× Q  ?  翻訳訳語辞典
only

主要訳語: だけ(10)   ほんの(8)   つい(8)   かえって(5)   やっと(4)   ただ(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜ぐらいなもの
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 260
〜しかない
   
be the only way to deal with sth: 〜に対処するには〜しかない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 151
〜するほかない
   
why ... can only be guessed: なぜ〜なのか憶測するほかない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
〜ですむことである
   
He's only got to give the order: 命令ひとつですむことじゃありませんか マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 262
〜でない限り決して〜ない
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 73
〜にすぎない
   
only out of kindness: 親切心からに過ぎない べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 45
〜にすぎぬ
   
<例文なし> フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 24
〜の域を脱していない
   
only fool around: 遊びの域を脱していない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 249
〜ばかり
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 469
〜をどうにもできない
   
the knowledge only anger sb’s further: そう思うといっそう癇癪がおこってくるのをどうにもできない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 140
〜以外に〜がない
   
the only safe course is self-reliance and self-defense: 自立自衛以外にたのむべきものがない 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
〜以外立入禁止
   
Authorized Personnel Only: 関係者以外立入禁止 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286

あくまで
   
But they are only theories, and all of them would upset you: ありますが、あくまで仮説にすぎませんし、聞けば動転なさるでしょうから デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 133
あくまでも
   
That was post mortem funds only--: あの復活予算はあくまでも-- ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 263
only for the money: あくまでも金ずくで 池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 17
it’s an observation only mind you: これはあくまでも参考ですよ 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 145
あくまでも〜にすぎない
   
be contingency plans only: あくまでも予想される事態の対策にすぎない セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 341
あとはただ〜
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 380
あんまり
   
have a only moment: あんまり時間がない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
いかにも
   
only be described as a commanding presence: いかにも人の上に立つ者のそれである コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 52
いっぽんやりに
   
bet conservative amounts on only the red and black: 黒赤一本やりにわずかな金を賭ける 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 209
いつも決まって
   
only do: いつも決まって〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 174
かえって
   
the clash between one’s personalities only gets worse: かえって性格の違いがぶつかりあう 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
only do: かえって〜する 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 152
only contribute ...: かえって〜をくわえる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
only aggravate sb’s mood: かえって(人の)神経に触る 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 23
his remarks only made me feel slightly nervous: その言葉はかえってぼくを心配させた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 140
かえって〜する
   
only serve to do: 〜するのをかえって助ける マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 253
かえっていやがうえにも
   
these whispered scandals only increase sb’s strange and dangerous charm: これほどひとが囁きあう悪評もかえって(人の)不思議な魔力をいやがうえにも増すばかりだった ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 208
かぎる
   
sth by appointment only: 〜はご予約のお客さまにかぎります スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
からくも
   
only to do: からくも〜する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 343
Only a red traffic light saved him from being crushed: からくも赤信号が彼を圧死から救った ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 104
かりにも
   
if ... had been ignobly waited on by only three men: もし〜がかりにも三人の侍者によって給仕されたなどという不祥事が発生しようものなら ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 187
かろうじて
   
<例文なし> アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 54
きり
   
only once: 一回きり クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 401
こそ
   
only possible, only thinkable, because one have known that ...: それもこれも〜と知っていればこそできたことで、さもなければ考えられもせぬことだった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 532
こそなれ
   
be only proof of one’s own immaturity: (人)自身の未成の証拠にこそなれ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 81
ごく
   
that is only natural: それはごく自然なことである アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 115
only occasionally know ...: 〜がごくたまに耳に入る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 86
さえ
   
if only one had controlled one’s temper: 自分が短気さえ起こさなかったら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 180
さすがに
   
Only a samurai woman would think of it: さすがに武家の女は、よう考えたものやのう 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 155
しか
   
receive only token laughter: 申し訳ほどの笑いしか起きない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 43
have only three pairs: 三足しかもちあわせがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
give sb only an edited briefing of ...: (人に)一部しか報告しない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 225
be only a matter of interest to sb: 〜にしか興味のないこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 479
しかない
   
only one alternative is realistic: 現実的な手だてはひとつしかない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
しがない
   
be only a Mastermariner: しがない海ノ頭です マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 214
しょせん
   
I was only human: しょせん、わたしも人の子でした セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 349
しょせんは
   
be only kids fooling around: しょせんは子供のいたずらである ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 297
じゃなきゃあ
   
only he can do ...: あの御仁じゃなきゃあ〜できるもんじゃない リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 255
すぎない
   
His only link was with the past: 彼はもはや過去とつながっていたにすぎない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 92
be only a part of sb’s story: (人の)話の氷山の一角にすぎない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
accidental charm of sb’s graceful, though to sb only half-serious, fopperies: (人)自身にしてみればちょっとしたおしゃれにすぎないのだがその趣味のよさが偶然醸しだす魅力 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
すくなくとも
   
<例文なし> フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 80
せいぜい
   
be only in one’s late forties or early fifties: せいぜい四十代の後半から五十代のはじめくらいの年齢だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 58
<例文なし> ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 269
せめて
   
