている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
the way sb do sth: 〜の運営方法 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
the easiest way to do sth: 〜する最良の方法 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
the best way: 最良の方法 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
pick a very unusual way of training sb: すごく変わった方法で(人の)トレーニングをする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 35
be a good way of doing: 〜は〜する絶好の方法 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 209
a way to enhance communication with sb: (人)との交信方法 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 89
a dozen ways: 方法の十や二十 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
   
set up a way of contacting sb: 〜あての連絡法を決める クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 156
   
in many ways: いろんな面で ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 531
面持ち
   
the excited way sb discuss ...: (人が)〜のことで興奮した面持ちで語り合う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 85
様子
   
strut toward ... in one’s superior way: もったいぶった様子で近づいてくる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 205
in a most tentative way: なんとも困り果てた様子で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 270
can tell by the way that sb is acting, that ...: (人の)様子から、〜らしいと推察できる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 479
流儀
   
the ways of ...: 〜の流儀 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 105
profile sb one’s way: 自分の流儀で(人の)プロフィールを紹介する クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 248
one’s way is to cause whirlwinds: 何をするのにも波風を立てるのが〜の流儀だ ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 70
旅路
   
one’s one way home is by way of dying: 故郷への片道切符は死出の旅路である ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 96
   
mean to earn one’s own way through: 自分の力でやっていくつもりだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 409
   
be just one way: 一例にすぎない コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 77
話の脈絡
   
lose one’s way: 話の脈絡を見失う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 269

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you do have a way with words: お上手ね
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 160
work one’s way in: 割りこむ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 477
work both ways: マイナスもプラスもある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 51
what with the way things are going: そのうち
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
way to go: がんばれ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
way sb acts: やることなすこと
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 45
way one talk: 口ぶり
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 135
way off alone: 騒ぎをよそに
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 7
way of speaking: 物言い
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 124
way of ...: いつもこうする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
way down: 最たるもの
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 102
walk out on one’s way: 家を出る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 111
under way: 展開中
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 232
turn the other way: 踵を返す
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 198
this way ...: それゆえ、〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 250
this way: いらっしゃい
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 44
this way: こうした
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 74
this way: こちらへどうぞ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 53
there is no way to say no: 断れない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 289
there’s no way: 冗談だろう
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 131
the whole way: ずっと
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 168
the way sth look: 〜の景色
the way people behaved: 人の動き
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 65
the way ... have behaved toward sb: 〜の処遇
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 238
the way ...: 〜とそっくりの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
the way ...: 〜と同じような感じで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 131
the way ...: 〜のしぐさ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
the way ...: 〜のとおなじ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
the way ...: 〜のようなものだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
the way ...: 〜の常で
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
the way ...: そうやって〜した
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 104
the way ...: ちょうど〜するようなものだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
the other way round: あちらへ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 99
that way: そうすりゃ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 225
that way: そうやっておけば
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
that way: そっち
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 401
that way: だから
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 36
that’s the way: あいかわらずかい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 147
that’s the way: そういうことか
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 17
that’s the way: よくできました
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 235
talk one’s way out of ...: 〜を断る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 197
suggestive way: 意味ありげに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
straight thata way: ここをまっすぐです
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 58
stand in the way: 邪魔する
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 53
sb’s way: (人の)ほう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
sb’s way: (人の)経験の埒内
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 105
sb’s way: そういうときの(人)
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
point the way: ヒントを出す
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 169
peer both ways: 油断なく左右に眼をくばる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
