× Q 翻訳訳語辞典
having   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

be angry at him for having abandoned one: 彼が離れていってしまったことを怒っている
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 12
having abundance of time for sb’s usual methodical toilette: 例のきちんとした身だしなみで、まだ十分時間もあったので
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 30
Yet, having accepted, ...: ありがたく招待を受けはしたものの、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 184
Actually, I'm not having it: ほんというと、パーティをひらくのはわたしじゃなくて、・・・
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 27
But after having drinks with him, I think our intuition is correct: でも、さっき一緒にお酒を飲んだときに感じたあの直感は正しいと思う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 361
be against having one’s mother-in-law move in with them: 姑と別に暮したい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
be annoyed at not having had sb on call: (人が)呼び出しにすぐ応じられなかったことを苦々しく思う
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 23
look as if they are having trouble keeping their hands off one another: 一刻も離れていられないように手を取り合う
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 73
have been having the same old argument: いつものはなしを蒸し返している
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
really feel rather ashamed of having to tell sb lies: (人に)嘘をつかなければならないなんて気がひける
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 47
avoid the trouble of having to do: 〜する手数を省く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 66
avoid the inconvenience of having to do: 〜する手数を省く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 56
be having a bad night: くそ面白くもない夜を過ごしている
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 245
but it beat having that dying geranium staring at me: 枯れてしまったゼラニウムの鉢を置いておくよりはずっと気がきいている
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 36
have no clear recollection of having seen before: あまり見なれない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 118
before having time to do: 〜する余裕もないまま
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 268
humbly thank Heaven for having bestowed: (人という)宝を与えられたことに対して、深い感謝の言葉をささげる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 15
bitterly regret not having doing: 〜しておかなかったことが悔やまれる
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 20
have a sense of having wasted words and breath: 口をきいただけ損をした気がする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 56
had been having such a buoyant spell, doing ...: 〜して、かなり浮き浮きしていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
be having that kind of trouble with sb’s career: いま話している問題を土俵生涯を通じてもちつづける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
not having kept a more careful eye on ...: 〜について迂闊であったこと
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 234
having no desire to be entertained by a cat-and-dog combat: こうした内輪げんかのもてなしをうけることはたまらないので
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 44
remember having been irritated by ... when one was a child: 昔子供心に〜をいぶかしく思った記憶がある
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 128
circumstances having prevented one from doing, one have decided to do: やむをえず、〜する所を〜する事にする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 139
that comes of having so many things hung round the horse: あんまりやたらいろんなものを馬にぶらさげるからよ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 162
having come this far: せっかくここまでやったのだから
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 119
fancy sb’s having the insolence to confound me with ...: こともあろうに、〜とまちがえるなんて、おもしろいじゃないか
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 221
are we having a little contradiction here?: どうもちょっと見解の相違があるようだな
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 359
be having a hard time following the conversation: 会話をつづけられる状態ではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
can’t have counted on having a grave handy: 都合のいいお墓があるかどうかわからない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 170
it is sb’s imagination having cruel fun with sb: 自分の想像力に翻弄される
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 144
be mistrustful of having made a mistake in one’s late demonstrations: 今の興奮状態は、われながらまずくはなかったかというふうに、ちょっと心配そうな顔をして見せる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 316
be having difficulties with ...: 〜がむずかしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 223
despite one’s having produced and directed the entire coincidencece: 何から何まで自分の手で仕組んだ偶然であるにもかかわらず
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 197
reverently disclaim all intention to offend, or any knowledge of having wilfully done: 恐縮して、決してわるぎがあったのではないし、わざと〜した覚えはないといいわけをする
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 44
be furious at having sth discovered so soon: 〜がこんなに早く露顕したことにいきりたつ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 143
dislike having a stranger in the house: 気心の知れない人は厭だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 196
having a drink: 飲んでるのよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 218
be having dry spell: ツキのない時期
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 106
be having some trouble making one’s dues: 会費が滞っている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
it’s sad for sb having to earn sb’s living: 自活のためにあくせくしてて、かわいそうだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 154
it is not easy having only one child: 子供が一人しかいないというのはつらいことだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 232
enjoy having the upper hand on sb: (人を)見下すことを楽しんでいる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 580
have got enough to do without having to watch sb: (人に)まで気をつかってるひまはない
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 276
eventually military power depends upon having successful economic base: 最終的には基礎に強い経済力がなければ軍事力は維持しきれない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 35
be having an exchange: 喧嘩した
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
the feeling of having misbehaved: 不倫の実感
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 68
be having financial problems: 金策に疲れきっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 272
find oneself having to listen to ...: 〜を聞かされるはめになる
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 131
be having a fine time of it: しばらくうっとりしている
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 366
But first we were having us some Scotch and talking: しかしその前に我々はスコッチをひっかけて、話をした
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
having first gauged sb’s intelligence: まず(人の)賢さを計算したうえで
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 157
be having a fit: かんかんになっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 203
For not having slept in twenty-four hours, I felt surprisingly awake: まる二十四時間眠っていないわりには不思議に眠くなかった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 35
be having too much fun: すっかり悦に入っている
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 311
be having fun: ちょっとふざけている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 311
told sb gallantly, having problems with one’s throat: 健気に言ったが、のどに詰まるものがあった
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 220
having trouble getting to sleep?: 眠れないの?
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 92
I‘m glad we’re having this talk: ありがたきご意見、しかとうけたまわっておくよ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 31
having gone through that kind of experience: 二度の体験にこりて
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 94
it would mean only having a good laugh together: 笑い話ですむことだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 162
having a good time, are you?: お楽しみですな
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 89
be not having a good time: おもしろくない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 26
be having a good time: すっかり波に乗ってしゃべっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
count on having a grave handy: 都合のいいお墓があるかどうかわからない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 170
be really having a hard time trying to do ...: 〜するのに苦労する
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 72
be having a hard time responding: 返事をできるような状態ではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
the remembrance even of joy having its bitterness: 喜びの記憶でさえ悲痛が伴う
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
sb and sb have been having trouble for some time: (人と)(人は)ときどきぶつかりあった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 522
keep having lunch with sb: (人と)よくランチをつきあってる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
I’m not having you ...: しようたってだめ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 144
having made up one’s mind, one did: 気持ちを決めたものの、〜だった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 72
having done, ...: いったん〜したが最後、〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
don’t have a notion of not having: 貧乏ってものがわかってない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 383
be tired of having sb around: (人の)お相手にうんざりする
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 49
be having trouble doing: 〜するのが骨になっている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 135
be having dinner with sb: (人と)食事の約束がある
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 43
Tweet