× Q 翻訳訳語辞典
so   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜たっぷり
   
so distinguished: 貫禄たっぷり ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21

あたり
   
in the next month or so: 来月あたりから スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
あまり
   
so ugly that one cannot do: あまり醜いので〜することもできない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
not so great: あまりうらやましがられるほどのことじゃないよ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 14
あまりに
   
there is so much of sth: あまりにおびただしい〜 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 243
be delivered so quickly as to be incomprehensible: あまりにはやくてなにもわからない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
あまりにも
   
so unexpected: あまりにも唐突だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
so radically: あまりにもがらりと 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 94
so like each other in feature: あまりにも瓜二つのような二人 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 138
so closely match the emptiness of one’s life: 人生の空虚とあまりにも似かよっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
あまりにも〜
   
it was so slow that ...: あまりにも速度が遅いせいで〜 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
あまりの
   
one’s loneliness be so intense that one is half-mad with it: あまりのさみしさに(人は)気が狂いそうになる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
あれほど
   
so suddenly: あれほど突然 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
He had seemed so coldly composed only an instant before: つい一瞬前にはあれほど冷静で落ち着いていたように見えたのに、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 13
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 46
あんなに
   
have never seen sb so cheerful: あんなにうれしそうにしてる(人を)初めて見た スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
あんまり
   
walk so energetically that ...: あんまり一生けん命歩いたので〜 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 110
It was so depressing: あんまりみじめな雰囲気だったからね サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 126
be so sad: あんまり悲しんでいる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
いかにも
   
sound so factual, so clinical: とても理屈っぽい、いかにもお医者さんらしい説明の仕方だ グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 112
so professional: いかにも玄人らしい ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 73
seem so fitting to the start of a day: 一日のはじまりにはいかにも好ましい気がする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
<例文なし> 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 72
いたって
   
be so serious: いたってきまじめな顔だ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 230
いつも
   
the very boy whose sexual ambiguity so discomfort sb: 男とも女ともつかないなよなよとした感じが、いつも(人を)不快な気持ちにさせる、あの少年 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 163
いとも
   
do sth so deftly: (物事のやり方が)いとも巧妙だ オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 134
be so easy: いとも簡単 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
いやに
   
reply in so formal a tone that ...: いやによそよそしく答えたので マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 221
be so quiet and lonesome out: 町は静まり返っていやにもの寂しい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 127
いよいよ
   
sb’s anger rise so high at these objection: (人の)癇癪は、仲間に逆らわれると、いよいよたかぶる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 48
うーむ、こうなると
   
So I'm not sure whether he was in earth orbit or not: うーむ、こうなると、彼の理性がまともに働いているかどうかはなんとも疑わしい オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 230
ええと、つまり
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
えらく
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
おかげで
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 206
おそろしく
   
so leisured: おそろしく長い ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
およそ
   
so unlike each other in manner: およそ似ても似つかない態度の二人 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 138
so ill-matched: およそ不似合いな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 212
be so unlike what one have ever known oneself to be: これまでいつも見せていた彼とは、およそ違っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 277
かうして
   
so the whole affair seems to have been settled: かうして事件はいちおう落着した 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 134
かくなるうえは、というわけで
   
So it's the laundromat over at the mall: かくなる上は、というわけで、わたしは商店街のコイン・ランドリーへ出かけた フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 26
かくのごとく
   
So computer viruses spread by interchanging programs: かくのごとく、コンピュータ・ウイルスはプログラムの交換によって蔓延する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 269
かくも
   
so saucily: かくも生き生きと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
make sin so marvellous and evil so full of subtlety: 罪悪をしてかくもすばらしきものと化せしめ、悪徳にかくも微妙な味わいを附した ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 211
から
   
so it doesn’t matter really: 〜から、いいけれど 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 25
こう
   
ask oneself why it have taken so long: どうしてこう手間取ったんだろうと思う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 37
こうして
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 10
こうしていれば
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 47
こうしておけば
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 50
こうすれば
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 60
こうまで
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 127
ことほどさように
   
このうえもなく
   
now smile so cruelly at sb: いまとなってはこのうえもなく残忍な微笑を(人に)向けている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 158
これほど
   
before sth get so big: まだ〜がこれほどさかんでなかった時代 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 134
こんなに
   
observe sth so closely: 〜をこんなにつぶさに眺める 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 10
I didn't realise you had to be so careful with a septic tank: 水洗トイレの浄化槽というものがこんなに厄介なものとは知らなかったよ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 212
こんなにも
   
things come so quickly to the sticking point: 事態はこんなにも早く、行きつくところに行きついてしまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
さして
   
there is nothing so very remarkable in that: それ自体はさしてびっくりするほどのことでもない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 11
さて
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
さて、と
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 48
さてと
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
ざっと
   
so there you have it: ざっとこんなところですな ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 31
しかたがないから
   