<例文なし> 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 142
せめてもの
   
the only redeeming feature of sth is ...: 〜がせめてもの取柄だ 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 152
one’s only consolation: せめてもの慰め クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
そこそこしか
   
only ten years had elapsed: 十年そこそこしか歳月は流れていない 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 6
それしか
   
it is the only lead I have left: いまはそれしか手がなくてね トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
たかが
   
it is only money: たかがお金じゃない。 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 303
<例文なし> 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 43
たかだか
   
<例文なし> フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 146
たたでさえ
   
only the world of science pays sb any mind: ただでさえ(人は)学界では相手にされていない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 63
ただ
   
the only trouble is ...: ただ困ったことに〜 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 181
only trouble is ...: ただどうも〜 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 229
be only interested in doing ...: ただ〜したい 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 11
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 128
ただ〜である
   
only be protective: ただかばうだけのものである クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
ただ〜にとどめる
   
will only comment that ...: ただこう答えるにとどめる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 184
ただし
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 77
ただの
   
only people: ただの人間 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 401
ただの〜
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 461
ただひとつ
   
the only thing one find disconcerting is that ...: ただひとつ気に入らないのは、〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 239
Only he couldn't show the wonderful card he had bought: ただひとつ、彼は自分が手に入れたすばらしいカードを人に見せることができないだけなのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
ただもう
   
want only to do: ただもう〜したくなる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
ただ一つ
   
the only thing that worries sb: ただ一つ厄介なのは サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 242
only good thing to come from that: ただ一つプラスだったこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 509
たった
   
only a week: たった一週間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
one’s one and only wish: たった一つの私の望み 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 6
たった一人の
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 267
だけ
   
the only thing possible is to do: 〜するだけ 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
that is the only good news: いいのはそれだけだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 22
only when ...: いちどだけ〜する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 430
only stick to whiskey and water: 水割りだけを飲んでいる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 253
only result in providing the impetus for a final suicide attempt: 〜しても、(人が)いつか自殺をする結果をもたらすだけだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 493
only movement in ... is the beating of one’s pulse: (人の)心臓の鼓動だけがたしかに鳴っている。〜のなかで。 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 216
only A can award B: 任命権はAだけが握っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
imagine only a small part of the truth that lies behind ...: 〜の半面だけを想像に描く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
can only get a vague idea of sth: おおよその見当がつくだけだ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 17
be present in body only: 家にいても体がそこにあるだけだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 320
だけが
   
about the only bad news is sth: 〜だけが玉にきずだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 54
だけだ
   
the only info one get generally is by ...: 情報はすべて、〜によるものだけだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
the curb where one see only ...: 道端には、〜だけだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 237
that would only make thing worse: かえって事を悪くするだけだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 356
だけは
   
have lived one’s whole life thinking of oneself as the only real man: 自分だけは男だ、と思って生きてきたんです 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
ちょっと〜しただけ
   
I was only horsing around: ちょっとふざけてみただけなんだけど サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 223
つい
   
only yesterday: ついきのうのこと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
only the other day: つい先日も ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 106
only recently: ついこの間 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 77
only recently: つい先だって 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
only last week: つい先週 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 121
only an instant before: つい一瞬前には トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 13
only a minute ago: つい今しがた 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
it seems like only yesterday: ついきのうのことのような気がする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
でしかない
   
but only as ...: ・・・が、あくまで〜でしかない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 242
でならない
   
I’m only sorry: 残念でならない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 172
でも
   
Only, not now--: でも、いまは無理 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 84
といっても
   
Only, I wasn't watching the game too much: といっても、たいして身を入れて見てたんじゃない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 10
とどめる
   
would say only that ...: 〜とコメントするにとどめる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 85
only do ...: 〜するにとどめる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 162
とにかく
   
can only apologize for ...: 〜についてはとにかく謝るよ エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 259
なにぶんの
   
be only a kid: なにぶんの若造だ 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 68
には
   
only tell sb: (人)には教える ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 57
のみ
   
be achieved only by profound changes in sth: 〜を根底から変えることによってのみ実現される ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
はじめて
   
only now: いまはじめて トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 91
can only govern fairly with the consent of the governed: 統治される者の同意あってはじめて公正に統治できる ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 144
be bearable only through love.: 愛によってはじめて能くこれを負うことがでる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 351
はじめての
   
catch one’s only break of ...: 〜はじめての幸運だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
はやい
   
it was still only afternoon, but ...: まだ午後もはやいのに、〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 196
ばかり
   
would only be suffering from the heat: 暑くるしいばかりだ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 19
see only the positive: 肯定的な面ばかりを見る ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 3
ひとえに
   
sb’s loneliness is of position only: (人の)孤独はひとえに地位の高さのためだ O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 195
do ... only by a combination of luck and quick reflexes: 〜したのは、ひとえに運がよかったのと反応がすばやかったためだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
ひとつしか
   
take the only course one see open: (人に)選ぶことのできる道はひとつしかない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 55
ほかない
   
one can only suppose that ...: 〜と想像するほかない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 378
ほかに〜はない
   
be the only clients: 〜のほかに客はない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 132
ほんの
   
