× Q  ?  翻訳訳語辞典
never

主要訳語: ついぞ(5)   絶対に(3)   ついぞ〜ない(3)   金輪際(3)   ためしがない(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜したこともない
   
never heard of him?: 名前を聞いたこともない? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
have never seen sth, much less ...: 〜したことがないどころか、そんなものは見たこともない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 139
〜したためしがない
   
He's a weak person, never any help at all in a crisis: 彼は弱い人間で、危急のときに助けになったためしがない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 326
As the saying went, they were never were: 警官は席にいたためしがないというのが常識だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 187
〜したためしはない
   
there never be a Mrs sb: (人の)人生にミセス・(人)なる女性が存在したためしはない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
be never sure exactly ...: 確信のあったためしはない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
〜ない主義でして
   
I never argue with sb: 〜には逆らわない主義でして クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 162
〜はたえてない
   
She never was, these days: 最近、ユリシーズが単独ということは、たえてなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 75

いかなるときも
   
can never be ...: いかなるときも〜にはならない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 263
いくら〜しても
   
prayers never stop the bad dreams: いくら祈っても、その悪夢を追い払うことはできない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 270
いささかも〜ない
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 327
いちども
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
いっかな
   
crosswords never completed: いっかな最後までやりとげたことのないクロスワード・パズル ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 194
いっこうに
   
never get an answer: 答えがいっこうに戻ってこない アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 94
いっさい〜しない
   
never bother about ...: いっさい斟酌しない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
いっときも〜ない
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 394
いつでも
   
one never do: いつでもそうだ アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 28
いつの場合も
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 9
いつまでたっても〜ない
   
He never could get used to the sound of foreign telephones: アメリカ以外の国の電話にはいつまでたってもなじめなかった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 202
いつも
   
never understand what that is supposed to mean: そう言われると、いつも、どういう意味かと思うのよね フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 33
いなかった
   
have never gotten the word: 〜の耳にははいっていなかったのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 553
いまだに
   
be never to be forgotten: いまだに語り草だ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 21
いまのいままで
   
have never notice: いまのいままで気づかなかった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
かいもく
   
never know ...: 〜がかいもくわからない デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 167
かつて〜ない
   
have never seen there before: かつて見たことのない ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 33
きざしもない
   
never improve: 改善のきざしもない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
しまい
   
make a vow never to do: 〜しまいと心のうちで誓う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 163
じまい
   
never saw sth doing: 〜が〜するのを見ずじまいだった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 16
ぜったい
   
be never late: ぜったいに遅れない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 459
ぜんぜん
   
you’d never know it: そんなふうにはぜんぜん見えない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 356
そよとも
   
the flags never stir: 軍旗がそよともはためかない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 414
それきり〜しない
   
never return sth: 〜をそれきり返さない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 217
それぎり
   
never hear sb mention the word ...: それぎり〜を口にしない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 38
ただのいちどもない
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 234
ためしがない
   
never come out right: うまくいったためしがない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
have never met ...: 〜に出あったためしがない アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 186
have never done ...: 〜したためしがない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
ちっとも
   
never go: ちっとも行かない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 205
ちっともない
   
have never felt lonesome: 淋しがりやのところがちっともない 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 33
ついぞ
   
never wholly knowing what was occurring ...: 〜で何が起こっていたのか、その全貌をついぞ知ることなく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 186
never went into ...: ついぞ〜まで出かけたためしがない フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 155
never understand: ついぞ理解できなかった デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 437
never know sb: (人のことなど)ついぞきいたことがない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 43
never doubted ...: ついぞ〜を疑わない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 364
ついぞ〜ない
   
He never spoke of it, but the memory stayed with him: 彼はついぞ口にこそしなかったが、その記憶は脳裏を去らなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 75
He had never known that such cold could exist: この世にこれほどの寒さがあるとは、彼もついぞ知らなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 303
..., never mentioned: ついぞ口の端にものぼらず マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 330
ついに
   
The real killer of the real girl had never been found: 現実の女を殺した真犯人はついに見つからなかった レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 7
ついに〜しなかった
   
never got around to it: ついにやらなかった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
ついに一度も〜しない
   
sth which one have never removed: (人が)ついに一度もめくらなかった(物) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
つゆ〜ない
   
would never know that ...: 〜とは、つゆ知るよしもない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 237
とうてい
   
explanations that would never be supplied: とうてい説明はつかぬことだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 423
とうてい〜しきれない
   
would never understand: とうていつきあいきれない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 339
とうてい〜ない
   
