× Q 翻訳訳語辞典
rose
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
バラ色
   
have roses in one’s cheeks: 頬はバラ色に染めてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

have been raised in lavish surroundings, in a “bed of roses” as they say: いわゆる蝶よ花よとそだてられの子だった
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 51
Shame and anguish, the same venomous mix, rose in him once more: 恥と痛み、あのおなじみの有毒なミックスがまたしても心の中に湧き起こった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
a babble of questions rose: ばらばらと質問の声があがった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
like seeing a rubber boot on a church altar or a rose lying on the engine block of a tractor: 教会の祭壇におかれた長靴とか、トラクターのエンジン部におかれた一輪の薔薇とか、なにかそういうものを眼にしたような
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
Red splotches the size of cabbage roses had grown on his cheeks and jowls: バラの花ほどもある大きな赤い斑点が、頬とあごにいくつか浮き上がっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
Carefully, he pillowed Vallery's head on the gloves, rose slowly to his feet: 彼はヴァレリーの頭をそっと手袋の上におろし、ゆっくりと立ちあがった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 245
in front of the mirror rose a small city of sth: 鏡の前に林立する(物)
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
He half rose and then fell again: 半身を起こし、ふたたび崩れ落ちた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 364
an increasing murmur rose from around one: 周囲のざわめきが大きくなった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
a rose on the headdress of sb: (人の)かぶりものにさしたバラの花
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 327
a fragrant rose petal: 芳しい薔薇
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 166
presently take the rose out of ...: 次には〜から例のバラの花を抜き取る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 336
rinse one’s teeth in the new rose: うがいでもするように新しいロゼの聞き酒をする
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 98
The water rose: 水はさらに盛り上がった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 283
rose-covered:バラの花にかこまれた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 330
Her strong thighs rose and fell smartly as she pedaled: 健やかな腿がペダルを小気味よく廻していた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 162
He was stiff when he rose and made another note on that: 立ちあがると、からだの節々が痛み、そのことも心覚えした
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 402
and then his stockinged foot twitched and rose in the air: と、ソックスを履いた彼の左足が、ひきつけを起こしたように動いて空に跳ね上がった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
Lester rose unsteadily: レスターがふらふらと立ち上がった
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 79
staining to a richer rose the wakening wonder of sb’s face: その顔にあらわれはじめた驚きの色を豊かな薔薇色に染めている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 58
wear no rose in one’s head: もはや頭にバラの花は見えない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 69
a local character by the name of Jimmy Rose: ジミー・ローズという名の名物爺さん
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 73
"This is"--Rev. Rose's voice trembled--"dice-uh!": ローズ牧師の声がわなわなとふるえた。「サイコロ賭博ではないかぁ!」
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
'Do you?' said Miss Rose, drily: 「そう?」と、ミス・ローズは皮肉な口調で言った
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 207
Rev. Rose’s Baptist flock: ローズ牧師が率いるバプティスト一派
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
Cyndi Rose nodded: シンディ=ローズがこくりとうなずいた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
Let this one go by, Reverend Rose, okay?: ほうっておくんですよ、カジノ・ナイトのことは。いいですね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
Rose spat: ローズが吐きすてた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
ツイート