× Q 翻訳訳語辞典
just   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜したて
   
have been just repainted: ペンキぬり直したてなんだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 56
〜したばっかりだぜ
   
just got here: きたばっかりだぜ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 97
〜したまま
   
just stand there hesitating: もじもじ立ち上がったまま 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 54
〜したままぽかんと〜しているばかり
   
just hold sth and stare at sb: 〜を握りしめたままぽかんと〜の顔を見上げているばかりだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 77
〜してしまう
   
just dismiss it as a sort of minor breakdown: 神経衰弱で片づけてしまう 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 142
〜だ
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 269
〜でしかない
   
just one more anonymous face: ありきたりのひとつの顔でしかない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
〜でも
   
if there were just a trace of humor: ユーモアのかけらでもあれば トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
〜ときている
   
be just the beginning: 皮切りときている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 108
〜なんだ
   
Just showing off: 気障なんだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 144
〜なんて
   
just a laborer: 職人なんてもんは 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 63
〜に過ぎない
   
be just one more indication that ...: 〜という例のひとつに過ぎない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
〜のみだ
   
just hope: 祈るのみだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 185
〜までですよ
   
be just trying to be a friend: 友だちの身を案じたまでですよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143

あくまで
   
that’s just a guess: これはあくまで推測だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 355
あっさり
   
just fall through the cracks: あっさり無視される ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 269
あっさりと
   
just quit: あっさりと辞めてしまう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
あともう〜しかない
   
have just five seconds to live: 自分の運命はあともう五秒しかない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 388
ある日ふっと
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
いいから
   
just put sb on the phone: いいから(人を)出すんだ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 172
いかにも
   
it is just one’s style: いかにも(人の)やりかただ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
it’s just like sb: いかにもあの(人)らしいじゃない? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
be just like ...: いかにも〜らしいことである 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 20
いたって
   
I just got very cool and nonchalant: いたって落ちついて平気なもんさ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 141
いちいち
   
just keep nodding: いちいちうなずいて聞く デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 369
いつでも
   
just give me a buzz: いつでも電話してくれ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 136
いま
   
I just told sb: いま(人に)話したところなんだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 36
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 382
いましがた
   
... just beginning: いましがた出はじめた〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 280
おしいところで
   
just miss ...: おしいところで命中しない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 86
おとなしく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
かぎって
   
just when ...: 〜のときにかぎって プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 188
かろうじて
   
can just make sb out: (人の)姿がかろうじて見きわめられる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 39
can just make out: かろうじて判読できる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 51
can just distinguish ...: 〜がかろうじて判別できる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 280
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 238
きちんと
   
Just do: きちんと〜してみろ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 81
きっと
   
probably just lonely: きっと寂しかったんだと思う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
きり
   
leave just sb and sb in ...: (場所)に(人と)(人が)二人きりで取り残される ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
just you and me: あんたとあたしとふたりきり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
ぎりぎり
   
You've just made it in time for us to keep our slot,: 指定の時間にぎりぎり間に合ったよ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 244
ぎりぎりの
   
just within the borders of ...: 〜の範囲内ぎりぎりの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
これこそ
   
be just the kind of thing that sb has waiting for: これこそ(人)が待ちのぞんでいたチャンス トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
ごく
   
just another girl: ごくひらのセールス・ガール カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
just a bunch of ordinary people: ごく平凡なひとたち フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 67
ごくごく
   
just naturally: ごくごく自然に 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
ごとしさ
   
just what it sounds like: 読んで字のごとしさ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
さあ
   
just drink sth: さあおあがり 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 33
さしあたり
   
just now ...: さしあたりいまのところは ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 409
さっさと
   
just do: さっさと〜する ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 218
さっぱり
   
just do not see: さっぱりわからない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 182
しげしげと
   
just look at ...: 〜をしげしげとながめる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 181
しごく
   
seem just fine: しごく元気そうに見える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 234
すぐ
   
just beyond ...: 〜にすぐむこうで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 385
just aft of ...: 〜のすぐ後方にある〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 109
just aft of ...: 〜のすぐ前から マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 375
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
すごく
   
hear sb just barely: (人の)声がすごくぼんやりと聞こえる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 212
be just about the handsomest, most different kind of boy that sb have met: (人に)とってすごくあかぬけていて、地元の他の男の子たちとはまったく違った種類の人間に見える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
すでに
   
things just get out of hand: 事態はすでにひとり歩きをはじめてしまった バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 82
せいぜい
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 45
そっくりの
   
It was just his luck: 彼の運勢にそっくりの空模様だった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
そのとおり
   
tell sb just what sb have said: (人が)言ったことをそのとおり言ってきかせる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 348
そもそも
   
it just doesn’t exist: そもそもそんなものは存在しない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 25
それより
   
Just you look after yourself: それより、艦長こそおだいじに マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 277
たかだか
   
