× Q  ?  翻訳訳語辞典
sound

主要訳語: 音(41)   声(14)   物音(8)   聞こえる(8)   口調(4)   音色(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜のようだ
   
sounds fair enough: 正解のようだな ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 301
〜ような口をきく
   
sound as if ...: 〜ような口をきく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
〜を告げる合図
   
sound midnight: 午前零時を告げる合図 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 128
〜的
   
sound Zen: 禅的 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 57

いう
   
sound rather helpless: あんな憐れっぽい事をいう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 135
いましょう
   
sound to sb like ...: 〜していましょう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 35
いわれる
   
sound so absolutely calm and certain: 落ち着き払って、自信たっぷりにそういわれる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 69
うがった
   
that’s pretty good sound rule: なかなかうがった言葉だ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 287
きこえる
   
it sounds like it’s meant to: なんか意味ありげにきこえる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 53
ぐっすり
   
sound asleep: ぐっすり眠って 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 21
さえずり
   
make the sound of a bird in sb’s ear: (人の)耳もとで小鳥のさえずりを始める プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 267
さざめき
   
the sound of waves is soothing and pleasant: 波のさざめきは快い 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 132
そうな
   
sure sound interesting: 面白そうな話ではある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 155
それらしい
   
do not sound like one: それらしくない ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 13
ちゃんとした
   
sound reason: ちゃんとした理由 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 221
どうも〜
   
sound like a phony: どうもあやしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 97
におう
   
sound like ...: 〜の感じがにおう サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 127
ひびき
   
sound slightly forced: ちょっとわざとらしいひびきがまじっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
ひびく
   
sound faint and a little frightened: 弱々しく、いくらか怯えているようにひびく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
まともな
   
sound men: まともな人間 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 216
be sober and of sound mind: まともな精神の持ち主だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 373
まるで
   
sound like ...: まるで〜といったおもむきだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 16
もっとも
   
Sound but depressing advise: もっともながら、気の滅入る忠告だった メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 51
もっともな
   
sound logic: もっともな論法 シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 163
ゆっくり
   
have a sound sleep: ゆっくりおやすみ 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 66
ようだ
   
sound like that ...: 〜ようだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 284

安らかな
   
sound sleep: 安らかな眠り ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 18
一見
   
sound very simple: 一見きわめて単純だ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 119
   
there came a great roar of sound: 大きな音が轟いた 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 17
the sounds of traffic ceased miraculously: 交通の騒音も嘘のようにとだえた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
the sounds from the street: 表の音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 57
the sound of the fans out back spinning around: 換気扇のまわるブーンという音 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 19
the sound of the ball exploding: ボールが炸裂するようなすさまじい音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 287
the sound of a trigger being cocked: 銃の撃鉄を起こすカチリという音 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
the sound of a taxi horn: タクシーが鳴らすクラクションの音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
the sound of a carpet sweeper being drawn back and forth over a rug: 掃除機が絨毯の上を行きつもどりつするときのうおーんという音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
the horrible snapping sound: ぽきんという恐ろしい音 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 85
the cork sound of the bat against the ball: バットがボールを弾き返すときのカキーンという音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 326
terrible sound: すさまじい音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 233
sound of the air: 風の音 カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 44
sit bolt upright at the sound of ...: 〜の音にはっと身を起こす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 134
rhythmical sound fill one’s ears: 規則的な音がやたらに大きく聞こえる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 10
put together a routine of one’s best sounds: 得意の音をいくつも組み合わせて聞かせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
produce an infinite variety of sounds: 千変万化の音を無限につくりだす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
produce a clear sound: 冴えた音を立てる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 18
produce a big evocative bwong sound: 現実へ引き戻すような、ぶおんという音をさせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
pounding sounds of the court: コートの足音とボールの音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
memorable sound: 耳に残る音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 198
many sounds that make little sense: いろんな得体のしれない音 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 268
make real sounds: 生きている証のように音をたてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
make an equivocal sound: あいまいな音を発する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 124
make a sound but otherwise failed to react: 反応はフムというあいまいな音だけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
make a sound: あいまいな音を発する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 312
make a dusty, slithery sound: 砂がすべるようなさらさらとした音をたてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
listen for the sound of a train: 列車の音が聞こえてくるのを待つ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 268
like the sound of a frayed nerve vibrating: ほころびた神経がふるえるとこんな音かと思うような イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 61
let forth a tremendous sound on impact: 衝撃音がものすごい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
laugh with a strange low sound: 声をしのばせ、不思議な音を出して笑う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 187
hear an odd sound of running water: 妙にいつまでも水の流れる音が続く 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 13
catch the sound of ...: 〜の音を聞きつける ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 51
be coupled with the sound of ...: 〜に混じって、〜という音がひびく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
at the sound of the thing: 音で判断できる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
a thick ripping sound: 分厚いものを引き裂くような鈍い音 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
a sloppy flapping sound comes again: 間のびした音がふたたびおそいかかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
a rumbling sound: がたがたという音 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 305
a rattling sound: カタカタとなにかを打ちつけるような音 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
a loud flush sound: 盛大にひびきわたる水洗の音 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
a large, lazy flapping sound: ばさりという妙に間のびした大きな音 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
a grinding sound: グリグリとなにかをこすりつけるような音 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
音色
   