So Jonathan had retreated into his own thoughts: しかたがないから、ジョナサンは自分だけの想念にひたった ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 176
しかりである
   
so too: またしかりである ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 3
しごく
   
look so serviceable: しごく実用的だ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 113
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 120
したがって
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 72
じつに
   
so simple: じつに単純で タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
じゃ
   
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 24
じゃあ
   
so who?: じゃあ、だれ? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
So all that about your being called Rat was a made-up story: じゃあ、あなたが鼠と呼ばれているというのも嘘なんですね? 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 33
すこぶる
   
be so timid when it comes to the question of ...: 〜に対してはすこぶる気の弱い 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 236
すごく
   
This is so calculating: この犯行はすごく計画的だし、・・・ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 54
so buoyant: すごく晴れ晴れとする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
すっかり
   
so adj. that ...: すっかり〜で〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
it is so distracting that ...: すっかり気をとられ〜 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 235
be so spoilt: すっかり甘える ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 35
be so mad: すっかり頭に来て サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 72
be so frightened: すっかり胆をつぶして ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 293
すると
   
So are they playing their flutes now?: するとあすこにいま笛を吹いているんだろうか 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 115
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
ずいぶん
   
so much: ずいぶん ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 9
so many: ずいぶんたくさん スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
be so different from ...: と〜とでは、ずいぶんへだたりがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 475
そう
   
yes, I suppose so: そうですわ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 101
this was not to be achieved so easily: 事実はそううまくは運ばなかったようである 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
so they say: そうらしいです 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 50
even so: そうやりながらも トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
そういわれては
   
So she agreed: そういわれては彼女も断れなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
そうか
   
So that's his game: そうか、これが彼の狙いなんだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 103
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 221
そうしろって
   
because sb say so: (人が)そうしろっていってるから タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 50
そうすりゃ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 235
そうなると
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 72
そこで
   
so the boat is left to drift down the stream as it would: そこで小舟は、流れにたゆたうままにまかせられ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 106
so McCarthy again played the percentages and went to Parnell,: そこで、マッカーシー監督は再びセオリーを重視して左のパーネルをリリーフに送った ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 423
So another deer crept slowly forward: そこでまた一疋が、そろりそろりと進んで行きました 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 113
そこで仕方がない
   
So all I did was, I started discussing topics in general with him: そこで仕方がない、僕はどうしたかというと、彼を相手に世間話を始めたんだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 223
そこまで
   
be perturbed that sb cares so little about one: そこまで軽んじられていたとあっては、心穏やかでない イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 270
-- how could he be so obdurate?: ---- どうして彼はそこまで依怙地になれるのかしら? ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 246
そこら
   
slim at one-fifty or so: 体重は百五十ポンドかそこらのやせっぽち クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 465
or so: 〜かそこら トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
have spent a minute or so in vainly pursuing sth: (物を)一分かそこら、むなしく目で追った ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 94
a year or so back: 一年かそこら前 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 348
そしたら
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
そして
   
<例文なし> 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 62
そっくり
   
look so human: 外見が人間そっくり アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 135
そのことを思えば
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
そのもの
   
be so stupid about sth: 〜については無知そのものだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 116
その意味では
   
So it was fruitful to keep combing through Mitre's phone bills: その意味では、マイターの電話料金請求書を子細に点検したことはむだではなかった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 9
そりゃ
   
be so house-proud: 屋敷の管理にはそりゃ熱心だ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 22
それから
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 63
それくらい
   
so was the good word of mouth sent around by those who ...: それくらいよい評判をいいふらしていたのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
それじゃ
   
So even I couldn't make you happy: それじゃ、私といても幸せにはなれないじゃない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 136
それで
   
make it so: それでいこう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 387
それなら
   
so be it: それならそれでよし トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
それなりの
   
be so deserved respect: それなりの敬意ははらわれている ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 127
それほどまでに
   
Why should you insist so on an absolutely false view of life?: あなた方は、なぜまったく過てる人生観にそれほどまでに固執するのですか? アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 96
それを思えば
   
I was being paid for it, so it wasn't so bad: その分の金は受け取っていたらね。それを思えば、悪い仕事じゃなかった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 206
そんなこんなで
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
そんなわけで
   