would only take a minute or so: なに、ほんの一、二分ですよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
we are only at the beginning of our friendship: ぼくたちのつきあいはまだほんの序の口だ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 157
last only a very little while: ほんの束の間しかぴんとしていない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 107
It's only a flesh wound: ほんの表面的な傷よ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 186
for only a moment: ほんの一瞬ためらう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 286
be only the beginning: ほんの手はじめだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 120
be only the beginning: ほんの序の口だ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 286
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 385
まあ
   
be only medium-pretty: まあ悪くないというところだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
まぎれもなく
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 208
まだ
   
the night have only just begun.: まだ宵の口だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 94
perhaps it is only a little after three: まだ三時をまわったばかりだということもあり得る ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 17
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 49
まだほんの
   
only a little girl: まだほんのねんね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
be only a beginning: まだほんの序ノ口だ 池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 61
まだやっと
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 177
まったくの
   
it is only by chance that ...: 〜はまったくの偶然からである メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 244
までだ
   
only do: したまでだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 267
むしろ
   
only seem to contrast ... with ...: むしろ〜に比べて、打って変った〜を考えて言っているつもりらしい ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 11
only deeper: むしろますます濃く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 131
むろん
   
It was only a joke: むろんジョークだった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 46
もっぱら
   
only do: もっぱら〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 299
もとより
   
not only AA but BB as well: AAはもとよりBBでも 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 135
ものの
   
have only to walk ten minutes and ...: ものの十分も歩けば〜 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 193
やっと
   
only begin to do: やっと〜しかけたところだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 174
it is only very reluctantly that sb consent to do ...: (人は)さんざん渋ったのちにやっと〜に同意する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 85
have only one exultant week in which to ...: 〜、その喜びの日が、やっと一週間ばかり続いた時だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 69
be only gradually coming to know: やっとおぼえはじめたばかり バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 65
やはり
   
can only confirm one’s sense of isolation: やはりある種の寂しさがつきまとう 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 145
ようやく
   
only after two or three minutes: 二、三分たってからようやく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 533
よく見ると
   
In the forest Jerry saw a flash of gold, but it was only a wat: 林のなかに金色のものがきらっと光ったが、よく見ると寺だった ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 192
ろくに
   
you could only sleep so much: ろくに睡眠は取れない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 146
わずか
   
down by only a bucket: わずか二点差で負けている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
as the clergyman’s stipend is only twenty pounds per annum: 何分にも牧師の給料が一年にわずか二十ポンドで E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 33

一心で
   
only wanting a fast out: 独りになりたい一心で デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 114
何でもない
   
it is only your guest, sir: 何でもない。あなたの泊り客ですよ E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 37
何とか
   
only by ...: 〜だから何とか メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 203
何のことはない
   
it was only Brad: 何のことはない、それはブラッドだった ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 143
却って
   
it only makes ...: 却って〜になる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 171
限らず
   
not only sth but ...: 〜に限らず〜は 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 62
弱冠
   
only twenty years: 弱冠二○歳 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 272
初めて
   
it is only framed in space that beauty blooms: 回りに空間があって初めて美しいものは生きる リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 108
辛うじて
   
sterile, carnal revenant, living only a forced respiration of glitter and ceremony: 魂の抜け殻でしかない軽佻浮薄な俗物どもが華美な装いと空虚な儀式の人工呼吸によって辛うじて生き延びている スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 179
専用
   
official vehicle only: 公用車専用 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 40
他にはない
   
it is the only possible chance: 他にチャンスはない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 439
当然
   
be only to be expected of ...: 〜から当然予想されることだ ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・解放の呪文』(Wind's Twelve Quarters ) p. 113
畢竟
   
only a ne’er-do-well does: 畢竟やくざだから〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 111
変りはない
   
still only debriefing: やはり事情聴取に変りはない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 243
本当に
   
it is only gradually that ...: 〜したのは、本当に徐々にだ ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 79
無二の
   
one and only: 唯一無二の トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
目標を限り
   
only do: 目標を限り〜しただけである ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 55
唯一
   
the only thing that bothers sb about ...: 〜に関して唯一心にひっかかったのは、〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 502
the only loose end: 唯一気になったこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
the only disappointing note is sth: 唯一いただけないのは〜だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 154
唯一の
   
the only truth: 唯一の真実 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
it is the only hour of the day when ...: (人が)〜する唯一の機会だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 246
a only source of pleasure: 唯一の楽しみ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