pass on one’s way: 次へ行く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 146
out of one’s way: 寄り道
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
our way: こちら
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
one way or the other: それでも
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 9
one way or the other: とにかく
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 90
one way or another, ...: 結局は〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
one’s odd ways: (人の)奇人ぶり
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
on the way out: 帰りに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
on the way home: 帰る途々
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 20
on the way home: 帰る道々
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 356
on the way back: 帰りには
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
on the way back: 帰途
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 38
on the way: その途中
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 23
on one’s way to work: 出勤途上
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 259
on one’s way out: 出がけに
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
on one’s way home: 帰りに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
on one’s way home: 帰りみち
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 139
on one’s way back: お帰り
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 5
on one’s way: (人の)前に出るまでは
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
on one’s way: 向かっている
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 29
no way ...: どう考えても〜
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
no way: 〜じゃないぞ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
no way: こんなことがあるわけはない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
no way: だれが〜するか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
no way: とても無理だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
no way: とても無理な相談
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
no way: とんでもない話だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 337
no way: まさか
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 22
no way: 冗談じゃない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 337
no way: 無理だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
make one’s way: 進む
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 391
make one’s own way of life: 自活する
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 18
look both ways: あたりに目を走らせる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 221
lead the way: 先に立って歩きだす
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 150
just under way: 始まったばかりの
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 145
just part way: ちょっと頭を突っ込む程度
just down the way: 近所の
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
in uncharacteristic way: (人)らしくもない〜な態度
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
in two ways: 二重に
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 108
in this way: かくして
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 86
in this way: こうして
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 68
in this way: そうやって
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
in the way that women have: 女だけに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 171
in the right way: まともに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 561
in that way: そうすりゃあ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
in that way: それだと
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 346
in that way: だから
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 59
in some ways: いろいろな点で
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 10
in some ways: 考えてみれば
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 73
in some way: ある意味では
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 71
you know his way with metaphors: 例によって真似手のない比喩さ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 160
you could tell by the way sb ask: そのきき方から判断して
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 176
you can hear ... all the way down the street: 通りのずっと端っこまで全部筒抜けに聞こえる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
you can die by misadventure in a thousand ways: 人が非業の死を遂げる原因は千もある
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 126
you are not allowed to check sth out that way: 〜をそうおいそれと外へは持ち出せないはずです
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 445
you’re a long way from ...: 〜は遠いよ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 373
write sb’s name in this formal way: 斯う改まって(人の)名前を認める
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 32
write of sb in any other way: (人に)よそよそしい頭文字を使う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
would soon find one’s way to sth: (場所に)波及する日も遠くはあるまい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 216
would I be in the way if I do ...: 〜さしてもろておさしつかえおへんやろか
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 199
work one’s way up into society: 世に知られる
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 59
work one’s way out of ...: 〜から去る
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 88
won’t have wasted one’s time coming all this way: わざわざ来た甲斐があった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 379
wobble one’s way across the tightrope humorously: 綱の上を酔っぱらいみたいによろよろとよろけながら渡る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 103
without waiting to be shown the way: 案内も待たずに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 54
without so much as turning one’s way: こっちを見もせずに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
with war out of the way: 戦争さえなくなれば
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 394
with no chance really to make one’s way: 自分を生かすチャンスはなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
with my schedule the way it is: ごらんのようなスケジュールだから
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 124
will miss sb way too much: (人)のこと思い出して、さみしくなっちゃうよう
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 68