So for the time being, this frontier was without a name: そんなわけでこの開拓地にはその後しばらく名前さえなかった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 74
so as a child one started to weigh one’s behavior: そんなわけで(人は)ほんの小さい時から、自分のふるまいをかえりみる癖がついた フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 1
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
そんな風にして
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242
たいそう
   
the kitchen is so comfortable: 台所はたいそう暖かでいいよ E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 77
たまらない
   
it is so aggravating to hear sb talking sth: (人が)話をしているのを聞くとしゃくにさわってたまらない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 331
feel so sorry for sb: わからないから(人が)気の毒でたまらない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 32
だから
   
so what?: だからどうだっていうの? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 163
so that is why one ask: だから質問しているんです トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
so that ...: だから〜だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 204
so that‘ why I’m tellin’ you: だからあなたにも言ってるのよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 169
だからって
   
So ...: だからって〜 ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 208
だからね
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 290
だが
   
So where's the collateral?: だが、どこに証拠がある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 238
だけど
   
So I lie to him: だけど、ほんとのことはいわなかった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 140
だったら
   
jeez, I hope so: だったらうれしいね トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
だのに
   
So what is the basis of that dislike?: だのに何が根拠で? デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 83
ついね
   
<例文なし> 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 142
てなわけで
   
So, having no reply to give to what the old man says: てなわけでじいさんに 返事してやるひまもなく ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 157
てんでまるで
   
eat in a way so unlike the manner prescribed in women’s magazine that ...: 婦人雑誌などに出ているお食事のいただき方などとは、てんでまるで、違っている 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 3
   
So what's the latest from the Missing Persons Unit?: で、行方不明人捜査の最新報告は? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
So what do you want?: で、そっちの狙いはなんだ? ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 84
So I'd walk through the grounds in the evening with my horn: で、夕方になると、ぼくはホルンをもってグラウンドを横切っていきました プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
'So,' said Stern: 「で」とスターンは言った トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
で、どうしたかというと
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 218
でしょ
   
'So,' she said, seeming perky and young: 「でしょ」ブラッシーは生き生きして若く見え、・・ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 336
ということであれば
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
ということは
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
というと
   
'So whose credit card is it,': というと、それ、いったいだれのクレジットカードなの? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
というわけで
   
So, O-nami sat in meditation: というわけで、大浪は座禅を組んで瞑想に入った プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
so the boat is left to drift down the stream as it would: というわけで、ボートは流れのままにゆだねられてね ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 98
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
とくに
   
be so careful to get ... accurately: とくに注意して正確に聞いてくる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 320
とっても
   
She thought he looked traque - hunted - as so many Parisians did these days: 彼女は男が、なんだか追われ(トラケ)ているみたいだと思ったーこのごろパリジャンにはそういうのがとっても多い ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 9
とてつもなく
   
be so vast that ...: とてつもなく広い〜で、〜するほどだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
となると
   
So the hacker wasn't necessarily at Mitre: となると、ハッカーはマイターの人間とは限らない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 231
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
とにかく
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 308
とまあ、こういう次第で
   
So we get a blimp: とまあ、こういう次第で、われわれは飛行船に乗り込んだというわけです プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 46
どう
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
どうだ
   
So, Ted, whadya think about the beverage?: どうだテッド、感想は? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 223
どうだい
   
So everything's different and you feel out of place?: どうだい、店が変わっちまって落ちつかないだろう? 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 141
どうだろう
   
So! Shall we dicker?: どうだろう、ビソネット君、ひとつ取引しようじゃないか! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 368
なによりも
   
the water is so cold sb quickly decides a brief dip is all that is really necessary and crawls back up on deck: なによりも寒くて、(人が)そこそこに甲板に這いあがる 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 195
なら
   
So why did I bother giving him an explanation?: ならどうして説明しようとするのだろう? 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 146
なるほど
   
so that is the reason for the small talk: なるほど、ではそれがこのささやかな雑談の目的なのか クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 124
<例文なし> 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 109
なんとも
   
behave so awkwardly: なんともぶざまな姿をさらす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 288
ねえ
   
So how'd you like Brian's Sandy Koufax card, Mr. Rusk?: ねえラスクおじさん、ブライアンのもってるサンディ・コーファックスのカードどう思います? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
はなはだ
   
find so unlikely: はなはだ気にくわない結論になる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
ばかり
   
for the last six month or so: ここ半年ばかり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 15
a month or so after ...: 〜して一ヵ月ばかりすると 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
ひときわ
   
begin to echo so resoundingly that ...: ひときわ高く反響しだす ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 176
ひどく
   
so inward: ひどく内に沈んだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 240
ふん
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 74
べく
   
do so that sb can hug one: (人に)抱かれるべく〜する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 21
ほとほと
   
be so tired of ...: 〜にほとほと嫌気がさす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
ほど
   
