× Q 翻訳訳語辞典
light   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あかり
   
turn on the goddam light: そこのあかりをつけて! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
the light jumps on: あかりがパッとともる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311
prick bright beams of light off sth: 〜のまばゆいあかりに照らしだされて、〜の輪郭が浮かび上がる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
just turn on the goddam light: いいから、つけてよ! あかりをつけてっていってるでしょ! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
in the gloomy light: 薄暗いあかりにすかして トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
hold sth up to the light: (物を)あかりにかざす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 177
have lonely lights in ...: 〜にあかりがぽつんとつく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 114
can see the flickering red glowing light from ...: 〜から、ちかちかと瞬く赤いあかりが洩れてくる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
あっさりした
   
light carpeting of a Berber weave: あっさりしたベルベルじゅうたん トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
いくぶん
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 202
いそいで〜を出る
   
light out from A for B: いそいでAを出てBに向かう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
いろどる
   
light the hillside: 斜面をいろどる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 276
うきうき
   
arrive from ... light of heart: 〜から心もうきうきと到着する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 32
お座なりの
   
and a light answer does not help sb to forget ...: それだけに、ほんのお座なりの返事くらいじゃ、忘れる足しには絶対にならない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 44
かるく
   
give sb the light shove: かるく押し戻す グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 36
すっきり
   
feel so light: すっきりした 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 57
たく
   
light false fires: 見せかけの火をたく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
ちらちらと
   
a light snow is falling: ちらちらと雪が舞い始めている 有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 5
つける
   
take the time to light a cigarette: まずはおもむろに煙草をつける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 486
ともる
   
sth lit by bare incandescent bulbs: 裸の白熱灯がともる〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
ふんわりと
   
be light white: ふんわりと真っ白にできあがる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 356

フワフワと
   
float round in their arms light as a scarf: かれらの腕に抱かれ、スカーフのようにフワフワと旋回している カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 24
ヘッドライト
   
blink one’s lights on and off: ヘッドライトを明滅させる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 211
ライト
   
sth with lights: ライトのつく(物) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
remember the car lights: ヘッドライトの消し忘れを思い出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
leave the lights on: ライトを消し忘れる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 186
be reaching over to turn on the light when ...: ライトをつけようとするより速く〜 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
ランプ
   
the refrigerator light: 庫内ランプ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
light blink: ランプが点滅している タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 175

一流
   
bright light: 一流 トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 23
火をつける
   
light up another cigarette: ふたたびたばこに火をつける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 195
light oneself another cigar: あたらしい葉巻に火をつける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
角度
   
in a different light: 違う角度から デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 422
観点
   
under certain lights: 別の観点からみれば ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 149
閑散だ
   
traffic is light: 路上は閑散だ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 83
顔を輝かせる
   
light up childishly: 子供のように顔を輝かせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
希望の光
   
sb’s light: 〜が掲げた希望の光 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 167
気の利いた
   
light answer: 気の利いた返事 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 232
輝かせる
   
remark, one’s eyes lit with curiosity: いかにも面白いというように目を輝かせる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 212
輝き
   
be full of the elevating light of success: 成功の輝きにあふれ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
輝く
   
light up in a wicked grin: 不敵な笑みを浮かべて輝く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 80
軽く
   
light of foot and heart: 心も軽く身も軽く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
軽口の
   