would only ...: (〜が)オチだ モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 158
the only reason: 唯一無二の理由 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
the only person: ただひとり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
the only one: 最初で最後の スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
the only girl: 一人娘 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
the only day: 一日きりの日 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 252
sth only: (物に)かぎる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 81
see only ...: 〜のほかなにもない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 368
sb’s only kid: ひとり息子 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
reflect only sth: (物事を)示すにとどまっている 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 12
only when ...: 〜する段になって ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 181
only when: 〜して初めて ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 222
only what you stand up in: 身ひとつ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 427
only too ...: むしろ〜 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 399
only to do: かえって〜する 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 109
only then ...: 初めて〜 フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 64
only then: 〜したそのとき、 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 183
only then: そのときはじめて トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 14
only then: それからようやく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 10
only then: ようやくこのときになって ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
only the usual: 例によって例のごとし トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
only sth apply: 〜一本やりだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 241
only stand ...: 〜に突っ立ったまま スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
only so much: 限度がある デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 96
only slow: 大したことはない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 410
only sb does: 〜するのは、〜ぐらいのものである マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 253
only sb: 例外は〜だけ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
only say ...: 〜で押切ろうとする ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25
only say ...: 〜の一点張りだ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 35
only once: 一生に一度だけ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 65
only occasionally ...: まれに ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 205
only now: いまになってやっと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
only nod: 黙ってうなずく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
only if ...: 〜してはじめて サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 285
only if ...: (〜して)初めて ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 38
only for a second: 一瞬 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
only for ...: あくまで〜にすぎない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
only find in ...: 〜特有の 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 215
only do: 〜するほかはない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
only by a squeak and a gasp: 間一髪 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
only briefly: しばらくの間は〜だけれども 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 45
only afterwards: しかるのち ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 234
only a start: まだまだほんの序の口 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
only a short time ago: さっき 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
only a moment: ほんとうにほんの一瞬だけ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
only a little: ちょっとはね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
only ...: 〜にかぎられている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
only ...: 〜にすぎない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
only ...: たかが〜じゃないか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
it’s only normal: このくらいの方がいいんですよ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
it’s only money: 金ですむことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
in name only: 名ばかりで 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 164
if only ...: しかし〜はできなかった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 39
if only ...: まだ〜かもしれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
for only a moment: しばらく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
for only ...: 〜にしては 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 39
can only do: 〜する他はない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 101
can only do: せいぜい〜するのがやっとだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 178
be only sth: 所詮は(物)でしかない 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 185
you only have to see ... to know that: 〜でよくわかる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 87
you are the only reason I’m around: 僕がここにいるのは君がいるからこそだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 203
with only the clothes on one’s back: 着のみ着のままで プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
with only a warm whisper of a breeze: あるかないかの暖かなそよ風が吹いている フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 21
will not only supply sb with AA but BB: AAにBBというおまけをつけてもいい ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 96
when one open one’s mouth to speak there is only silence: 口を開いたときには、言葉が出ない フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
wearing only one’s underwear beneath one’s coat: 下着の上には直接コートをはおり フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 39
trip have lasted only XX days but ...: XX日間の旅なのに 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 189
tonight’s the only time: 今夜しかない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 105
this only applies when ...: これは〜のときのことである 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 43
this may be one’s only chance to do: こういう機会じゃないと〜する機会がないので 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 171
this is the only way to do: この一手以外に〜する方法はない 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 228
thinking only briefly of ...: 一瞬、〜と思う フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 29
think only about doing: 矢も楯も堪らず〜する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 28
think about it and realize it is the only logical thing to do: なるほど考えてみたらそれしか方法がないわけだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 225
there was only so much I could bluff: ハッタリはもう使いはたした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
there seems only two possibilities: どう考えても、可能性はふたつにひとつしかない イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 52
there is really only one simple fact that ...: 〜する事実はたったひとつしかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
there is only way out: ぬけだすためには、〜しかないのだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
there is only one problem with ...: ただ、〜にはひとつだけひっかかるところがある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
there is only an empty Utah night: 外には人気のないユタの夜が広がっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 476
there is only a single customer in the store: 店内には取引相手を除いてほかの客がひとりも居合わせない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
there are only so many ways to do ...: 〜をやる方法は限られている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
there are only open fields: 原とも丘ともつかない空き地に草が一面に生える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
there are only endless arguments and speculations: 結局堂々巡りの議論に終わってしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 143
there’s only one thing to do!: よし、しょうがない ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 132
the war only just beginning: 戦争はまだこれからだ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 111
