× Q 翻訳訳語辞典
city   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
まわりの世界
   
whirly city: まわりの世界が回転する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180

下町
   
drive down city streets: 下町の通りを車で流す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 97
   
an ocean breeze covers the city: 海からの風が街を覆う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
<例文なし> ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 61
   
on the fringe of the city: 市の端っこにある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 178
divide the city: 市をふたつに分割する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 178
市街地
   
low-slung for cornering paved city streets: 市街地舗装路でのコーナリング用に車体が低くできている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 179
市中
   
return form the city: 市中から帰る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 79
全市街
   
reduce the city to ashes: 全市街を焦土にする 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 205
   
the city’s worst back country: 町のいちばんうらぶれた地域 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 190
move usually around the fringes of the city: 町の外縁部をうろうろしてする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 120
in the city: 町なかの 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 5
a dead city: 失われた町 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 272
町なか
   
city driving: 町なかの運転 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 299
   
a strange snow-changed city: 雪によって変貌した奇妙な都 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 29
都会
   
up the city: 都会詣で スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
go out and have a little fun in the big city: せっかくの大都会だ、街へくりだしてちょいとばかり楽しもうじゃないか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
都会の人々
   
the city yawns at sth: 都会の人々が(物に)あくびをする オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 139
都市
   
these grand city neighborhoods: 大都市特有の地域 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
the occasional periods of Arctic cold that gripped this city: この都市に毎年必ずある北極並みの厳寒期 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 209
the largest and liveliest city: いちばん大きくて賑やかな都市 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 98
the large and wondrous city: 大きくて見事な都市 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 39
the city out the window: 窓外の都市 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
teeming city: 人口過多の都市 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
都市環境
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 212
楼閣
   
the cities of the desert: 砂漠にゆらめき立つ楼閣 ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 215

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the city jail: 警察署
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 310
city editor: 市報部長
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
city cop: 警官
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
at the center of the city: 市内の
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 169
a city cab: 流しのタクシー
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 8
the ordinary vacant lots around the city: なんでもない市内の空地
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
take one’s station in the business part of the city: にぎやかな通りに陣どる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 195
in front of the mirror rose a small city of sth: 鏡の前に林立する(物)
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
in a city minute: あっという間に
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
down the city walk: 歩道を歩く
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
beseball and soccer teams from the city: 市内の組織だった野球チームやサッカーチーム
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
an elected city councilman from ...: 〜地区選出の市議
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
a strong sea wind lashed at his city suit: 強い浜風がスーツをたたく
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
a quick and depressing tour of the city: いそぎの、そして気の滅入る市内視察
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 288
bring shame to this ancient city: この由緒ある町の名前に泥を塗る
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 355
and they heard instead the angry wheeling of rooks and the growl of the city: かわって群れ飛ぶカラスのおこったような羽音と、街のうなりがきこえてきた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 53
the roar of the city arises like muffled drums: 外からはパリ市のどよもしが、まるで葬送用の鼓隊のように送られてくる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 134
around the city: 市中の
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 44
back into the city: シティに引き返す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 282
blanket the city: 町中を閉ざす
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 241
the bombs and the war-torn city: 爆弾の降りそそぐ、破壊された街
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 41
big-city boys: 大都会のやり手たち
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
There was a plaque here claiming the walls of the city to be of Roman origin: ここには、この市街の城壁はローマ人が築いたものであるということを記した記念の銘板がついている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 390
comb the city for the dancer: あの踊り手を探して街じゅうを歩き回る
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 39
So the upshot is that I've come to the city hall to complain,: 結局、私は市役所へ愚痴をこぼしに来たことになりました
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 174
a former city cop: 警官あがりの人間
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
country-boy-come-to-the-city:田舎から出てきた世間知らずの子供
had covered the courts and city hall: 裁判所と市庁を担当
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 15
lead sb a dance all over the city: 街じゅうさんざん引き回す
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 120
a dark storm-beaten city of stone: 嵐にうたれる鉛色の石造りの街
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 10
gray and forbidding, dominating the city: 灰色でいかめしく、町を睥睨して建っている
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 80
be dressed for the city: 都会ふうの身なりである
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 109
be edge-city: 恐怖の極限状態だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
enter a great city: 大きな都会に歩み入る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 23
every ... throughout the city: 市内各所の〜
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 267
forego the city: 街を棄てる
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 78
gawk at the big city: ただその大都会の威容に瞠目する
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 348
a glittering city: まばゆい都市
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 215
the clouds hang low over the city: 雲が低くこの街を覆っている
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 23
He's a real city boy: あのひとは根っからの都会青年だから
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 330
all over the city people are heard to speak of sth: 町じゅうが(物の)噂で持ちきりである
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 43
The hill was the highest point in the city after Fonthill Heights: この坂のてっぺんは、フォントヒル・ハイツに次いでこの街で2番目に高いところだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 436
the history of the city: この都のあらまし
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 144
huge city: マンモス都市
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 242
an inner city: 城壁にかこまれた都市
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 20
an international city: 国際色豊かな都市
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 170
revel in the city its intrigues, its power: 権力と術数の交錯するこの町を楽しむ
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 48
the jam-packed streets of the city: いたるところ混雑している道
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 57
was probably about to join the lost city of Atlantis: 海底に消えた文明としてアトランティス大陸の仲間入りをしかねない瞬間だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
the last of the city: 街はずれ
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・グッド・トリップ』(Wind's Twelve Quarters ) p. 187
the leading deffence attoney in this city: この都市屈指の刑事弁護士
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 88
each level the length of one city block: それぞれの階が町の一ブロックほどの大きさがある
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 38
city lights are visible: 町は明かりがついている
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 232
a mid-city hotel: 都市のど真ん中のホテル
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
mid-city:都心の
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 155
a mysteriously seductive city: 面妖なざらにはない都
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 145
they are on the outskirts of the city: 列車が街の郊外にさしかかる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 109
city people: 都会のもの
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
Like a piazza in some foreign city he thought, milling with tourists: 外国のどこかの街の広場みたいに、観光客でごったがえしている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 270
under city policy: 市の政策によって
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
relieve the pressure on the old city by-pass: 旧市街のバイパスの車の渋滞を緩和する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 8
race through the city: 猛スピードで市内を駆け巡る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 174colleague
fat-necked banker from the City: シティから遠来の猪首の銀行家
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 39
a fellow native of XX City: XXシティの同郷人
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 9
Tweet