This is just a cat, so it's not what I would call a huge success: たかだか猫が元気になっただけのことや、まだ成功とは云えませんわい 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 118
just a matter of ...: たかだか〜するだけ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 191
just a couple of hundred feet: たかだか二、三百フィート フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 202
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 317
ただ
   
just say what one always say: いつも訊くことをただ型通りに訊く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 338
just enough that sb can feel one’s touch: ただ(人に)感触が伝わる程度に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
just do: ただ〜するだけの話である 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
just as a matter of curiosity: ただ好奇心からきくんだが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
It just is.: ただそうなってしまった デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 100
it’s just that ...: 要はただ、〜にすぎない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 211
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 67
ただ、無性に
   
So this Naeko just wanted to see you?: その、苗子とかいう子は、ただ、無性に、千重子と会いたくなったんか 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 231
ただ〜だけ
   
just a matter-of-fact command: ただ当たり前に命令するだけ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 510
ただじっと
   
just sit: ただじっとすわっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 56
ただただ
   
just feel good: ただただ楽しい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 247
ただの
   
like it was just ...: まるでただの〜みたいにむぞうさに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
just an interjection: ただのあいづち 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 41
just a happy coincidence: ただの幸運なる偶然 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 250
just a bad old thing: 性格のわるい、ただのばばあ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
It wasn't just signed; it was signed to Brian: これはただのサイン入りカードではないのだ。これはブライアンにあててサインされたカードなのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
be just theories: ただの仮説 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
ただのつまらん
   
just a baker: ただのつまらんパン屋 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 165
ただひたすら
   
one could just do: ただひたすら〜する手もある ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 161
たったいま
   
just out of court: 法廷からたったいまもどってきて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
as though someone has just cried “Boo!” at sb: 誰かにたったいま「ブー!」と野次られたような ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 53
a telecopy that have just arrived: たったいま入ったファックス トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 117
'They're just off the blower, sir,' he said woodenly: 「たったいま電話がありました」無表情に彼はこたえた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 34
"She looks like she just smoked some very good Panamanian Red," Polly said: 「あの人、たったいま、すごく上質のパナマニアン・レッドをキメてきたみたいに見える」大麻の銘柄までもちだして、ポリーがいった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
たった今
   
say ... like it’s something one have just thought of: たった今思いついたみたいに〜と言う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 366
たまたま
   
They just came down on orders and wound up together: 当直の命令を受けて、たまたまいっしょになっただけだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 22
たんなる
   
the smile is not just friendly: ほほえみが、たんなる愛想笑いだけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
just in case: たんなる用心のため トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
be just posing: たんなるゲームだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
たんに
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
だけ
   
was just staying in touch: 接触を絶やさなかっただけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
sth basically just saying ...: 〜というだけのもの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
now sb just have to do: あとは〜すればいいだけだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 514
just this once: 一度だけ 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 240
just the one sb hear most often on TV: (人が)テレビによく出てくる〜を聞きかじっているだけ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
just be a matter of clumsiness in processing: (人の)要領が悪いというだけのこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 414
It's just that it hurt: 苦しいだけなのよ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 28
it just take one a while: すこし手間取って取ってるだけだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 413
it’s just some questions: ちょっと質問させてもらうだけだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 12
だけで
   
feel hot just doing: 〜しただけで暑くなる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 29
だけに
   
there’s just one thing I’m destined for: 俺はそいつだけにふさわしく生まれついている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
だけは
   
let me just note that ...: これだけはいわせてほしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
ちゃんと
   
know just what one do: なにをしたのかちゃんとわかっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 279
ちょうど
   
just as ...: ちょうどそのころ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
have just the right amount of work: 仕事の量はそれでちょうどいいくらいだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 241
ちょっと
   
they are just gonna have to wait: ちょっと待ってもらお タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214
stand just under six feet tall: 身長は百八十センチにちょっとかけるくらい フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 12
Just thought I'd touch base with you: ちょっと声をかけておこうと思ってさ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 100
just part way: ちょっと頭を突っ込む程度 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 230
ちょっとした
   
just a prank: ちょっとしたいたずら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
ちょっぴり
   
why didn’t he just back off a little: むこうがちょっぴり折れてくれりゃよかったんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 516
つい
   
up until just two or three days back: つい二三日前までは 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 48
that was just last night: ついゆうべのことよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 352
just yesterday: つい昨日 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
just the previous month: つい先月も 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 264
just lately: ついこないだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 55
just east of ...: 〜のつい東 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 99
just a week ago: つい一週間前 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 227
ついさっき
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
ついに
   
just lose patience with sb: ついに(人に)しびれを切らす ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 163
つい先頃
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 95
つまらん
   
just a lined obi: つまらん袋帯 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 60
つまり
   
It's just as impossible to import data into Livermore from the outside: つまり、リヴァモアのコンピュータに外からデータを送りこむこともできないわけで、 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 30
でも、お願いだから
   