the strikeout is the only thing: とにかく三振をとるっきゃない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
the only way one could ... if ...: (人が)〜するとすれば〜でなきゃとうていだめだろう サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 178
the only thing that would be different would be you: 変わるのはただこっちのほうだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 188
the only thing sb will ever ...: 〜はこれが最初で最後だろう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
the only thing one can do is to do: 仕方がないので〜する 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 307
the only sound sb hears is when ...: 〜する音以外、何の物音も聞こえない 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 30
the only question is when: あとは時間の問題だ デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 109
the only question is ...: 疑問らしい疑問があるとすれば〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
the only problem is that ...: なんといっても〜 池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 133
the only one left: 最後の一人 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 486
the only noise around sb is ...: 耳に届くものといえば、〜の音だけだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 543
the only missing piece is ...: あとは〜の出現を待つばかりである ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 225
the only good part: せめてもの救い サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 240
the only explanation we have is that ...: 〜としか解釈のしようがない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 220
the only contact in occurs when ...: まがりなりにも接触をはかったのは、〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 484
the only ... is ...: 〜とては、〜があるばかりである 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 35
the kind of catastrophe that only occurs once in hundred of years: 何世紀に一度あるかないかという大異変 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 226
the flight is only about a third full: 乗客が定員の三分の一くらい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
that would be the only reason ...: そんなことでもないかぎり〜 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 318
that first night be the only night sb have: 最初で最後の夕べ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 257
that’s the only time ...: そういう時に限って〜 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 42
technically, she’s only my half sister: 妹といっても父がちがう フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 11
take only the absolute essentials: できるだけ必要最小限の荷物にする 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 135
take only a second to do: 〜するのに何秒とかからない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 153
sth has only recently ceased doing: 〜をやめてからまだ日が浅い トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 298
speak only well of sb: (だれかを)ほめてばかりいる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 122
seem only half convinced: まだ不審さうな 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 136
seem of only slight relevance to one’s preceding words: あまり関連もなく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 54
see sb only a moment before: ついさっき(人を)見かけたばかりだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 185
see ... only as weaknesses: 〜に付け込む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
sb have not been the only one: (人)以外にも何人もいたはずだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
sb be the only one left from those days: 当時の生き残りは(人)ひとり タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
sb’s brilliance is exceeded only by ...: すぐれた人材だが〜が玉に瑕だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
say things that only sound sincere with that sincere look on one’s face: 本当らしいことを本当らしい顔をして言う 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 197
pull the covers over my head, only to do: 丸くなって頭から毛布をかぶったが、たちまち〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 84
only with virtual amnesia on sb’s part: (人が)完全に記憶を喪失しない限り トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 283
only way to do is ...: 〜するためには〜ほかない 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 251
only want to put sb in irons: (人を)捕らえればそれでいいのだ ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 67
only want a quick look in ...: なに、〜をちょっとのぞくだけのことではないか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
only two hours after ...: 〜してものの二時間とたたぬうちに スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
only to find ...: 〜ということだってありうるじゃないか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
only to do in the end: あとであきらめて〜する 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 92
only to do as ...: 〜と見るまに〜する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 469
only three days to go: あと三日だ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 290
only then do one realize how devastate sb is: (人にとって)よほどのことだとわかる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 42
only the worst ends ...: よくよくでなければ〜ということはない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 188
only suddenly realize what it is when ...: はっと気がついたときはもう〜 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 266
only stare silently at ...: じっと〜を見おろしたまま一言も言わない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 89
only sb one can think of who is always reminding one of things: 自分にくどくどと念を押す人間といったら、(人)しか思い浮かばない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
only relief is that ...: 〜ことだけがせめてもの救いだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 242
only recognize it by ...: 〜が目印になる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 230
only one step away from giving utterance to those other words: ...: そう言うことは、もう一歩のところで危うくも〜と言ってしまうのと同じこと 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
only now sb really do ...: 今度はさっきよりもはっきり タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 187
only now it develop that ...: ここにいたってようやく〜になる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 358
only needing circumstances to evoke ...: 必要な条件さえ満たされれば、たちまち外へ表われるのだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178
only need one more sth: あとひと〜で事は足りるのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 523
only months after ...: 〜後数カ月にして ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 248
only make sb more anxious: なおさら(人の)不安をかきたてる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 76
only look at sb in a helpless frightened sort of way: ほとほとおびえきったようすで、ちらとこちらを見るきりだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 85
only just manage to do: 〜するのがやっとだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 110
only hurry on one’s way a little faster: わずかに足を速め、ひたすら出口をめざすだけ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
only have to do: 〜すればこと足りる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 39
only have time to do: 〜するのがやっとだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
only have sex once in a while, like most people: 普通程度にしかセックスを営まない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 148
only have one week to condition oneself physically: 体調づくりをこの一週間でやらなければならない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 204
only go to support sb’s belief that ...: 〜は(人の)説を、あるいは裏付けているのかもしれない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 195
only go on for a while: そんなに長くつづけていたわけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
only glance at sth: (物に)ちらと目をくれる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 118
only from moment to moment: その場しのぎ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 395
only for so long: いずれ終わりはくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
only emphasize the pre-dawn peace: 夜明け前の平穏をいっそうきわだたせる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 549
only drink on social occasions: 酒もつき合い程度にたしなむ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
only draw out the agony: 苦しみはつのるばかりだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