I’d never have figured this one: わたしなんかにはこんなこととうてい思いつけない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 176
とうとう
   
never come out once the whole time: とうとうおしまひまで顔を出さなかつた 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 157
とても
   
... or I’ll never get my work done: でないと、とても勉強にならないからです ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 235
とてもとても
   
never dream ...: とてもとても〜とは夢にもおもわれぬ 池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 43
Never: とてもとても ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 68
どうしても
   
never understand: どうしても理解できない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 51
どうしても〜しない
   
never got it: どうしてもわからない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
never can get one’s eyes adjusted to the gloom of ...: 〜の薄暗がりに眼がどうしても馴れない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
どうしても〜できない
   
never like: どうしても好きになれない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
never can forget ...: 〜をどうしても忘れることができない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
どうしても〜ない
   
never understand sb: どうしても理解できない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 428
ない
   
never heard from sb again: それ以来、一切消息がない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 356
be almost never this elegant: これほど鮮やかなことはまずない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
なかった
   
one never cried, not even in one’s dreams: 夢の中でさえ泣いたことがなかった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 9
なかなか〜ない
   
people never learned: 人はなかなか懲りない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 360
なれない
   
never feel any desire to do: 〜する気にはなれない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 14
のぼらない
   
be never a topic: 話題にものぼらない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
ひとことも
   
never tell sb he is good-looking: かれが美男子だとは、ひとことも言わない ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 26
never open one’s lips: ひとことも口をきかない ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 31
ひとつも〜しない
   
never say a moral thing: 道義に適ったことをひとつも口にしない ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 14
まず〜しない
   
For one thing, girls my age would never use the word 'fair.': どうしてかというと私くらいの年の女の子は『公正』なんていう言葉はまず使わないからです 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 158
ません
   
never heard of anybody messing with sb: (人に)手出しをしたやつがいるという話はききません クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 434
まったく
   
never sure: まったく予測が立たなくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
まったく考えられない
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
まるで〜ない
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 93
めっそうな
   
'Never,' he said: 「めっそうな」トゥーツはいった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
もともと〜でない
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 169
ゆめゆめ〜ない
   
have never tried to do: 〜するようなことはゆめゆめしない アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 219
よもや
   
I never thought ...: よもや... クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
ろくすっぽ
   
never bother to learn any English: ろくすっぽことばをおぼえようとしない 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 19
わかんなかったなあ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
わけじゃないの
   
never get the whole story: 一部始終を聞いたわけじゃないの クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40

一ミリも〜ない
   
never budge: 一ミリも譲歩しない ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 282
一向に
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 295
一生
   
will never let me forget it: 〜には一生言われそうだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 69
一滴だって
   
declare one would never shed a tear: 涙なんか一滴だって流すもんかって言う ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 244
一度も
   
it have just never worked out that way: 一度もそういう破目には至らなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 493
一度も〜しない
   
sb’s eyes never left ...: 目を一度も〜から離さない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
一度も〜なかった
   
never let sth out: 一度も口にしたことなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
一度もない
   
be never as good as one want to be: 自分の技に満足できたことは一度もない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 289
永遠に
   
will never know any relief from shame: 恥辱から永遠に抜け出すことができない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
縁のない
   
be never rich: 金とは縁のない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 321
何度聞いても〜ない
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 39
皆無
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 51
皆目
   
never know ...: 〜は皆目検討がつかない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 86
頑として〜ない
   
never accept sth: (物事を)頑として認めない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 140
禁物だ
   
never provoke: 挑発は禁物だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 71
金輪際
   
will never do ...: 金輪際やらない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 114
will never do: 金輪際実現しない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
a place where sb never want to be: 金輪際、係わりたくない状況 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 448
金輪際(〜)しない
   
I’ll never forgive him now: 金輪際許したりしません モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 79
決して
   
never make you do anything: 決して命令しない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 134
今まで〜ない
   
have never received such cordial treatment from sb: 今まで(人から)こんな手厚い扱いを受けたことはない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
最初から
   
it is never turned on: 最初からついていない ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 121
最初から〜ない
   
I wish I have never laid eyes upon you: いっそのこと、最初から会わなければよかったのだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 132
試しがない
   
never heard the sound of laughter: 高い笑い声などの聞こえる試しはまるでない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
瞬時も〜ない
   
the weariness that never leaves sb: 瞬時もとれぬ疲労 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 28
never higher than XX feet: 高度はXXフィートを瞬時も超えない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 9
生まれてはじめて
   