will find one’s own way: 勝手はわかっている
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 282
which is so often the way of things: それが世の常で
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
what better way to mock the meanness of sb’s suspicions?: (人の)思いつきの卑しさを嘲笑するのに、これ以上のものは考えられない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
well on the way to doing: そろそろ〜するころだ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 180
weep all the way back to Green Gables: 道々泣きながらグリン・ゲイブルスに帰ってくる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 185
way way out there: 気が遠くなるほどの彼方
way sb conduct oneself: (人の)立居振舞い
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 223
way of the world: 世の中そうしたものだ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 251
way for a seaman to die: 海の男の死に方
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 533
want in some small way to help out: すこしでも力になれれば、という気負いがある
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 21
wangle one’s way into ...: 〜に自分でうまく話をとりつける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 190
walk all the way through ... over to ...: (場所)を突っ切って〜まで歩いて行く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 186
walk a circle one way and then the other: ぐるっとまわったかと思うと、またすぐ逆方向にまわる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
visually pushing sb out of the way: あからさまにわきに押しやられる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 66
utter sth in a reverent and quite sincere way: 〜をおごそかに大真面目に唱和する
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 222
utter in a pious way: 敬虔な口調で語る
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 142
unless sb get in one’s way: (人の)癇にさわらないときにかぎられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
understand in every way: ことごとく理解を示す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 92
unable in any way to communicate: どだい意志の疎通もできない
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 276
turn it this way and that: ああでもないこうでもないと行きつもどりつする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
turn all the way around to the left: Uターンするような感じでぐるっと左へ曲がる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 382
turn all the way around: くるっと後ろを振り向く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 129
try to make one’s way down the aisle: やたら慌てて行きかう(人)
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 115
trace ... all the way: 〜の尻尾をつかむ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
to sb’s way of thinking, ...: (人が)〜と考える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
to put it another way: 簡単に言ってしまえば〜ということになる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 59
thread one’s way through a crowd: 人ごみをぬって歩く
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 117
thread one’s way along the narrow streets: 狭い街々を抜ける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 198
this way and that: あちらこちら
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 239
this is not the most orthodox way for sb to do: 〜のに、どうもみっともないことになったものだ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 144
this is no way for a lady to dress: これはレディーが着るものじゃない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 106
this is all by way of saying: つまり私はこういいたいのだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 54
think one see a way out of the difficulty this time: 今度ばかりはうまく切り抜けられると思う
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 173
think of ways to do: 〜のために工夫する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 58
think it over in one’s dim, distant way: 霧がかかって気の遠くなりそうな頭で(人は)あらためて考えなおす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
think in a descriptive way: 描写するように考える
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 330
think about sb’s situation in a considered, clinical way: (人の)病気を臨床医として考える
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 286
things just can’t go on this way: そんな状態でほっといちゃいけない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
things happen that way: よくあることさ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 93
they should go separate ways for half a day: 半日の離れ居
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 104
there seems to be no way of stopping sb: ほとんどとめどがない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 191
there really is no way to do: 〜するのはもともと無理な話だ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 156
there is still a way to do: あきらめるのはまだ早い
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 170
there is something touching in the way ...: 〜の分には、気働きはあるし情も濃い
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
there is something that rubs sb the wrong way: なにか気持の内側がザワザワと腹立たしい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 39
there is only way out: ぬけだすためには、〜しかないのだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
there is no way to tell: そこからは何もさぐれない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
there is no way to talk to sb: それ以上とりつくしまもない
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 32
there is no way to explain one’s state of mind, except to say ...: 〜とでも名づけなければならない、一種の気分に支配される
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 269
there is no way to do: 〜するようなことではない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
there is no way to be braced for ...: 〜は、実に恐ろしいものだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 514
there is no way that ...: 〜しようもない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 458
there is no way sb can go: どこにも逃げ道はない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 66
there is no way sb can ...: (人は)〜するわけにはいかない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 22
there is no way one can even try to cool sb out: (人の)頭を冷やそうにも冷やしようがない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 341
there is no way of shutting sb up: 抑えがきかなくなる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 105
there is no way of guessing: 見当がつかない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 47
