× Q  ?  翻訳訳語辞典
set

主要訳語: ある(3)   おく(3)   決める(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ある
   
set in ...: 〜にある ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 25
be set very high in the wall: 壁のずいぶん上のほうに〜がある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 297
a certain blankness set in: 表情には一種うつろなものがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
あわせる
   
quietly set the clock: 目立たないように時計をあわせる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 82
おく
   
set that aside for the moment: それはとりあえずおく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 571
set sth carefully by ...: 〜と平行にきちんとおく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 194
set down one’s briefcase with a little grunt: うん、と小さくひと声漏らしてブリーフケースをおく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 23
かかる
   
set to work methodically: 手順どおりきちんと仕事にかかる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 13
かける
   
set fire to ...: 火をかける 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 166
ぐいと引き締めた
   
set jaw: ぐいと引き締めたあご ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 426
こりかたまっている
   
set in one’s ways: 自分の考えでこりかたまっている ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 279
さしむける
   
set a bunch of gangsters on to ...: 〜にギャングの一味をさしむける レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 314
しこむ
   
set sth in ...: 〜に(物を)しこむ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 230
しつらえる
   
set a table for sb: (人の)席をしつらえる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 231
しめす
   
set a bad example to sb: (人に)ひどいお手本をしめす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
そえる
   
set ... on top: 上に〜をそえる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
なる
   
adolescence set in: 思春期になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
はじめる
   
set oneself at once to do sth: さっそく(物事を)しはじめる バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 28
はってる
   
try to set a context: 予防線をはってる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
はめこむ
   
be profusely set with enamelled and jewelled medallion: 宝石をちりばめ七宝をかけた大きなメダルがところ狭しとはめこまれている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 203
ひらいている
   
sb spots a small window set above ...: 〜の真上に小さな窓がひらいているのに気づく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
ひらく
   
set up an illegal game of sth: 〜の違法賭場をひらく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 151

カッとなる
   
set sb off: 思わずカッとなる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 143
セット
   
stage set: 映画のセット トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
an incomplete Nativity set: きちんと揃っていない降誕場面再現セット ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 279
セットする
   
be setting up an IV bottle of blood-expanders: 血液増量剤の点滴びんをセットしている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 187
テレビ
   
leave the set on all day and all night: 昼夜を問わずテレビをずっとつけっぱなしにする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 300
ハメる
   
set sb up: (人を)ハメる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 107

引きしめる
   
with one’s macho jaw set: マッチョなあごを引きしめて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 56
奥まった
   
little houses set back form the road: 道路から奥まったところにこぢんまりとした家が建つ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 24
押しあてる
   
set sb’s hands against one’s own eyes: (人の)両手を目に押しあてる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 63
押しやる
   
set aside sth: (物を)脇へ押しやる O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 47
音楽
   
listen to the set: 音楽を聴く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 190
開始する
   
set in motion: 活動を開始する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 184
貫く
   
set sb’s head and heart on pikes: たちまち首と心臓を矛の先に貫く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
頑迷固陋な
   
the sort of set attitudes that nearly kills sb: (人を)殺しかねないそういう頑迷固陋な態度 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 315
狂う
   
as though one set a different musical key by one’s words: ちょうど(人の)言葉で歌の調子が半音だけ狂ったような感じだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 268
緊張した
   
sb’s set profile: (人の)緊張した横顔 リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 79
決める
   
set up a way of contacting sb: 〜あての連絡法を決める クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 156
set the prices: 値段を決める フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 62
allow one to set the pace: 自分でペースを決められる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 22
決然とした
   