only do when one feel like doing: 気が向いたときでないと〜しない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 241
only do in extreme circumstances: よっぽどのことがない限り〜してはならない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 71
only be considered in rare circumstances: まれにしか認められない特例だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 40
only at the very instant of completion: 最後の最後の瞬間にからくも ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 353
only an instant before: さっきまで 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 225
only afterwards to ...: 〜は二の次ぎだ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 172
only after some time: それから漸く 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 57
only a little kid: まだほんの子供 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 98
only a fool would ...: よほど御念のはいったばか者でないかぎり〜 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 11
only a few minutes earlier: いましがた 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 27
only a few incidents involving of sb: (人が)関わった出来事というと、数えられるほどしか ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 27
only ..., but that’s all: ただ〜でしたっけ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 207
only ... look alien: 〜を見れば、なるほどここは他所の国とうなずける リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 63
only ... can do: 〜以外には〜できるものはない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 379
only ... be required: 〜でこと足りる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 25
one has only oneself to rely on: 自分以外に頼れるものはない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
one’s writhing is only getting worse: もがき苦しむ様子はただごとではない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
one’s only thought is ...: (人の)心を占めているのは〜ということだけだった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 17
one’s only recourse is to do: 残るは〜するしかない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
one’s only interest is ...: (人の)興味はあくまで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 219
one’s only hope is that sb might ...: なんとか〜してもらえないか コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 116
one’s only goddam friend: (人の)唯一無二の友 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 279
one’s only company is the realization that ...: 胸の内には〜との思いだけがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 292
one’s only choice is to intimidate sb not through acts of aggression but through acts of endurance: せめてもの意趣返しに、腕ずくではなく、忍耐力によって、敵を震えあがらせる ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 239
now is your only chance!: いまを逃すとチャンスはないぞ! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 305
not only trace ..., but also find ...: 逆探知すると同時に〜を調べる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 25
not only in the safety of swh: (場所)という安全地帯の外でも アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 104
not only before sb do ... but in one instance before sb do ...: (人が)〜するどころか、まだ〜してもいないうちに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
not only A but also B: AはおろかBもない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 132
not only ..., but ...: 〜というよりも〜だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 215
not only ..., but: 〜だけならまだしも ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 192
not only ... but to boot ...: 〜で、かてて加えて〜 サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 56
not only ... but also ...: 〜し、あまつさえ〜 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 88
not only ... but ...: 〜だけでなく〜も スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
not only ... but ...: 〜だけならまだしも、〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 335
not only ... but ...: あまつさえ 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 113
nor is this the only case: この例に限らず 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 31
nor is ... the only pleasure of ...: 楽しい気分でいるのは〜のためだけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
need only ignore sb: すてておけばよい 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 98
my only wonder is that ...: 〜ことのほうが私にはふしぎだ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 8
look away from sb in confusion, only managing to utter feebly: おろおろと視線をさ迷わせ、気弱そうに呟く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 193
last only three minutes or so: 三分そこそこしかつづかない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 350
know sb only slightly: 〜をちょっと知っているにすぎない ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 54
know only too well: 最初からわかっている ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 274
know only rarely ...: 〜がわかるなどというのは万に一つ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 86
it was only after considerable persuasion that ...: えんえんと説得された末にやっと〜 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 75
it takes sb only a minute to do: (人は)すぐに〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 190
it takes only a couple of words and one is up in a flash: 二言三言でサッと起きてしまう 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 209
it required only on instant for sb to do ...: (人は)一瞬のうちに〜した トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
it may only be stuck: もしかすると〜は、ただひっかかっているだけではないだろうか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
it is the only way of sb can hope to do: そうしなければ(人が)〜する望みはない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 14
it is the only way ...: そうでもしないと〜 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 105
It is the only time ...: そのときだけ〜 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 123
it is the only thing that makes sense: そうでなきゃ話の筋が立たない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 238
it is still only the afternoon: 晝日中なのに 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 167
it is still only October: まだ十月だ 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 185
it is only XX days after ... that ...: 〜してXX日と経たないうちに〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
it is only way sb can do ...: そうでもしないと〜できない ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 41
it is only time one remember sb ever being: (人の)覚えているかぎり、(人が)〜するのを見たのはあとにも先にもそのときだけだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 255
it is only natural that ...: 〜位するのは当たり前だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 102
it is only natural for sb to do ...: 〜するのは、(人にとって)自然の理だ 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 103
it is only another instant before ...: 一秒もかからぬうちに〜となる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
it is only after ... that one discovers that ...: 〜という事は〜して少し経ってから始めて分る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
it is only a moment before sb come into the room: ほどなく(人が)部屋に入ってくる ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 107
it is not only possible, but true: ありうるどころか、〜だ ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 39
it can only be ...: 〜以外ではありえない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 320
it’s the only thing that fits: そうだ、そうとしか考えられない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
is affection the only emotion one feel towards sb: (人に)好意以外の感情は持たないだろうか 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 257
instead of doing only about ...: 〜とごっちゃにしなければ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 17
in a state which can only be described as heavily laden: 歩く大八車とでも呼ぶほかないような姿 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
if we only knew ...: 〜を見たいものだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 114
if only sb would let one do: (人が)させてくれるといいのだが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 368
if only sb were home more: せめて(人が)もう少し家に落ちついていてくれれば ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 8