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 9
a week or so into the new year: 年が明けて一週間ほどたった頃 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 179
ほんとうに
   
be so happy: ほんとうに幸福なの ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 93
まことに
   
she looks so beautiful in the purity of one’s faith in sb: (人を)、こんなにも心から信じている彼女の純真さは、まことに美しく見える ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 48
ask a question so frankly and pathetically: まことに正直に、せつないまでに一つのことを問うている オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 140
また
   
so to what do I owe sth?: 〜とは、またどうしたことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
how so: どうしてまた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 154
まるで
   
so silently: まるで音もなく ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 291
say, so suddenly, that sb quite jump: まるで出し抜けだったので、(人は)飛び上がりそうになる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 38
むしろ
   
..., and so ...: 〜なのでむしろ〜だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 148
むやみに
   
have so many sth: 〜がむやみに多い アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 115
もう
   
be so fucking freaked out: もう腰がぬけそうだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
もどき
   
it seems so James Bond to do: 〜というのは、いかにもジェームズ・ボンドもどきだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
ものすごい
   
a force so vital that ...: 〜するほど、ものすごい活力が放射される トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
ものすごく
   
feel so good: ものすごく気持ちがよい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
やけに
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 102
やたら
   
push sb so one on each side, that one nearly lift sb up into the air: やたらぎゅうぎゅう押すものだから、(人は)宙にういてしまいそう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 189
やたらに
   
look so bright and sticky: やたらにてかてかべたべたした感じだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 56
やっと
   
so that’s where sb is: やっと居場所をつきとめたぞ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 235
やまない
   
be so appealed to sb: (人を)引きつけてやまない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 28
ように
   
so one can be around for ...: 〜に間に合うように トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
よし、これでよい
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
よほど
   
be so overheated that ...: よほど頭にきたらしく〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 305

異様に
   
be so insistent: 異様に強硬だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 187
一心に
   
have never been so intent on one’s work: これほど一心に精を出したことは、絶えて今までないくらいだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 28
何て
   
it’s just so humiliating!: 何て情けない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 146
I never realized you were so capable: あなたって何てしっかりしてるんでしょう 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
何分にも
   
be so reduced that ...: 何分にも衰え果てているので ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 125
恐ろしく
   
he is so alert: 恐ろしくしばしこい男だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 284
極端に
   
be so isolated: 極端に隔離されたものだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
極度に
   
so adj that ...: 極度に〜なので〜 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 209
結局
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 104
見本
   
they’re so stupid: ばかの見本だよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 170
思いきり
   
be so cool: 思いきりクールな態度をとる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 138
実に
   
so nice: 実にうまい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 191
心から
   
look so crestfallen: 心からつまらなそうな顔をする 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 108
人一倍
   
be so unlucky: 人一倍不幸だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 240
be so purposeful: 人一倍きっぱりした生き方をしている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 240
甚しい
   
that one spot has got so grubby: あの箇所だけ汚れが甚しい 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 47
世にも
   
look so melancholy: 世にもふさいだ顔をする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 192
絶えず
   
being so attended: 絶えずつきまとわれている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 118
大いに
   
be so curious that ...: 大いに好奇心をくすぐられ〜 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 275
大幅に
   
so late: 大幅に遅れる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 59
当然ながら
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 49
年来
   
the glamour sb so desperately sought: 年来しゃかりきに追い求めてきた名声 バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 120
本当に
   
I’m so glad: 本当によかった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 294
猛烈な
   