Just don't give me a hard time, okay?: でも、お願いだから、あたしを困らせないでね? レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 96
というものだ
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 8
とうてい
   
it just seems inconceivable that ...: 〜とはとうてい思えない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 433
とことん
   
just bland and boring: とことん鈍重で退屈 オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 126
とても
   
just can’t fight them all: とても一人じゃ太刀打ちできない ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 241
とにかく
   
just to make sure: とにかく念のために サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 270
Just tell your story: とにかく、これから行って君の話を聞かせることだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 140
just give me an opportunity to prove myself: とにかくぼくにやらせてみてよ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 243
Just don't give up: とにかく、投げ出してはいけないよ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 161
Just be patient, and we'll work it out: とにかく、気を長くもつんだな。きっと何とかするよ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 52
just a look-see: とにかくこの眼で見てみる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 42
It just arrives: とにかく、手もとに来る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 229
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 38
とは
   
the timing is just perfect: 折りも折りとはこのことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 448
とりあえず
   
just want to talk to sb: とりあえず話を聞いてみたい バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 347
I'd just report the problem to the Air Force narcs, and let them handle it: とりあえず、特別捜査課に連絡して、あとは任せることにした ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 49
どうしても
   
just won’t listen: どうしても聞き入れてくれない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 6
どうせ
   
just a village affair: どうせ田舎のことだから アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 86
どうも〜のである
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 161
どうやら
   
can just distinguish ...: 〜をどうやら見きわめることができる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 336
どう考えても
   
it just is not right: どう考えてもありえない エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 202
なに
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 20
なみの
   
more than just angry: いや、なみの怒りようではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
のこのこ
   
just walk up: のこのこ出かけて行く ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 96
のほほんと
   
just sit back: のほほんとすわる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 243
のも
   
it is an effort just to move: 身体を動かすのも大儀だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 90
はっきり
   
Just that: はっきりいえばね マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 84
ばかり
   
it is not just in sb’s favorably prejudiced eyes that this seems true: (人)のひいき目ばかりではなく 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 57
ひたすら
   
just mess thing up: ひたすら騒ぎだけを起こしつづける ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 282
be just as glad of sth: 〜とひたすら嬉しがっている マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 34
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
ひょいと
   
just step into the blue: ひょいと消える ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 179
ふつうに
   
Let’s just talk: ふつうにしゃべろうよ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 28
ふつうの
   
yearn to be just a young woman: ふつうの若い娘になりたいと思う ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 70
ふと
   
be just thinking that ...: ふと思ったんだよ。〜とね フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 80
ほんと、いかにも
   
It was, the locals said when discussing it later, just like her: あとになってこのときの話が出たとき、町の人たちは口をそろえてこういった--ほんと、いかにもあの人らしいわねえ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 55
ほんとうに
   
just get on: 呼吸がほんとうにぴったり合う ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 236
be just a worthless sth: ほんとうにどうでもよいような 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 6
ほんの
   
this is just the start: これはほんの皮切りときている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 52
just a dash, a comma, an apostrophe of fear: ほんの少しの恐怖 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
it will just be a few days: ほんの二、三日の辛抱よ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
hold on just a second before doing ...: ほんの一瞬後、〜した トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
ぽつんと
   
just the cooked bird itself: 調理された鳥がただぽつんと ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
まあ
   
just wait: まあ見ていろ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 128
まあ(〜しろ)って
   
just watch me: まあ見てろって ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 336
まさに
   
just the kind of ...: これこそまさに〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
まざまざと
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
まず
   
as for doing, one just don’t think it’s possible: 〜するなんてまず考えられない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
まずは
   
'Just working it out, you see, George,' Enderby explained: 「まずは肩ならしだからな、ジョージ」エンダビーが弁解した ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 367
まだ
   
the deal might just stick: 取引はまだ有効だ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 151
just have to warm up: まだウォームアップができていないんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 520
まだほんの
   
just a Major General: まだほんの少将だよ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 172
まちがいなく
   
see it just that way: まちがいなくおなじ見方をする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
まったく
   
You'll just never stop: まったく、とどまるところを知らないんだなあ トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 27
look just like sb: (人の)まったくの生き写しだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
it is great just looking around the living room: リビング・ルームはまったくたいした眺めだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 178
まったくの
   
be just a guess on one’s part: まったくの(人の)あてずっぽうな想像だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 169
まともな
   
in any just universe: およそまともな世界にあっては クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
まるで
   
just be not doing: まるで〜しない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 262
まんまと
   
just fall into one’s trap: まんまと罠にはまる ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 137
みすみす
   
let sth just slip away: (〜を)みすみす逃がす 宇野千代著 フィリス・バーンバウム訳 『色ざんげ』(Confessions of Love ) p. 14
むやみに
   
be just angry: ただむやみに腹が立つ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 279
   
A can be just useful as useful as B: AもBと同じくらい役にたつ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 160
もう
   
just let it go: もう忘れろよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
just kind of chalk sth up to experience: もう過ぎたこととする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
it’s just bits and pieces in ...: 〜はもうめちゃめちゃである マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 247
have just sort of finished that: あっちのほうはもう終わったんだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
もっともな
   
produce an opinion that is just and acceptable: もっともな妥当な意見を述べる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 374
やっと
   
I just noticed what a stupid haircut somebody gave her: 誰がやったのやら、彼女の髪がひどく間抜けな感じに切られてるのに、このときやっと気がついたんだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 259
よりによって
   
be laid up just now: よりによって今、寝込まれてしまう セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 27
わずか
   
take just minutes to carry off: わずか数分でかたがつく ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 81
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 31
わずかに
   
just ahead of sb: (人)をわずかに抑えて ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 21
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 248

