× Q 翻訳訳語辞典
first   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜したばかしの
   
I didn't want to be around when they first got it: 親たちがそいつを受け取ったばかしのとこになんか、行き合わせたくなかったんだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 82

いまがはじめてである
   
feel the first faint chill of fear: 戦慄のかすかな寒気を覚えたのは、いまがはじめてである マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 139
さしあたって最初に
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 78
さっきからの
   
the first face: さっきからの影 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 120
すぐ
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
すぐに
   
the first sign of ... comes within moments of sb’s arriving back home: (人が)帰宅してすぐに〜がわかる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 386
その前に
   
The listener from Portland said that first he would like to make a comment: その前に意見をいわせてほしい、とポートランドのリスナーはいった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 316
But first we were having us some Scotch and talking: しかしその前に我々はスコッチをひっかけて、話をした カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
ask sb first two questions: その前にふたつ質問をする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 479
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 343
そもそも
   
<例文なし> モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 68
そもそもの
   
this is sb’s first introduction to the family: これがあの家に(人の)来たそもそもの始まりです E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 53
sb’s first clue: そもそものきっかけ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 176
とにかく
   
go and look at ... first: とにかく〜を探す 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 273
とびきりの
   
be the first and foremost a drunk: とびきりの飲んだくれだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 233
なによりもまず
   
First, the police are wrong, Kelly told himself: なによりもまず、警察は間違っている。ケリーはそう断じた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 228
のっけから
   
the first question is about sth: のっけから〜についての質問が出る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 69
はじまり
   
the first deer dance: 鹿踊りのはじまり 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 109
はじめ
   
from the first: そもそものはじめから セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 287
はじめて
   
take one’s first steps: はじめて歩きだす 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
make one’s first appearance at ...: はじめて、(場所に)行く 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 9
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 131
はじめて迎える
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 288
はじめて見せる
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 293
はじめに
   
first plan to do: はじめに考える ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 48
まず
   
the first order of business: まずやるべきこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 430
having first gauged sb’s intelligence: まず(人の)賢さを計算したうえで ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 157
First to make sure the boy is all right, also to ask him where is our leader?: まずヴィレムにかわったことがないかきくためと、おれたちの指導者がどこへ行ったのかきくためだった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 182
First I'll shampoo you and touch up these roots here: まずシャンプーをして、地肌をマッサージしなくちゃね カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 355
first blame oneself: まず自分を責める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
be the first place they will have looked for sb: まず最初に(場所)に捜索の手が伸びる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 511
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 274
まず一つ
   
be accorded the first of ...: 〜がまず一つ与えられた 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 25
まず口をついた
   
sb’s first question: まず(人の)口をついた質問 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 130
まず最初に
   
first thing right off the bat: 〜したとたん、まず最初に タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
まず頭にうかんだ
   
one’s first thought: まず頭にうかんだ考え トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 293
まっさきに
   
the first thing to do: まっさきにしなくちゃならないこと ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 48
まっ先に
   
the first one to do: まっ先に〜する張本人 キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 27
be the first to join in with sb: まっ先に(人に)かぶれた口だ ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 85

ファースト
   
go first class: ファーストクラスの旅 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95

一等
   
first thing: 一等先に 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
一杯目の
   
Half way through his first pastis, he leant forward confidentially: 一杯目のパスティスを半分飲んだところで、彼は内密の話を切り出すふうに身を乗り出した メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 65
一発で
   
fire the first time: 一発でエンジンがかかる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 254
一番
   
first thing next morning: 翌朝一番 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
一番に
   
one’s first loyalty: (人の)一番に守るべき節義 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 298
一番のりの
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
一番乗りの
   
the first car drive up: 一番乗りの車が到着する クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 280
一番先に
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
一目
   
when one first see ..., one immediately ...: (人は)〜を一目みたとたん、〜した アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 168
何よりも先ず
   
