× Q 翻訳訳語辞典
full

主要訳語: いっぱい(9)   まるまる(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜のかたまり
   
be full of twitches and complexes: さまざまなコンプレックスのかたまりである トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
〜の池
   
a bathtub full of blood: バスタブの血の池 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62

あふれ
   
be full of the elevating light of success: 成功の輝きにあふれ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
あふれるばかりの〜をいだく
   
be full of all good and beautiful enthusiasms: あふれるばかりの善良な美しい熱意をいだく ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 248
ありたけ
   
level the full iciness of one’s heart at sb: 冷たい心のありたけを〜に振り向ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
level the full iciness of one’s heart at sb: 冷たい心のありたけを(人に)振り向ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 139
いたるところに
   
full of green lawn: いたるところに緑の芝生がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 222
いっぱい
   
walk out of ..., full of fury and hatred, and feeling helpless: 行き場のない怒りと憎しみで胸をいっぱいにして、〜をあとにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 423
turn the hose faucet on full blast: ホースにつないだ水道の栓をいっぱいに開く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 28
shudder open to one’s fullest extent: がたぴしといっぱいにひらく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
screen is full of big close-up of ...: 画面いっぱいに〜のクローズアップが映っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 281
be just full up with speeches: 話したくて胸がいっぱいだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
be full of hype about ...: 〜についての過熱した記事でいっぱいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165
be full of grim, unforgiving faces: (場所)は非寛容で峻厳きわまりない顔でいっぱいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 585
be filled with the full blast of the music: 音楽が〜にヴォリュームいっぱいに鳴りひびく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
a mind full of ...: 〜で頭をいっぱいにする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
いっぱいに
   
sb’s heart is full: 胸がいっぱいになる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 313
いっぱい頬ばった
   
one mouth still full: 口いっぱい食べ物を頬ばったまま トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
きっちり
   
full fifteen hundred: きっちり千五百ドル べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 46
ぎりぎり
   
to the fullest extent possible: 可能な限度ぎりぎりまで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 283
くまなく
   
shine full upon sth: (物を)くまなく照らす ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 155
さんざ
   
full of indecision: さんざ迷う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 337
しきり
   
full of suggestions about ...: 〜をしきりにいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 316
じっと正面から
   
look sb full in the face: じっと相手の顔を正面から見つめる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
すっかり
   
it is full night: 夜もすっかりふけている バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 29
give sb a full account of sth: 〜のことをすっかり話してきかせる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 341
すべて
   
tell the full story: すべてを書き記す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428
ずらりと並んでいる
   
full of tables loaded with good food: うまそうな食物をどっさりのせたテーブルがずらりと並んでいる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 70
そっくり
   
give this final preposterous passage in full: この最後の方図もない一節をそっくりかかげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 36
たたえる
   
be full of the youthfulness of the changing season: 季節の変わり目のみずみずしさをたたえている 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 35
たちこめる
   
be full of steam and smoke: 湯気と煙がたちこめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
たらふく
   
だらけ
   
get full of splinters: 体中トゲだらけになっている カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 58
だらけの
   
a screen full of clutter: クラッターだらけのスクリーン クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 11
とてもたくさん
   
be full of original sin: とてもたくさん生まれついての罪をもっている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 263
ばかり
   
be full of strange fancies: 変な空想ばかりだ O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 237
ぴたりと
   
turn the binoculars full into ...: 〜に、ぴたりと双眼鏡をあてる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 305
ふくれて
   
sb’s lower lip is somewhat fuller than sb’s upper lip: 下唇がほんのこころもち上唇よりもふくれている べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 191
ふくれる
   
a full stomach conduces to inaction: 腹がふくれると、動きたくなくなるものだ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 102
ふさふさとした
   
wear a full beard: ふさふさとしたひげをはやす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 385
ふっくらした
   
full face: ふっくらした顔 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
ふんだんにたたえる
   
be full of professional cheerfulness: 職業的な愛想をふんだんにたたえる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 207
ぼってりする
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 497
まともに
   
take the full force of the explosion: 爆発の猛威をまともにくらう マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 213
catch sb full in the face: まともに顔にかかる 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 48
まる
   
a full generation earlier: まる一世代前に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 14
まるまる
   
take a full third of ...: まるまる三分の一を懐に入れる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
a full ten seconds: まるまる十秒ほど デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 58
a full minute: まるまる一分 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 389
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 144
みんなに
   
make a full apology: みんなにお詫びする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 101
よく出てくる
   
one’s dreams are full of fire: (人の)夢にはよく火が出てくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36