I've never heard three weaker alibis in my life: こんな薄弱なアリバイを三つも続けて聞いたのは生まれてはじめてだよ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 117
生まれて初めて
   
never had one done ...: 生まれて初めて〜したのである 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 10
絶えてない
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
絶対に
   
will never pick up a gun: この先絶対に銃を手に取らない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 282
never to speak to sb: 絶対に話しかけちゃいけない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 51
絶対に〜しない
   
we would never do it: うちではそういうことは絶対にやらない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
絶対に〜できない
   
be somehow never mutual: 絶対に太刀打ちできない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
絶対にやらかさない
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
絶対にやらない
   
never offend sb: (人を)怒らせるような真似は絶対にやらない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
断じて
   
will never tolerate ...: 〜を断じて許すものではない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 21
賭ける
   
never bet: 賭けたことなどいっぺんもない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
到底
   
will never be cured: 到底治らない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 64
二度と
   
never returned to the heavy binges: 深酒を浴びることは二度となかった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 169
have never done: 二度と〜しない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 160
片時も〜しない
   
be never going to leave one’s sight: このさき片時も目を離さないつもりだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 335

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you never know: いろいろある デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 188
you never know: わかったもんじゃない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 210
would never remember: どうしても思い出せない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
will never know: 知るすべはない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 239
will never forget: ほんとに一生忘れない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 70
will never do: どこまでいっても〜しない ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 128
well I never: 何をおっしゃるのです 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 389
we never received: うちに届いていない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 314
sb never did: (人は)〜するような人間じゃない ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 413
now or never: 〜するならいまだ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 298
never twitch: ピクリとも動かない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
never turn: ふりむこうとはしない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
never touch sth: (物に)指一本触れてはいません クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 110
never to excess: 度を過すということはない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
never stop doing: のべつ幕なしに〜している サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 191
never stop doing: 一瞬も〜やまない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 290
never seem busy: いくらでも時間に余裕を持っているように見える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 172
never see ...: 他に比べられるものを見ない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 7
never rightly know: ほんとのところはわからずじまいにおわる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
never really understand: 完全には理解できない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
never really change: 実質的にはまるで変化していない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
never once do: 〜することがたえてない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 16
never notice sb: (人の)ことに眼がいかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 215
never mind that: そんなの気にすることないって スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
never mind sb: (人)のことを忘れてしまえたら トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 237
never mind ...: 〜なんて忘れろ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 174
never mind ...: 〜はおく ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 89
never mind ...: 〜はどうでもいい フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 246
never mind: いい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
never mind: いいのよ、それなら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
never mind: でもまあいいわ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 57
never mind: とてもおぼつかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
never mind: なんでもないよ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 277
never look crowded: どんなに人が集まってもいっぱいになる気配がない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 111
never lock anyway: 鍵をかけたことのない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 256
never liked sb: どうも虫が好かなかった ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 216
never like sb: 虫の好かぬやつだ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 221
never know sb: (人の)顔を知らない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 108
never know ...: 〜がさだかではない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
never know: 疑いっこない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
never gamble: ギャンブルに手を出したことがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
never gamble: 一度としてギャンブルに手を染めたことがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
never found sb: とうとう(人を)発見できずじまいだった ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 49
never forget ...: 〜だけはしっかりと守る デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 166
never for long: すくなくとも長つづきするわけはない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
never find out: わからずじまい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 125
never felt better: 最高の気分だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
never even twitch: ピクリとも動かない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 118
never dreamed: 想像したことさえなかった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
never done doing: 何度〜しても飽きない フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 539
never do ...: 〜してもらっちゃ困る ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 21
never do ...: 一生〜できない ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 146
never do: 〜したためしがない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 338
never do: どうにも〜できない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 91
never do: 一度も〜したことのない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 124
never do: 絶対にしません スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
never did: 〜したためしがない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 39
never did: 最後までついに〜しなかった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 28
never could tell: まるっきり見当がつかない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 285
never completely do: 〜こそしないものの ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 42
never commit oneself: 男たちをあまり相手にしない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
never change: あいかわらずだ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 438
never cease trying: 一日もその努力はやめない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
