× Q 翻訳訳語辞典
dry   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
からから
   
sb’s lips dry: 口がからからになり クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 200
one’s throat is dry: 喉はからからだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 354
ごわっとした
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
さらり乾く
   
clothes which have spent a happy afternoon drying in the sun: 午後のうららかな太陽に照らされてさらりと乾いた洗濯物 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
ぬぐう
   
hastily dry one’s eyes: あわてて涙をぬぐう ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25

カラカラ
   
I’m very dry: のどがカラカラなんで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 367
feel a certain dry pucker back in the salivary glands: 唾液腺がカラカラになった感じだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175

雨のあたらない
   
nice, dry cosy place: 雨のあたらない気持のいいところ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 186
乾いた
   
the tendrils of dry warmth: 肌をくすぐるような乾いた温風 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
be cataloged at length in dry medical prose: 乾いた専門語法により詳述されている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 271
乾いて
   
be completely dry: からからに乾いている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 369
乾かす
   
dry one’s socks and things: 靴下や服を乾かす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
乾ききった
   
<例文なし> 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 10
乾く
   
just perceptibly begins to dry: ほのぼのと乾きはじめる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 72
drying quickly in the breeze: そよ風を受けて急速に乾きつつある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
固っ苦しい
   
be so high and dry: つんとして、固っ苦しい スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 98
枯れ
   
Hunger rattles its dry bones: 「飢え」が枯れ骨をカラカラ鳴らしている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
酒抜きの
   
in the drier parts of the legal race: 法律という酒抜きの競争においても ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
拭う
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 235
水にもぬれず
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 105
濡れていない
   
dry hand: 濡れていない手 サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 82
陸に揚がっている
   
be dry: 陸に揚がっている リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 177
陸の
   
on the dry side of the veranda: ベランダの陸側の面には ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 165
涙の出ない
   
a dry sobbing: 涙の出ない慟哭 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 103
冷たい
   
fix sb with a dry look: 冷たい目で(人を)見すえる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 263
冷ややか
   
a dry unfriendly voice: 冷ややかで、不快な響きの声 バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 349
冷淡
   
sb’s tone is decidedly dry: (人の)口調は明らかに冷淡そのものだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 261

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

run dry: つきてしまう
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 8
hang out to dry: 干す
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 87
dry run: いざという時の手順を話し合う
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 99
dry out: アル中の治療を受ける
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 47
dry branches: 枯れ枝
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 8
dried tears: 涙の跡
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 328
dried fish: かつおぶし
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 31
be so dry: 酔っている
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 233
a dry well: かれ井戸
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 237
the dry spell is over: ツキに見放されていた時期は終わる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 111
take in the stockings one have hung out to dry: 洗濯したストッキングを取りこむ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 108
sit there with cake going dry in one’s mouth: ケーキを頬張ったまま釘づけになる
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 37
sb’s bladder had run dry: 膀胱が空になっていた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
rub one’s feet dry: タオルで足をふく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 74
probably still dry on one side: 身体の半分はまだお湯も浴びていないような状態ではなかったろうか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
one’s own tears have dried up: (人の)涙はもう引込んでいた
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 317
like water flowing into dry earth: 水の浸み入るように
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 38
leave sb high and dry: 放りっぱなしだ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 400
in the early dry dark: ひんやり澄んだ黄昏のなかで
dry oneself with exaggerated vigour: ごしごしタオルで体をこする
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 190
dry hands rubbed together: もみ手をしている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 70
dab sb’s mouth dry: 口をぬぐってやる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 80
check one’s hands to see that they are dry: 手のしめり気を気にする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 120
business dries right up: 商売はあがったりになる
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 56
before the signature on the contract is dry: 契約書に署名したインクが乾かないうちから
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 340
be vigorously drying one’s gray-flecked hair with a hand towel: 手拭いでごま塩の頭をごしごしとかく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 19
be home and dry: しめたものだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 109
be having dry spell: ツキのない時期
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 106
ツイート