一身に
   
claim full responsibility for everything: すべての責めを一身に引き受ける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 41
一切
   
accept full responsibility: 一切を引き受ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 150
溢れる
   
縁まで一杯の
   
sb’s cup of happiness is full: (人の)幸福の盃は縁まで一杯になっている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 34
旺盛
   
be still full of it: いまだに生命力旺盛 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
画面いっぱいを
   
be in full force: 画面いっぱいを占領している タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
環視
   
under the full gaze of the crowd: 衆人環視のなか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
丸々
   
a full minute: 丸々一分 ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 76
寄せ集めた
   
a nothing team full of nothing kids: 有象無象を寄せ集めた名もないチーム フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 254
最高
   
full power available: 最高出力 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 252
山ほど
   
the magazines are full of pictures of ...: 〜には〜の写真が山ほど載っている ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 167
思う存分
   
get full revenge by ...: 〜して、思う存分復讐を遂げる E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 56
be not fighting full: 思う存分闘えない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 327
充ちた
   
full of ...: 〜に充ちた 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 41
充実した
   
come to fuller and more balanced understanding of ...: 〜について、より充実した、よりバランスのとれた理解を持つようになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
充分
   
have one’s full say: 充分意見を言い尽くす ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 186
十分な
   
lack of full scientific certainty: 十分な科学的根拠がないこと ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
十分に
   
meeting essential needs depends in part on achieving full growth potential: 最低限のニーズを満たせるかどうかは、潜在的成長能力を十分に現実のものとできるかどうかにかかっている ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 11
少しもない
   
be in full possession of sb’s faculties: (人に)調子の狂った所が少しもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
詳しい
   
look up sb’s former commander for a fuller evaluation: (人の)元指揮官をさがして、より詳しい人物評価をきく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 298
上出来
   
very full: 上出来 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 273
真の
   
full significance of ...: 〜の真の重要性 カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 191
盛りの
   
in the full heat of the summer: 暑い盛りの 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 89
積極的に
   
declare full allegiance to the exclusive world of women: 積極的に、女と女の世界に踏み込んでいる雰囲気を身につける 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 149
絶対の
   
full privileges: 絶対の権限 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 45
洗いざらい
   
make a full confession: 洗いざらい自白する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 101
全速力で
   
break into a full run: 全速力で駆け出す デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 99
全幅の
   
continue to have full confidence in ...: いぜんとして(人に)全幅の信頼を寄せる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
全面的に
   
give sb one’s full cooperation: (人に)全面的に協力する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 136
Even with England's full participation in the European Community (EC),: いや、たとえイギリスが全面的にECに参加したとしても、 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 44
全力
   
at full pitch: 全力投入で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 443
多くのものがある
   
It was too empty and too full: なにもなさすぎ、しかも多くのものがありすぎる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 118
大いに
   
discuss sth in full with sb: (人と)大いに話しあう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 247
大きい
   
one’s bosom is shapely (if not full): 胸は(大きくはないが)まだ垂れていない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 79
have full lips: 口が大きい 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 64
大柄な
   
a full figure of peasant proportions: 農夫のようなプロポーションの大柄な体躯 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
頂点をきわめる
   
sb’s cup will be full: (人の)喜びは頂点をきわめることになるでしょう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 160
痛切に
   
be full of the convincing that ...: 〜を痛切に思い知らされる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 159
定員の
   
the flight is only about a third full: 乗客が定員の三分の一くらい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
徹底的な
   
set up a full inquiry: 徹底的な事情調査を開始する ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 390
full audit: 徹底的な監査 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
肉がつく
   
be getting full: 肉がつきはじめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
濃い
   
sb’s eyebrows are full and untended: 眉は濃くて修正していない フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 13
豊かな
   
full white hair: 豊かな白髪 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 221
本格的な
   
At Needful Things, the first full day of business had begun: ニードフル・シングスは、こうして本格的な商売の幕をあけたのだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
満ちて
   
greet the new day full of hope: 毎朝希望に満ちて目を開く 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
満ちている
   
be full of the quest: 探求心に満ちている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
満ち満ちている
   
be full of hatred and venom for ..: 〜に対する激しい憎しみと怨毒に満ち満ちている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 431
満員
   
full up: 満員だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 187
夢中
   
sb’s mind is full of sb: (人の)事で多少夢中になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 202
無制限の
   
full system privileges: 無制限の特権 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 120

