× Q 翻訳訳語辞典
call   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜から見れば
   
sb call: (人)から見れば サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 134
〜で知られる
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 79
〜にいわせると
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 45
〜呼ばわりする
   
call sb a liar: 嘘つき呼ばわりする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 161

いう
   
what they call: 俗にいう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
what sb called: (人の)いう〜とやらの ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 436
we don’t call that working, do we: そんなの仕事とはいわないわよね ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
things might best be called ...: 〜というのがいちばんふさわしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
might as well call gray: 灰色といってもいいくらい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
call it resolution: 解決、とでもいえばいいか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 423
call it ...: 〜というか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
as sb sometimes call it: (人が)よくいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 200
いえる
   
I call ...: 〜といえる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 393
いやがらせ
   
a harassment call: いやがらせ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 211
お邪魔する
   
fear one have called at an inconvenient time: 差しつかえのあるところをお邪魔したのではないか ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 66
かけあう
   
call sb: (人に)かけあう ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 68
こき下ろす
   
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 204
しらせる
   
go to call sb to the telephone: 電話をしらせに来る ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 48
call you for mealtime: 食事時を知らせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 252
たずねてくる
   
call upon sb for a rather auspicious favor: 将来性のある話をもってたずねてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
たずねる
   
call sweetly: かわいらしくたずねる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
もとめます
   
call upon the Ancient Power: 太古の力の到来をもとめます タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 72
よばう
   
He rang the bell again and called 'Herr Leipzig!': 彼はもういちどベルを鳴らしてよばわった。「ヘル・ライプチヒ!」 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 319
よばわりする
   
call sb a traitor: (人を)裏切り者よばわりする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 514
よばわる
   
call to sb: (人に)よばわる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
よぶ
   
call sb in: (人を)よぶ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 433
call sb back: (人を)よびもどす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
わめきたてる
   
call out to sb in an angry tone: ぷりぷりした声でわめきたてる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 50

コール
   
leave a wake-up call for 0530 hours: ○五三○時のモーニング・コールを頼む デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 210
get a wake-up call: 目覚しコールにたたき起こされる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
ファウル
   
would run sb over rather than call hinders: たとえファウルだろうと、(人を)突き倒してでも〜する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
メッセージ
   
meaning of the call: メッセージの意味 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 232

一報
   
you want to give me a call: 一報してくれないか クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
往診
   
one’s morning calls: 午前中の往診 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 450
応える
   
call out: 大声で応える タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 76
音頭で
   
sb call three successive bobs: (人の)音頭で立て続けに三回跳ねる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 41
喚起する
   
call public attention to the bad state of the bells: 鐘の惨憺たる状況に住民の注意を喚起 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 148
喚問する
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
協力をもとめる
   
called on sb: (人に)協力をもとめる ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 47
叫び
   
ignore sb’s calls for help: 救いをもとめる(人の)叫びに気づかない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
叫ぶ
   
call through the light rain: 小雨の向こうに叫ぶ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 180
call one’s name out deliriously: うわごとのように(人の)名を叫ぶ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 419
言う
   
virtually call sb a coward: 腰抜けといわんばかりのけんまくになる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 80
one is probably right when one call it ...: 人の言うように、あれは〜なんだろう 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 11
call the spade the spade: 黒を黒と言う アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 306
言葉
   
call sb ...: (人の)口を出た〜という言葉 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
言葉を投げる
   
call indignantly after sb: 憤慨の色を隠そうともせず、去っていく(人の)背中に言葉を投げる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
呼ばせる
   
send AA running out to call BB: AAを走らせてBBを呼ばせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 95
呼ばわりする
   
call sb ‘Colonel’: (人を)「大佐」呼ばわりする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 155
呼ばわる
   