never better: 絶好調だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 328
never believe ...: 〜とは思えない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
never assume ...: 〜とは予想だにしない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 292
never ... before: これまで〜したこともない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
never ...: ついぞお目にかかることがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
never ...: 結局〜じまい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 90
just never: はじめてだよ ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 58
it never happened: なかったことにしよう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
it never ends: 浜の真砂は尽きない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 138
it never changes: あいかわらずだよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
I’ll never do: 〜する気はさらさらない シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 20
have never made public: ひそかな 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 215
had never done: 生まれてはじめて〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 234
can never do: 〜できない性分 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 310
be never uninterested: かならず(人の)興味をそそる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
be never home: いつも留守だ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 55
almost never do: 〜したためしがない サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 121
almost never did: 〜するなどは、ついぞ、ないことだった 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 215
you will never know, will you?: あなたには知る由もないんじゃない? ちがう? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 218
you never saw anybody that was deader: あんな確かな死にざまはめったにない ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 225
you never saw ... in your life: 前代未聞の〜 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 73
you never know about ...: まったく、〜は何をしでかすかわからない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 45
you never know ...: 〜かしれたものじゃない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 193
you never know ...: 〜か皆目見当もつかない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 203
you never know ...: 蓋をあけてみるまで全くわからない べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 18
you’ll never understand ...: 〜は永遠に謎だ オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 60
would never tell nothing on sb: まずチクったりしない レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 137
would never have done: 〜なら〜しなかったところだ ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 167
would never have admitted to ...: 〜をゆめ意識はしなかったろう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 214
will never be dull: 一生退屈しないだろう 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
will never attain release: 浮かばれない 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 143
will never again in one’s life see ...: 〜を目にすることはこの先二度とあるまい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 95
will never again in one’s life be so free from responsibility: 生涯で一番気楽かも知れない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81
we can never know: 知る由もない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 48
try to play one’s part properly and never fail to give some kind of opinion: その度ごとにとにかく一人前の口をきく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 182
truer word was never spoken: こんなに正直なことを言ったのはたえて久しくなかった サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
thoughts of that kind would never even have crossed sb’s mind: そんなことを夢にも考えはしない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 115
things never stay low for long: 道は必ずひらける ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 269
there is never much brotherly love between sb and sb: (人と)(人は)それほど仲の好い兄弟ではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
there have never been any way out to start: もともと出口が皆無だった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 150
the thought that ... simply never occurred to sb: 〜という考えは、(人の)頭をかすめもしなかった イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 260
the thought that ... never occur to sb: 〜までは考えたことがなかったようだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
the idea never cross one’s mind: (人)には知る由もない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
swear to oneself that one will never talk to sb again: もうこれで絶対終わりだと思う 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 74
some new guy one had never seen: 初めて見る新しい男 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
should never have noticed sb had sb not done: すぐ(人を)見付出したのは(人が)〜していたからである 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
sb whose name one will never know: 名前を知る手だてもない(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
sb is so cunning that I never know when I am safe from sb: (人は)とてもぬけめのない人だから、いつもびくびくしている ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 225
sb can never afford a piece of real Tiffany glass: 財布を逆さにふっても、本物のティファニー・グラスなんて(人には)買えっこない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
sb’s behavior never seems quite right to one: (他人の)行動ってやつは(人)には完全に理解できないんじゃないかな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
say, one’s eyes never leaving the TV: テレビの画面から眼を離さずに答える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
realize that sb have never see sb again: もう会うこともないんだと思う 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 140
probably never speak to sb again: 二度と(人に)口をきこうとしなくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
practically never find out: たしかめようのない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 125
one never knows ...: 〜してくださらないともかぎりませんしね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
one can never do it: そんなことは無理だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 253
one’s healing power never fail: (人の)治す力は減りはしない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 37
one’s hands never left sth: 手は吸いついたように〜を離れない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
one’s eyes never leave ...: (人の)眼は〜に吸いよせられたまま スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
one’s eyes never leave ...: (人は)片時も眼を離さない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
one’s eyes never leave ...: 眼は(人を)とらえて放さない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
never never in one’s life, need sth as badly as one do now: こんなに〜を必要としたのは、生まれて初めてのことだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
never worked ... before: 〜の仕事は未経験だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 27
never work less than fifteen hours a day: 一日に十五時間もはたらきずくめだ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 163
never wish any harm to sb: 他意はない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 66
never want to do: 〜する気がしない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 123
never want to do: もう〜する気がしない ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 358