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 279
芽ぶいたばかりの
   
first tiny leaves: 芽ぶいたばかりのこまかい葉 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 74
最初
   
that first night be the only night sb have: 最初で最後の夕べ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 257
never say a word after the first: 最初一度ねだったきり口に出しては言わない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 288
have been painfully embarrassed by ... at first: 最初のうち(人は)〜するのがなんとも億劫な思いだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
at first: 最初のうち ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249
at first: 最初のうちは トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 293
最初に
   
the first to despoil ...: 〜を最初に荒した略奪者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
the first indication of something untoward: 最初に妙な感じが走ったのは プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 390
see sth first: 〜を最初に見つける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
on one’s first visit: 最初に面会に行ったとき ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 457
first off, let me say that ...: じゃあ、最初にことわっておく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
最初の
   
the man who has first enjoyed sb’s favors: (人の)最初の男 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 379
the first shot: 最初のひとくち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
the first dull glow: 最初の淡い光 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
the first cock call of the year: 今年最初の鶏鳴 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 106
society’s first thrust of reproach at one’s “indiscretion”: 自分の「無分別」に対する世間の非難の最初の一ト突き 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 121
sb and sb’s first few exchanges be polite, but tentative: (人と)(人の)最初の二言三言はたがいに礼儀正しく、おずおずとしている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 480
make it to the first hilltop: 最初のひと山を越える ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 195
become the first child in X generations of one’s lineage to leave ...: X世代続いた家系の中で、(場所)をあとにする最初の反逆児になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 93
最初のうち
   
sb’s first efforts had not been successful: 最初のうち事はうまく運ばなかった カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 286
最初のうちは
   
first touching: 最初のうちは指を触れているだけ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
史上初の
   
the first cooperative effort: 史上初の合作 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 106
史上初めての
   
the first ... to win the honor: 〜としては史上初めての受賞者 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
始める
   
during the first week of the course: 学校に通い始めた最初の週に ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 293
手はじめに
   
First I'd call the FBI: 手はじめに、FBIに電話することにした ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 292
手始めに
   
couching it first as a hypothetical case: 手始めに、たとえ話から入る べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 173
   
our first grandchild: われわれの初孫 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
初めて
   
one’s first really professional appearance: 初めてプロの舞台を踏む ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 158
just see the first man who would make one wish for a different father: こんな人がお父さんだったらいいだろうなと、生まれて初めて真剣に思う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
have the first glimpse of ...: 初めて〜の片鱗を目にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 97
first pregame service: 初めてゲーム前のお祈りをしてやる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
be not the world’s first ..., and one won’t be the last: 〜なんて世の中に掃いて捨てるほどいて、なにも〜が初めてってわけじゃない ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 128
初めての
   
have been one’s First Communion: (人が)とりおこなった初めての聖餐式 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
初期の段階では
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 244
初対面
   
on first or even short acquaintance: 初対面の人間に、あるいは会って間もない人間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
真っ先
   
the first thing one saw was ...: 真っ先に目にはいったのは〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 391
be the first to do: 真っ先に〜する メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 286
真っ先に
   
the first order of business: 真っ先に頭にうかんだこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 421
start first: 真っ先に駆けだす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 165
one of the first consideration which arises in the business mind of sb: 銀行屋として(人の)真っ先に考えたこと ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 147
真っ先に発せられた
   
one’s first words: 真っ先に発せられた言葉 カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 193
   
be the first to go: (人の)方が先だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 91
先きに
   
<例文なし> 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 50
先に
   
why don’t you try telling me who you are first: 先に名をなのってから聞きやがれ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 138
one put one’s hand on sb first: 先に手を出したのは(人)だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
先を越す
   