there is no way of expressing sth in English: これは英語ではいえません
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 11
there is no way money can buy back ...: 〜は、金ではとても埋め合わせられない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 510
there is no way for sb to do sth easily: 容易に〜できない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
there is no way around sth: (物事は)どうしようもないことだ
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 20
there is no way around it: こうしていてもはじまらない
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 354
there is no way around it: どう言ってみたところで事実は避けて通れない
there is no way ...: 〜はずはない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 368
there is no way ...: 〜筈はない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 50
there is no way: とんでもない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
there is no subtle way to express ...: 〜を上手く口に出して説明することはできない
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 212
there is absolutely no way: お門ちがいってもんですよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
there is absolutely no way: そんなこと、絶対にお断りですからね
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
there is a palpable menace in the way sb say: (人の)言葉にひやっとする敵意がこめられている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 395
there have never been any way out to start: もともと出口が皆無だった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 150
there are all kinds of ways to do: 千差万別の〜のし方がある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
there are a billion ways sb can ...: 〜する可能性はゴマンとある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
there’s no other way to explain why ...: それでなくて〜わけがない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 108
the way your mother listens, scolds, pats you: 母親はよく話を聞いてくれたか、怒りっぽかったか、愛撫してくれたか
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 41
the way you do when you are frustrated: いらいらしているときは〜するだろう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 529
the way this deal works is that ...: これには魂胆がある。というのは、・・・
the way things work: この状況だと
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
the way things have worked out: ことのなりゆき
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 325
the way the election went would have meant ...: 選挙のなりゆきでは、〜になったかもしれなかった
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 163
the way that fire’s burning: あの火事の勢いなら
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 86
the way sb tell it to one, with all the little details and everything: (人の)微に入り細を穿った話ぶり
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 93
the way sb talk about ...: 〜のことをどんなふうにいうか
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 72
the way sb say: (人の)口調
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 187
the way sb live: (人の)暮らしぶり
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
the way sb feel: (人の)気持ち
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 84
the way sb ended up putting it was, ...: 最後にこうきかれたわ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
the way sb drive: (人の)運転ぶり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 300
the way sb doing ...: 〜するしぐさ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
the way one used to: 昔の(人と)同じように
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 189
the way one remember: (人の)記憶によれば
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
the way one look at sb: ああいう眼つきの持ち主
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
the way one did before: 前にもやったように
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 153
the way one always did: いつものでんで
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 34
the way one’s lip curls back: (人は)くちびるをめくれあがらせ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
the way one’s day have gone so far: 今日一日のなりゆきから考える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
the way kids do: 子供はよくやるけど
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 180
the way it works: その仕組み
the way it is: ありのまま
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 268
the way is clear: 邪魔がなくなる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 271
the way I see it, ...: 私の見るところ、〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 252
the way I like to do: これでなくては楽しくない
the way ... look adj: 〜を連想させる〜さ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
the vulgar way one speaks annoys sb: ものの言い方が無性に腹立たしい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 465
the traveller fares slowly on his way: 例の旅人の旅程は一向にはかどらない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
the tests are barely under way and already there is a name: 検査が始ってもいないうちから、すでに名がついている
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 141
the tendons show all the way from one’s wrists to one’s elbows: 手首から肘にかけて腱の形がくっきりと浮き上がる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
the state of sb’s health and the way sb live: (人の)健康状態と、(人の)暮らしぶり
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 484
the points come sb’s way: 思う壺にはまる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 210
the ooze works its way pleasantly up between the toes: 足指の間からぬるりとした泥が楽しげに這い上がってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
the only way one could ... if ...: (人が)〜するとすれば〜でなきゃとうていだめだろう
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 178
the medical man’s way of saying: 医者特有の表現
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 110
the letter begins in that way: 大体斯う言った書き出しである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 12
the door is not quite closed all the way: ドアがぴったり閉じていない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 313
the cool way one looks and dresses: (人の)クールな雰囲気と着こなし
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 249
that ways lies madness: そこまで行くと狂人のたわごとだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 304
that way they’re able to gather more fact about themselves: そうすれば、自分のことを聞き出せる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 57