if only sb had found the words to say it: しかし口に出して言うことはできなかった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 39
if only one would allow oneself to think in such terms: そういう目で見れば クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 268
if only I could do: 問題はどう〜するかである ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 19
if only for a moment: ひとときでもいいから ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 17
if only ... would do ...: 〜が〜しなかったのが不思議だ リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 305
if one could only see sb: (人に)一目会えば ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 34
if one could only find a way to negotiate with sb: 交渉しだいでは クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 455
I shall be only a moment: 時間はとらせない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 316
I’ll only be acting in self-defense: 火の粉は払わなくてはね 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 257
have time only for sth: 〜がすべてだ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 268
have taken only a few blistering occasions to teach sb: たった二、三度手きびしい叱責を受けただけで、(人の)頭にすっかり刷りこまれている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
have struggled all the way there only to breathe one’s last: せっかくここまで来ながら息絶える 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 262
have only XX weeks in which to do: XX週間のうちに〜しなくてはならない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 142
have only to imagine the scene to know that ...: 想像しただけで〜と知れる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 191
have only to hear ... once to know it forever: 〜を一度聞いてしまえばすっかり覚えてしまう レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 141
have only to do: 〜して見るがよい 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 6
have only the barest glimpse of ...: 〜がはっきり見てとれない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 363
have only recently begun one’s studies: 修業に出たばかりだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 154
have only just begun as ...: 〜としてまだ駈けだしだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 486
have only gone a few feet when ...: 数フィート行くか行かぬかに、〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 453
have only been holed up there two hours when ...: そこにしけこんで二時間たつかたたぬかに〜 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 25
have only barely managed to escape with one’s life: 九死に一生を得て戻ってきた身だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 476
have only a limited appeal for sb: (人に)訴えかけてくるものが稀薄だ 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 38
have known sb for only a brief span of hours: 知り合ってまだ何時間とたっていない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
had only gone forty degrees before the mechanism froze: 四十度かたむいたところで動かなくなる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 490
go only a short distance: ちょっとだけ進む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 114
from the path of learning when one have only just set out on it: これから学問をしようという首途に 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 175
fight only to ...: 〜するのにけんめいだ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 103
exist only because ...: 〜によってはじめて〜が存在する 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 28
everybody assume sb need only do: 〜して当り前とされる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 371
do the only thing one can think of, which is to do: まずはともかく〜する 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 13
degenerate into what could only be considered ...: 第三者が聞けば滑稽な口論という状態までおちこんでいく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 427
decide that the only way for sb to survive America is to do: (人が)アメリカで生き延びるためには〜するしかないと腹を決める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 41
deadline is only two hours away: 締切りまであと二時間しかない ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 50
could only be ...: 〜でしかありえない ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 135
concerned only with doing: 〜するに汲々として 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 120
can still only partially believe: 未だに半信半疑に思える 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 19
can only tell sb that ...: 〜ということしか知らない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 377
can only mean one thing: その用事もおよそ知れている 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 69
can only mean ...: 〜としか考えられない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 59
can only give a fella a chance: チャンスを与えるのが精いっぱいだよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 219
can only gaze at sb: 食い入るように(人の)顔を見つめるほかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 213
can only do ...: 〜するほかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
can only be dealt with as ill: 病人として扱われるにすぎない ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 91
can only be ...: 〜以外のなにものでもない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
can grasp only the vaguest outlines: そのほんの輪郭を知るのがせい一杯だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 252
can do only through sb’s meditation: (人を)仲だちとしなければ〜できない アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 133
believe the only three valid purposes microwaves serve: レンジの有効な利用法を三つに限定している スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
be the only time sb ever see ...: 〜を見るのは、〜があとにも先にも初めてだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 416
be the only sensible way to do: それ以外に、〜する手だてがない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 211
be supposed to be known only to one: 人には見せないのがふつう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
be said to be the only one in the world in ...: 〜ので世にも有名だ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 92
be prone only to unspectacular trouble: たいした問題も起こさない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 62
be only to be obtained now by interest and importunity: 今では伝手でも求めて、うるさくお願いするのでなければ、なんにもお許しが出ないという始末だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 218
be only thankful ...: 〜がせめてもの救いだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 100
be only talking for its own sake: 云ってみるだけのことだ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 61
be only supposed to do: 〜することぐらいしか予定がない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 33
be only supposed to do: 〜するものときまっている サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 186
be only shielding one’s pride: (人の)自尊心を庇ってくれている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 42
be only person within howling distance: 見渡すかぎり人影もない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 210
be only pennies as far as you’re concerned: あなたにとっては端た金でしょう 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
be only partly effective: むらがある ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 212
be only natural that: 〜は当然のことなのである 池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 30
be only interested in ...: どうしても〜を探したい 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 330
be only hours away from doing: 〜する瀬戸際にある ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 22
be only average in the bed: セックスの味もいま一つ レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 42
be only a brand-new ensign: まだ尉官になりたてのほやほやだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
be not only worn out but still exalted: つかれきり、そして酔っていた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 227
be not only bloated with food but also ...: 意地汚くたらふく詰め込んだうえに 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 202
be in the only ... place in the world: 自分たちだけ〜な場所にいる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 186
be holding what can only be ...: 紛れもない〜が掴まれている マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 76