'Below!' Nicholls called loudly: 「おーい!」ニコルスは大声で呼ばわった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 411
呼びかける
   
call out to sb: (人に)呼びかける デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 11
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 44
呼びかわす声
   
do a goose call: 雁の呼びかわす声を実演してみせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
呼び出しの電話
   
get a call from ...: 〜から呼び出しの電話がくる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 44
呼び出す
   
call up the file: ファイルを呼び出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
call one’s few witnesses: 幾人か証人を呼び出す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 133
呼ぶ
   
you can call me ...: 〜と呼んでくださって結構よ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
would you call this ...?: これを〜と呼べるだろうか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
they don’t call it ... for nothing: 〜が〜と呼ばれるのにはそれなりの意味がある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
sb call one sth behind one’s back: 陰じゃ〜って呼ばれてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
like to call ...: 〜と好んで呼ぶ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 55
call sternly into the silence: 静寂を破って呼ぶ ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 593
call over to sb: (人を)呼ぶ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
call out for sb: (人を)呼ぶ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 9
call it what you like: どう呼ばれてもいいが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
call it what you like: どう呼ぶにせよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
交信する
   
call computers around the world: 世界中のコンピュータと交信する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 250
   
the telephone call: 電話口 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 466
行なう
   
call a conference: 共同記者会見を行なう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 212
号令する
   
"Ten-hut!" Irvin called: 「気をつけ!」アーヴィンが号令した クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 89
号令をかける
   
call it to attention: 気をつけの号令をかける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
自由
   
that’s your call: それはきみの自由だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 292
実況をする
   
Now the announcer was calling the race: 場内放送のアナウンスはレースの実況をつづけていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
出番
   
have few calls on one’s knowledge: 出番はほとんどない レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 174
召す
   
call sb into His Kingdom: (人を)神の国に召したまう デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 408
召還する
   
call sb as a defense witness: 被告側証人として(人を)召還する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 477
召集をかける
   
call a meeting for first thing in the morning: 会議を朝いちばんで開くと招集をかける ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 272
招集する
   
call sb: (人を)招集する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 99
申し込む
   
call a lunchtime meeting: 昼休みの会見を申し込む ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 33
声をかける
   
call to sb from outside the door: 外から(人に)声を掛ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 173
call to sb: (人に)声をかける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 338
call to sb: (人に)声をかける。 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 245
call sb to one’s side: こちらへこいと声をかける スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 104
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
声をとばす
   
call cheerfully into the phone: 電話口に陽気に声をとばす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
声をはりあげる
   
"You want ransom?" Grigoriev called to all of them: 「身代金がほしいのか」グリゴーリエフは全員に向かって声をはりあげた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 452
声を掛ける
   
call out: 声を掛ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 232
宣言する
   
call a recess: 閉会を宣言する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143
宣告する
   
call time’s up: タイムアウトを宣告する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
属する
   
be called dark-skinned: 浅黒い部類に属する アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 54
大きな声でいう
   
'Connie's not coming back, George,' she called as she hobbled ahead of him: 「コニーはもうカムバックしないわよ、ジョージ」彼の前をぎくしゃく歩きながら、大きな声でいった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 254
知らせる
   
call sb: (人に)知らせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
挑戦する
   
call sb’s bluff: (人の)はったりに挑戦する フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 94
通告する
   
I’m going to have to call ...: 〜に通告するぞ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
通報
   
phone calls: 電話の通報 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 261
log the call: 通報を記録する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 343
通報する
   
will have to call the police: 警察に通報するぞと迫る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
Eventually, someone called the Sheriff's Office: だれかが保安官事務所に通報したのは、しばらく時間がたってからのことだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
call the police: 警察に通報する クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 161
call the cops: 警察に通報する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
電話
   