that is the way it looks: 事態の外見はそうです
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
that is the way ... can make sb think: 〜していると、ついついそんなことを考えてしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 231
that is often the way of things in sth: 〜では、それはごくあたりまえのことだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 49
that’s way off the beam: 見当ちがいだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
that’s the way then: そうこなくっちゃ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 288
that’s the way the improvement usually starts: これって、よくなるときのサインなのね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
that’s the way one feel: まさにそんな感じだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473
that’s the way it should be: それでいいんです
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 79
that’s the way it looks: どうやらそんなことになりそうだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 160
that’s the way I am: 本当にそうなのだからしかたない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 109
that’s just the way things are: そういうことになってるんだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 469
that’s a nice way of looking at things: そういうものの見かたができればいいけど
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 442
talk one’s way through: 口先三寸で切り抜ける
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 359
talk all the way move sb down the drive: べらべらしゃべりながら車寄せを抜ける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 385
sweet way of saying ...: 体裁のいい用語で、〜をさす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 245
sway way back, like sb: 胸を張り、反りかえるような、(人を)思わせるフォームだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
stumble on some brilliant way to do: 奇想天外の知恵を働かせて〜する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 73
struggle to invent a new way to describe ...: 〜の概念を手を替え品を替えて説明しようと懸命に方法を模索する
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 103
strive and play in ways: あの手この手でがんばって生きる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 253
stretch a long way for sth: 〜に並々ならぬ協力をする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
stop on the way and get sb: 寄り道をし、(人を)拾う
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 40
stop by ... on the way home: 帰り道に〜をのぞく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 132
sth one had known all the way back to childhood: 子供時代からずっとおなじみだった〜
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
sth go a long way to do: 〜するときには(物が)モノをいう
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 39
sth come out the way it should have: 〜の結果はあれで当然だ
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 316
sth across the way: 向かいの〜
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
stay with sb all the way: どこまでもどこまでも(人と)いっしょに行く
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 109
stay out of the way: かかりあわぬようにする
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 72
stay out of sb’s way: (人の)邪魔はできない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 265
stay out of sb’s way: (人の)邪魔をしない
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 271
stand in the way of sb’s progress: 人生の行く手に立ちふさがる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 131
spend money in a wild way: 金を濫費する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 74
speak in a very genteel way: 口のききようは上品でみやびやかなものだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 450
speak in a confused sort of way: なんだか妙にあいまいな言葉づかいになっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 214
something about the way one do does not sit well with sb: 〜するところがどうもいやらしい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 139
some garbage bin along the way: 通りがかりのゴミ箱
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
snake its way through the lobby: ロビーにくねくねと伸びる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 65
snake its way into sb’s memory: 記憶のなかに分け入る
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 63
smile in one’s way: 独特の微笑をうかべる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
smile in one’s subtle way: (人)独特の微妙な笑いをうかべる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 27
smile in one’s elegant, easy-going way: 悠揚迫らぬ笑みを見せる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 318
smile in an embarrassed way: 照れたように笑う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 312
smile in a surprisingly playful way: 意外にいたずらっぽく笑う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 93
smile at sb in a can-you-keep-a-secret sort of way: あなたは秘密を守れますか、といわんばかりの微笑をたたえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
slowly and in single file, one make one’s way through ...: 一列になってそろそろ〜を通り抜ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 220
sixth sense has been way off: おそろしく勘が悪かった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 191
sit way up there on ...: 〜の上にちょこんと載ってる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 138
sit way the hell up in bed: ベッドの上にちゃんと起き上がる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 251
sit that way for a very long time: ずっと同じ姿勢をくずさない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
sit that way all morning, bolt upright in one’s chair: 午前中いっぱい(人は)背をこわばらせたまま椅子を離れない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
sit down in a really serious way to do: どうすれば〜できるか、腰を据えて真剣に真剣に考える
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 267
sing silly songs in one’s awful voice the whole way: 道中いつものひどい声で、いつもの馬鹿げた歌を延々と歌い続ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
since that is the way things stand: とにかく、そんな訳であるから
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 83
show sb ways to improve on the effect: どうやったらもっとうまく演じられるかを(人)に教える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 288
shoulder one’s way back to the robing-room: 例によってノッシノッシとばかり更衣室へ戻って行く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 143
short way with sb: (人への)遠慮のなさ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 80
shape one’s life elsewhere in particular ways: (人の)生き方に少なからぬ影響を及ぼす