The Chicago Cubs signed him first: けっきょくヤンキースはシカゴ・カブスに先を越され、契約されてしまったのである ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 449
先決
   
first one have to do ...: 〜することが先決だ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 418
先制
   
strike first: 先制攻撃をかける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
先頭
   
the first Marines: 救出チームの先頭 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 80
前に
   
die first: 前に片づく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 90
前の
   
first taxi: 前の車 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 25
前もって
   
get rid of the bicycle first: 自転車は前もって始末する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 79
do not first tie sb: 前もって縛ることはしない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 162
早く
   
who get to do first: どっちが早く〜するか ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 225
早朝
   
the first show: 早朝興行 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 119
草分け
   
one of the first airplane pilots: 航空機パイロットの草分けの一人 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 198
第一
   
the first turn: 第一コーナー スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
the first time: 第一ラウンド タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 163
the first one to do ...: 〜する第一人者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
sth of the first order: 第一級の〜 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 143
on first impression: 第一印象では トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 228
朝の早い
   
first beams of the sun: 朝の早い陽光 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
当座
   
when one first did, ...: 〜した当座は〜だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 166
当初
   
than sb had first imagined: 当初考えていたよりも ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 6
入口の
   
the first is the best room: 入口の部屋がいわばいちばんの部屋である ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 167
嚆矢
   

