× Q 翻訳訳語辞典
shore   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
そうですとも
   
'Shore,' she told him: 「そうですとも」とマーギーは言い、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 162
ほとり
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 121
もちろんよ
   
Shore: もちろんよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 176

岸辺
   
but the dark shores of the borderland are silent from seven in the evening: だが、境界地帯の暗い岸辺は、午後七時をすぎればひそと黙す ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
   
all waiting one’s dismissal from the desolate shore: ひたすらこの荒涼たる生からの解放を待っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 131
波打ちぎわ
   
sea licks at the shore below: 海が眼下の波打ちぎわを舐める 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 10
   
details of shore life: 陸の生活のすべて 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 47
be back on shore: 陸へあがる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 19
陸の
   
fulsome odors of shore routine: 忌まわしい陸の日常の臭い 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 129

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

why shore: ああ、かまわねえよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
shore up one lie with another: 嘘に嘘を重ねる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 512
plan the renewal of the river and the buildings on the shore: 大筋の流れの方向から派生的なものにいたるまで綿密に計画する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
be shored up in a little while: ふたたび身近に現われる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 10
a fairly shallow part near the shore: 波打際のほんの浅いところ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 182
Anyway, if I was back on shore I’d only be suffering from the heat: どうせ、陸へあがっても、暑くるしいばかりだ
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 19
A hundred days of pure bloody hell and not a single hour's shore leave: 文字どおり血のにじむような地獄と、一時間の上陸許可もない百日間
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 30
become painfully conscious of the texture of shore life: 痛切に陸の生活の手ざわりを思い描く
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
the ragged shore rock-pitted and dark with weed: あちこちに岩が転がり黒い海草でびっしり覆われた荒涼とした海岸
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 195
back on shore Dixon would describe Stern's ineptness to everyone they met: ディクソンは、岸に戻ると、会う人ごとに義兄のぶきっちょさを吹聴した
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 251
the shore enveloped by rain: 雨に垂れこめられた浜
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 74
A boy and a girl were greedily roaming over the shore in search of treasure: 欲のふかい男女が、ものほしそうに海岸をうろついていた
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 254
happen to pass there on a regular sweep along the shore: 海岸に沿って定期的に泳いでいて、その途中で入江に立ち寄る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 153
hurry on shore: いそいそと上陸する
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 152
be on a lee shore: 風下の陸岸を背にしている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 154
shore-bombardment against live target: 動目標への対地砲戦
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 200
spring nimbly on shore: 身がるに岸にとびあがる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 324
shore bushes have taken root: 海岸に生える灌木が根をおろす
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 211
sound of the waves striking the shore: 潮騒
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
ツイート