悟り
   
see the light: 悟りをひらく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 139
   
with the light of ...: 〜の光がらんらんと宿る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
weird out-of-kilter light in sb’s eye: 目の異様な光 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
tread through the path of light: 光を浴びて歩く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
the sort of place where new light or fresh air rarely enters: 新しい光や新しい空気とはほとんど無縁の場所 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
the reflections of sheer, white, blinding light: かっと真白などぎつい反射光 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 392
the pencil-line of light: 鉛筆幅の光の筋 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
the pale light comes in: 朝の淡い光が射し込む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 259
the light outside: 外光 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
the light hurt one’s eyes: 光がまぶしい ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 18
the light by one’s feet: 足もとに射しこんでいる光 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
the late light: 夕方の光 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
the high, pale cast of light in the windows: 太陽の白っぽい光が窓の高みに射す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 168
the dim light: ほのかな光 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 74
the brightness of the light is unbearable: 明るい光がものすごく辛い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
see the spoked lights of ... against the sky: 〜の光の矢が夜空を染めているのが眼に飛び込んでくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
refract the spectral light: ぼんやりと光を放っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
prisms of light and image: 光と影のプリズム スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
noise and light are funneled down: 音と光が上から洩れてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
milky light coming from ...: 〜からさしこむ淡い光 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
make variable curtains of light: 変幻する光のカーテンをこしらえる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
little puddles of light projected onto ...: 〜にいくつもの小さな光の輪が投げかけられている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
icicles of steely light drift out on the river: 川面がつららのような冷たい光を放っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
hold sth to the light: 〜を光にかざす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 158
feel the rush of light and heat, the flames: 光と熱、炎がほとばしり出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 42
embed the glow of low lights: それ自体かすかな光を放つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 324
discover the source of the light: 光りの源をたしかめる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
dingy light: どんよりした光 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
can see one’s own pulse as bright points of light before one’s eyes: どきんどきんと音をたてる鼓動のひとつひとつが、鮮明な光の点と化して、眼の前にくっきりと映しだされるような気さえする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
bright light: 眼をあざむく強烈な光 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
before the light came cautiously back to her brown eyes: ・・・、ようやく彼女の茶色の瞳に、すこしずつ光がもどった ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
be laden with a dense, cruel light: 残酷な光が宿っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
a path of light: ひと筋の光の小道 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 141
光がある
   
A hardy humour lit in her brown eyes: 褐色の目にはふてぶてしい楽天の光がある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
光り
   
the white, even light: 白いのっぺりとした光り カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 160
emit no light: 何の光もささない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
細やかな
   
light rain: 細やかな雨 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 34
弱い
   
light gravity: 弱い重力 アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 59
取り出す
   
then light on sth which one pass down to sb: やがて(物を)取り出して(人に)手渡す カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 28
少し
   
a light snowfall: 少し降った雪 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
照らしだす
   
light sth with merciless clarity, revealing everything: すべてはっきりさせてやるといわんばかりのむごさもあらわに、〜をあざやかに照らしだす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
照らし出す
   
light sth: 〜を照らし出す トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 213
照明
   
The lights were on, but no one answered the door: 照明はついていたが、誰も出てこなかった ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 25
light fixture: 照明器具 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
照明装置
   
grow lights: 植物栽培用の照明装置 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 74
信号
   
stop for a light: 信号が赤になる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 134
run a light or two to shake anybody: 信号をひとつふたつ無視して追跡をぶっちぎる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 332
be slow to move at green light: 青信号ですぐに飛び出さない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 181
身軽
   
travel very light: 旅行中は身軽にしておく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
人目につく
   
come to light: 人目につく 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 90
吹かす
   
light a cigarette: 烟草を吹かす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 10
多少の
   
light breeze blowing off the water: 多少の海風 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 84
淡い
   
light perfume: 淡い香水 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
淡い色の
   
light eyes: 淡い色の目 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
電気
   
they turned off the light: 電気を止められる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 348
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
電球
   
outfit the house and yard in beautiful lights from top to bottom: 美しい電球で家と庭を、隅から隅まで飾り付けする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 333
電灯
   
sb’s head shines under the lights: (人の)頭が電灯にてかてか光る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 197
high-intensity light: 異様に明るい電灯 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
   
there is no light: 灯を消す 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 51
the overhead light comes in: 天井灯がつく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 202
mast light: マスト灯 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
light come up: 〜灯がつく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
interior light: 車内灯 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 384
don’t make use of any light: 灯をつけない 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 46
灯り
   
the lights of ... beyond: 遠くにかすむ〜の灯り プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 357
insects fizz against the lights: 灯りのまわりで虫がしゅうっと羽音を立てる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
灯火
   
first lights are prickig the gloom: 薄闇に最初の灯火がぽつぽつとともりはじめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249
燈火
   
all glittering with lights: どこもかしこも燈火があかあかと輝いて ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 121
燃え上がらせる
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 295
白い
   
light skin protected from the sun by ...: 〜の白い痕が残っている 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 10
白っぽいもの
   