shake one’s head in an irritated way: うるさそうに首をふる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 381
shake one’s head in a dubious moral way: ちょっともったいらしく、にわかに父親らしく頭を振る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 297
set to with a will in whatever way seems fit: 然るべく立ち働く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 230
seem on one’s way to doing: 〜する勢いだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 319
seem a bit way out: いささか見当ちがいと思う
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 74
see sb from a long way off: (人を)はるか遠くからながめる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
see it just that way: まちがいなくおなじ見方をする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
see a way to do: 〜できる機会がある
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 230
see a way out: 活路を見出す
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 195
secretly make one’s way into ... to do: (場所に)潜伏しながら〜する
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 5
scribble poems in one’s own way: 自己流の詩を作る
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 8
schlep sth all the way: わざわざ運んでいく
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 340
sb wander in one’s way: (人の)前に飛び出してくる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 474
sb is the way: 変わりがない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 213
sb have no way of comprehending ...: 〜は(人には)ハッキリ呑みこめない
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 32
sb and sb find ways back to each other: もとの鞘に納まる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 548
sb’s tightfisted, pursed-lipped, judgmental ways: けちで非難がましい面
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 281
sb’s skirt hikes up in a provocative way: スカートを煽情的にはねあがらせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
sb’s knees gave way: 膝の力もぬけてしまった
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 213
sb’s feet give way underneath sb: 足もとがあぶなくなる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 344
sb’s favorite way of doing is ...: 〜する手をよく使う
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 292
sb’s beard have a way of smiling when sb talk: 話をするとひげが笑っているように見える
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 134
say nothing, smiling slightly in an embarrassed way: 黙って困ったような微笑を浮べる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 326
say in an ominous way: なんだか気味わるげに言う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 224
say a word by the way of protest: 抗議めいた事を言う
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 161
run the other way as fast as one’s legs can carry one: (人は)たちまちきびすを返し、全力疾走でそこから逃げ出す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
run the other way: まわれ右をして逃げる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 138
run the other way: 尻に帆かけて逃げだす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
run first one way then the other: 右往左往する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
run all the way to: そのまま〜のところまで駆けていく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 94
rub sb the wrong way: (人の)神経を逆なでする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 132
remind sb that winter is on its way: 冬が近い、と(人は)思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 354
remain always between sb and the way sb want go: いつも行くさきに立ちふさがる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 270
really doesn’t matter much, one way or the other: 実情はどうあれ、大した問題ではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
really close sth all the way: ぴったり閉じている
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 122
ready to be on one’s way: 帰り支度をしてから
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 146
put something sb’s way: (人の)方面の仕事を頼む
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 92
put sb out of the way: (人が)邪魔になって始末する
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 112
put sb in harm’s way: 危険がともなう
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 183
put one in harm’s way: 危険な立場に置かれる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 407
put it this way: とぼけるんじゃないよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 135
push sth out of one’s way: (物を)わきにどかせる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 197
push one’s way through ...: 〜の間を通りぬける
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 142
protect oneself by betting both ways: 両方に賭けて丸裸にされる危険を避ける
professional way sb has carried out the whole exercise: 終始一貫プロらしく事を運んだこと
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 33
probably on one’s way for leak: 便所へでも行くのだろう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
pretty great way to start off ...: 最高のスタート
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 210
pray that in some ways ...: この先どうなるにせよ〜して欲しいと祈る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 478
plenty of curses are directed sb’s way: (人に)対してはかなり風当たりが強い
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 28
piece one’s way through ...: 仔細に検討する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 329
pick one’s way over the well-worn Turkey carpet: ひどくすり切れたトルコ絨毯の上を探り足に進んで行く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 36
pick one’s way delicately between sth: 〜を巧みによけてかわす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 19
pick one’s way delicately among ...: 〜を器用によける
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 109
pick one’s way between ...: 〜のあいだを踏む
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
pick one’s way among ...: 〜を、縫うようにして行く
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 69
pick one’s way among ...: 〜をよける
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 101
out of the way: 足を向けなくてすむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
or to put it another way: 言い方を変えれば
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 229
operate in much the same addictive way as hard drugs: 麻薬に似た作用をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 221
