Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
return

主要訳語: 帰る(7)   返す(5)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
〜に応える
   
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 4
〜まで引きかえす
   
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 57

おさめる
   
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 38
かえる
   
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 70
きた
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
きびすを返す
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 123
こたえる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 18
ふたたび
   
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 22
ふたたびはじまる
   
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 12
ふたたびもどってくる
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
ふたたび姿をみせる
   
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 145
またなる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 312
また訪ねて来る
   
もちだす
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 255
もどす
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 274
やり返す
   
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 13

引きあげる
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 204
引きかえす
   
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 50
引き換え
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 400
引き返す
   
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 172
引返して来る
   
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 41
家路をたどる
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 318
帰ってくる
   
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 204
帰る
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 104
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 121
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 81
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 108
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 102
帰れ
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
帰郷する
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
帰宅する
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 171
帰投
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 17
逆戻り
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
逆戻りする
   
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 239
言い返す
   
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 140
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 216
言う
   
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 256
言葉をかえす
   
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 22
再訪する
   
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 464
視線を戻す
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 5
受け答えをする
   
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 201
心に蘇って居る
   
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
送り返す
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 9
渡ってくる
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 162
舞いもどる
   
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 9
返す
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 346
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 244
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 403
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 217
返事
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 36
無事に帰って来る
   
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 45
戻っていく
   
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 151
戻ってくる
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 38
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
戻る
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 501
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
陸へ上がる
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 11
立ち返る
   
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 149

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

return to Tokyo: 帰京する 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 21
return to oneself: はたと我に返る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
return to ...: 〜に立ち返る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 202
return to ...: 〜へ舞いもどる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
return to ...: また〜の話しになる マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 100
return to ...: やりかけだった〜にとりかかる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 172
return sb smile: (人の)笑みに応える セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 229
return one’s grip: (人の)手を握りかえす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
return home: 家路をたどる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
return home: 帰港する グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 205
return from the dead: 復旧する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 198
return favors: 恩返しをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 239
return coolly: 落ちつき払ったものだ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 120
return Answers: 奉答申上げる スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 30
return ...: ふたたび〜に姿を現わす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
one’s return toss: (人の)返球 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
look a return: 返事の目つきをする E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 9
in return: 〜に応えて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
in return: それとひきかえに スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
in return: それに応えて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
in return: ついで 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 10
in return: 見返りに ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 278
do in return: 自分も〜する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
and in return: きみはなにをしてくれる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 410
the return of Halley’s Comet: 今度またハレー彗星が接近する時 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 251
take all this in without showing much in return: それを聞いても(人は)表情ひとつ変えない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 130
set forth on one’s returning passage to ...: 〜へと帰途につく ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
say, a little life returning to one’s voice: ほんのすこしだけ、“気”の入った声になる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 128
return to the office: 再び出社する ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 22
return to the matter on one’s mind: 本題を切り出す ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 210
return to sth very soon: (場所へ)とんぼがえりだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 165
return to one’s original tack: 話題をもとに戻す レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 10
return to one’s first question: 話題を元にもどす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 141
return to ..., disgraced: 恥をしのんで(場所)に戻る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
return the rest of one’s calls: メッセージのあったところへ電話する フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 48
return the favors to the world around one: まわりの世界に向かってお返しをする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 206
return the compliment by doing ...: そのお返しとして〜する ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 61
return sth to sb: お返しになってください スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
return over and over to ...: 〜に侵入を繰り返す ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 182
return home feeling that ...: 〜という思いを胸に帰路につく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 508
respond, bypassing the formality of returning sb’s greeting: あいさつぬきでいきなり言う グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 261
reply, returning to a stiff formality: ふたたび切口上になる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 428
only learned the details on one’s return: 話の顛末は帰ってきてから聞いた 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
one’s heart return to its normal rhythm: (人の)心臓はふだんと変わらぬ動悸を打つ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
not long after return: 帰国して間もないころ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
never returned to the heavy binges: 深酒を浴びることは二度となかった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 169
make any sacrifice for sb in need, without asking anything in return: (人が)困っていれば、何の代償も求めずに進んで自分が犠牲になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 77
I avoid sb’s eyes in return: わたしも(人の)目を引かぬようにする ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 98
have spent days waiting for sb’s rage to return: (人が)また怒りだすのではないかと、何日も何日も用心をおこたらなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
do not return it: そしらぬ顔をしている アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 177
did sb return my call?: 〜から連絡はなかったか トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 186
can’t say much in return: (人に)は返す言葉もない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393
bear no return address: 差出人の名が書いてない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 226
be a return to the strictly traditional: あくまでも伝統にのっとって作られる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 147
be a poor return: 恩知らずということになる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 253
a smile in return: それに応える微笑み サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 24
a point of no return: もうひきかえせない地点 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
ツイート