ギリギリでやっと〜する程度
   
be just going to make it: ギリギリでやっと間に合う程度 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 135
サシの
   
just you and me: おまえとおれとでサシの話をしよう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 137

悪くない
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 120
一介の
   
just a temp: 一介の派遣社員 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 310
一瞬
   
just precede: 一瞬はやく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 7
一足ちがいで
   
just miss one bus: 一足ちがいで一台乗りそこねる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 508
何をするともなく
   
They were just lounging, passing a bottle in a sack: 彼らは何をするともなくたむろして、紙袋に入った酒瓶をまわし飲みしていた カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
簡単に
   
just like that: 口ではそう簡単に言えるけど アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 35
間をうめる
   
say just filling in: ただ間をうめるためだけにいう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
間一髪
   
see sb just: 間一髪その姿をとらえる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 150
近く
   
just before noon: 昼近く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 113
   
be just fixing to leave: 今お帰りになるところだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 198
今ここで
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 134
今しがた
   
only just: つい今しがた メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 119
今しがた〜したばかり
   
just heard: 今しがた聞いたばかり ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 74
今の
   
the words one have just uttered so thoughtlessly: 今の不用意な言葉 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 35
今度のは
   
No, just a tonic, like a strong cup of tea: いや、今度のは気付け薬です。茶を濃く煮出してありますよって 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 138
最近
   
They'd just started analyzing basements and chimneys for thermal efficiency: 最近、地下室や煙突の熱効率を分析する研究にも着手した ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 189
至極
   
you’ve done just right to tell the story leisurely: 詳しく気ながにお話してくれたのは至極結構だ E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 87
失敗する
   
just fail to do: あわやというところで失敗する 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 9
瞬間
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 299
辛うじて
   
be just legible: 辛うじて読める メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 174
甚だ
   
be just limply hanging there: 甚だ見映えせずにだらりとたれている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 77
   
be just feet away: 数フィートの距離までくる フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 73
正義を尊ぶ
   
any just man: 正義を尊ぶ人間 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 173
精一杯
   
keep running just to escape: ほうほうの態で逃れるのが精一杯 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
惜しいところで
   
just miss ...: 惜しいところで〜を見逃す メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 105
単なる〜の域を出ない
   
be just gossip: 単なる噂の域を出ない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 34
単純に
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 223
同じように
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 54
同様に
   
respond just as flirtatiously, saying ...: 同様に戯れ半分に〜だと答える フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 218
不用意に
   
just send sb overseas: 不用意に(人を)海外に派遣する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 40
本能に
   
just a treasure: 本当に宝です カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 312
無造作に
   
Eventually she just threw them under the bed: 結局無造作にベッドの下にほうりこんだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 173
黙って
   
just stare: 黙って(人を)見ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
要するに
   
Just not show up for work: 要するに仕事に出てこないのだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
Just carry on exactly as if we were still in St Thomas's: 要するにセント・トーマスにいるつもりでやってくれればいいんだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 214
要するに〜というものである
   
Perhaps this was just the final apathy: 要するに、これが無感動の極限というものなのだろうと思った マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
脇目もふらず
   
be just trying to make a buck: 脇目もふらず金もうけにいそしんでいる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 230