only way to do is ...: 〜するためには〜ほかない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 251
only hurry on one’s way a little faster: わずかに足を速め、ひたすら出口をめざすだけ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
one way or the other: どっちにどうころんでも
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 248
one way or the other: いずれにしろ
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 176
one way or the other: どっちだって
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 199
one way or another: いかなるかたちにおいても
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 95
one way or another: かといって
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 241
one way or another: どういうものか
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 29
one way or another: どう転んでも結局
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 192
one way or another: なんらかの形で
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 293
one way or another: 何としてでも
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 168
one way or another: 大なり小なり
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 34
one’s way of paying back some old debt: なにかの罪滅ぼしのつもり
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
one’s way of doing always makes one look jaded: (人は)いかにも人生に疲れたような〜かたをするのだ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 55
one’s way of breaking the news to sb gently: もってまわった言い方
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
one’s usual punctilious way: 日頃の貫禄
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 83
one’s perverse way of liking people: (その人)一流の好意の寄せかた
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 18
one’s oblique way of finding out for oneself if ...: 〜かどうか遠まわしに探り入れている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 104
one’s legs give way: 脚が萎える
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 284
one’s heart trys to cram its way up into one’s throat: 喉もとにせりあがった心臓が、出口をもとめてもがく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
one’s face dissolves in an innocent and doubtless ridiculous way: (人の)顔はたわいもなくほころびる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 42
one’s embarrassment gets in one’s way: うしろめたいせいか、気がとがめる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
one’s arm muscles give way: 力尽きて手を離す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 259
on the way up: 出世街道に乗る
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 75
on the way to sth: 〜に至る道中
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 201
on the way to do battle with sb: (人)との戦いに赴く
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 25
on the way to ...: (場所)に帰るまでの間
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 29
on the way out: 見送りかたがた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 148
on the way out: 出口へ歩きながら
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143
on the way home: 家に帰る前に
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
on the way home: 帰りがけに
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 163
on the way home: 帰りの道は
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
on the way home: 帰宅の道すがら
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 420
on the way back from ...: (場所)からの帰り道
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
on the way back: 引き返して来ると
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 75
on the way back: 歩きながら
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 42
on one’s way to school: 登校の道すがら
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 183
on one’s way to a life of trouble: 人生の道をまさに踏み誤ろうとしている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 225
on one’s way to ...: 〜へ運び去られる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 348
on one’s way to ...: (場所)への道々
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 68
on one’s way home: 家路をたどる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
on one’s way home: 帰りがけに
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 65
on one’s way back from ...: 〜の帰りに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 50
observe without much in the way of emotion: 感情の片鱗も見せずに言う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 52
not, by the way that ...: といっても、〜ではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 162
not wishing to jostle ... in any way: 〜をそこなうのはなんとしても避けたい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 221
not the way sb feel: その程度の気分ではとてもおさまりがつかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
not the way professionals would do it: 本職のようなわけにはいかないけれど
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 16
not that it did the least good in the way of prevention: だからといって犯罪防止に役立ったわけでは毫もない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 96
not passionate the way sb have been in the beginning: 出会ったころのような激しいものは消えている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 39
not in the way sb have in mind: (人の)言わんとするところはそれとは少し違う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
not be able to find one’s way around the kitchen with a map and a guide-dog: 台所まわりのことに眼がとどかないものだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 302
nor do sb think it so very much out of the way to hear ...: 〜がきこえたって、(人は)べつにふしぎだとも思わない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 14
nor do sb think it so very much out of the way to hear ...: 〜が聞こえたときも、(人は)そんなにおかしいとは思いません
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 10
nor do sb think it so very much out of the way to hear ...: のみならず(人も)〜を耳にしても、べつに妙だとは思わない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 11
nor did I take it that way: こちらもそうとってはいません
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
no way to be sure ...: 〜かわからないが、
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
no way could I do ...: どう考えてもできない相談だ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 38
no way can sb do: 〜できる訳がない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 30
no two ways about it: ぜひそうしたまえ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 21