Tim, his face grim and set gave a curt nod: ティムはきびしい、決然とした顔つきで、簡単にうなずいてみせた アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 411
決定する
   
set policy: 方策を決定する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 169
建てる
   
the houses are set deep in: 家々は道路から奥まって建てられている オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 223
語る
   
set out ... calmly: 〜をしずかに語る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
向き
   
to the set of the sea: 波の向きたいし マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 387
構成する
   
set boundaries between ...: 〜のあいだに序列を構成する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 111
合わせる
   
set the dials: ダイアルをまわして合わせる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 23
刻む
   
be set in one’s brain: 〜の頭に刻まれる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 466
作る
   
be set up just right, perfect match: 現物そっくりに作られている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 57
作動する
   
set in: 作動する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
仕事をはじめる
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 32
姿を隠す
   
the sun set with dispatch: 太陽はあっけなく姿を隠した オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 173
糸が切れる
   
it set sb off: ぷつんと糸が切れたみたいに ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 327
示す
   
set a good example by ...: 〜というお手本を示す ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 336
準備
   
how these men are setting up: 彼らの準備ぶり クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 24
書かれている
   
be set on the schedule in vermilion: 日程表では、赤い字で書かれている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96
伸ばす
   
set sails for sb: 〜にも手を伸ばす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 206
整える
   
set the stage for sb: お膳立てをととのえる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 114
盛り上げる
   
set the mood: 雰囲気を盛り上げる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
設ける
   
set standards: 標準を設ける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 80
前に進んでいく
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
   
a set of keys: 鍵束 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 178
打ち出す
   
set the proper course: 的を射た姿勢を打ち出す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 137
置く
   
set great store by ...: 〜に大分重きを置く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 184
直す
   
setting pins in a bowling alley: ボウリング場でピンを直す ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
定める
   
set standards for secure computers: コンピュータの保安基準を定める ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 137
set one’ compass course: コンパス・コースを定める クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 34
赴く
   
set out in quest of the Grand Cause: 大義へ赴く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
   
a set of ...: 〜が一部 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
並べられる
   
eight chairs set in a circle: 椅子が八脚、車座になるように並べられている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 36
閉じこもった
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 283
名前をとどめる
   
be set down in prints: 書物に名前をとどめている O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 51
与えられる
   
have a private room set aside: (〜には)個室が与えられる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 53
   
carefully regimented set of books: 念入りに並べられた本の列 フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 31