be dazed enough only to remember a few particulars: 頭が真っ白になって、いくつか事実を別にすれば話のほとんどを忘れてしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 111
be convinced that this is the only proper way: こうでなくちゃいけないと思う 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 6
be allowed to do ... only after ...: 〜ないかぎり、〜することは許されていない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 17
be about the only way that ...: 〜するより外に道がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
as you will be only too aware: いうまでもないと思うが ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 134
appear for only a few moments at a time: ときおりふっと現れては消える バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 306
and I say only if: これはあくまでも仮定の話だが ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 173
all this bustle only make sb feel increasingly alone: そうしたざわつきが、いっそう(人を)ひとりにする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 184
all one can only think of is to do: なすすべもなく〜する 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
after all sth, sb only do ...: (物事を)考えれば(人が)〜するのも無理はない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 24
about the only time ... is when ...: 〜するのは〜するときくらいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 108
AA only when BB: BBして初めてAAする ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 32
AA only to BB: AAしてもついにはBB 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 250
AA could lead only to BB: AA などはBBのもとではないか 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 64
a world made only for guys: 男だけに与えられた世界 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
a place only about ten, at the most fifteen, minutes away: 〜からせいぜい10分か15分と思われる個所 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 220
a dog braves enough to bite only when its victim’s back is turned: 敵がうしろを見せたときにしか咬みつけない意気地なしの犬 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
... only to discover ...: 〜したところ、〜している スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
... disappear, only to be replaced by ...: 〜がふっと消え、〜がじょじょに感じられるようになる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
... be equaled only by ...: 〜と共に〜でもある 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 68
only accept jobs from people I feel obliged to: よっぽど義理のある人でないと断ってしまう 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 134
sb’s tale only accounts for a small portion of sb’s life: (人の)身の上話がカバーしているのは(人の)人生のほんの一部分だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 104
there is only ache: うずくような痛みだけが残る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
it can only be called an act of calculated cruelty: あまりにむごい行為といえる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 424
"Vaygay is only joking," Eda added: 「今のはヴェイゲイの冗談ですよ」エダが横から言った セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 194
offer only limited advancement in: 出世が遅い 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 6
She's only after our money: われわれの金だけがめあてなんだから ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 184
only after one becomes ill: 病気になってはじめて 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 92
only after ...: 〜の後にはじめて ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 94
after only one movie: たった一本の映画に出ただけで タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 219
Mother, it was only yesterday afternoon that you took the medicine: お母はん、薬飲んだんは昨日の昼下りですがな 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 162
sb’s resolve of only seconds ago crumbles: (人の)決心はたちまち崩れる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 451
'That is just the point, sir,' Mostyn agreed, talking only to Smiley: 「そこなんです」モスティンはあいづちを打って、スマイリーひとりに話しつづけた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 86
be aided only by one’s gratitude for sth: 〜に借りがあったからこそだ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 14
aim at the only sb: 〜ひとりに狙いをしぼる クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 183
Albeit only for twenty minutes: といっても二十分ばかりだけどね 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 214
need only to be alert and attend: 一刻も気を抜くことができず、しっかり目を見開いている必要がある マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 12
only one’s eyes remain eager and alive: 目だけが冴えている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 101
not only do it all get taken up: 一滴残らず飲み干されたばかりではなく ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 52
after all, they only want to do ...: そうだろう、彼らは〜すればそれでいいのだ ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 67
A could only guess at what the intent of the B was in allowing this: それをするすると通したBの真意を測りかねていた 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 398
be alone and only a sojourner in the land: この世を仮の宿として孤高に生きている スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 197
be also the only waiter: たった一人の給仕でもある メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 267
the only logical alternative: 当然の結論 フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 477
always feel at home only in ...: この先ずっと、〜にいるときしかやすらぎは得られない アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 23
his anxieties only grew: 彼の不安感はさらに大きくなった ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
Anyway, it's only on a few hundred systems: それにまあ、悪用されるとしたってシステムの数からいえばたかだか何百だろう ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 222
Sending that broken boy to hospital had only been a gesture anyway: あの重傷を負った若者を病院へはこんだのは、どうせ申しわけでしかなかったのだ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 34
Anyway, if I was back on shore, I’d only be suffering from the heat: どうせ、陸へあがっても、暑くるしいばかりだ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 19
appear only momentarily: 目の前にちらつく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 227
appreciate sth only in one’s effects: ただ結果によって料るほかはない ポオ著 中野好夫訳 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』(Murders in the Rue Morgue and other Stories ) p. 77
some of the times are only approximate: 時刻のいくつかは大まかなものにすぎない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 172
sb’s words can only arouse in me a dumb incredulity: そう言われても私は、きょとんとしている 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 91
if only a meeting could be arranged between oneself and sb: もし(人と)自分が出会うことがあったなら 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 173
ecstasy one only aspired to with sb: (人と)しか到達しなかったエクスタシー トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
hold the sway that only sb can attain: 〜だけが望みうる権勢を欲しいままにしている アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 69
be only minorly successful in the attempt: 努力の甲斐もむなしく、成果はほとんどあがっていない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 218
would only draw more attention to oneself: かえって目につく 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 96
available only ...: 〜以外の手の届かない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 45
an accident is only narrowly averted: 危うく事故が起きるところだった セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 36
be now only a few hours away: あと数時間先には〜することになる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 102
only munch away, and drink some more tea: あいかわらず、もぐもぐやってはお茶をすすったりしている ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 132
step only a slight step back: ほんの心もちうしろへ下がる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 331
flee to sb in despair with only the clothes on one’s back: 血相を変え、着のみ着のままで、家出して来る 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 186
with only a bare goodbye: 別れの挨拶もそこそこに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
only the barest touch in passing: 通りすがりに僅かに触れ合うだけだ リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea )
ツイート