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you just listen: 聞いておいで
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 192
will just keep on slowly losing out: ジリ貧だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 158
want just sth: 〜がわかったところで何ほどのこともない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 65
things just happen: 思いがけぬことが起こる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
see just fine: まさにそのとおりだとわかっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
not just sb: そして俺もまた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 216
not just ...: 〜などというなまやさしいものではなく
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 98
just yet: まだ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 59
just when ...: 〜した矢先に
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 224
just when ...: 〜した矢先のことである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
just want sb to know that ...: 実は〜
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 27
just to make sure: 念のため
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 15
just to help: 気分を出すために
just to check: 試しに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 80
just to be on the safe side: 念のため
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 242
just to be nasty: 喧嘩腰で
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 28
just this minute: たったいま
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 66
just this minute: たったいま〜したところ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 368
just this minute: ついさっき〜したばかり
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 104
just the usual: ふだんどおり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
just The Ticket: 「正札屋」だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
just the thing: これだ、これが欲しかったんだよう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
just the thing: 渡りに船だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 98
just the same: しかし
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
just the same: それと同時に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
just the day before: つい先日
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 280
just that: そうだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 267
just tell ...: 〜を教えてくれるだけでいい
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 41
just take oneself: 手ぶらで行く
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 24
just stop: いい加減になさい
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 132
just starting out: 駆け出しの
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 132
just stand watching: 指をくわえて見物する
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 231
just stand there: その場に立ちつくす
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 180
just stand: 突っ立っている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 246
just some information for you: 情報提供
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 154
just sell: 売っぱらえばいい
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 167
just say ...: 口先だけ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 152
just run along: おまえさんは自分の仕事をしろ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 30
just remember,: いいか
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 225
just push off: すたすた行つてしまう
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 14
just plain stop: ぴたりととまる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 357
just plain expire: 自然死をとげる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
just past ...: 〜を過ぎたあたりで
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 203
just offshore: 少し沖に出ると
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
just now: さっき
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
just never: はじめてだよ
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 58
just miss ...: さいわいあたらない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 85
just met sb: (人)にはお目にかかったばかり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
just mentionably: 忘れずに述べておこう
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 141
just maybe: あくまで希望的観測だが
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 204
just maybe: ひょっとするとだよ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 181
just love coffee: 大のコーヒー好きだ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 124
just look surprised: びっくりする
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 132
just listen: 口はきかない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 175
just listen: 聞き役にまわる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 391
just like that?: こんなに早く?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
just like sb: (人を)見習って
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
just like I always told you: やっぱり
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 234
just like ...: 〜と瓜ふたつ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
just like ...: 〜にそっくり
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 258
just like ...: 〜らしく
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 37
just like: そっくり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
just lie there: そのままじっと倒れている
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 210
just in time: ええ時に
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 230
just in time: ぎりぎりのところで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
just in front of ...: 真ん前
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 265
just in case: なんかのときのために
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 232
just in case: 念のために
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 117
just in case: 万に一つということもありますからね
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 333
just in case: 万一の場合に備えて
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 191
just hang out: ぼうっとする
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 38
just great: やれやれ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 243
just forget sb: (人の)ことなんて期待できない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 367
just for fun: さあ楽しもう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
just for business: 職業意識から
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 201
just fool around: 他愛もないいたずら
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
just finished doing: いままでながながと〜してきた
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 331
just fine: なんとかいけそう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
just enough malt: 少量のモルト
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 112
just enough: 〜でしょ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
just down the way: 近所の
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
just don’t fit: 〜にまるでふさわしくない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
just do: 〜するのが関の山
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 139
just do: 〜すればそれでいい
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 276
just do: つべこべいわずに〜しろ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 49
just cool: じっとしてろ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
just come out: 出まかせ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 216
just clam up: じっと黙り込む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 243
just between ourselves: 大きい声では言えないが
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
just below ...: 〜の真下
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
just before doing: 〜する直前に
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
just before doing: 〜やろうという間際に
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 410
just before ...: 〜する間際
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 218
just before ...: 〜の直前に
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 37
just before: 手前で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 11
just before: 先ほど
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 47
just before: ... しかけて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 49
just because ...: 〜だけで
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 11
just because ...: いくら〜だからといって
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
you just wait and see: 見てろ、きっとそうなるから
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
you just leave me alone!: ねえ、わたしのこと、ほっといてくれません?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
you just know ...: 一つだけ言えるのは、〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 160
you just gotta do ...: 〜しなさい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
you just better stop making trouble: ごたごたを起こすのは、やめていただけないかしら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
you’ll just have to bear with me: 勘弁してもらおう
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 250
yet ..., just the same: しかしそういいながらも
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 337