without once calling or writing sb: (人に)手紙の一通も書かなければ電話の一本も入れない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
threatening call: 脅迫電話 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
the call came out of the blue: 電話が思いがけずかかってきた ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 65
start calling photo shops: カメラ店に片っぱしから電話をかける ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 49
return sb’s call: 電話を返す トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
receive a friendly phone call from sb: (人から)うれしい電話をもらう ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 120
quell the usual urgent call: 相変わらずの緊急電話をさばく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 80
place a call: (人に)電話をかける ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 26
make room-to-room calls: この部屋から別の部屋へ電話をかける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 177
make a few phone calls: いくつか電話をかける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 258
make a few calls: 電話で相談する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
let The Bastard route the incoming calls: かかってきた電話を転送する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 343
it began with a call from sb: 〜は(人の)かけてきた一本の電話ではじまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 342
in response to one’s call: (人に)電話をかけたら カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 286
get a call from ...: 〜から電話がある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
finally one get a last-minute call: 最後の土壇場になって招待の電話がかかってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 181
endless conference calls: はてしない会議電話 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 80
dead-end phone call: ものいわぬ電話 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 233
catch the drift of the call: 電話の応対からおおよその内容がわかる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 51
calls are placed from ...: 電話ががけられる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 44
between calls: 電話の合間に トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 154
after two calls: 二回の電話ののち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
a warm, buck-sb-up call: 心からの激励の電話 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 47
a telephone call tells sb that ...: 電話がかかってきて、〜と知らされる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 93
a conference call: 会議電話 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
a call through from ...: 〜から電話がかかってくる サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 66
電話する
   
have called sb now without response: 電話してメッセージを残しておいたのだが、何の連絡もない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 147
get on the phone and call ...: 〜に電話する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 207
call sb for info about ...: (人に)電話して〜のことをいろいろうかがう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 73
call sb at home: (人の)自宅へ電話する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
call information: 会社案内に電話する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
call in one’s grocery list: 電話で食料品を注文する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
電話で呼ぶ
   
call out and hire a baby-sitter: 電話でベビーシッターを呼ぶ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 159
電話の回線
   
the call is placed: 電話の回線が繋がる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 157
電話の声
   
the thought of the call nags at sb: あの電話の声が耳について離れない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 7
電話をかける
   
pick up a phone and call collect: コレクトコールで電話をかける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 377
one probably call while sb is on the throne: (人が)電話をかけたとき(人は)秘密の玉座に腰かけていたとも考えられるな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
never call sb back: あれっきり電話をかけてこない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
make some calls: 何本か電話をかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 154
call sb in a panic: パニック状態で(人の)ところに電話をかける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
call sb collect: コレクト・コールで(人に)電話をかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 255
call sb at home: (人の)自宅に電話をかける ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
電話をする
   
call to make one’s usual appointment: いつものように予約の電話をする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 120
電話をよこす
   
call sb with ...: 電話をよこして、〜を伝える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
電話を寄越す
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 245
電話を入れる
   
call home: 家に電話を入れる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 243
電話一本で呼ぶ
   
call a mechanic to come: 電話一本で自動車屋を呼ぶ 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 19
電話連絡
   
no calls: 電話連絡もいっさいなし トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
働きかける
   
call from sb: (人)から働きかける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 42
届ける
   
call Missing Persons: 警察の行方不明人課に届ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
罵る
   
call sb the foulest names one can muster: 習い覚えた思い切り汚い言葉で(人を)罵る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
call sb a lousy fish-eater: (人を)薄汚いイカモノ食いと罵る ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 289
判定
   
It's not my call: おれの判定じゃないんでね ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 19
判定する
   
penalize the pitcher by calling a ball: ペナルティとしてその球をボールと判定する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 315
評する
   
The quickest zipper in the West, someone had once called him: 手の早さは中西部一、と評した者もあったくらいだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 158
聞いてみる
   
call sb: (人に)聞いてみる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 129
名を冠する
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 10
名を呼ぶ
   
Tyndall called and leaned back expectantly: ティンドルは名を呼び、こたえを待つようにうしろに身をそらせた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 205
命名する
   
call sb ...: 〜と命名する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 312
命令
   
rallying call: 集合命令 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 45
要請する
   
call sb to do: (人に)〜を要請する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 60
連絡
   
return all one’s calls: 留守中に連絡してきた人すべてに電話を返す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
連絡する
   
call sb: 連絡する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
'Call the FBI,' I offered: 「FBIに連絡すればいい」とわたしは勧めた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
連絡の電話
   
the call comes to sb: 連絡の電話が(人に)かかってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
連絡や呼出し
   
haven’t had a call all night: 今夜は連絡も呼出しもまったく入っていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
連絡を入れる
   
call home once a day: 一日に一度、家に連絡を入れる 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 465
綽名をつける
   
call sb ...: (人に)「〜」って綽名をつける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 19