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

To Commemorate the Birth of My First Son: 長男誕生
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
the first thing: 真先に
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 222
the first priority: 最も重要な目標
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 27
the first person: 第一号
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
the first paragraph of ...: 〜の冒頭
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 21
the first page: 一枚目
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 25
the first game: 緒戦
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 375
struggle to be first: 先を争う
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 226
sb’s first word: 口切りの第一声
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 73
one’s first move: まずやるべきこと
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
one’s first girlfriend: 初恋の子
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
one’s first big success: 出世作
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 344
make first move: 先手を打つ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
it first began when ...: まず
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 5
in the first years of ...: 〜当初に
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
in the first place: そもそも
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 29
in the first place: だいたい
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 250
in the first place: なにしろ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 205
in the first place: 真っ先に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 307
in the first place: 抑も
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 94
from the first: のっけから
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 68
for the first time in one’s life: はじめて
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 270
for the first time in long months: 久々に
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 228
for the first time in ...: 〜ぶりに
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 222
for the first time: ようやく
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 318
first-time clients: 初対面のクライアント
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 9
first year: 一年生
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
first time out: はなから
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 308
first though: それよりまず
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 450
first thing in the morning: 朝一番に
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 307
first sth: 〜第一号
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 439
first row: 最前列
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
first of all: その第一歩として
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 223
first of all: それに先だって
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 65
first of all: なにしろ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 114
first of all: まず
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 13
first of all: 大体
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 33
first meeting: 初顔合わせ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 40
first light: 曙光
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 253
first and last: いつも
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 97
first and foremost: あくまで
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 303
do sth first: (何かが)先決だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 124
be there first: 一番乗りをする
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 388
be the first time in years: 久々の
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 42
be first to arrive: 一番乗り
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 315
at first sight: 一見
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 31
at first light: 朝まだき
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 116
at first light: 夜明けとともに
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 355
at first glance: ちょっと考えたところでは
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 201
at first glance: ちらっと見たときは
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
at first glance: ぱっと見たところ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 46
at first glance: 一見
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 165
at first glance: 眼につく
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 142
at first: しばらくのあいだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 212
at first: とっさには
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 326
at first: はじめのうち
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 100
at first: はじめのうちは
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 143
at first: はじめの頃は
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 31
at first: まず
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
at first: まずは
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 308
at first: 一見
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 476
at first: 最初は
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 96
at first: 当初
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 112
at first: 当初は
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 46
as a first step: 取敢えず
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 194
you’re the first guys I call: 真っ先にあんたに電話する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
you’re doing a first class job: きみはじつによくやっているよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 224
would be the first to do: 〜するにやぶさかではない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 328
would be among the first to do: 一刻も早く〜したい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 31
within half an hour form the first starting: 三十分ばかりも歩いたろうか
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 291
with the first eye on sth: 〜を最重視して
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 85
will do sth first thing: いの一番に〜をしよう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
why sb do sth sb do in the first place: もともとの気持ち
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 32
why didn’t you tell me that in the first place: なんでそれを早くいわないんだね
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 204
who one’s first to tell you one be: あるがままの自分
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
when you first look at sth: ちょいと見には
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 129
when sb and I first moved in together: (人と)暮らしはじめた頃
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 105
when one think back to one’s first days here: この島に来たての頃のことを振返ってみると
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 107
when one have first started working there: 〜に来たてのころ
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 14
when one first tried this idea out: やってみると
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 72
when I first came up to London: ロンドンへ出たてのころ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 138
what to do first: どこから手を着けていいか
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
walk over, guns first: 銃をかまえたまま踏みこんできた
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 112
visit a new store on the very first day it is open: 開店当日に店へ押しかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