薄手の
   
the light fall coat: 秋物の薄手のコート スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
飛びまわる
   
light from fact to fact: 事実から事実へと飛びまわる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 195
文句を言う
   
light into sb: (人の)文句を言う カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 30
柄が小さい
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 80
明かり
   
throw light onto ...: 明かりを〜に注ぐ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
random lights: 不規則な明かり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
lights are going on: 窓に明かりがつきはじめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 367
light goes down: 明かりが暗くなる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 289
in the dim light: ほの暗い明かりの中 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 268
hold sth up to the light: 明かりにすかす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
明るい
   
hold sth up to the window and look at it in the light: (物を)明るい窓辺に置いてしげしげと見てみる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 373
have some light: 明るい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 214
a fashionable light orange: しゃれた明るいオレンジ色 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 188
   
in the sullen dwindling light of winter: どんよりした冬の陽が薄れるなか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
霊的な光
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 142

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with a speed of light: 電光石火
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 50
the stop-and-go light: 交通信号
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
the little light: 微光
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 317
the light is starting to fade: 夕方だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 13
suddenly light up: 何やらふらっと思い当たる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 145
start lighting matches: 次から次とマッチを擦りはじめる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 201
see the light: 目が覚める
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 160
see the light: 目を開く
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 300
sb’s lit cigarette: (人が)吸っているタバコ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 100
light-fixture: 照明器具
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 305
light up sth: (物に)明るい彩りを添える
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 81
light up: ぱっと明るくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
light up: キラキラする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
light up: パッと輝く
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
light the scoreboard: 衆人環視の的だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
light brown: 白茶けた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 170
light beneath ...: 〜のやや下に位置する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
light a fire: 焚き火をたく
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 194
in the light of day: 日中
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 65
in one’s light: (人の)明かり先に
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 35
gossipy, light conversation: とりとめもない幼い会話
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 245
from first light: 夜のひき明けから
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 111
feel light-hearted: うきうきした気持になる
三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 25
come to light: 表面にあらわれる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 343
by sb’s lights: あれでいて
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 42
bright lights: ネオンの灯
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 42
be fully light: 夜が白んでくる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 160
at first light: 朝まだき
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 116
at first light: 夜明けとともに
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 355
without finding anything which threw any light upon the matter: 何も手がかりはつかめなかった
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 175
with one’s figure outlined against the flood of light: うしろからのあかりにくっきりと輪郭をうきあがらせ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 179
with a light nervous laugh: ひくりと笑って
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 49
while it is still light out: まだ陽のあるうちに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
when it is light enough: 夜が明けると
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 239
viewed in this light: かく観ずれば
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 141
until it begins to get light out: 夜が明けるまで
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
understanding lighted that moment for sb: この時(人は)即座にさとった
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 53
trying to view the situation in the best possible light: できるだけ明るい口調で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 33
try making light of the matter: 半分笑いにごまかす
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
there is still light in the world: 捨てる神あれば拾う神あり
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 18
there is a flood of light: 目の前がぱっと明るくなる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 70
there is a flash of light: 閃光がはじける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
the sky is still not light: 空はまだ明けていない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 169
the light shining from ...: 〜をキラリと反射させる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 97
take any light frivolously optimistic view of the matter: 甘く考える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 129
sky grew light in the east: 東天が白む
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 137
see the light of day: 明るいところへ出る
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 132
see sb in a new light: (人が)別の姿で見える
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 99
sb’s face lights up: (人は)嬉しそうに笑う
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 199
rise at the first light of day: 黎明とともに起床する