would just as soon settle for ...: 〜なら、まだ話はわかる
would just as soon do: 〜しているほうがいいね
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 438
would have to be careful not to comprise oneself just because ...: 〜だ〜と言っていたずらに卑屈にならない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
would do, just to do: よく〜して〜したものだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
with sb’s Bows and Arrows just ready to discharge: 弓矢をもっていざといえば切って放す用意をしておく
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 38
will just have to wait: 足どめをくらうにちがいない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
will just have to hope ...: 本当に〜だといいんだけどな
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 263
will just have to do: 〜するしかない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 24
will give just about anything for ...: 〜を手に入れられるんだったら、なんでもしちゃうんだけどなあ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
will be just fine: 心配することなんかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
why not just let sb ...: そうか。〜させておけばよいのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
why doesn’t sb just do ...: 〜すればいいのに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
why doesn’t sb just come right out and say ...: 何で正直に〜と言わないのか
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 7
why didn’t you just come in?: さっさとはいってくりゃいいのに
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 268
well, this is just darlin’!: まあ、おそろい?
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 56
well, that is just fine: けっこう、けっこう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
we’ll just have to see how things turn out: まあ見ていてごらんなさい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 83
want sb to just do ... for a moment: いましばらく〜していなさい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 290
until just a while ago: 今しがたまで
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 11
turn cloudy to just the right degree: 理想的な濁り方をする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 289
tumble to just how bad it is: そのひどい状態を見抜く
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
this guy’s just as mad as a hatter: やっこさん、めちゃくちゃ頭にきてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
things just can’t go on this way: そんな状態でほっといちゃいけない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
there is just no good reason for ...: 〜になるわけないんだがな
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 138
there is just minimum exchange of words: 手短に言葉を交わす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 120
then sb just lay there in silence for a few minutes: また沈黙する
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 28
the war only just beginning: 戦争はまだこれからだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 111
the tears and confusion just under the carefully maintained surface: 注意ぶかく平静を保っているその裏側で、(人は)混乱した感情と悲しみの涙を懸命に押しとどめている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 340
the sobs take sb and carry sb just as they will: 涙は(人を)とらえ、思うがままに(人を)さらう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
the night have only just begun.: まだ宵の口だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 94
the knack of using just the right pressure or speed: 力の入れ具合や毛を刈っていくスピードのコツ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 31
the door is just closing: ドアが閉じかかっているところだ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 74
that was just the beginning: それからが大変であった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
that is just as well: それならそれでいい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 23
that’s just the way things are: そういうことになってるんだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 469
test sth just to make sure everything is working correctly: 〜の仕上がり具合をテストしてやる必要がある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
teasing just a little: かすかにからかいの色を忍ばせながら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
store in a basement room that is just a little bigger than sth is: (物は)狭い地下室に押し込められている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 109
stay just as poor and shabby as ever: 依然として貧弱だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 425
start an avalanche just by shouting too loud: 大声をあげてなだれをひきおこす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
spin against the cords with a faint whine just in front of sb: かすかなうなりをあげて回転するボールは(人の)眼の前のネットに当たり
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
sounds just like sb: 相変わらずやってるねえ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 184
smiling just a little: ごくかすかな笑みを浮かべている
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 193
seem just plain wrong to sb: (人にとって)気乗り薄だ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 144
sb just be magnificent: (人が)素晴らしいの一語に尽きる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 419
sb have just told: いましがた(人が)話してくれたこと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
really just a small matter: とても簡単なことだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
realize that this is not just talk: それが口先だけでないことに気づく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
psych sb out just enough to get sb off ...: (人を)惑わして外に連れ出す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 238
prove just how anxious sb is: (人の)不安のほどを物語る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 75
only must make it: やっとのおもいで、する
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 190
only just manage to do: 〜するのがやっとだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 110
oh, that’s just great: ほう、上等じゃないか
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 489
now, just want to make sure, but ...: でも念を押すけど
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 20
nothing more than just doing: 〜というそのことの他にはありゃしない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 51
not just spatter with mud: 泥のしみ、などというなまやさしいものではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
not just oneself, but everyone: それどころか誰もが〜だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 110
not just because ...: それはなにも〜のためではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
not grasping it exactly, just making sure ...: 押さえてるわけじゃないんだぞ、ただ〜ようにと思ってね
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 203
need someone quite badly just now: いままさに心からだれかを必要としている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 352
mostly sb just lay low: じっと身を伏せておくことに越したことはない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
more and more it becomes just sand: ますます砂らしい砂になる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 9
might be persuaded to do ... just the same: 〜してあげてもかまわないと思ってる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
maybe just a little: すこしは〜しましたけどね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
look just like a native: どう見ても生まれながらのビルマ人だ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 15
look just like ...: 〜そっくりだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
look just like ...: 〜と瓜二つ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 93
look just like ...: 〜にそっくりの
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 224
look just like ...: なんだか〜みたいなひとだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 50
like to play just for sb: 聴衆は(人)だけでいい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
like sth just fine: 〜に自足しているといってよい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
let us just leave it that ...: さしあたりは〜というだけにしておこうではないか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 399
let up just when ...: 〜したその瞬間に、ぴたっと痛みがやむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
let’s just say that ...: 〜というところかな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 379
left sb just the day before yesterday: おとといまでいっしょだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 256
just work all weekend: 週末を返上してちゃんとやっとく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 311
just wish one could have sth back for sentimental reasons: ただなんとなく自分の手元においておきたい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 73
just want to be rid of sb: とにかく一刻も早く厄介ばらいしてしまいたい、その一心なのだ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 373
just want to be able to go tell Momma?: ママのいい子でいたいってわけか?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
just want sb to know: ひとこと申し上げたかったんです
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 24
just want a light lunch: 軽い晝飯を食べるつもり
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 30
just walking is a trick: まっすぐ歩くのさえひと仕事だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
just walk completely into a trap: 見事に罠にはまる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 251
just up from ...: (場所)を眼の前にした
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
just under one’s heart: 心臓の真下