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with a full load of passengers: 満員
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 135
so full: 大入り
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
run full time: 年中無休
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
know full well: よく知っている
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 78
in the full realization: 〜と思う
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 148
in full speed: 一散に
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 123
in full cry: たけなわ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 32
full well: 充分
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 119
full time: 常時
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 42
full of women: 無数の女たち
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 6
full of tenderness: ただ優しさだけのこもった
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 59
full of promise: たのもしい
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 65
full of oneself: 自己中心的
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 246
full of oneself: 自分のことで精いっぱい
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 58
full of dismay: うろたえきった色を宿す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
full of ...: 〜があふれている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
full of ...: 〜がうようよいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 241
full of ...: 〜がぎっしり詰まっている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 92
full of ...: 〜を詰めて
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 153
full identify: 正体
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 234
be nearly full: まだ栓をあけたばかりだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 331
be full of: いっぱいいる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 9
be a full moon: 月がいい
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 21
at full throttle: アクセルをいっぱいに踏み込んで猛然と
at a full run: 全速力で
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 306
a land where summer is in full swing: 真夏の国
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 204
a full-grown man: れっきとした大人
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 89
young man full of ambition and high spirits: 少壮気鋭の徒
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 210
yawn full in one’s face: 大きなあくびをする
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 42
work full time on ...: 〜専門である
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 121
with the full agreement of sb: (人の)了承のもとに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 477
with the air conditioner on full blast: エアコンをギンギンにきかせ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 120
with one’s mouth full: 口の中に物が入っていたので
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
with full head of dark hair, graying slightly at the temple: 濃い豊かな髪のこめかみのあたりに白いものが混じりはじめた
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 49
with a smile at once heartbreakingly sad and full of compassion: とても悲しく慈愛深く微笑んで
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 112
with a full windup: 大きく振りかぶった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
with a full mustache: 黒々とした口ひげをたくわえた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 14
which brings us full circle to sb: めぐりめぐって(人の)出番がくる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 245
when the full moon was out: 満月の夜になると
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
walk full force into ...: 顔からもろに突っ込む
turn full face to sb: 正面切って(人の)ほうを向く
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 299
turn a full pirouette: こちらに向きなおる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 107
too full of junk to admit ...: がらくたが山盛りで、〜を入れられない状態になっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
this bring sb to a full stop: それで、(人は)手も足も出ない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 187
there is no reason that the future should be so full of shame: 前途にはただ恥辱あるのみときまっているわけでもあるまい
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 183
the trouble comes to full boil: トラブルが頂点に達する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
the thought of ... is full of attractions: 〜はひじょうに心ひかれることだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 164
the shop seems to be full of all manner of curious things: なんだか店じゅう妙てけれんなものずくめみたいだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 93
the night is shadowy and full of games: 夜は陰影に富んで、無数の獲物たちで息づいている
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 194
the newspapers are full of little else: 新聞はその話題でもちきりだ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 194
the hair-style is full: ヘアスタイルはごてごてしている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 204
the full horrible weight of sb’s grief falls on sb: (人の)悲嘆をずっしりと受けとめる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 52
the building is full of junkies: ビル自体が麻薬中毒者の巣窟ともいうべきありさまだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
the afternoon sun full in sb’s face: (人は)西陽にさらされながら
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 107
taste the full bitterness of being prisoners: 捕われの身だということを、しみじみと思う
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 71
take sb in as a full partner: (人を)共同経営者として受け入れる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242
take sb firmly by sb’s full shoulders: (人の)両肩をしっかりつかむ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 315
take a full shower and shampoo: シャワーを浴びて、シャンプーする
suddenly realize the full purport of sb’s words: (人の)ことばの意味に気がつく
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 98
something full of real insights about ...: 〜の隋所に〜についての生々しい洞察が溢れている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 226
somehow be on full alert: 不思議にはっと気がつく
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 83
so full of years: もうずいぶん前
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