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

try to set up: もくろむ ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 193
tightly set mouth: 口を固く結んで 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 102
temporarily set aside: ひとまずおあずけだ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 113
set up shop: 作業をする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 160
set up operations: 仕事をはじめる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 22
set up ...: お膳立てする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 269
set up: 演奏する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 189
set up: 体裁が整う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 415
set up: 段取り ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 59
set to rights: おちつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 60
set to ...: 〜にとりかかる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 169
set things right: 事を決める イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 286
set things ablaze: 周囲のものを燃え上がらせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 86
set the table: テーブルをかたづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
set sth off: 〜を呼び覚ます フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 135
set sth down: 〜をおく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
set sth down: 記載する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 5
set sth afloat: 〜を流す ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 252
set sb up: (人を)追い込む状況を用意する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 384
set sb straight: (人の)考えを正す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
set sb straight: バッチリ言ってやる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 22
set sb straight: 諌める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
set sb skipping: (人を)叱りつけてきりきり舞いさせる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 196
set sb off: 引き金になる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
set sb free: (人を)奪還する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 449
set out on one’s way: 歩きだす 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 94
set out ...: 〜をならべる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 503
set out: 歩き出す 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 127
set oneself up in life: 世に出る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 49
set oneself up as ...: 〜になる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 348
set one off: (人を)放出に導く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 172
set one back on one’s heels: 肝を潰す 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 425
set on sb: (人に)飛びかかる 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 299
set off home: 帰ってくる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
set off for work: 出勤する レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 365
set off: 歩きだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 515
set into: 設けられる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
set in meditation: 座禅を組んで瞑想に入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
set in: 常識になる サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 212
set foot outside the house: 外に出る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 268
set foot inside: 足を踏みいれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
set down: 書きつける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 81
set bond: 保釈金を決定する ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 18
set aside: わきへしりぞける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 318
set aside: 確保する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 81
set about sth: (物事に)とりかかる 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 48
set about securing: 固定する マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 57
set about doing: 〜しだす 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 5
set about doing: 〜に取り組む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
set about doing: さっそく実行にとりかかる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 130
set about ...: 〜にとりかかる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 189
one set of facts: 事実 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 361
one’s social set: (人の)交際範囲 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 172
four-game set: 四連戦 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 274
dead set: 主張して譲らない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
be set up: ハメられる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 70
be set up: 任務につく ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 218
be set up: 罠にはまる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 295
be set free: 解き放たれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
be set free: 牢から出される 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 71
be all set: これで完了です カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 344
be all set: 準備万端おこたりない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 185
alarm be set: ポケットベルを肌身はなさない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 241
a set of people: 集団 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 58
a clock set: 時計 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
with the sun quickly setting and shrouding sb in dusk: 足のはやい夕暮れがあたりの薄闇を急速に深めて 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
with sb’s face set in a grin: 薄笑いに顔をこわばらせ 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 34
will not set foot on one’s property: 〜はわたしの家へ寄りつこうともしない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 26
will be keeping company with sb, and setting up for oneself: (人と)一緒になって、べつに世帯を持てるようになる ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 131
what sb set in motion: 〜の呼びかけで作り出されるもの フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 61
walk on in a steady and set silence: むっつり黙り込んだまま、道を急ぐ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 126
to get sb set at liberty: なんとか(人の)釈放をかちとる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
through a convoluted set of movements: あれこれと複雑な手順を踏んで ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 408
think the sun rise and set on sb: (人の)生活は(人を)中心に回っている ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 513
there is a general set of the current of talkers past sb’s desk: 今まで放談にふけっていた連中が、ぞろぞろと(人の)机のそばを通りかける ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 100
the wedding date is set: 結婚式の日取りが決る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 51
the sun was nearly set: 日はほとんど暮れ落ちた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 162
the sky under the setting sun: 夕暮れ時の空 ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 22
the public current of the time set too strong and fast for sb: 時世の流れは、恐ろしく急速に、そしてまたどうにもならない勢いで動いていた ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
the populace set up a shout of applause: 傍聴人たちは一斉に歓呼の声を上げる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 184
the poor example sb set: (人の)悪い手本 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
the events that ... set in train: 〜に端を発した一連の事件 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 363
take a hard set: 引き締まる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 193
sth that set all this in motion: そもそものきっかけになった〜 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 270
stalwart limbs set out to advantage in knee-breeches and gaiters: 半ズボンやゲートルやしっくり似合うたくましい手足 E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 8
spent XX years getting sth all set up: ここまで持ってくるのにXX年かけた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 308