The sound seemed to come from an impossible distance away: その音色は信じられないほど遠い遠いところから聞こえてくるようだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
the delicate sound catches sb by surprise: 細やかな音色にはっとする フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 97
make interesting sound modulations: 音色におもしろい変化がつく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
indescribably lovely sound: なんとも言えずきれいな音いろ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 103
音声
   
make a few embarrassed sounds: 照れ隠しの音声を二つ三つ洩らす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
害がない
   
ecologically sound: エコロジーの観点からも害がない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 27
気配
   
sound of people moving around: 人が立ち動く気配 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 194
a sound of sb’s movements: (人の)動きまわる気配 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 42
擬音
   
do some of one’s better sounds: なにか得意な擬音をやる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
擬声音
   
skillful use of gestures and sounds: たくみな身ぶりや擬声音 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
響き
   
the sound of ... reaches sb’s ear: 〜の響きが聞こえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 76
the sound is like ...: 〜のように響く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 210
do not like the sound of ...: いやな響きだ グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 251
賢明なる
   
a very sound idea: まこと賢明なるお考え マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 506
言いかた
   
sounds pretty bitter: 少し酷な言いかた キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 54
言い方をする
   
sound ominous: 縁起でもない言い方をする デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 108
言う
   
this may sound strange: 妙なことを言うようだが 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 34
there is no need to sound that way: そんなふうに言わなくたっていいでしょう ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 183
言葉
   
utter a sympathetic sound: 同情の言葉をつぶやく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 324
no sound comes out: 言葉は出てこない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
言葉は〜に聞こえる
   
be not as ... as sb sound: (人の)言葉は〜に聞こえるかもしれないが、内心はそれどころではないのだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
語調
   
sound a bit testy: やや刺を含んだ語調で ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 51
口ぶり
   
you sound like you’re ready: その口ぶりでは、いよいよ用意なったようだな クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
sound cheerful enough: 口ぶりは元気 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 275
口ぶりだ
   
sound authoritative: まるで経験者みたいな自信に満ちた口ぶりだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
口をきく
   
sound racist: 人種差別主義者のような口をきく デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 41
口調
   
sound like one can picture the whole scene: だいたいのことを納得したような口調だ 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 103
sound as if one is angry: まるで怒るような口調で 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 235
one did not sound petulant: (人の)口調は怒ってはいない アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 28
make it sound like ...: まるで〜みたいな口調で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
雑音
   
gather sound: 雑音が入る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 303
思う
   
sound screwy to me: あまりまともだとは思えないな デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 367
思える
   
this certainly sound like a tall tale: どうみても作り話としか思えない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 215
笑い声
   
the sound bangs off the walls: 周囲の壁にぶつかった笑い声がはねかえってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
a free, pleasing sound: ものごとにこだわらない、楽しげな笑い声 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
信用できる
   
mightn’t be really sound in one’s views: (人の)物の考え方は全面的に信用できないところがありそうだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 41
人声
   
the murmuring and the intermittent sounds: つぶやくような、とぎれとぎれの人声 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 245
水音
   
a soft, swishing sound: 柔らかな、しゅうっという水音 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 224
   