throw out the first ball: 始球式に出る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 114
those among them without sin to cast the first stone: このなかにたれか罪なき者あれば石もて我を打て
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
this was the first and the last time: 前にもあとにもこの時だけ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 56
this is the first and last time ...: こんな事は後にも先にもただの一度である
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 27
this is one’s first week: 今週は開店記念です
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
the women always come first: どこへ行っても第一の目的は女だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 12
the first woodpecker do: キツツキ一羽でたちまち〜する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 140
the first toss to the catcher is from ...: 一球目を投げるときはキャッチャーから〜の距離しかおかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
the first time since ...: 〜以降、絶えてありませんでした
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
the first time one do, after doing, ...: 〜して、そのあとで〜したとき、〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 366
the first thing sb say: (人の)第一声
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
the first thing sb said is ...: (人は)開口一番〜と言う
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 198
the first thing one thought was that ...: 〜とはたと思いつく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 130
the first thing I will do will be to do ...: なにをおいても〜しよう
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 238
the first question of course is ...: まずはともかく
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 35
the first question of course is ...: 何はともあれ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 37
the first of criminals: 最悪の犯罪者
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 236
the first few times one read the book, ...: 何度かその本を読んだが、〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 97
the first drink one have had in ages: 久しぶりの酒
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 302
the first day of Creation: 天地創造第一日
the first Crime Investigation Unit: CIUの第一陣
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 345
the first breakthrough one have had: やっと見つけた突破口
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 285
the first assumption was that ...: 人々の頭にまず浮かんだのは、〜という考えだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 390
that turns out to be the first of sth: 〜が試作品第1号
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 105
that is the first time have ever done ...: 〜したのは後にも先にも今回が初めてである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 11
that is the first move: すべてはそれからだ
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 65
that is ..., and not for the first time, either: それも、今日にはじまったことではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
that’s what first intrigues sb about ...: 〜に好奇心を起こしたのはそのためだ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 103
that’s the first thing to do: それが先決だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 77
that’ll be a first fer you: そのほうがいいんでしょ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 78
take the first that comes: 手当たりしだいに抜きとる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 82
take out a pistol and hand it to me, butt first: ピストルを取り出し、握りをこっちに向けて差し出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 450
take one’s first long look at ...: 改めて〜を見る
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 165
start out by ~ing in the first place: はじめから〜する
someone whom I am visiting for the first time: 初対面の相手
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
so how did the first day on the job go?: どうだい、初日の感触は
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
sb who do the first draft of ...: 〜に関する試案作成担当者
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
sb’s first command is to do: (人は)何よりもまず〜を求める
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 46
sb’s ears key for the first sound of ...: が今聞こえてくるか今聞こえてくるかと耳をそばだてている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 250
run first one way, then the other: 右往左往する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
return to one’s first question: 話題を元にもどす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 141
relax at home with one’s first drink of sake in a long time: 久しぶりの我が家でのむ酒に酔う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
one day for the first time since one met sb, one does: そのうち〜する機会に出合う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 30
one’s first thought is that ...: とっさに、〜と思う
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
one’s first sensation is the dusty smell of the carpet: 埃っぽいカーペットの臭いがまず鼻をつく
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 255
one’s first question is ...: 開口一番、〜を尋ねる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 293
one’s first impression was ...: (人が)反射的に考えたのは〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
one’s first guess is that ...: 咄嗟に、〜と思う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 296
one’s first and last taste of ...: (人の)記憶に残る唯一の〜
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 47
on sb’s first night: チェックインした夜に
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 141
observe in English to sb, whom one’s eyes first encounter: まずいちばんそばにいた(人に)英語で言う
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
notice the first sign of boredom appearing on the face of sb: (人の)顔にわずかでもあきあきした色がながれるのを見る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 66
not for the first time: いつもながら
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 99
not for the first time: いまにはじまったことではないが
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 139
not for the first time: 一再ならず
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 114
naturally sb’s first thought is ...: まっさきに〜と思うのも無理はない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 142
mount the breach first: 先鞭をつける
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 118
make the first preliminary call of ...: 〜の第一報を入れる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 183
love at first sight: ひと目惚れ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 217
listen to everyone else first think the matter over: まわりの意見が出揃ったところでゆっくり考える
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
know from sb’s first days as a reporter: 記者になりたてのころから知っている
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 51
it wouldn’t have been the first time: なに、そんなのはいまにはじまったことではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
it was love at first sight when they met at his father’s funeral: なれそめは、新郎の父の葬式で出会って一目惚れしたんです
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 128
it is the first time sb have ever done anything like that: (人が)そんなことをしたのは前代未聞のことだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 333
it is the first time sb has grinned in weeks: (人が)笑みを洩らしたのは数週間ぶりのことだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
it is the first time sb do ...: 〜するのは生まれ初めてのことだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
it is probably unwise to ... in the first place: なまじ〜しようとするのは間違ひだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 131
it is not the first time that ...: 事あるごとに〜
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 240