never waited so long for ...: あの時ほど〜の来るのが長く感じられたことはなかった サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 301
never thought one would grow up to do: まさかこんなことする羽目になるなんて考えもつかなかった カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
never think to do: 〜してみるという考えは(人の)頭に浮かばない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 57
never think of mentioning sb to ...: (人と)〜を結びつけて考えることなど思いもよらない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 354
never think of ...: 〜のことなんかちらりとも考えない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 267
never think of ...: 思いも寄らない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 147
never take sb seriously: (人を)莫迦にしている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 43
never stop ~ing all the time: 終始〜をやめない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 52
never show one’s anger: 怒った気色を露ほども顔に現わさない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
never seem to leave: まるであそこに住みついていらっしゃるみたいだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 324
never seem to do: 〜することはまずない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
never seem to diminish: いささかも衰える気配を見せない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 287
never see the point: その効果のほどはずっと疑問に思っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
never see sth before in one’s life: 〜は始めて見る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 139
never see light of day: 握りつぶされる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 95
never see any of that roughness in sb: 今ではそんな面影はない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
never says a word: ひとことも口をきかない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
never say a word: なにも話してくれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
never say a word: もうなにも話さない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
never really intend to do: 何ぼ何でも〜しようとは考えていない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 79
never really do because one want to: ほんとに〜したくてしたわけじゃない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 262
never really be satisfied: 渇きは癒されない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 35
never place any faith in sb: (人を)頭から信用していない 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 139
never pay any attention to ...: ろくすっぽ手をふれようともしない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 59
never open one’s mouth: 一ト口もきかない E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 14
never one to miss a point of vulnerability: 人の弱みをつくのがうまい(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
never one to enjoy doing ...: 〜がきらい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
never once think of doing: 〜することなど思いもよらぬことだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 200
never once look at sth: (物には)目もくれない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 51
never offer a spontaneous opinion on anything: ことがあっても自分からはすぐに白黒を言わない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
never much like ...: 〜は大きらいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 102
never miss a meal: 食べ物にこと欠くことはない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
never miss a deadline: 納入期限も正確だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 164
never mind what ...: 〜をくよくよ考えてもはじまらない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 263
never mind the details: 詳しいことは抜きにする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 111
never mention ... to sb: 〜は勧めたこともない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
never make the trip up north to see sb: (人に)会うためにわざわざ遠出をしたりしない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 93
never make it up: 勝手にこしらえあげないことだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 204
never made it to the big leagues: とうとう大リーガーになれなかった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 178
never look the same a second time: 何度来てもはじめてのような気がする デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 474
never let that happen to sb: (人は)そんな目にあったことがない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 114
never let on to sb about ...: 〜について(人に)口を閉ざす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 178
never let on that ...: 〜は、誰にも洩らさない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 367
never leave without doing: 帰りがけにはかならず〜する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 21
never leave the office: 会社に寝泊まりするような生活をする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
never know why ...: なぜ〜のか永遠に不可解だ アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 162
never know about the activity: そんなことが行われているとはつゆ知らない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 224
never heard from sb again: それっきり(人からは)なんの連絡もない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 21
never having heard of sb: まつたく初耳の人なので 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 22
never have to worry: ほっとする 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 103
never have to sb’s knowledge: (人の)頭に入ってこない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 347
never have to buy another drink: みんなから酒をおごられる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 219
never have the sense it has been slept in: そこに眠ってた痕跡がまず見当たらない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
never have the same heart for ...: 〜に対して、二度と同じ思いを抱く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 43
never have made a lot of sense to sb: どうもぴんと来ない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 139
never had one’s own sth before: 自前の〜を持ったのは生まれてはじめてだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 78
never had a day’s illness in one’s life: 病気というものを知らなかった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 191
never had a chance to say a word: ひと言もしゃべる暇がなかった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 240
never grow tired of watching ...: いくら見ていても飽きない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 432
never go anywhere without sth: 出かけるときにはいつも持っていく ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 169
never glance up at ...: ちらりとも〜を見ようとしない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
never give sb a whole lot of information: (人が)つんぼさじきにおかれている ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 38
never give promises that are outside one’s control: 保証できることとできないことがある デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 404
never gets cut up about anything: なにがあったってけろりとしている ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 74
never get over losing sb: (人を)失い、その痛手からとうとう立ち直れない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 71
never forget to do ... every day: いつも〜する 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 14
never find out how ...: どうやって〜かはわからずじまいだ レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 264