speak so rapidly that ...: 猛烈な早口のため〜だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without so much as a thought: 反射的に
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
wear so little: ほとんど服を着ていない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 369
take so long: 遅くなる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
speak so coyly: 甘い声がある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
so you see: これでわかったじゃろう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 217
so what?: それで?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
so what: かまうこっちゃない
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 116
so what: それがどうした
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
so then: では
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 7
so that ...: 〜なので、〜する結果になった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
so that ...: 〜を期待して
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 137
so that ...: そしたら
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
so that: 〜するかたちである
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
so soon: 早まって〜してしまう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 72
so self-impressed: 自信ではちきれんばかり
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 74
so polluted: おぞましく汚い
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 21
so okay: そりゃ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 237
so much: はるかに
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 141
so much: よっぽど
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 157
so many people: おびただしい群衆
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 474
so many people: どいつもこいつも
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
so long: さようなら
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
so liberally provide: 恵みぶかい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 176
so it goes: よくある話だ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 187
so indiscriminately: 無闇矢鱈と
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 229
so impolite behavior: 無礼きわまるふるまい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289
so full: 大入り
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
so far: いまのところ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 67
so far: そこまでいったら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
so far: 今日まで
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 254
so could sb: 受けてやろうじゃないか
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 127
so cheering: すっかり上機嫌
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
so am I: その点ではわたしもひけをとらない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 200
so again: しっかり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
so ...: つまり〜というわけだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 344
seem so vulnerable: いかにもか弱く見える
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 276
seem so frightening: そんなにこわい存在ではなくなる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 62
say so often: 口癖だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 341
remain so: じっとその姿勢を保つ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
quite so: ご名答
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
or so ...: 〜というほうがよいか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
or so: そこそこ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 55
oh so gently: ほんとに、そっとそっとだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
not so near: それほどぴったりというわけではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
not so: たいして〜でもない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 217
maybe so: かもしれない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
maybe so: そんなものかもしれない
look so peaceful: 平和そのものの光景だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 441
Is that so: ほんと?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 57
is that so: へえ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 319
get so scared: こわくてこわくて
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 40
for so long: 久しく
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 39
for so long: 積年
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 510
feel so valiant: 気負いたった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 208
even so: けれども
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 5
even so: しかし
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 23
even so: そのくせ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 29
even so: それにしても
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 20
even so: でも
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 127
even so: といって
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 135
even so: とはいえ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
even so: 所詮
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 120
don’t understand what have sb so upset: 問題ない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 42
don’t get so uptight: 大丈夫
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 64
do you really think so: それ本当
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 390
brag so much: 大言壮語する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 132
become so brittle: 脂気も水気もなくなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
be so perverse: いびつさ
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 255
be so intense: 集中力を持っている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 144
be so cruel: むごたらしいことだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 283
be so clean-cut: 脂気がない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
be so angry: 怒りがすさまじい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
be so American: 根っからのアメリカ人だ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 226
anything so good: こんな甘美な味のもの
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 188
and so on: その他もろもろの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
and so on: といった具合である
and so forth: その他もろもろ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 109
and so forth: とかなんとか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
and so: いきおい
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 204
and so: そこで
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 49
and so: そんなわけで
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
and so: だから
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
and so: なるほどねえ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 17
and so: 以上で
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 87
agree so readily: あっさり承知する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 240
you shouldn’t take yourself so seriously: 過度の思い込みは禁物だ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 222
you could only sleep so much: ろくに睡眠は取れない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 146
would only take a minute or so: なに、ほんの一、二分ですよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
without so much as lifting a finger oneself: 何もしないで
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 155
without so much as doing ...: 〜もせずに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
without so much as a smile: 笑わない顔で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 254
without so much as a caretaker to look after sth: 〜の手入れをする者とてなく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 55
why are you so hot to stick with ...: えらく〜にご執心だな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
which is so often the way of things: それが世の常で
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
what’s so wonderful about that?: 当り前じゃないの、そんなことは
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 395