slowly sb began to realize the full meaning of the thing: 徐々に事情がのみこめてきた
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 223
seem full of the dark intensely suppressed fury: 癇癖の強い感情を押し殺した神経質な昏い表情が滲んでいる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 53
seem full of some goodness: 善意に満ちているように思える
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 156
sb was full of information: 色々と教えていただきました
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 225
sb’s face so full of black hatred and anger: 憎悪と怒りのどす黒くあらわに出た、そんな顔
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 128
sb’s face is full of character: 一癖ある面がまえだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 110
sb’s body is shot full of poison: 毒の汁を体中に刺し込まれる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 22
sb’s belly is full: 腹はくちくなっている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 13
say, one’s voice husky, full of gravel: ざらざらするハスキーな声で言う
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 58
say with one’s mouth stuffed full of ...: 〜を沢山頬ばりながらもごもごと喋る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 166
run around at full tilt with sb until dark: (人と)全エネルギーを使って夕方まで遊びまくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 35
reinstate sb to full membership: (人の)もとの地位への復帰を認める
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 49
race full speed ahead: 高速で走る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 172
prepare for a throw at full stretch: 渾身の一投のかまえをとる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 363
pour the glass full of ...: コップに〜をなみなみと注ぐ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 228
pay the full price: 定価で買う
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 365
open one’s mouth to the fullest extent: 口を精一杯大きくあける
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 86
one’s head full of black thoughts: 暗然とした思いで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 233
one’s full lips are on sb’s: (人の)くちびるが(人の)くちびるにかさねられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
one’s face is full of life: 顔いろはいきいきしている
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 115
one’s eyes turn full on sb: 目には(人を)ひたと見すえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
one’s eyebrows drawing themselves up to their full height in astonishment: 驚きのあまり、両の眉がこれ以上は無理というくらい吊り上っている
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 67
once-powerful and rapturous full chorus: ひと頃は烈しかった歓喜の大合唱
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
no need for a full oration: くだくだ書くことはない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 208
night is now full: 日はとっぷり暮れている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 517
mystique is full bloom: 謎めいた天才としての名声をほしいままにしている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 309
make sin so marvellous and evil so full of subtlety: 罪悪をしてかくもすばらしきものと化せしめ、悪徳にかくも微妙な味わいを附した
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 211
looking almost as full of oneself as sb: (人に)負けず劣らずとりすました顔つきで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 52
look full in the face of the man: 男の顔を穴のあくほど凝視する
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 177
lie full length upon the floor: 床に伸びてしまっている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 25
let a fork full of ... drop onto one’s plate: 〜のたっぷりからまったフォークを皿の上に投げだす
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 24
know the full story: 話の全貌を知っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428
know full well that ...: 〜ということぐらい百も承知だ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 45
know full well that ...: 〜ということはよくわかっている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
know full well that ...: 〜と肝に銘じる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 525
just getting into full swing: 宴たけなわを迎えた
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 268
it is going to be an extremely full week: 今週はどうやら息つく暇もなさそうだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
into a room full of desks: 机だらけの部屋に
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 34
in the full sunlight: 日表からながめる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 53
in the full sun: 日光をさんさんと浴びている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 162
in full public view: 衆目のさなかで
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 44
huge pieces of wood, full trees: 枝のついたままの大きな樹が何本も
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 208
have visited upon one the full wrath of sb: (人の)恨みを一身にうける
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 504
have the fullest knowledge of ...: 〜というものを熟知している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 333
have the full run of computer: コンピュータを独占的に支配できる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 25
have Rod Stewart going full blast: ロッド・スチュアートをがんがん鳴らす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
have one’s hands full trying to do: 〜しようとして大わらわだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 133
have one’s hand full trying to do: 〜することしか頭にない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 257
have now had its full effect: 〜のききめはこれでおしまい
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 52
go with the full force: 総力をあげて戦う
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 150
go to ... full of enthusiasm: よろこび勇んで(場所に)赴く
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 66
go about with a heart which is full of forebodings: 不吉な予感で気が重い
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 138
give sb a full account of ...: 細大もらさず報告する
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 263
give one’s full attention to the lunch: 食事に専念する
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 130
give a full account of everything one knows: すべてを包み隠さず申し述べる
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 19