it have never been that bothersome in the first place, not really: そもそもこの問題は最大のトラブルというわけではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
in the interchange of the first few common-places: 二言三言、これはもう型どおりの挨拶があったあと
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 270
in the first row of ...: 〜で、最前列
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 133
in the first place: いっとう最初に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
in the first place: ことの初めに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
in the first place: それに第一
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 150
in the first place: もとはといえば
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
in the first days after the birth of the cubs: 子オオカミが生まれて間もないころ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 81
I would be the first to admit that ...: 〜ことを認めるにやぶさかではありません
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 421
have to wonder if one have ever really wanted ... in the first place: そもそも〜を望んでいなかったんじゃないかと、疑わざるをえない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 556
have thrown on the first thing that tumbled out of the dryer: 乾燥機から出てきたものをとりあえず身につけた
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 41
have not recognized ... at first: 最初のうちは無我夢中だった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
have a perpetual frown which at first makes one seem unfriendly: なにかにつけ一見無愛想に眉をひそめる癖がある
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 56
go out for one’s first walk in some time: 久しぶりに散歩に出る
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 240
from the first contact: 触れたとたんに
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 295
from one’s first pitch of the game: 立ち上がりの第一球から
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 383
for the first time since the terrible minutes after ...: 〜したあの恐ろしい一瞬以来久し振りに
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
for the first time since ...: 〜するようになってから、初めて
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 52
for the first time sb do: 〜という経験をこのときはじめて味わう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
for the first time in years: 何年ぶりかのこと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
for the first time in twenty-five years: 二十五年ぶり
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 376
for the first time in three months: 三月ぶりに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
for the first time in several days: 数日ぶりに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 438
for the first time in quite a while: 久しぶりに
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 99
for the first time in over five months: 五カ月ぶりの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
for the first time in one’s life: 生まれて初めて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 147
for the first time in many years: 本当に久しぶりに
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
for the first time in a very great while: 久し振りで
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 21
for the first time in a long while: 久しぶりに
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 235
for the first time in a long time: 久し振りにやっと
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 298
for the first time apparently, sb notice ...: はじめて〜を見るように
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 13
for the first time: いつにない
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 55
for the first time: いままでは〜したこともない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
for the first time: ここで初めて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 20
for the first time: ことここにいたって
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 58
for the first time: このときだけ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 141
for the first time: それまでは思ってもみなかったが、〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 80
for the first time: めずらしく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 220
for the first day in a month, sb have not ...: 〜なかったのは一か月来なかったことだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 292
first when ... again when ... --twice ...: 〜時と、〜時と、二度〜する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 284
first time one ever ...: だいたい〜するなんて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 68
first thing sb do is ...: まず手はじめに〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 48
first realize sth after ...: 〜してから気づく
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 105
first come, first served: 「早い者勝ち」という言葉
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
experience sb’s problem at first hand: (人の)抱える問題を身をもって経験する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 216
during the first week of the war against Iraq: 湾岸戦争が火を噴いた直後の一週間
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
don’t know the first thing: まるっきりの初心者だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 395
do not know the first thing about ...: 〜についてそもそも何一つ知らない
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 173
do a first draft: 第一稿を受けもつ
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 67
descend first upon sb: (人を)露はらいに立てる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 51
consider oneself a soldier first: 自分は一介の兵士だという思いがある
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
come first last and all the time: 一にも二にも、始終〜が先立つ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
come first on the list of priorities: 〜が第一原則だ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 381
call a meeting for first thing in the morning: 会議を朝いちばんで開くと招集をかける
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 272
be wrong from the first moment: はなからついてない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 257
be told that the first word one speak to sb should ensure a dismissal: 以後(人と)一言でも話したら放逐すると申しわたされる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 72
be the first to agree that ...: だれよりもいちばんよく知っている
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 55
be the first mistake: 間違いの第一歩だ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 190
be the first admit it: 誰よりも自分がそれを認める
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 173
be somewhat hesitant at first to do: 〜する事がおぼつかなく見える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
be sb’s first words: 開口一番(人が)きく
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 167
be one of the first to: 誰よりもさきに
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 152
be not the first thing sb reach for when sb pick up something to read: (人は)好んで〜を読んだりするタイプの人間ではない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 379
be going ... for a few minutes first: その前に、ちょっと〜に……
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
be by no means the first time that I had been struck by ...: 〜に馴れている
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 14
be at first relieved: とりあえず安心した
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 171
be among the first to do: 先を争って〜する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 57
be a fool and a coward from the first: いつだって阿呆で臆病たれだ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 47
be a first rule of thumb: 間違いのない経験則である
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 113
awake with the first Sense: 痛みを感じるやいなや眼を覚ます
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 23
at the first sound of the bell: ベルが鳴りだしたとき