want sth so badly: とにかく(物が)ほしくてしようがない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
want so much to do: なんとかして〜しようと、ひたすら熱意を燃やす
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 329
want sb to do so that one can do: (人に)〜してくれ、そうすれば〜できるからと頼む
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 395
want sb so badly, one think one will lose one’s mind: どうしてもどうしても〜したくて、気が狂うほど、もういてもたってもいられない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 36
walk ever so slowly across ...: ゆっくりとした速度で横切る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
use one’s personal influence so wisely that ...: 個人的信望を非常に賢く利用したと見え〜だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
unsettle one so badly: (人を)当惑させる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
try so hard to please sb: (人の)気に入られようとして、精いっぱい気を遣う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 168
to change so fast: どんどん変わっていく
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 254
things even get so bad: 切羽づまった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 339
there was only so much I could bluff: ハッタリはもう使いはたした
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
there is so much more to one’s relationship than ...: 〜といった程度の、そんな生易しい間柄ではない
there is nothing so very remarkable in that: それだけなら、べつにどうってこともないやね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 14
there is no reason that the future should be so full of shame: 前途にはただ恥辱あるのみときまっているわけでもあるまい
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 183
the way one’s day have gone so far: 今日一日のなりゆきから考える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
the times are all so weird: 時間のつじつまがどうしてもあわない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
the sky is so blue that one filled with a sense of well-being: 晴れた空が身に沁み込むように感ぜられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
the sky is so blue that it seems transparent: 蒼い透き徹るような空
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
the move is so gracefully executed that it looks to sb almost like a dance-step: (人の)眼には、その優雅な身のこなしがダンスのステップを踏んでいるかのように映る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
the letter is so magnificently and gorgeously written: その手紙の堂々たる風格は、少々場違いの感がある派手なものである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 11
the activity in which one had so recently played a part: きのうまで一役演じていた仕事
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 6
that was so much fun, wasn’t it?: なつかしいわね
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 65
that so often become a mode of second nature of stage player: 舞台俳優にとって第二の天性になりがちな
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 95
that comes of having so many things hung round the horse: あんまりやたらいろんなものを馬にぶらさげるからよ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 162
that’s what make sb get so depressed: それでおかしくなっちゃったんだ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 154
that’s not so good: 最高ってわけじゃない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
ten years or so previously: かれこれ十年前に
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 25
suggest not so much bewilderment as an acceptance: そう驚かずに受け止めてくださいな、と無言のうちに語る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
start staying away from home so much: うちを出る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
stare sb so reproachfully in the face that, ...: (人は)何かまっこうから責任を問われているような気がして
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 105
spend so much time fussing over: さんざん気をもむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 260
spend so many nights crying in bed: 真夜中のふとんの中でのたうち回る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 102
spend a pleasant hour or so: 一時間かそこらゲームを楽しむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 145
spare ... not so much as a glance: (人には)ほとんど眼をくれない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
so they know so much: こいつら何様のつもりなんだろ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
so that you have to back down and fly out of the house: おかげでこちらはたじたじとなり、家からとび出してしまう
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 149
so that one knows that ...: そこで〜とさとる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
so that one can ...: 〜すれば〜できる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 109
so that nobody would see ...: ひとに見られたくないというわけだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 169
so that’s what happened: やっぱりそういうことだったのか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 21
so that’s how ...: 〜の顛末はこのとおりだ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 198
so surprisingly strong and fresh longing: 自分でもおどろくほど強烈で生々しいあこがれ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
so slowly that ...: それにしても遅すぎる。これでは〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 289
so shouts and dances one’s angry blood up: とにかく、〜の怒りの血はたけり立っている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
so scared that ...: こわくて〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
so quietly one don’t even hear ...: 〜も聞こえぬほどひっそりと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 330
so obviously, visibly empty that ...: 外から見て一目でそれとわかるのだから〜
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 211
so obsessed by one’s work: ただ働きづめに働くだけだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 9
so must it be: かくあれかし
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 91
so much the better: かえって好都合だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362
so much so that ...: というよりは、つまり〜なのだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 137
so much for doing: それ以上〜するのをやめる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 13
so much for ...: 〜は以後ねがいさげにしたい
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 180
so much better than ...: 〜よりはるかにまし
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 141
so many things to worry about: なにしろ心配なことがいやというほどある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 205
so many palm trees: しゅろの木ばかりがやたらに目につく
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 15
so many lonely journeys: あのいくたびとも知れぬ、ひとりきりの旅行
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 24
so many emotions crowded in upon sb that sb gave up the attempt: 万感こもごも来てどうにも〜できなかった
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 200
so many casual onlookers: 見物人も一杯だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 73
so long as ...: 〜できるなら
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 271
so long as ...: 唯一の条件は
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 262
so it has always been: これまではそうだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
so it’s a story with a happy ending then: いいはなしじゃないか
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 42
so hard to hit: 打ち崩せない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
so full of years: もうずいぶん前
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
so far, so good: ここまではまだよかった
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
so far, so good: それだけなら何のこともなかったが
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 23
so far from being nervous: あがるどころか
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 127
so far as one can see: どう見ても
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
so extreme in one’s views that sb do ...: (人の)並みはずれた反共意識につけこんで(人が)〜する
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 126
so eager to get out of the room: そそくさと出ていく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
so different from ...: 〜にはほど遠い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 350
so dark against the snow: 白い雪にくろぐろとうきあがる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 514