never find in the fish markets: 普通市場に上らない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 208
never feel the least bit drowsy: 睡気はさっぱりやってこない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 253
never fail to bestow on sb sth: 〜に〜を与える 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
never fail to annoy sb: いつも(人に)一番のいやがらせになる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
never expect to remain in an audience: 追い出されることには慣れている デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 65
never even mention ...: 〜についてなにひとつふれない ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 196
never even actively think ...: 〜なんて(人に)は想像もできない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 96
never drunk but ...: 酔ってこそいないが〜 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 60
never drive without buckling seatbelt: シートベルトを締めずに車を運転することなどただの一度もない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
never done it before: ついぞやったことのない・・だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 227
never do anything that ...: 〜のようなことはいっさいしない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
never did ... before, or since: 〜するなんてことは、あとにも先にもない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 373
never comes easily to anyone: 誰にとっても辛い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
never come off in the dishwasher: 皿洗い機じゃ汚れが落ちなくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
never come by ...: 〜にまったく立ち寄らない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 28
never caught the sign: サインなど見たためしのない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
never call sb back: あれっきり電話をかけてこない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
never at a loss: どんなときもうろたえぬ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
never anything but ...: つねに〜である トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
never answer any questions: なにを訊いてもいっさい答えない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 346
never AA, but in fact ...: AAこそなかったが〜だった 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 52
never a dull moment: 息つく暇もない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 31
never a cliche out of place: どんな月並みの文句もぴたりときまる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 39
many things one never understood before: 自分がこれまで知らなかったこと 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 158
last Louis but one of the line that is never to break: 永劫絶ゆることなき現王統の先々代 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213
knowing that if I stop I will never do: 〜するのに〜しないわけにはいかないからだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 222
key that never leave one now: 肌身離さず持っている鍵 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 190
it would never go any further than that: それ以上のことはない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
it was never the same between us afterward: そのあとはなんとなくぎくしゃくしてしまう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
it never once seemed to cross sb’s mind that ...: 〜とは露ほども思ってみなかった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 333
it never makes any sense: 毎度理不尽である クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 442
it never hurts anybody to do: おたがいに〜するほうが身のためだ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 150
it never ceases to amaze me that ...: 〜にはいつも驚いてしまう デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 48
it never ceased to do: いつも〜である ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 151
it is now or never: ここが我慢のしどころなのだ オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 63
it is never to late to do: まだ遅くない、どうにかなる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 135
it is never quite the same: ああはいかない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
it have never been that bothersome in the first place, not really: そもそもこの問題は最大のトラブルというわけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
it has never been like this: こんなの……こんなの初めて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
it’s never the right time: 毎度時機がよくない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 442
it’s never the right person: 毎度相手がよくない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 442
it’s never crossed my mind: とんと無縁だ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 42
it’s almost as if it had never happened: なんだか、大山鳴動って感じだな プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 239
intended for ... but never used: 〜のために用意されて、それっきりになっている ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 276
in the days we never owned to: われわれが禁句にしている時代 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 152
I would never say that: そんなこと、どうしていえるんですか? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 115
I would never say ...: 〜なんてだれもいってやしないわよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
I would never have fallen in love with him: 私の目がねに叶う筈がないじゃないの 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 121
I never realized you were so capable: あなたって何てしっかりしてるんでしょう 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
I never ask advice about growing: 年をとるのに忠告だなんて、よけいなおせわよ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 107
I’ve never set foot inside ... and I never will: 〜に足をふみいれたことはないが真平だね ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 59
I’ve never been so embarrassed: こんなに面食らったのは生まれて初めてだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 232
I’m afraid we never give them quite enough: それでもどうやら足りぬらしい ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 18
I’ll never forgive you: このことは絶対に忘れないからな ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 29
I’ll never forget sth: 忘れもしない コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 100
he never had done in his life: 生涯〜するやつじゃない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 245
have never taken one up on it: 遂ぞ行った事もない 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 74
have never suggested marriage: 結婚という言葉をおくびにも出さない カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 105
have never seen the slightest hint of imagination in sb: (人)には想像力のかけらもそなわっていない、とにらんでいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 347
have never seen such a fuss make about anything in all one’s life: あんな大さわぎ、あとにも先にもはじめてだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 82
have never seen sb talk with such animation and at such length: だいたい、そんなに長く、昂った話し方をする(人)を見たのははじめてだ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 43
have never seen sb so cheerful: あんなにうれしそうにしてる(人を)初めて見た スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
have never seen anything quite like it: こういうものを目にするのは初めてだ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 346
have never seen anything like it: すごかったね 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 50