try to sound bright and lively: できるだけ元気な声を出そうと努める スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
thin, cool sound: 涼しげな声 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 36
the sound of sb’s laughter reaches sb’s ears: ( 人の) 笑い声が( 人の) 耳に響く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 217
sound sad and thoughtful: 自分の内側をのぞきこむような悲しげな声でいう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
sound as weary as ...: 〜の声も、〜のようにものうい マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 65
one’s voice sounds strange to one: 自分の声が自分の声でないように聞こえる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 317
never heard the sound of laughter: 高い笑い声などの聞こえる試しはまるでない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
make a sound: あいまいな声を発する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
incoherent sounds of lamentation and regret: 悲しみと後悔の入り乱れた声 ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 37
have never heard a sound so sweet and dear as ...: 〜ほどなつかしい優しい声をまだ聞いたことがなかった ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 233
get away from the sound of sb’s crying: (人の)泣き声を耳にするのが嫌だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 78
do not make a sound: 声一つたてない マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 40
already feel better than one look or sound: 見た目や声より、気分のほうはだいぶよくなっている デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 69
a weak, bewildered sound: かぼそくて途方に暮れた声 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 273
声が流れる
   
sb sound sad and failing: (人の)ひっそりとした、悲しげな声が流れる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 32
声だ
   
sound undone: 途方にくれた声だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
sound on the verge of rage: いまにも怒りだしそうな声だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
声音
   
respond with tha inarticulate sound of negation: 何とも形容し難い異様な声音で拒絶の意を示した スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 147
静寂
   
the sounds of the night return: 夜の静寂がよみがえる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 194
説明の仕方だ
   
sound so factual, so clinical: とても理屈っぽい、いかにもお医者さんらしい説明の仕方だ グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 112
装う
   
sound innocent enough: さもあらぬふうを装う クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 183
足音
   
the sound of sandals slapped against the tiles of the hallway: タイル貼りの玄関をぺたぺたと叩くサンダルの足音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 256
打つ
   
sound in sb’s ears: (人の)耳を打つ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 316
探る
   
unsuccessfully sound out one’s true feelings: (人の)意識の底を探りそこなう 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 30
地道な
   
sound tactics: 地道な戦術 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 18
調子
   
the sound of them: 声の調子 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 66
sound casual: さりげない調子だ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 30
吐息
   
make a deeper sound: 深い吐息をつく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
不満の声
   
make a sound: 不満の声を発する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 348
物音
   
there is no sound at the other end of the line: 電話の向こうには物音ひとつ聞こえない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 125
the sounds in the room: 部屋の物音 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 61
the departing sounds of sb: (人が)出かけていく物音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
strain one’s ears to catch the slightest sound: まわりの物音に賢明に耳を澄ませてみる 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 11
spooky sounds: 薄気味わるい物音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
notice a curious sound: 奇妙な物音を耳にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 224
hold to the sounds of ...: 物音に聞き入る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
hear a sound from above: 頭上で物音がするのに気づく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 129
物言いをする
   
do not wish to sound particularly curt: 格別そっけない物言いをするつもりはない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
聞こえる
   
sounded off the plate to one: (人の)耳にはプレートの上を通らなかったように聞こえた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 304
sound too anxious: 上ずって聞こえる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 57
sound sort of ...: 〜に聞こえる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
sound gentle to sb: (人に)優しく聞こえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
sound extraordinary: 異様に聞こえる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 188
make sb sound like ...: こんなふうにいうと、(人が)〜のように聞こえる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 64
it certainly sounds reasonable: これはきわめてもっともに聞こえる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 322
do not sound like much: なんでもないように聞こえる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 125
聞こえるもの
   
there is no other sound: その外には何の聞こえるものもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 39
鳴らす
   
sound three blasts on her horn: 三度汽笛を鳴らす 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 92
鳴り響く
   
sound in one’s head: 〜の頭のなかで鳴り響く フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 165
様子だ
   
sound positively alight: 大いに活気づいた様子だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 187
理に叶ってる
   
be a very sound ecological practice: エコロジー的にみると、〜だって、とても理に叶ってる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 64
良識家
   
sound and cautious: 良識家で慎重 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 88
話し方になる
   
sound as if ...: 〜といわんばかりの話し方になる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 28