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 455
regard ... in a favorable light: 〜を善意に解釈する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
regard ... in a different light: 〜のことは棚にあげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 368
reflect the light of the afternoon sun: 午後の陽ざしに照り映えている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 454
put sth in such a favorable light: 〜がずいぶん好意的に扱われている
put sb under a bright light: (人を)締め上げる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 119
put earth in a good light with Spacers: 宇宙人に対して地球をよく見せる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 16
one’s pretty face lights with a smile: (人の)愛くるしい顔にパッと微笑が浮かぶ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 354
one’s face light up in a smile: 花が咲いたように笑う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
one’s face light up: (人の)顔がぱっと明るくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
one’s eyes light up: (人の)眼がきらりとする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 348
one’s expression lighting up: 眼をかがやかせ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 35
observe sb’s behavior towards one in a different light: (人の)態度を色々総合する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 176
normally a light and dainty eater: 日ごろ小食で食べかたも上品な
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 34
never see light of day: 握りつぶされる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 95
making light of one’s predicament: たかをくくっている
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 157
make light of ...: ないがしろにする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 192
looked at in a favorable light: よく言えば
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 137
lights flashing and twirling: 回転灯をめまぐるしく点滅させる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
light up one’s whole face: 顔全体がぱっと明るくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
light the avenging torch: 復讐の松明を高々とかかげる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 324
light out on sb: (人を)捨てて逃げる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 356
light out for ...: 全速で〜に駆け込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 386
light a fire under sb: (人を)たきつける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 247
keep one’s tone one of light amusement: 意識的にふざけ半分の口調をとりつづける
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 131
it is starting to get light outside: 空が白み始める
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 148
it is perhaps that the facts should now come to light: いまとなっては、事実を公表したほうがいいような気がする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 202
it is getting light: ぼちぼち明るくなりかけている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 90
information to cast an awkward light on sb’s assumption: (人の)推論に都合の悪い材料
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 108
incident presents itself in a more sinister light: 一部始終が不吉なものに見えてくる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 161
in the light of this: そんなわけで
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 46
in the light of the moon: 月の光に照らされて
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 71
in the light of ...: 〜を参考にして
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 22
in the last light of day: 夕映えの下で
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 104
in light of the new appreciation and vision of ...: あらためて評価しはじめている現状からすれば
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 21
in light of ...: 〜に照らし合わせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
hide one’s light under a bushel basket: 本音を明かさない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 263
have done one’s best according to one’s lights: (人は)(人)なりによくやった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 458
have a light snack in lieu of the dinner one missed: 形ばかりの夜食を済ます
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 117
go out like a light: イチコロだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 157
give sb the green light: (人に)ゴー・サインを出す
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 199
flood with white light: ぱっと白く明るくなる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 76
flip on one’s rotating lights: 緊急灯をつける
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 183
failing light in swh: 暮れなずむ(場所)
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 122
even the traffic lights are in one’s favor: 信号も快調だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 15
dimly-lighted passages of the court: 鈍い燈火に照らし出された法廷の廊下
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 139
consider sb in a somewhat more generous light: (人)に対してもっと寛大な目を向ける
consider ... in a new light: 考えなおす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
come to light in ...: 〜にあらわれる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 107
city lights are visible: 町は明かりがついている
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 232
call through the light rain: 小雨の向こうに叫ぶ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 180
by the light of an aged and sputtering lantern: 怪しげに瞬く古びたランタンの下で
by one’s own lights: けっこうそれなりに
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 84
bring nothing to light: なにひとつ発見できない
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 280
be lit brightly by the terribly white moon: 凄さまじい程白い月の光に照らし出される
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 21
be just first light: 払暁である
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 180
be getting light out: 夜が明けかかる頃
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 302
be fair according to one’s lights: (人)なりに公平無私である
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
be content to spend immortality in a different light: その別天地でおだやかに不老不死の人生を楽しむ
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 193
be a very light eater: とても少食だ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 168
be a light turnout: 客の入りが悪い
