Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
experience

主要訳語: 経験(16)   思い出(3)   体験(3)   味わう(3)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
〜つつある
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208

いま体験していること
   
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 156
おさめる
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 165
おぼえる
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 16
おもい
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 227
やったこと(が)ある
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 9

過去
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
覚え
   
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 34
覚える
   
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 418
感じる
   
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 262
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 89
感覚
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 207
記憶
   
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 126
境遇
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
経験
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 540
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 351
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 250
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 353
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 41
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 158
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 231
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 279
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 399
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 234
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 208
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 48
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 232
経験を積む
   
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 137
経歴
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 31
見聞
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 10
刺戟
   
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 55
思い出
   
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 61
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 215
事態
   
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 13
実際にやってみた経験
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 11
手を染める
   
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 172
場数
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 143
身に覚えがある
   
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 105
身の上
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
体験
   
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 92
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 66
体験したこと
   
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
体験する
   
大人びた
   
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 35
直面する
   
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 73
度肝を抜かれるような体験
   
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 237
味わう
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 268
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 333
   
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 206
目に遭う
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 203
与り知る
   
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 143

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

through his own experience: 身を以て 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 46
lived experience: 具象性 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 49
have the experience: そういう目に会う 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 286
have an experience: あるにがい目にあう ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 167
experience loneliness terrible: 淋しくって仕方がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 268
experience fully: いろいろなことを肌で感じ取る コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 126
experience back problem: 腰に痛みを覚える ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 66
cop-wise, experienced: おまわりらしい、やりてだぞ エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 92
with sb’s years of business experience: 実業畑では海千山千の ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 10
toils of female experience: 女としての努め トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 295
the unusual experience of saying farewell: ときならぬ別離の騒ぎ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
the dominating experience in life: その時期の人生すべて 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
sth one never experiences with ...: 〜のそばでは見いだせない〜 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 96
set down to sb’s own lack of experience: (人の)不覚として 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 58
organize social sense experience: 社会生活を営む べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 192
one’s own experience with sth: (物を)身をもって経験する アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 100
often experience trifling disappointments: 軽微な失望を繰り返す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 14
like a woman experience a total neural breakdown: 神経系統全体がどうにかなってしまった女のように スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
just kind of chalk sth up to experience: もう過ぎたこととする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
judging from previous experience: 例によって〜にちがいない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 25
it will be an experience to do: 〜できたらどんなにすばらしいことか レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 98
it is sb’s first experience of ...: 〜したのははじめてである メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 255
in one’s experience this is ...: 〜というのは、〜ものだ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 386
humiliating experience of doing: 〜するという恥ずべき失態 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 220
have the experience of ...: 〜というような目にあう 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 211
have the bitter experience of doing: どんなに〜していたか身にしみて知っている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 302
have that experience frequently: そんな経験は珍しくない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 46
have never experienced before: 為体のわからぬ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 244
have more experience in dealing with sb: (人との)対戦に馴れている デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 32
have bad experience with ...: 〜のことではいやな思いをしている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 106
have a similar experience: おぼえがある 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 421
for all one’s gray years and sage experience: 自分の年齢と分別を忘れて ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 58
experience through the skin: 皮膚で感じとる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 265
experience teaches us that ...: 〜であるものだ サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 136
experience one’s fair share of hardships: どんどん苦労をする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 217
experience difficulty with ...: 〜に苦労する 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 61
experience chest pains when greatly upset or angered: なにかとてつもない心配ごとや怒りごとがあると胸が痛くなる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
experience any sexual desire: 肉感がある 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 154
experience a sense of pride at ...: 〜に誇らしい気持ちを感じる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 65
experience a rather strained feeling: どうもこじつけめいた感じがしないでもない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 29
experience a fresh resurgence of the concepts and images that ...: 〜の構想やイメージが、今、あらためて現れてくるのを感じる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 183
experience a few nervous moments: 一時は色を失う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 326
draw an analogy to one’s own experience: 自分にことよせて考える ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 115
describe similar experiences with sb: (人と)同じような目にあわされる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 225
can physically experience the feelings of ...: 〜そのものを皮膚で感じる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 175
burglar who had some previous experience: 駆け出しではない強盗 ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 177
be from personal experience: 自分の目で見てきた話だ オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 178
be a wholly new experience for sb: また別物だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 250
be a completely different experience: 勝手が全く違う 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 7
an experience one have actually had some two month before: 2カ月ほど前の実際の経験 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 30
a writer interested in every aspect of human experience: 人間のことなら何でも興味をもつ小説家 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 161
a novel experience for sb to do: 始めのうちは〜するのが珍しい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 61
ツイート