have never seemed so unlike ... as it did now: いままでとちがって〜とは似ても似つかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
have never resolved in one’s mind: どうしても納得できない ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 44
have never really thought capture would happen to him: よもや自分が捕虜になる日がこようとは考えもしなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
have never really looked at ... closely: 〜をしげしげと眺めることはなかった 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 42
have never really ...: ただの一度も〜しない ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 16
have never realized how ...: こんなに〜とは知らなかった 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
have never placed a bet anywhere else: どこへ出かけようがギャンブルとは無縁だった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
have never once wavered in one’s insistence that ...: 〜と終始一貫、すこしのゆるぎもなく主張している バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 128
have never once mentioned ...: 〜のことは、ひとことも言っていない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 138
have never once done: 〜したことは、いちどとしてない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 246
have never occurred to sb: (人の)頭についぞ思い浮かばなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 214
have never met a woman who ...: おまえほどの女は後にも先にもいない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 144
have never mentioned ... to sb: (人)には内緒にしていた 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 190
have never made sb any promise for the future: 将来を約束するようなことは、ひとことも言ってはいない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 168
have never made it: 結局ものにならなかった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 192
have never known how quickly sb could move until tonight: (人が)こんなにすばやく動けるということは、いまのいままで知らなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
have never hold a job: 勤めたことのない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 47
have never held a decent job for long: ぐうたらだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
have never held ... against sb: (人の)意見に異論をさしはさむことはない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
have never heard anyone say that ...: 〜は知らなかった 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 203
have never happened before: ついぞ今までにないことだ 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 72
have never had a steady job: 一度も定職を持ったことがない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 205
have never even heard of before: まったく知らない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 108
have never even considered: 考えたこともない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
have never dreamed that sb can be practical: (人の)思いがけない事務能力に驚く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
have never done much: 何もしない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
have never done before: 生まれてはじめて〜する メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 180
have never done any ...: 〜は初めてだ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 52
have never do ... until now: いまのいままで一度も〜しなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
have never do ...: 〜するのははじめてだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
have never been very high: もともとそんなに高くもない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
have never been so nervous in one’s entire life: こんなに緊張したことはない、というくらい緊張する 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 33
have never been so ...: いままでで、いちばん〜 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 139
have never been poor: もともと貧乏とは無縁だ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 24
have never been one to stay idle: もともと、こまめなたちだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
have never been one for explaining: もともと口数の多いほうではない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
have never been best buddies ...: 〜はどう考えてもいい友人じゃない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
have never been a hero: ただの一度もヒーローになれなかった ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 361
have never been ...: もともと〜ではない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 100
have never amounted to much at one’s job: 出世コースからはずれた 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
had never met him before: (人も)はじめての男だが 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 62
goodbyes had never been one’s strong suit: 別れの場面は昔から苦手だった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 268
gone as if never have been: 嘘のようになくなる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 105
disappear one day and never come back: いつの間にか行方不明になる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
can never see anything but disaster: 決まって悪いことしか見えて来ない 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 174
can never get really sexy: どうしてもセクシーな気持になれない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 229
can never feel at ease: 落ち着かない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 129
be never very enthusiastic about it: どうしてもその気になれない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 106
be never to do: 〜することはまかりならんのだ マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 349
be never the same man after ... happened: 〜によってすっかり人が変わってしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 43
be never the same man: 別人になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 42
be never really sure how to do: いったいどのように〜すればいいのか、見当もつかない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 522
be never really off it: 完全に縁が切れない バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 281
be never quite right after that: 結局もとどおりにはならない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
be never going to worry about ...: 〜がへいちゃらになる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 68
be never going to do ...: 〜するのはどだい無理だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
be never fulsome in one’s greetings and farewells: いつでもくどい挨拶はしない ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 33
be never fortunate enough to see ...: 〜に出くわす幸運には恵まれない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
be never expensively dressed: 平生からむしろ質素な服装をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 71
be never easy with people: 人見知りがはげしい ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 137
be never done openly: 大っぴらというわけにはいかない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 138
be never anxious to do: 〜しようと言い出さない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 113
be never a welcome prospect: 気が進まない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 136
be never a lightweight: 目方も充分 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
be almost never there: ほとんどいない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
as though it has never been: うそのように ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 345
almost never allow to play outside: 滅多に外へ出してもらえない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 49