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 125
be a light sleeper: すぐに目が覚めるたちだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60
as though an intimate secret has been brought to light: 自分の秘密でも見つけられたように
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 29
as if to make light of one’s word: たかをくくったように
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 82
as if ready to accept a little light applause: ささやかな拍手を期待するように
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 200
against the faint light of the sky: 白みかけた空の下には
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 49
a tiny bit of light come through ...: 〜を通して明かりがかすかにさしこむ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 74
a light skin of rain makes sth glisten: 雨にうっすらと濡れて光っている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 16
a light flashes in sb’s face: 急に閃光が顔にあたる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 271
a light bulb goes off: ぱっと電気がともる
Abruptly, the inside of the carriage was flooded with white light: にわかに、車のなかが、ぱっと白く明るくなりました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 76
a light that set off to advantage the crimson of the velvet: 深紅のびろうどの色にはこんな光りがいい
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 16
affecting light-hearted disappointment: がっかりというふう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 321
against the vague light from ...: 〜のおぼろな光のなかで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
almost a trick, a refraction of light: 奇術とも見まがう光の屈折
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 287
But also with the light of battle in his eyes: だが、その目には、たたかいの光もらんらんと宿っていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
make such amazing light-weights: ライトウェート級で驚くべき技を見せる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 37
the light summer wind stirs amidst the trees of garden: かすかな夏の風が庭の木立を吹きぬける
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 9
light another stick of incense: また新らしい線香を立てる
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 192
in the dim light it gives off an appearance of antiquity: 暗い明かりの中で見ると、立派な骨董品だ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 477
be attracted by the light: 灯をしたって
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 31
be attracted by the light: 灯を慕う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 75
an aura of light: 黄金の円光
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 122
a band of light: 一条の光
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 436
The pencil-line of light by his feet fattened to a bar: 足もとに射しこんでいた鉛筆幅の光の筋が、棒切れの太さにふくらんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
a bar of light across one’s face: 顔にさす一条の光
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 113
a faint beam of light: かすかな一条の光
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 181
reflect the light beatifully: 美しくかつ清らかに光を射返す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
it begins as a tiny silver of light thereafter, it enlarges rapidly: ひとしずくの光りに見えるものは、それからぐんぐん大きさをます
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 100
the whole place is a blaze of light: その部屋はまばゆいばかりの照明がこうこうとついている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 109
blinding light: 目が潰れそうな光
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 199
be filled with the blink of an occasional signal light: 目につくのはときおり点滅する信号灯だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 319
flick ... in the measured stutter of the blinker-light: 測ったように点滅をくりかえす信号のあかりを反映し、〜にと色を変える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
bluish light: 青みがかった光
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 134
He looks at the board and sees room 716's light blinking: 交換台を見たテッド、七一六号室のランプが点滅しているのに気づく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 175
pale light breaking through the curtains: カーテンごしにさしてきた薄明かり
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
a light breeze: 微風
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 135
one’s eyes, in this bright light are full of fog: (人の)目はまばゆい光りを浴びてかすんでいる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 72
be bright with the glimmer of the late light: 夕方の光をうけて光っている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
the bright afternoon light: 晴れ晴れとした午後の外光
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 118
the brilliant light: まばゆい光
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 295
a light piano tune burst from a passing doorway: 通りすがりの家の玄関から軽妙なピアノの調べが流れ出る
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 70
by the light of a streetlamp: 街灯の明かりを受け
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 111
can feel oneself being embraced by this light: 光に包まれている自分を感じる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 276
light cannon: 機関砲
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 388
cautiously put on the light: そっと電燈をつける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 61
Certainly they shed light on a number of specific symptoms: もっとも幾つかの細かい症例は明らかになった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 182
the chateau begins to make itself strangely visible by some light of its own: 城館自身がパッと内部から火を発したかと思うと、異様な光景でくっきり浮び始める
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 86
make some light chatter: 軽いおしゃべりを始める
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 305
light come up: 灯がつく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
come from dark to light: 闇から光に順応する
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 217
The hand squeezed again, light but commanding: アランの手首をつかんでいた手に、ポリーはふたたび力をこめた。軽いけれども、どこか有無をいわせぬ力のこめかただった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 213
comment light-heartedly: 茶化す
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 10
bands of weak light move complexly: 弱々しい光の帯が小刻みに震動する
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 67anemic
ツイート