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the soundest fact: まぎれもない事実 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 9
that sounds rough: そりゃ大変だったな ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 419
that sounds ominous: それだけでもなにかうさんくさい臭いがする ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 28
that sounds ominous: どうもこれがくさい ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 29
that sounds ominous: なにかただごとではなさそうだ ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 27
sounds rough: そりゃ大変だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 83
sounds reasonable: なるほど コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 127
sounds like ...: 〜ということだね コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 90
sounds great: いいわよ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 117
sounds good: ふーん 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 95
sound weak: 説得力なし トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
sound unprofessional: プロたる者のいいようではない イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 224
sound tired: うんざりした様子だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 317
sound terse: ぶっきらぼうになる デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 346
sound terrible: ひどい言葉 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 28
sound snappy: 声に棘がある デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 53
sound reasonable: ごもっとも デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 399
sound reasonable: 納得できる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 251
sound quite petulant: 口調がかなりいらだちを帯びる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
sound quite confident: すごく堂々としている ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 21
sound pedantically waggish: 学者口調を真似する サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 66
sound of the waves striking the shore: 潮騒 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
sound odd: 少し不穏当だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
sound neat: ぴんとくる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 74
sound more positive: 口調は前向きになる 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 80
sound like sth: (物と)大差ない バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 100
sound like ...: 〜じゃないのか ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 157
sound like ...: 〜するようなひびき スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
sound like ...: 〜の含みとも受けとれる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 198
sound like ...: 〜みたいな口のきき方をする レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 226
sound like ...: 〜みたいな口ぶり プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 74
sound like ...: 〜みたいな口ぶりだ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 226
sound like ...: 〜を地でいくような話だ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 188
sound like ...: 〜を連想させる音だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
sound like: 〜のような口ぶり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
sound insulation: 防音 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 146
sound happy: しあわせそうな声 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 350
sound great: おもしろい 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 65
sound great: とてもいい 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 26
sound good to me: 上等 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 195
sound genuinely intrigued: 本当に興味があるらしい デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 180
sound fair enough: 理屈は通つている 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 37
sound disarmingly frank: フランクな調子で相手の警戒心を解いてしまう イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 107
sound depressed: ずいぶん落ち込んだ声を出す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 302
sound chipper: 声ははずむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 80
sound censorious: 咎める語調になる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 307
sound believable: 説得力のある説明だ べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 305
sb sound down: (人の)声、元気がないよ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
say, sounding impatient: じれったげな口ぶりでつづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 214
pronounce sth sound: 太鼓判を押す ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 548
one sounds: 見かけ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 125
makes no sound: 息ひとつ洩らさない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
make a sound: フーッと息をつく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
make a sound: 鼻を鳴らす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
it sound like ...: 〜だな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
from the sound: 音の感じでは 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 67
don’t sound right: ちょっとおかしな点もある カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 37
don’t sound happy: なんだかショボクレてる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 15
be sound asleep: ぐっすり眠っている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 219
be sound asleep: 気持よさそうに眠っている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
with a rasping sound: シャガシャガと音を立てた 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
try to sound uninterested: 無関心を装う ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 122
try to sound casual: つとめてさりげない口調で ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 76
try to sound as if one was joking: わざとおどけたような調子で聞いてみる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
try to make it sound casual: できるだけ気軽に切りだす 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 116
try not to sound defensive: かばう口調にならぬよう注意する イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 79
there isn’t a sound inside: 家の中は静まり返っている ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 401
there is no sound from ...: 〜はうんともすんともいわない ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 230
there is no sound: 静まり返っている ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 384
there is a singing sound deep in one’s ears: 耳の奥でなにかがじいんと鳴っている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 50
there’s a kind of explosion of sound: 爆発音がする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