get a fuller understanding of ...: 〜をもっとよく理解する
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 72
full of the unexpected that came up with each assignment: 仕事を受けるたび、思いがけないことがつぎつぎと起こった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
full of such taut sensitivity: それにあの張りつめた感受性
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
full of hot anger: 激しい怒りに火照り
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
full of disgust with oneself for shamelessly making up to sb: じぶんの道化の浅ましさに自己嫌悪がふきあげてくる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 71
full of dark shadows pierced by sunlight through the leaves: 蒼い影と木洩れ日のちらつく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 185
full of childish yet perfectly serious imaginings: たわいもなく、しかし生真面目にひとしきり想像している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 212
full of bright October sunshine: 十月の太陽がさんさんと降りそそぎ、〜じゅうが明るく輝いている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
full of bitterness and rage: 歯がみする思いで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 424
full of a gathering force: 横溢する気力
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 83
full marks for the surfer dude: サーファー風情にしては、上出来だ
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 41
fall is already in full swing: 晩秋という気配だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 127
even ... require full body armor: 全身に鎧でもまとわないかぎり〜さえしない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
endure the full brunt of the public disgrace: 世間で恥辱にまみれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 477
eat until one feel full and satisfied: 心ゆくまでの満腹感を味わう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 391
draw oneself up to one’s full five-foot-six: 百五十六センチの短躯をのばせるだけのばす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
concentrate one’s full malevolence against sb: (人が)(人からの)憎悪を一身に受ける
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 152
charge ahead at full speed: 特急で一気に勝負
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 119
be XX and still full of doubts: XX歳になってもまだ迷っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 94
be sort of full of little hunks of ice: 小さな氷のかたまりがいっぱいぶら下がってるみたい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 239
be soon full of vivid: すっかり調子付く
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 132
be so full of optimism: ほんとうに楽観的だ
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 102
be so full of business all day: 一日じゅうテンテコ舞いだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
be so full of ...: (物)ばかりある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 126
be really not capable of talking to you with a full deck: ほんとはまだ君たちと、まともに話ができる状態ではないんだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 220
be more than half full: 〜には6分目ほど〜がたまっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 222
be just full of unrealistic expectations: 非現実的な期待に胸をふくらませる
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 93
be jovial and full of glee: 陽気に浮かれきっている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 74
be in full flower: その才能をあますところなく開花させている
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 152
be in full flower: 最高潮に達している
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 438
be in full chorus: 大合唱に入っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 106
be hit with full force of the fact that ...: 〜ことが心にこたえる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 82
be fuller and softer: ずっとふっくらしている
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 252
be full of wine: なみなみと湛へられている
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 88
be full of useful suggestions: あれこれと役に立つ進言をする
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 248
be full of unexpressed feelings: 感情がだぶつく
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
be full of the usual doubts: 当然ながら心は疑問でいっぱいだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
be full of the sound of rain: 雨音がはげしい
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 91
be full of sunshine: 日の光がさんさんと射しこんでいる
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 43
be full of sth: 〜をたくさん知っている
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 172
be full of spirit: (人の)気力が生き生きする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
be full of shit: ほんとにどうしようもない
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 121
be full of shit: 食わせ者なんだぞ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 301
be full of patients: 患者たちが詰めかけている
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 131
be full of oneself: いつも自信満々だ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 60
be full of noisy jeers: わいわいと囃したてる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 58
be full of moral indignation, also civic boosterism: 道徳的義憤と地元を振興発展させようという精神で燃えている
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 110
be full of mischief: (人の)いたずらには手がつけられない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 14
be full of jimmied mailboxes: 郵便受けはかたっぱしから金梃でこじあけられている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
be full of hot news: 情報に通じている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 291
be full of hesitations and uncertainties: ことごとに逡巡を覚え、確信が持てない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 490
be full of hatred: 憎しみで凝り固まる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
be full of gold: 金が唸っている
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 123
be full of enthusiasm: 大乗り気だ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 322
be full of beliefs without kindness: 信条ばかりあって思いやりが皆無だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 196
be full of balm: いいことずくめだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 25
be full of animals: いたるところに動物がいる
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 106
be full of ...: 〜がうようよしている