new surroundings with different ways and customs: 習慣や環境の違った場所
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 64
must be in a desperate way altogether: よっぽどせっぱ詰まってる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 477
move into the chinese market in a big way: 中国市場へ大進出をはかる
miles out of sb’s way: (人と)はだいぶ方角ちがいの
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 290
might have found ... shutting out the sky in a new ways: 大空をさえぎるという、それは同じ一つことにしても、意味は全く別だろうかもしれぬ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 220
mash one’s way through the thick mud: 深い泥濘の中をあえいでいる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 14
make the papers in a big way: 新聞には大きく取り上げられる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
make the best of your way: できるだけ急いで行け
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 20
make sth’s way into the final selection: ついに選集の形をとる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 280
make one’s way toward ...: 〜に近づく
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 10
make one’s way to the sun room in the dark: 暗い家の中を通ってサンルームへ行く
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
make one’s way to ...: 〜にたどり着く
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 648
make one’s way through ...: 〜の間を通り抜ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 10
make one’s way quietly toward ...: 足音を忍ばせて(場所)に行く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 179
make one’s way into ...: よたよたと(場所)の方に歩く
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 92
make one’s way in the world by feeding on sth: 〜によって生活する
make one’s way around ...: 〜をぐるりとまわる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 40
make one’s way among the trees: 木立ちのあいだをぬう
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 237
make one’s own way to ...: (人は)直接〜へ向かう
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 30
make its way toward a boil: ゆっくりと沸きあがってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
make it almost all the way to ...: もうすこしで〜にたどりつきかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
lousy damned way to do: ほんとに最悪だな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 348
look the other way: よそ見をする
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 209
look the other way: 見て見ぬふりをする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 407
look for ways to take sb under one’s wing: 何かと(人を)かばう
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 15
look for ways to explain ...: どう説明すればいいかと思いなやむ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
look both ways for ...: 左右に眼を走らせ、〜が見えないかどうか確認する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 269
look at sb in a way that is calculated to let sb know ...: (人に)〜ということを、巧妙に思い知らせるような視線を向ける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 269
like the way sb’s body: (人の)身体つきっていい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 138
life continued that way calm and uneventful, for about two years: そういう順調な2年間を送る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 102
let sb have sb’s own way: 意地を通してやる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
let sb do it sb’s way: (人に)好きなようにやらせる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
let memory unfold in its own way: 記憶の糸がしぜんにほぐれてくるのを待つ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 208
let me count the ways: たくさんありすぎて数えきれない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
let’s talk that way ...: こういう形でお話をしてみてはどうかな、と思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
learn ... the hard way: 〜を思い知らされる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 85
lead the way from the ringing-chamber: 先に立って綱部屋を出る
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 48
laugh in a polite but firm way: 不躾ではないが、有無を言わせぬ笑いだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332
known for one’s lethargic ways: ぐうたら者で有名
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 163
know one’s way around ...: 〜を掌を指すように知りつくしている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 166
know one’s way around: 内情に通じている
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 16
knock sb all the way across the street: 通りのむこうまでぶっとばす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
kick that bare foot of one’s way up into the air: 靴をぬいだほうの足を空に突き刺すように蹴り上げる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
keep sb looking the wrong way: (人に)よそ見させる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 171
keep oneself out of the way of ...: 〜には当たらないように注意している
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 161
keep getting in the way: いつも邪魔だてをしてくれる
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 252
just when one is on one’s way to making sb think one hadn’t done the job at all: (人に)あんなことはぜんぜんやった覚えはないと言い張っている最中に
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 25
just the way sb like ...: (人は)気分がいい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
just not the way: またべつだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
just down the way: ちょっとむこうの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
just a little way offshore: 島のすぐそばで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 397
jump out of the way of the spouting blood: ほとばしる血からとびのく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
jump out of the way: びっくり仰天する
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 40
jig rapidly out of one’s way: たたらを踏んで道をゆずる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
jack the price of sth way up in hopes of making a killing off sb: (人に)どーんととてつもない値をかましてくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
it is, in its way a very charming room: 独特の心ひかれる造りのものだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 70
it is too much the way of Monseigneur under reverses as a refugee, to ...: 〜が、いま亡命者として逆境に沈んでいる貴族たちのあまりにも十八番の論法だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 98
it is the way sb have felt ...: 〜と同じ〜をおぼえる