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 19
at one’s first opportunity: 折りがあったらまっさきに
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 221
at one’s first available opportunity: 都合がつき次第
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 137
at first the smile frightens sb: ほほえみを眼にした瞬間、(人は)おびえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
at first one thought that ... but ...: 〜かとも思ったけれど、〜
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 34
at first one fail to recognize ...: 〜だと気づくまでに、しばらくかかる
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 218
at first not quite sure what one should talk about: 何から話してよいか戸惑いながら
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 179
at first it would seem that ...: 一見〜のようだ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 417
always make the first move: 手を出すときはこちらから出せ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
almost from the first: 試合が始まって間もなく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 292
after the first few hours, doing sth: 何時間か〜したあとで
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 105
sb in not the first man she has loved in this totally abandoned way: 自己放棄的な愛し方は、(人が)はじめてのものではない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 178
be absolutely the first one have heard of it: まったくの初耳だ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 441
in accordance with the first item on this onerous program: この面倒なプログラムの第一項に従い
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 73
have a first-hand account of ...: 〜の話をじかにきく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 486
first acquaintance: 初対面の人
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
ignite that first stunning moment of romantic adoration: ロマンチックな気持に火をつける
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 39
be advantage of handling products through a first-rate distributor: 一流代理店をとおした英国物の強みだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 114
When people say something twice that way, after you admit it the first time: こっちが最初にそうだといってるのに、その上におっかぶせて、こんなふうに二度言うんだからな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 19
was devastated when she rejected him and after that rejection sb began writing like sb for the first time: 彼女に袖にされた(人は)深く傷ついたが、それをきっかけに、初めて(人)らしく書きはじめた
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 449
no less ... after forty-four years than after the first year: 四十四年を経たあとも、〜だった
first on the agenda is ...: なにはともあれ〜が先決だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 45
It's always hardest the first time: だれでも最初がいちばんつらいもんですよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 238
the first-class seats are always sold out: ファースト・クラスは毎度満席になる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 26
be among the first states to do: いち早く〜した最初の州のひとつだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 16
anxiously study first one face and then the other: かわるがわる二人の顔を窺う
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 87
sb’s first appearance: 初出勤
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 73
hold the first hint of winter’s approach: 冬の訪れが近いことを思わせる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 121
first approaches sb about ...: (人に)〜の話を持ちかける
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 478
with the arrival of the first mammal: 原始哺乳類の登場とともに
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 30
artful displays of first-rate merchandise: 趣味よく陳列された一流の商品
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 45
muttered at first incoherently, all too articulately: はじめはなにやらぶつぶつ言っていて、そのうちにはっきりと
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 206
at the first notes: 最初の音色が流れると
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149
sb’s first published genuine authentic real virgin-wool science fiction story: (人が)はじめて世に出した正真正銘の、まじりけなしの新手のサイエンス・フィクション
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 71
awaken in sb that first stirring of ...: (人)の中で、〜への欲求が頭をもたげる
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 172
first few awkward moments: はじめの気まずい何秒か
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 11
The detective, mostly bald, looked directly at Stern for the first time: 頭がほとんど禿げあがっている刑事は、ここで初めてスターンをまともにみつめた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 20
flip the ball to first: 一塁にトスする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 188
get the batter safety down to first: バッターは振り逃げで一塁に生きてしまう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
Then began the first round: 1本目にとりかかった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 162
At Needful Things, the first full day of business had begun: ニードフル・シングスは、こうして本格的な商売の幕をあけたのだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
give me the first bill you find: 最初に眼についたお札をください
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 241
the first blast of heat: 身体がかっと熱くなる瞬間
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 170
have the water boiled first: 湯ざましを作らせる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
get the first break: 最初の突破口を開く
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 151
This was the first breakthrough Honma had had: やっと見つけた突破口のような人物だ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 285
first rule of burglary: 盗っ人心得第一条
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 73
idea of taking over the first store’s business: この古い店の客を横取りしてしまおうという魂胆
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 44
that business about getting up early to see the first show: 早朝興行を見るために早起きしなければならないという話
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 119
Dave's first reaction might be predictable, but how should we react?: ロイの出方は見当がつくとして、私たちはどう対応すべきだろうか?
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 33
catch the first bars of a tune: (人の)耳にかすかな旋律が伝わってくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 138
catch sb in the first moment of surprise: 〜の機先を制する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 190
at first cautiously but at the last moment violently,: はじめはそろそろと要心ぶかく、最後は荒々しいしぐさだったが、
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 73
I must confess, it'd make a pleasant change if Ascot were to work first time: 正直いって第一段階のアスコットのほうは楽しい気晴らしというところだろう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 230
decide to leave one’s first-aid kit closed: 救急セットを開くことをやめる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
be in such a cloud of dust, that at first sb could not make out which is which: もうもうと埃がたちこめてるんで、どっちがどっちか、すぐには見わけがつかない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 131
first-page color photo: トップのカラー写真
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
with one’s first time-at-bat coming up: 初めて自分に打順がまわってくる直前
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
will not tell you momma’s first name when it comes to ...: 〜についちゃあ(人は)口が腐ってもいおうとはせん
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
there come into sb’s head the first of ...: その最初の一つが、ぼくの頭にひらめく
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 118
First Baptist Church: 第一浸礼教会
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
“Bright-eyed and Bushy-tailed First-Graders”: 「ピッカピカの一年生」
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 126
ツイート