be full of ...: 〜に満ちている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 53
be full of ...: 〜は〜が続けざまに起こる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 381
be full of ...: 〜は〜にはいくらでも転がっている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 85
be full of ...: (場所)には掃いて捨てるほど〜がいるのだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 136
be eighty per cent full: 八分通りの入りだ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 160
be crowded as full as they could hold: あふれるばかり品物がのっかっている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 93
be crowded as full as they could hold: 載りきれないほど品物が載っている
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 102
be crammed full of sth: (物が)所狭しと置かれている
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 200
be conducted at full volume: 口角泡をとばしてつづけられる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 66
be as full as a tick: お腹がはちきれそう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 300
be allowed the fullest freedom: ごく気ままにやっていい
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 154
be able to take a full View of the whole Performance: 訓練の有様がくまなく眺め渡せる
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 44
be a man full of murder: 手当たり次第に人を殺してまわる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
at full lung power: 声のかぎりに
ask for a full scouting report on sth: 〜の詳細を知りたがる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 239
air is full of savor of ...: 空気は〜の香りでふくいくとしている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 236
add with an eager smile full of mischief: 茶目っけたっぷりのいかにも楽しげな笑い顔をつくってつづける
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 199
a phenomenon full of meaning: 意味深長な現象
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 96
a man of full age: 男盛りの者
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 111
a long way from one’s full growth: 一人前にはまだまだほど遠い
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 162
a large room full of people sitting on chairs: ぎっしりと人が腰をかけている広間
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 183
a full head of greyish-black hair: ふさふさした半白の髪
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 399
a full frontal view of ...: 〜をアップで写したもの
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 127
a fire engine at full cry: 火事場へ急行する消防自動車
How else could we get away with abusing a full colonel?: さもなければ、いやしくも大佐が准尉ごときに痛めつけられて黙っているはずはない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 256
typically, sb takes full advantage of ...: つい〜に甘えてしまう
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 111
be taken full advantage of by sb: (人から)大いに乗ぜられるところとなる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 71
Afterwards I am full of Catholic shame, but also curiosity: 事のあと、わたしはカトリック的な恥で、それに好奇心でいっぱいになり、・・
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
the shop seems to be full of all manner of curious things: 店はありとあらゆる奇妙な品々でいっぱいだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 102
..’s term lasts almost a full month: 〜はほぼ一月がかりである
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 109
a heart full of ambition and zest: 心は抱負と熱意にあふれている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 358
And before he knew it his eyes were full of tears: けれどもいつかジョバンニの目のなかには涙がいっぱいになりました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 54
in voices full of anxiety and dismay: 不安に高まった声で一緒に呼ぶ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 39
be full of arrogance: 誇りにみちあふれる
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 8
seemingly devoting full attention to sth: (物を)持てあましながら
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 157
in full-on Betty Page attire: ベティ・ペイジ風の衣装を身につけた
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 82
He said the Army was practically as full of bastards as the Nazis were: 軍隊ってとこは、ナチスとおんなじくらい、下司な野郎がいっぱいだったとも言ってたな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 217
sb’s defiance becomes full-blown: (人の)反抗的な態度が大胆なものになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
have had to wait until now before sth was full enough to do: 今まで〜できなかったのは(物が)不十分だったからだ
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 8
be so full of honesty and benevolence: 好意と真率の気に充ちた
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 214
a tree in the full blast of the wind: いっぱいに風に吹かれている木
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 95
be full of blood: 真赤に紅潮している
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 32
one’s eyes, in this bright light, are full of fog: (人の)目はまばゆい光りを浴びてかすんでいる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 72
build up into full-fledged rain: 本降りの気配になっていく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 218
bursting in sb’s full-blown way along the pavement: 舗道の上をまことに意気揚々と
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 256
Such as a medicine bottle full of tablets, he thought, calming a little: たとえば錠剤のびん--すこし興奮のしずまった頭で彼は考えた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 132
every case is a full-bore commitment: どんな事件でも全力投球する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
come down with a full-blown case of scrooge-itis: スクル・ジの直系の子孫で通りそうな性格の持ち主だ
want sb to lead as cheerful a life, as full of friends, as possible: (人の)周囲を一人でも多くの友人で賑やかにしておきたい
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 159
you’re full of chickenshit: この意気地なしめ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 335
chock-full:ぎっしり詰まった
辞遊人辞書
chock-full:ぎりぎりまでいっぱいの
辞遊人辞書
clamped to an upright easel, stand the full length portrait of sb: 画架が立てられ、それには(人の)全身像がとめてある
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 9
if sb complains, I will stuff sb full of laxatives: そのうえワガママをぬかすようなら、強力下剤をシコタマお見舞してやる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 186
a full complement of security guard: 完璧な警備体制
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 133
ツイート