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
just two blocks away: 通り二つ裏の
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
just turn on the goddam light!: いいから、つけてよ! あかりをつけてっていってるでしょ!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
just try fuckin’ with me: てめえ、おれと勝負する気か
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 105
just to spite sb: これ見よがしに
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 226
just to make sure sth has gone: もう〜はどこにもいないとなるまで
just to give strength to their elbow: 激励役といったところだな
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 228
just to be sure: 念のために
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
just to be safe: 念には念を入れて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 272
just to be safe: 念には念を入れなければならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
just time for another drink: もう一杯だけつきあってくれ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 314
just the thing to do: 〜する絶好のもの
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 10
just the symbol sb take away with sb: (物)などはたかだか〜からもちかえるおみやげのシンボルにすぎない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
just the right size: ちょうど大きさの合う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 86
just the men one be looking for: これでそろったわけだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
just the kind of ... one like: (人に)とってはおあつらえむき
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 330
just take it somewhere else: もういいかげんに帰っとくれ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
just step off the plane from ...: (場所)から飛んできたばかりだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 198
just spit it out: ずばっといってやったら?
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
just sort of pop out: 思わず口をついて出る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
just sort of hit one all of a sudden and one try it: ちょっとした思いつきでやる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 149
just sit there, watching sb silently as sb speak: (人の)顔を黙ってじっと見る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
just sit there, totally depressed: がっくりとへたりこんでしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
just sit there like a lump: ぼけっとしてそこに座る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 358
just see the first man who would make one wish for a different father: こんな人がお父さんだったらいいだろうなと、生まれて初めて真剣に思う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
just sb up to sb’s tricks: (人が)例の茶目っ気を出したに過ぎない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 301
just recalling ... makes sb more convince than ever that ...: 〜を思い出すだびにきっぱりと確信する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 158
just really pound on sb: (人を)容赦なく叩きのめす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
just plain old ...: よく言われる〜とかなんとかそういうもの
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 31
just perceptibly begins to dry: ほのぼのと乾きはじめる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 72
just one of those things: 間々あることでして
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 18
just one more time: 一度でいいから
just off the main street: 目抜き通りの横の
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 209
just now and then, ...: ときには(〜する)こともある
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 11
just not the way: またべつだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
just might be ...: あるいは〜かもしれない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 164
just men doing a job: 平々凡々を絵に描いたような仕事だ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 19
just may see ...: 〜が眼に見えるような気がするよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
just manage to restrain one’s desire to do: 〜したくなるのを辛うじて堪える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 221
just looking at ...: 見るからに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 447
just let the horse have its head: 騎虎の勢ひで
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 29
just leave me out of it: 俺はいやだよ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
just leave me alone!: とにかくおれをひとりにしてくれ!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
just kind of crampy: ちょっとごろごろするだけ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
just keep me out of it: おれはごめんだ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 45
just keep letting sb go: 毎度放免している
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 230
just inches from ...: 〜から十センチと離れていない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 357
just in time to save oneself from tumbling off again: あわやまたころがりおちそうなところをこらえる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 149
just in time to do ...: そのとたんに〜するはめになった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
just in front of the car: 車の鼻先に
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 26
just in case such an occasion offered: こんなこともあろうかと考え
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
just have a short but satisfying nap: 時間こそみじかいが深くて実のある仮眠をとる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
just hard to talk: うまく話せない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 45
just happen to be ...: 自然に〜している
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
just go on pushing sb: やってみるんだな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
just give me a break: おれを困らせないでくれ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
just getting into full swing: 宴たけなわを迎えた
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 268
just for the hell of it: 思いつくままに
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 116
just for the hell of it: 別に何の意味もなしに
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 259
just fine with sb: かまわない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
just down the way: ちょっとむこうの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
just down the line from each other: それこそ肩を並べてかわりばんこに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
just don’t press your luck: 無理してはいけない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 46
just don’t hurt me: ひどい目にあわせないでください
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
just do not care about ...: 〜のことなどこれっぽっちも考えていない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 339
just did by chance: たまたま〜した
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 278
just crawl into bed and go back to sleep: ベッドにもどって寝てなきゃ駄目よ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
just come extremely close to ...: 〜しそうになるのを、すんでのところで踏みとどまる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
just cannot do ...: どうしても〜できない
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 110
just can’t keep quiet any longer: どうしても黙っていられない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
just can’t believe it: 狐につままれたような気分だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
just came out of the crapper: トイレから出てきたばかりで
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
just beyond sight of the shoreline: 岸からは肉眼でとらえられないほど離れたところで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 131
just between us for now?: ここだけの話にしてくれるか、今のところ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 154
just behind one’s shoulder: 肩のうしろにぴったり貼りついている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
just before breakfast is over: 朝飯が終るか、終らないうちに
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 213
just be not going to do it: ぷいとそっぽを向いて、それでおしまい
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 114
just at the time when ...: 〜折りも折り
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 264
just as things should be: こうありたいという、見本のような
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 549
just as the horn subsides: 汽笛が途絶えるのと一緒に
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 90
just as sb almost always do during the evening: 日暮れどきの定例行事のようにして
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
just as one walked in the door: 家のなかに一歩踏み込んだとたん
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 240
just as one please: ほしいままに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 310
just as one is doing now: さっきもそうしていたけれど
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
just as long as ...: 〜さえすればそれでいい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 21
just as it is getting dark: うす暗くなる頃
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
just as instinctively one recoil: 思わず(人は)身を引く
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 69
just as fine as paint: たいへんけっこうな傾向だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
just as easily end up bad: 極悪人になりかねない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
just as dawn is breaking: 夜が白み始める頃
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
just appear ... out of nowhere: 忽然と姿を現す