after reading ..., one never take sb’s feelings lightly again: 〜を読んで、(人の)心持ちを決して軽々しく考えてはいけないのだと肝に銘じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 64
a woman one have never seen before: 見覚えのない女性 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 16
a side to sb one has never realized existed: 自分の知らない部分が(人に)ある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
a man who never drinks: 酒を一滴も飲まない人 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 259
..., never even considered: 一顧だにされず マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 330
... never show up until the darkest possible moment: 人が一番困っているときに出てくるのが〜というものだ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 67
never be able to put one’s finger on anything conclusive establishing that ...: 〜しようとしているこれという決め手をつかめない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 180
have never been able to learn the whole story of the matter: その出来事の真相をつかみきれぬままにいる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428
be never able to tell how one do ...: どんなふうに〜したかわからない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 225
be never able to do without doing: 〜するときに〜しないではいられない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 144
a zone of peace one might never be able to find again: またとない安息所 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 55
be never absent: 決して消えることがない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 83
say in one’s never-ruffled absolutely placid voice: 決して荒げたことのない落ちつきはらった声で言う ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 103
make absolutely sure that one never has another child: もう二度と妊娠しないように用心する ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 121
have never come across such things: こういうことになるとまったく知識に乏しい ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
be never actually frightening: はらはらするようなことはない 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 73
have never actually done until that morning that ...: 〜と今朝はじめて〜した 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
had never actually counted until that morning: 今朝はじめてその月日を数えた 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
never admit to anyone that ...: 〜であることを人には決していわない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 172
never have sb’s advantages: (人のように)恵まれていない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 81
never ask advice about growing: 年を取るのに相談なんてしません ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 117
would never give you bad advice: 決して悪いことは云わな言わない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 8
the possibility of an affair has never crossed sb’s mind: 心の上でさえ、かりそめの不貞めいたものも働いたことはない 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 57
age could never affect: 歳月の侵蝕を受けない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
never feel much affection for ...: 〜に未練も無い 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 44
never seem able to feel any affection for ...: 〜にはなじめない気がする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 256
be afraid that if one can’t do, one will never do: 〜しないことには、〜できないかもしれない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 467
one was never the same after one met sb: (人と)会ったのが運の尽きだった フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 433
never hear from sb again: それっきり音信不通なのです クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 107
be never seen again: それっきり(人の)姿が見えなくなる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 440
will never again feel like a good person: 自分を善い人間だなんてみなすことは二度とあるまい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 490
let’s never hear about this again: この件については二度と口外するな トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 329
would never be seen again: これが今生の別れになる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 146
be never allowed to darken the door again: 出入り差止め 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 180
have never held sth against sb: (人の)意見に異論をさしはさむことはない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
Alas, it never was: しかし、手紙は人目に触れなかった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 242
have never been politically aligned: 政界に関与せず中立を保っている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 193
have almost never varied the dates of one’s coming and going: 来る日も帰る日も、めったなことで予定を狂わせない 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 56
the arguments are almost never expressly about ...: 〜がはっきりとその口論の種になるようなことはない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 136
never come amiss: 困ることはない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
will never amount to anything, for good or for ill: 毒にも薬にもならない 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 15
sb’s reported crimes never amounted to very much: 判明しているかぎりにおいては、(人は)それほど深刻な犯罪に手を染めなかった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 303
and one never do a wrong thing: そうかといって悪事を犯すこともまったくない ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 14
And he'll never know it was you: それに、バスターはきみのことを疑いっこない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
I've never figured it out and I don't think it's important that I do: そればかりはわからないんだよ、でもわからなくてもいいのさ アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 178
And you’re never to let a friend give you sth: とくに友達から(もの)なんかは絶対にもらっちゃ駄目だぞ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 49
The music was never annoying: こうした音楽にイライラさせられることは一度もなかったが ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
never have another infestation: 二度とこういう被害に遭わずに済む メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 243
sb never shot anybody: (人は)銃で人をうつような人間じゃない ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 413
You never want to discuss anything: 何事によらず、話し合うということをしたがらない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 72
never tell sb anything about oneself: (ひとに)決して身の上話をしない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 11
never pretend to be anything sb isn’t: 自分を飾るようなことはしない ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 121
never let anything prevent one from at least doing: 何をおいても〜だけはする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
have never known anything about ...: 〜なんてまったくの初耳だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 397
have never had anything to do with ...: 〜と言うものに御縁がない 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 33
have never come to anything: 立ち消えになる 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 92
Anyway he never seemed to meet any girls: そもそも女と知り合う機会などおよそなさそうだった レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 112
never appreciate: 目に留めないものだ リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 120
never be without an appreciation for money: 金銭軽視主義者ではない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof )
ツイート