the word ... has a cold and impersonal sound: あまりに冷やか過ぎる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 62
the voice sounds questioning, plaintive, almost lost: 声は、もの問いたげで悲しげで、どうしたらよいのかわからないようなひびきを帯びている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
the vaguest sound of whispering: なにかがひそひそとささやきかわしている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 363
the sound that emerges was no intelligible human speech: 何を云っているのか意味を持つ言葉になりかねていた 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 36
the sound of the wind reminded me of breaking waves: 風の渡る音が打ち寄せる波涛のように聞える 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 21
the sound of sb’ own tongue: 自分のおしゃべり ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 347
the sound of one’s voice is becoming the sound of home: (人の)声が(人に)とってなによりも親しいものになりつつある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
the sound of ... is magnified to a verifiable typhoon: 台風も顔負けの大音量で響きわたる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 230
the phrase ‘A’ sounds like magic: Aという、この言葉の魔術だ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 190
the muffled sound of gunfire: サイレンサーを通した銃声 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
the days when Canadian was the Fleet Street sound: カナダ英語がフリート・ストリートの主調だったころ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 154
that sounds dangerous to me: 穏やかじゃありませんね イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 272
that sounds as though ...: ということは〜 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 261
take one’s time or kid around sounding grouchy: わざとのろくさして、冗談半分に不満そうな声をあげる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 198
sounds right to me: そのとおりだと思う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
sounds like we‘re talkin’ over two tin cans: なんだかまわりがざわざわしているが トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 188
sounds like time for ...: 〜の時期がきたようだ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 18
sounds like a great find to me: いいの、見つけたじゃないか 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 103
sounds just like sb: 相変わらずやってるねえ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 184
sounding a little worried: わずかながらどことなく心配そうに 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 119
sound wild and stormy: 嵐のように荒れ狂う E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 61
sound warm and mellow: 丸くあたたかい音だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 188
sound sort of Californian: カリフォルニアなまりがちょっとある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 98
sound sort of awful: ひどいことをきいたもんだと思う サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 150
sound sore as hell: すごく腹を立てたみたいな言いっぷりだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 205
sound so strident and sanctimonious: いささか絶叫調すぎるし、殊勝ぶっていすぎるきらいがある クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 192
sound so like sth: 〜にそっくりだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 260
sound rather mysterious on the phone: 電話の話はさっぱり要領をえない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 108
sound quite pleased with oneself: (人の)声ははずんでいる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
sound querulous to oneself: 自分がもどかしいというような声音である マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 391
sound out a man’s inner thoughts: 男が女から気を引いて見られる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 183
sound of voices holding muffled conversations: くぐもった会話の声 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 328
sound of the wind in the leaves: 梢の葉ずれ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 88
sound nonsense to sb: (人は)よけいなおせっかいと思う ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 38
sound nonsense to sb: なにをばかばかしいことをいっているのだろうと思う ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 41
sound like one mean it: 折れる気はなさそうだ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 143
sound like an unmanageable child that frets: まるで駄々っ子の恐喝である 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 51
sound like an old woman: まるで婆さんの言いぐさだ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 135
sound like a real kid: 子供でも言いそうな言葉 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 148
sound like a person in authority yourself: こちらが役所の人間になったつもりで口をきく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
sound like a perfect place: どうやら〜がうってつけみたい クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 129
sound like a narc: いかにも麻薬捜査官らしい態度物腰だ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 119
sound like a lot of work: たいへんでしょうに フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 57
sound like a jovial conspiracy: ひどく陽気な陰謀めかして ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 89
sound like a bit of an amateur: よっぽど間ぬけなやつだ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 68
sound like ... to one: 〜のようなものだろう ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 70
sound in much more of a hurry: もっと切迫した声になる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 44
sound heartsickening and damaging: ひどすぎる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 159
sound even more than usually ...: 日ごろの〜にさらに輪がかかる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 71
sound an omen of screams: 不吉の前兆よろしく叫ぶ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
sound adj. in one’s ears: (人に)〜のようにひびく 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 289
sound a little frantic: すこし取り乱したような口調になる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 348
something that sounded better: もっと体裁のいいこと アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 362
see if one’s guesses concerning ... are sound: 〜に関する(人の)推測の当否をたしかめる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 68
sb utter this exultant sound with mysterious significance: 思わずおどり上がった(人の)叫びには、妙にいわくありげな響きがある ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 281
sb do not sound a bit like one do: (人と)おれとはぜんぜんちがう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 234
sb’s voice sounds colorless: 声には艶がない デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 401