set up with system privileges: はじめから特権が与えられている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 190
set up time zones: 時間的制限を加える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 316
set up the odd commotion: 〜が妙に騒がしい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 237
set up structured programs: プログラムを組む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
set up sb’s account incorrectly: 名義に関する設定に誤りがある ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 64
set up on sb at ...: 〜で(人を)待ち伏せする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
set up at either end of the street: 道の両側で眼をとばして突っぱらかってる オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 238
set up a howl: 泣きはじめる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 101
set traps on ...: 〜を監視する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 78
set tongues and heads wagging, both in admiration and distrust: 噂に花を咲かせ、首をかしげる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 39
set to with a will in whatever way seems fit: 然るべく立ち働く 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 230
set the whole thing in motion: そそのかす 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 70
set the whole place by the ears: たちまち家中をかきまわしてしまう アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 144
set the villagers’ tongues to wagging: 村人たちの口の端にかかる 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 123
set the date for ...: はっきり日が決まる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 129
set the bottles back upright in their pyramid: 瓶をまっすぐにもどしてピラミッドを組み直す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 194
set sth up as a profitable industry: 事業として成り立つ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 161
set sth up as a movie: (芝居などを)映画に焼きなおす ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 342
set sth squarely on ...: 〜をぴたりとかぶる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
set sth on fire to drive sb out: (物)に火を放って(人)をいぶり出す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 89
set sth carefully aside: 〜をそっと脇におく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
set sb up with that jab: このジャブにひっかかる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 63
set sb to doing: (人に)〜を言いつける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 251
set sb on a course of ...: (人を)〜の道に押し進める デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 204
set sb against sb: (人に)愛想をつかされてしまう マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 255
set sb’s heart beating faster: 胸がときめく 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 181
set sail for ...: 〜へ出かけていく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
set out wires around one’s abode: 住まいのまわりにロープや鉄条網をめぐらす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
set out to radiate sweetness and light: やさしさと光をわかち与えようと心に決める セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 101
set out to ...: 決まりにしている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 16
set out on a pleasure boat: 遊覧船に乗りこむ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 266
set out on ...: 〜をめざす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 356
set out in pursuit: 尾行に取りかかる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 90
set out for ...: 〜のほうへ向かってくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 93
set out for ...: (場所に)向かう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 252
set out around the streets: おもてに飛び出す ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 211
set oneself the task of ~ing: 〜することにしている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 15
set oneself soberly to work upon one’s guard-book: 切抜帳相手にしっかり仕事に取りかかる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 71
set oneself above sb: (人を)蹴落し、上にのしあがる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 57
set one off blind on a path that leads straight to sb: 〜のおかげでこんなところにやってきて、よりによって(人の)手に落ちるはめになってしまう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
set one back about: 〜ばかり懐に穴があく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 196
set one’s own tone: 自分のカラーを打ち出す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 69
set one’s mind on it: こうと思いこむ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 18
set one’s mind at rest: (人が)納得してくれる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 62
set one’s heart too much on things: ものごとを思いつめすぎる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 135
set one’s heart on it: すっかりその気になる ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 113
set one’s heart on ...: 〜するのに懸命になる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 105
set one’s head to do: 〜する方へ頭が働きはじめる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 149
set one’s hand upon sb: (人を)つかまえる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 153
set one’s glove as a target: ミットをさしだす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
set one’s face homeward for ...: 〜の方向へ向かう スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 220
set one’s course down the path of ...: 〜の道をとろうとしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
set one’s cap at sb: (人に)熱をあげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 140
set one’s affections on sth: 〜を愛する ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 298
set one’s ’copter down at ...: 〜に向かって機首を下げる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 46
set off with long strides, gradually disappearing down the street: 相当の歩幅で、通りを遠ざかりはじめる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 195
set off to see sb: (人の)許へやってくる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
set off silent explosions of love: 無言の愛をかき立てる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 66
set off on ...: 〜にかかる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
set off into enemy territory: 敵地に乗り込む 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 114
set off for one’s house: (人の)家へ足を向ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
set loose a train of horrible thoughts: 心のなかに堰を切ったように次から次へと怖しい想念を流しこむ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 102
set loose a bedlam: とんだ騒ぎになる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
set in order and make public one’s findings concerning sth: 〜についてこれまでに得られた(人の)研究成果をまとめて発表する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 14
set in a pleasant grove of trees: 気持のよい木立ちに囲まれ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
set here big as life with sb: こうして(人と)しっぽりとよろしくやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 194
set forth on one’s returning passage to ...: 〜へと帰途につく ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
set foot out of her door: ドアの外へなんか一歩も足を踏み出せない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
set foot on ...: 始めて踏む〜 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 33
set foot in ...: 〜に足を踏み入れる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 28
set down the essential emotional habits: 基本的情動を身につける バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 11
set down all one know, and after that my theories: 判明した事実をまず列挙し、しかるのち(人)自身の仮説を記す ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 116
set back in ...: 〜に隠れるように建てられている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
set all of that aside: これまでのことはさておく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 400
set about the search for my remains: 死体を捜索しに出かける E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 45