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 120
just another particular aspect of one’s vanity: (人の)見栄坊な心の別のあらわれ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 41
just ahead of ...: 〜の直前に
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 250
just ahead of ...: 〜時代の寸前だった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
just after one’s move: 引越し当座
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 161
just about to do: 〜しようとした矢先に
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 194
just about time for: いよいよだぞ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 253
just about open a vein: 手首をかき切りたくなる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
just about everyone in the country: この国に住むものなら、まず全員
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 284
just about everyone in ...: 〜のほぼ全員
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
just about every king: 王様であれば十中八九
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 338
just about decide to do: よほど〜しようかと迷っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 210
just about ... sb ...: (人)なんか〜〜しかけたくらい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
just a small token of my appreciation: これ、気持。ほんのお祝い
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 169
just a rubber stamp: ただの慣行だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
just a plain old murder: 世間によくある殺人
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 229
just a plain office: なんの変哲もない事務室
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 74
just a little way offshore: 島のすぐそばで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 397
just a little higher, a bit to the right: もうちょい右上
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
just a little dog: なんといってもまだ仔犬だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
just a counter really: カウンターが主の
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
just a bit of business to clear up: ちょいと野暮用に
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 138
just ..., that is all: 答えは明快
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
it was something you just couldn’t walk away from: そこから立ち去りにくい雰囲気だった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 264
it was just as well that ...: 〜は、結果的によかった
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 51
it means just what one say: 何もあてつけてなんかいない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 216
it makes sb uneasy just to know that, without hearing anything more: それを知っていれば、どうしてその先を聞かずにいられるだろう
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 49
it just sort of work itself out: 偶然、そんなふうに運ぶ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 76
it just shows that ...: 〜ということの一例
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 167
it just seems right: そのほうが当たっているように思えてならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
it just made no sense: とんでもない話だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 107
it just about killed sb when ...: 〜の時など、(人は)危うく憤死するところだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
it isn’t just ...: 〜とはわけがちがう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
it is just what sb expected: あまりのあいかわらずさ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 116
it is just too much for one to believe: (人には)どうしても信じられないことだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 345
it is just too much: それを思うと、やはり気が重い
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 262
it is just that ...: 〜にすぎない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
it is just that ...: たかだか〜なのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
it is just that ...: ただ、〜という話をしているにすぎない
it is just that: 事実はこうだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
it is just gone: 影も形もない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
it have just never worked out that way: 一度もそういう破目には至らなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 493
it’s not just another ball game: ただの試合とは違う
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 202
it’s just that ... I don’t know. I think ...: ただな・・・なんて言えばいいのか、〜みたいだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
it’s just so humiliating!: 何て情けない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 146
it’s just one’s turn: たまたま(人の)番がまわってきただけのことだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 244
it’s just as likely that ...: 〜する可能性だって充分にあるだろう
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 199
it’s just a question of getting used to it: 馴れの問題だ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 240
it’s just a question of a little more time: もう少しの辛抱と思って下さい
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 131
it’s just a minute: いえ、すぐだから
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
it’s gone too far to just put the money back: 簡単に返せない額なんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
it’s been just pouring: ひどい雨よ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 97
in part just for the chance to do: 〜かたがた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 164
in any order, just as sth came to hand: 手当り次第に
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 153
If you could just get me sth: (物を)貸してもらえるとありがたいんだが
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
if you’d just leave us alone: 君がいなくなったら
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 115
if one could just do, one would be all right: 〜すればそれでよかった
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 141
if one could just do, ... could wait: 〜することができれば、〜は後回しにしてもいいのだ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 565
if one’s feet were on the floor or drifting just above it: (人が)床に足をつけて歩いているのか、それとも床から浮き上がってふわふわとただよっているのか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
I was just a baby, but please forgive me: うちも、赤んぼどしたけど、かにしとくれやす
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 238
I think I just peed my panties!: わたし、おもらししちゃいそうだわあ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
I know just about everything when it comes to sth: 僕、〜のことなら何でもしってるんだよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 65
I just wanted to thank you again for always being so kind: 本当にいつもどうもありがとうございます
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 26
I just wanted to congratulate you: とにかくおめでとう
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 135
I just didn’t feel so angry: なんだか腹の虫がおさまってしまったの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
I just defended myself when I was attacked: ふりかかる火の粉をはらったまでだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 191
I just can’t believe how heartless sb is: (人は)薄情もんなんだからまったくなさけなくなってしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 163
I’m going to tell your mother just how bad you behave: そんなお行儀の悪い恰好をして、ママに言いつけますよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
I‘d love to but I just don’t have time: そんな暇はないの
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 35
haven’t realized just how badly sb wanted sth until ...: 〜された(人は)、自分がどれほど〜に執着していたかをあらためて思い知らされていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
have you just flipped or something?: 何を下らないこと言ってんのよ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 383
have patronized for so long just like sb before one: (人)ゆずりに愛飲している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 14
have only just begun as ...: 〜としてまだ駈けだしだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 486
have made just over three hundred dollars: 三百ドル以上のプラスを手にしていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
have just time to do before ...: 〜した瞬間、〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 426
have just sort of started: 始まりかけてる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
have just a few minutes before doing: これから何分もしないうちに〜する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 228
have been Buster to just about everyone: バスターの呼び名で通っている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
have a god for just about everything: どんなものにも神様がいる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 266
has just learned to walk: 歩きそめる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 175
go up ... to have it out with sb just the same: (人と)はっきりさせようと思って出かけていったことは出かけていった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
get along just fine: よく馬が合う
fund ... just the same: それでも〜だと思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
from the path of learning when one have only just set out on it: これから学問をしようという首途に
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 175
for just the faintest second: ほんの一瞬だが
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
for just a second: ほんの一瞬
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 26