so cool that ...: あまりにも冷たいので〜
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 25
so all sb want to do is ...: そのなかでしたいことといえば〜っていうことだけだ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 164
so adj. that one can do: 〜なので〜する余裕がある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 86
so adj. that ...: 〜するほどに〜だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
so adj that ...: 〜すぎるあまり〜する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 142
so ... that one even think ...: 〜して〜とまで思わせる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 32
so ... that one can almost say ...: 〜と言いたいほどの〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 7
so ... that ...: 〜しなくてはならないほど〜
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 131
so ... that ...: あまり〜なので〜でかなわない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 46
so ... after all: やはり〜だろう
池波正太郎著 フリュー訳 『後は知らない』(Master Assassin ) p. 183
sit still so much: 長時間のすわりづめ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 402
see it so sb know that ...: ひと目見て〜であることを得心する
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 99
scare sb so bad ...: びっくりした拍子に
say this last so primly: 最後の部分がいやにしかめつらしい口ぶりだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
say ..., what one have on one’s mind for so long: 前から思っていたことを言う
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 28
say ..., and so on and so forth: 口々に〜を言い合う
resent sb so much: (人に)ひどく反感をいだく
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 253
quite so much now: さっきほど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
question sb closely concerning ..., ..., and so on: 〜やら〜やらについて色々質問する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 166
people who have the arthritis so terrible: ひどい関節症に悩まされている人間
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
over the last year or so: この一、二年のあいだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
or so sb feel: いやじつは(人が)そう感じただけのことかもしれないのだが……
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
only be so aloof: ある程度までしかお高くならない
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 138
one, so to speak, does: (人が)〜するのである
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
one say, so fiercely that sb do: (人が)制する。そのはげしい制し方に(人は)〜する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
one’s shock is so great: あまりのことに度をうしなってしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
of course it is not one’s place to say so: そこまでは口にできる立場ではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
obey, so far as to quit the chamber: この部屋を出ることだけは(人の)言葉に従う
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 41
not so much sweat as excitement: 汗のせいよりも興奮の熱気からだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
not so much as there is pride: どちらかといえば〜よりプライドのほうが勝っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
must have seemed so uncomplicated when it stared: すんなりと始まったにちがいない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362
move so slowly that ...: 妙にのろのろしていて〜だ
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 10
mourn for sb so much: 激しく(人の)死を悲しむ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 50
more so than one had expected: (人が)思った以上だった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 82
might, so to speak, do ...: 〜するようなことになる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 492
mechanism seems to be moving along its cycle properly so far: メカニズムは一応正常に働いているように見える
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 105
life with sb may not be so exciting: 一緒に暮して面白味はない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 50
leave after so forcefully rejecting every plea to remain: あれだけの反対をおしていったん出る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 277
lean over the desk so that one can get closer to sb: 机の上に折り曲げるようにして(人の)顔を(人)に近づける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 236
laugh so hard tears run down one’s cheeks: あまりに大笑いしたためか、(人は)頬に涙を伝わらせている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
laugh so hard one almost wet one’s pants: 笑いすぎておしっこを洩らしそうになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
last only three minutes or so: 三分そこそこしかつづかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 350
it takes sb a moment or so to do: 一瞬、間をおいて(人が)〜する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 371
it makes one look so silly: まったくいい恥さらしだ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 107
it isn’t so much a matter of doing: これは〜ということではない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 49
it isn’t A, so much as B: 大切なのはAではなくてBである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 162
it is the personal touch that means so much: そんな気配を身体から発散している
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
it is so obviously a disguise, so different from sth that ...: それがいかにも偽装という感じで、〜とはあまりにちがっているから、〜だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
it is so easy to forget: じきに忘れてしまえることだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 37
it is so alive: 生命があふれている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
it is so alive: 生命がはずんでいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
it is hard to believe that anyone’s face could become so unrecognizable: 人間の顔貌というものはこうも変るものであろうか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 409
it is all so clear: 事は明々白々である
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 394
it’s so much fun at home: 部屋全体のトーンが一段明るくなる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 14
it’s not so far that ...: 〜するような距離ではない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 290
in such superb shape and so oiled-brown from the sun: 見事に鍛え上げられた体型と陽灼けで褐色に輝く肌を見ていると
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
in so many words: 直訳すると
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 148
in a hand so perfectly old-fashioned: 古色蒼然とした筆跡で
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
if you say so: かもしれない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 21
if you don’t mind my saying so: 失礼ですが
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 225
if ..., it would not be so bad: 〜ならともかくも
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 155
I should think so: そりゃ当然です
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 371
I know another place so cheap you won’t believe it: わたしの知っているところにいけばおどろくほど安い
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 64
I just wanted to thank you again for always being so kind: 本当にいつもどうもありがとうございます
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 26
I just didn’t feel so angry: なんだか腹の虫がおさまってしまったの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
I feel so so down: 果てしなく落ち込んだ気分になる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 151
I don’t think so: それはどうかな
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 433
I didn’t think so: んなわけ、ないか
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 152
I’m sorry to be so selfish: 勝手なことしてすみません
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 247
how can you talk so high and mighty?: 大きなこといえた義理かい、自分はなんだよ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
how can you be so thoughtless: ぼんやりでしようがないね
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 43
hope it is so: これはいい
hold sth up so sb can see sth: 〜を(人にも)よく見えるよう、眼の高さにかざしてみせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
have to take one’s hand away so one can do ...: その手をそっと離し、〜する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
have so far received no bad news: 何ともいって来ない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 73