sb’s voice sound thin like creaking of ice: その声は氷がきしむようなかぼそい声だ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 37
sb’s stick sound heavily on more than one: したたか打ちのめされたものも、ひとりばかりではない スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 48
sb’s ears key for the first sound of ...: が今聞こえてくるか今聞こえてくるかと耳をそばだてている ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 250
say, trying to sound as pressed for time as one can: いかにも時間に追われている、という調子で言う バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 316
say, trying to sound as if there is nothing out of the ordinary: さもなんでもないことのような声で言う バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 392
say, not sounding too sure: どこか、奥歯に物の挟まったような口調だ レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 172
say something sb doesn’t especially like the sound of: 気になる言い方をする レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 147
produce any of one’s sound effects for sb: 特殊音響効果を聞かせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 106
produce a noise much like the sound of squeaking shoes: 「キュウキュウ」と、靴が鳴るときのような声を立てる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
one, who turn around from sth at the sound of ...: 〜を小耳にはさんだらしい(人が物より)やってくる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 104
one’s voice sounds a shade querulous: (人の)声にすこしばかり不平がましいひびきがまじっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
one’s voice sound funny: (人の)声がいつもと違う サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 278
one’s pulse jumped at the sound of ...: 〜を聞いて(人の)心臓は跳ね上がった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 394
one’s incredible ability to imitate and throw sounds: (人が)信じられないような擬音を出してみせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
odd as it may sound: こういうとおかしな話だけれども 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 103
nothing can sound more reliable: これほど安心感を与える名前もない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 64
no sound comes out: 声が出ない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
muttering sound of pain and frustration: 苦痛と失望のいりまじったつぶやき スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
mean to sound casual: ほんのなにげなく言ったつもりだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 8
make sth sound like northern New England’s answer to Tiffany’s: 〜のことをニューイングランド版の「ティファニー」だといわんばかりの口ぶりでもちあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
make sounds of disgust: オエッという フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 418
make low sound of appreciation: 感嘆のどよめきを洩らす オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 233
make it sound simple: いとも簡単に言ってのける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 274
make it sound like an agonized confession: それがいかにも苦しい告白ででもあるかのように見せかける カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 80
make it sound like ...: なんとなく、〜ようににおわせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
make it sound as if ...: まるで〜のような口ぶりだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
make appropriate sympathetic sounds: しかるべく同情的な相槌を打つ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 81
make a soft whining sound: ぶうんという軽いうなりをあげる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
make a snorting sound: フンとそっぽを向く フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 260
make a little muttering sound: つぶやきをくちびるのあいだから洩らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
make ... sound sinister: 〜をねじまげて陰険に見せる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
look and sound like a true veteran: いかにもベテラン教師といった気配と落ち着いた口調だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 50
listen for any suspicious sound that might break the silence: 気を何処かに配る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
know the sounds and the sights: 耳目にはいることはすべてわかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 207
just what it sounds like: 読んで字のごとしさ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
it will sound so sentimental: のろけになりそうだ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 36
it sounds unbelievable in this day and age, but ...: 信じられないようですが、今でも〜 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 200
it sounds like the life: 生活のお手本のような生活だ バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 23
it sounds like a good answer: 当意即妙の答ができたような気がする ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 153
it sounds like ...: 〜という口ぶりだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 102
it sounds absolutely t-fine: 最高だ。文句なしだぜ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
it sound simple enough: 簡単そうに見える 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 305
it doesn’t sound a comfortable plan: あんまりぞっとしないやりかたみたい ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 147
it certainly sounds feasible: なるほど、そういう説もなりたつね ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 177
it’s what it sounds like: 名前どおりのもの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 77
instruct, trying to sound cheerful: 明るい声をつくって言う バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 112
I suppose it sounds silly: そりゃまあ、ばかばかしく聞こえるかもしれません スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
I may sound persistent, but ...: しつこいようですけど、〜 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 192
I’m sorry to sound like a troublemaker: うるさいことをいうようで恐縮ですが イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 225
how’s that sound to you?: それを聞いてどう思う? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
hear the sound of gentle clapping: 小さな拍手さえきく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
hear a gentle sound of movement: 人のうごく気配がかすかにする ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 239
have gone from sounding like ... to sounding like a love-struck teen: 今度は〜じゃなくて、恋患いをした十代の娘のような言いぐさだ フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 27
hardly make a sound: 声を立てない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
guess that sounds absurd, doesn’t it?: 何を馬鹿なことを、とお思いだろうか フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 80
give no answer than a gruff sound of a acquiescence: 何か口の中で、そうだというようなことは行ったらしいが、返事は一言もしない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