set about one’s business: 仕事にとりかかる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 261
set about doing ...: 〜しようとする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
set a frivolous foot upon a casual rabbit: たまたま出あった兎を面白半分に足で踏んづける O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 194
sb’s heart is set on sth: やりたくて夢中になる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 231
sb’s face is set in taut, angry lines: 顔をかたくひきしめ、こわばった、腹だたしげな表情を見せている クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 148
one’s jaw be set meanly: あごをキッと引いてにらんでいる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
now set in motion: いまとりかかったばかり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
may not set so much store on getting married: あまり結婚というものを問題にしてない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 178
malfunction in the television set: 受像機の故障 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
least sudden noise set sb all in a quiver: ちょっとの物音にも震え上る E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 63
jerks that sb have set straight: 〜に踊らされた馬鹿者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
it is time to set one’s thoughts aside: いつまでも考えごとばかりもしていられない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
I’ve never set foot inside ... and I never will: 〜に足をふみいれたことはないが真平だね ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 59
have thereby set an example for American womanhood: まさにアメリカ女性の鑑である ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 23
have the effect of setting people on edge: 人を落ち着かなくさせる 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 114
have set out upon the forbidden path: あらぬふるまいにおよびかける 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 45
have set a lot of store by ...: 〜をよほど大事に思っていた 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 39
have a double set of doors: 二重ドアになっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 164
have a certain set to one’s chin: こうと決める メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 107
get set up study: 勉強に取りかかる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 198
from the path of learning when one have only just set out on it: これから学問をしようという首途に 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 175
eyes of sb’s remain dead set on ...: 目は相変わらず〜を見すえたままだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
earnestly set about saving sb’s reputation: (人の)名誉回復に努力する ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 117
do me good and set me thinking: 〜すると気分は良いし、考えごともできる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 57
begin setting an agenda: なすべきことにとりかかる オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 136
begin opening and closing assorted briefcases noisily setting up shop: さっそくがさがさとブリーフケースを開いたり閉じたり、店を広げはじめる フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 70
be well set for the next quarter of an hour: 十五分は続けられる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 59
be setting out to do: 〜しにかかる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 207
be set upon anything: こうだと思いこむ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 124
be set upon and tormented by ...: 〜に責めさいなまれる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 399
be set up with ... in rows: 〜がずらりと並べてある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 111
be set up to ...: 〜ような仕組みになっている サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 203
be set up by others: 仲間にはめられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 227
be set to the fire: 〜には火がつけられる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 321
be set to do: 〜するばかりになる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 215
be set to an oar: ボートを漕がされる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 278
be set on doing: 〜する気でいる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 273
be set back years: 数年分は後退する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 193
be set back off the street: 通りから奥に引っ込んで建てられている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 321
be set aside for sth: 〜のためにあけられている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
be set aside for ...: 〜に占領されている オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 9
be set aside by ...: 〜が堰とめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 343
be set apart from one’s own: 差別される レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 227
be set against ...: 〜から控除される メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 83
be permitted to set sail: 渡航が許可される 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 9
be laid out in two columns and set in dense eight-point type: 二段組みにびっしり8ポ活字が並んでいる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 252
be decorated like the set for ...: 〜の撮影にそのまま使えそうな飾りつけである フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 73
be already set on the idea: 腹はもう定まっている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 89
be almost all set to do: もう少しで〜するところだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 321
be all set to do when ...: 〜のとき完全に〜している サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 197
be all set to do ...: もう〜する心づもりでいる ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 99
be all set to do: 〜するばかりになる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 244
be able to set one’s hysteria aside: パニック状態を脇へ押しやる余裕をおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
baldly set out each in turn: 順に単刀直入にもちだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 473
artificially set a goal oneself: 無理に目的を拵える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
always keep the set on until ...: 〜してスイッチを消すことにしている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 187
after the date for the wedding was set: 式の日取りが決った頃 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
a word would set it right: 話せばわかる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 54
a set of functional false teeth: まっとうな入れ歯 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 423
a roadblock is set up: 道路封鎖の準備が整う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 477
a rest between sets: 幕間の休憩 ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 96
a remarkable set of automatons: ずらりと並んだ見事な自動人形たち ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 45
a phenomenal set of headlights: 目をみはるばかりの豊かな胸 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
a new set of feelings about one’s death: (人の)死をめぐって湧き上がってきた一連の新たな感情 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
a light that set off to advantage the crimson of the velvet: 深紅のびろうどの色にはこんな光りがいい 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 16
a large boxed set of deluxe canned crab: 極上の蟹罐の大箱 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
a house is set on fire: 家が火事になる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 206
a fine laced hat is set on the back of sb’s head: みごとなレースで飾った帽子を、あみだにかぶっている スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 163
a conversation I had with sb1 that set the whole memory of sb2 in motion again: 〜とその話をしたおかげで、〜についての思い出がすっかりよみがえってきた カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 9
... set sb to doing: 〜がきっかけで(人が)〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 280
... lay is all set: 〜のだんどりは、これですべてすんだ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 246
... have set it going: 〜をキッカケに ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 176
“director’s doldrums” to have set in: 演出家の憂鬱に陥る デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 43
ツイート