have seen babies in stores and so on: 赤ん坊なら嫌というくらい一山いくらで見ている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
have patronized for so long just like sb before one: (人)ゆずりに愛飲している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 14
have never seemed so unlike ... as it did now: いままでとちがって〜とは似ても似つかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
have never been so ...: いままでで、いちばん〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 139
have it arranged so one do: 〜できるようにうまく段取りをつける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 348
have been talking together so long: もうさっきからさんざんおしゃべりしている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 54
have been hearing so much about: これまでさんざん話を聞かされてきた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 233
have been fighting to do as long as possible, so that sb can do: せめて〜するまでは、〜しようと必死にがんばっている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
have been acting so strange: あまりにも奇妙なふるまいが多い
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
had done so that ...: 〜したせいで〜になった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 398
got so frightened that ...: 背筋がぞっとして〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 405
get so much pleasure from keeping other people up to the mark: とかく咎め立てするのが好きだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 12
fix up sth so it is easy to get to: (物を)さっと手に取れるようにしておく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 354
find oneself not so much enjoying sth: 心が踊るわけではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
find it all so glamorous: 目に映る何もかもがきらきらしている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 100
evidently pleased to find sb so companionable: (人が)話相手になることがいかにもうれしいらしい
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 50
everyone in town thought is so fascinating: 町じゅうの人間が口をそろえて魅力的といいかわしている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
do so that ...: 〜して〜する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 157
do not so much as smile: にこりともしない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 276
desire sb so much: (人が)すごく欲しい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
curving the ball and so forth: カーヴをはじめとする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
could not have been feeling so hot: 燃える気分にはなれなかったはずだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 186
clutch ... so tightly: 〜をぎゅっと握りしめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
but that wasn’t so bad: それはまだいい
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 48
but so much mud get taken up along with ...: ついでに相当量の土までいっしょに胃の腑の中に送り込まれる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 52
bump into ... so hard: ものすごい勢いでぶつかる
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 179
because sb’s knowledge of machines is so great, sb cannot: 機械に対する知識が豊富なので〜できない
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 87
because one worked so hard to do: (人が)頑張ってくれたおかげで
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 23
because I say so: どうしても駄目なんだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 49
be supposed to have gone so smoothly: 順調に進むはずだったのに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 543
be somewhat embarrassed with oneself for doing so: ちょっぴり気がさす行為だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 313
be so weakened that ...: 衰弱しきって〜だろう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95
be so very, very simple: 単純きわまるものだ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 146
be so unclear to sb: 自分自身でもよくわかっていない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 375
be so simple as to do: 単純な(人は)〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 157
be so often overwrought: 神経質でともすれば興奮しがちな
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 234
be so obviously ...: どう見ても〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
be so obvious about avoiding sb: (人に)特別な対応をむき出しにする
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 10
be so interested that ...: 興味を覚えて〜する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 27
be so full of business all day: 一日じゅうテンテコ舞いだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
be so far like the present period: あまりにも現代に似ている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 9
be so familiar that ...: どうも見たことのあるような気がして、そう思うと〜
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 70
be so excited about sb: (人に)会いたくてたまらない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 542
be so emphatically a fallen sport: 実に堕落した娯楽だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 172
be so different from ...: 〜とは似ても似つかない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
be so damned sure ...: 〜と断言できる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 46
be so cool and blase about ... that it irritates sb: まったく腹立たしいほど感激もコーフンもしない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 83
be so busy waiting for ... one actually don’t see ...: いまにも〜かとそればかり考えていたので、〜にも気づかなかったほどだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
be so busy talking about one’s own troubles that ...: 自分の事に一切を集中しているから〜だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 227
be so absorbed in the song that ...: 〜ほど熱中している
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 224
be so abject in one’s apologies that sb begin to feel sorry: 気の毒なほど恐縮する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
be really so queer: そんなに珍しい
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 39
be not so warm as a woman is: 女のぬくもりはない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 414
be not so very new to sb: 覚えがある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 161
be not so sick really: 病気は大したことない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
be not so much addiction as exhaustion and undernourishment: 薬物中毒よりも疲労と栄養失調ね
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 94
be as so much Hebrew or Chaldean to sb and sb’s protector: 結局は南蛮鴃舌にすぎない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 200
as something so inconsequential as a prank: ただのいたずら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 286
as one do so: その拍子に
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 212
and so you shall: そうでしょう、そうでしょう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 170
and so sb do ...: そう考えた(人は)〜する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
and so on and so forth: きりがない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 110
and so it was that ...: 〜というべきであろう
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 19
and so it happened that ...: こういうしだいで
and so forth and so on: 〜して云々、と(人は)くだくだしく弁解する
and so does sb: つられて(人も)〜しだす
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 31
although he was so old: そのとしで
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 194
agree so readily to the move: 一も二もなく引っ越しに賛成する
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 10
a million or so Mets fans: 百万人以上もいるメッツのファン
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
a little better today, a little better still tomorrow, and so on: 今日はすこし明日はさらにすこし、といった感じでよくなっていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
..., so that ...: 〜、それゆえ〜
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 46
... so to speak: 〜のように
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 88
... and so do I: (人)だけじゃない。私にだって
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
... and ... become a part of each other so that they are one: 〜と〜とがぴたりと一つになる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!