don’t sound good to sb: ずいぶん具合が悪いみたいじゃないかと思う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 434
don’t like the sound of that: ちょっと困ったことになったなと(人が)感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 448
doesn’t sound right to me: どこかピントがずれてるような気がする セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 342
do not sound particularly thankful: それほどありがたそうでもない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 217
do not sound much: 大した自慢にはならない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 288
could sound like a decent guy: 話を聞いているぶんには、ごくまっとうな男のように思える レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 68
caution sb to do, sounding like a veteran ...: いっぱしの〜のような顔をして言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 107
by the sound of one’s voice: (人の)声音から察するに スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
by the sound of laughter of sb: 〜が笑いだして フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 90
begin to sound like sb: (人のような)口ぶりになる ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 75
be relieved to hear that one’s voice sounds normal: (人の)声がいつもと変わっていないことをたしかめ、胸を撫でおろす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
be not as certain of this outrageous notion as one sounds: この突飛な考えに口ほどは自信がないのである マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 335
be beginning to sound drunk: だいぶ酔いがまわっているようだ ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 258
be attracted to the scene by the sound of ...: 〜を聞きつけて、何ごとかとやって来る フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 135
be a sound sleeper: (人が)ぐっすり眠るたちだ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 15
at the risk of sounding like sb is doing ...: 〜してるように聞こえたら心外なんだけど スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 244
assuming it wouldn’t sound all that affected in this kind of company: この相手なら気障にならないはずなので 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 92
a sound causes sb to do ...: それを聞くと(人は)〜する ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 232
a disgusted ‘ick’ sound from sb: (人の)咳払い タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 69
... sounds to me like ...: 〜ときくと〜を連想する イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 124
... make it sound too much: 〜というと言葉が大袈裟になる 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 40
sound like a bit of an amateur: よっぽどまぬけなやつだ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 68
an odd sea-sound amid the tree trunks: 木の幹にこだまして奇妙にひびく潮騒の音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
be apart from the sound of ... muted by the double glazing: わずかに二重ガラスの向うに〜の音がにぶく聞えているだけだ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 12
be apparently sound asleep: ぐっすり眠っているはず ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 219
sound as casually friendly as sb’s: (人に)劣らずさりげなく、にこやかに聞こえる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 186
one’s ideas about ... sound fine, but if you ask me ...: 〜という(人の)説は、裏を返せば〜 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 191
sound asleep for the night: ぐっすり眠っている ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 77
sound like an avalanche: まるで地響きである メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 164
begin to have an awful sound: 無気味な音になりかけている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
in the bedlam of sound: すさまじい騒音のなかで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 284
there is a screwing and complaining sound down below: 地面の底の方で、何かネジでも巻くような、また何か鳴き声のような軋む音が続く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 293
from the road below the sound of ... reaches sb’s ear: 遠い往来を〜の響きが聞こえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 76
sound like a betrayal: 裏切られた無念の思いが込められている リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 75
sound pretty bitter: 少し酷な言いかただ キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 54
He was sound asleep, in fact, knocked out cold in the backseat, his mouth agape, his expression blissful and unworried: 兄は大口を開けて正体なく眠りこけ、幸せに満ちたその表情に不安はいっさい感じられなかった ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
such exchanges sound fatuous in cold blood: こういうやりとりは、しかつめ顔でいうと滑稽にきこえる ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 109
sound brash: 蓮葉にきこえる 三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 73
He looked up at a sound: Kate had begun burbling again: 泣き声がしたので顔を上げると、ケイトがまた泣きはじめていた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 93
locate a plane by sound alone: 爆音だけをたよりに飛行機を発見する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 383
by the sound: 音からすると マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 439
carried away by the sound of our own voices: 自分たちの合唱にききいりながら 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 7
make ... sound casual: さりげない話にきこえるようにする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
the choppy sound you always get on international calls: 国際電話特有の、あの音がぷつぷつとぎれる感じ 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 9
whisper searching for clues in the sound of one’s voice: なにかわかるかと出してみた低い声 フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 9
I heard the sound of a piano, clumsily played: ……下手なピアノの音を私はきいた 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 106
the sound seems to come from everywhere at once: 音がいちどきに四方八方から聞こえてくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 68
sound of children’s voices comes shrill and loud to one’s ears: 子供たちの声がきんきん聞こえてくる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 52
disguise where the sound is coming from: 音の出どころがわからなくなる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
constant sound of flowing water: 絶えざる水音 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 153
I had meant to sound cool, but it didn't quite come off: なるべくあっさりと聞えるように言ったつもりだったが、あまりうまくはいかなかった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 191
sound more country than ...: 〜よりも、田舎っぺ丸出しのようだ レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 94
there is a sickening cracking sound: べきっとおぞましい音がして クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch )
翻訳訳語辞典で経済金融・証券会計訳語辞典も引ける広告なしの Pro版発売中!
ツイート