× Q 翻訳訳語辞典
idea   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うらやましいこと
   
be sb’s idea of hunger: (人にとって)よだれが垂れそうなほどうらやましいことだ エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 183
こと
   
a strange idea assailes one: 〜は妙なことに気づく 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
だいたい
   
that’s generally the idea: だいたい、そうお考えになっても結構だ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 120
つもり
   
sb’s idea has simply been to lay sb’s hand: ほんのちょっと痛めつけてやろう、ぐらいのつもりだった ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 15
ような気
   
have an idea ...: 〜のような気がする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 46
わかっている
   
have no idea ...: 〜か、まるでわかっていない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18

アイデア
   
try out some ideas: アイデアをひねりだそうとする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 424
one’s latest brilliant idea: 自分の最新アイデア トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
find the idea startling: このアイデアに驚く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
アイディア
   
have an idea: アイディアがひらめく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 178
come up an idea for a publishing venture: 出版で一旗あげようと、ひとつのアイディアを持ってやってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 171
イメージ
   
don’t have a very clear idea of who or what God is: 神とは果たしてどういう存在か、はっきりしたイメージがあるわけではない ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 148
ヒント
   
take the idea from ...: 〜からヒントを得る 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 156

   
sell sb on the idea of ...: 〜案を(人に)吹きこむ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 75
sb’s own idea: もともとは(人)自身がいいだした案 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
意見
   
different ideas are expressed that ...: 〜という新しい意見が出てくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 235
意思
   
They shook hands; it was her idea: 彼女の意思でふたりは握手をした ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 183
be solid with the idea of ...: 〜の意思が堅い プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 238
意図
   
it was the whole idea of it: それがそもそもの意図だった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
一家言
   
have one’s own ideas about ...: 〜に関してみずから一家言もっている オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 62
観念
   
idea of privacy: プライバシーの観念 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 37
explain one’s ideas of glory and death: 自分の栄光や死の観念について語る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
観念や感覚
   
irrational idea: 不条理な観念や感覚 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 14
関心
   
if you had any idea what is good: 多少ともおいしいものを食べることに関心をお持ちの方なら フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 82
   
toy with the idea of ...: 〜という気になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
気持ち
   
like the idea of sb being gone for a while: (人を)少しのあいだでも厄介払いできればという気持だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 220
計画
   
this dreadful idea: あのとんでもない計画 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
some upstart with big ideas and small brains: 大層な計画に貧弱なおつむという、どこかの成り上がり者 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 282
見当
   
none of sb have any idea: (人には)見当もつかない 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 32
I have no idea how: 皆目見当がつかん 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 75
have not the least idea about ...: 〜について、皆目見当もつかない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 151
have no idea why ...: なぜ〜か見当がつかない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 511
have no idea where the truth resides: どこに真意があるのか見当もつかない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 155
have no idea what has occurred: 何が起こったのか見当もつかない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 13
have no idea what ... is like: 〜がいったいどのようなものであるのか、(人に)は見当もつかない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 413
have no idea ...: 見当もつかない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
have no idea: 〜か見当もつかない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 359
have no idea: まったく見当もつかない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
do not have the remotest idea: 見当すらついていない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
can only get a vague idea of sth: おおよその見当がつくだけだ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 17
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
   
have really no idea: (人に)考がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
考え
   
very sane idea: すごくまともな考え スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
toy with the idea of doing: 〜しようかと考える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 252
the whole fucking idea: どだい考えが間違っている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
have big ideas: 大きな考えを有っている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 98
give sb’s idea: (人の)考えどおり、〜しようときめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
get the right idea: いい考えを思いつく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
get ideas above one’s station: 身のほど知らずの考えをいだく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
be a nice idea: 考えとしてはわるくない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
考える
   
the idea seems a reasonable one: (人が)そう考えたとしてもべつだんおかしくはない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
be a good idea: 〜を好ましいと考える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 264
考え方
   
there is some symbolic appeal to the idea of ...: 〜という考え方には、象徴的な意味合いからすれば魅力的である ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 191
the idea is an old wive’s tale: そんな考え方はたわいない言い伝えにすぎない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
Henry's idea made sense: ヘンリーの考えかたも一理だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 493
be not a good idea: 〜が正しい考え方ではない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 404
考察
   
ideas about sth: 〜の考察 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
idea about sth: 〜に関する考察 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 55
魂胆
   
idea of taking over the first store’s business: この古い店の客を横取りしてしまおうという魂胆 ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 44
作戦
   
crazy idea: 無謀な作戦 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 114
参考
   
have some idea of ...: 一つ〜の参考にする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 88
思いつき
   
it’s a lousy idea for you to do: 〜なんて思いつき、あんまり感心したものじゃない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 20
bright idea by the civilians: 頭のいい文官の思いつき ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 261
思い当たること
   
you must have some idea: なにか思い当たることはないのか ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 135
思う
   
toy with the idea of doing: 〜しようかと思ったりする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 114
that idea is enough to fill sb with such immediate despair: そう思うと、深い絶望感にとらわれることになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 126
really don’t have a good idea: 〜がどんなものだかうまく思い浮かべられない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 402
思うこと
   
the idea that sb ... is still there part of the time: そう思うことはしょっちゅうある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
思案
   
wrestle with the idea of whether to do ...: 〜すべきかどうか思案に暮れる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 117
思想
   
seem to indicate a total lack of ideas or integrity: 無思想にも無節操にも見える 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 86
sb’s ideas at present: (人の)思想とか意見とかいうもの 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
present in a systematic manner one’s own ideas: 練り上げた思想を系統的にまとめる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 66
思想問題
   
contemporary ideas: 現代の思想問題 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 147
思惑
   
have an idea that ...: 〜という思惑がある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
主張
   
idea of ...: 〜という主張 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 259
情報
   
give sb some idea of ...: 〜についてなんらかの情報を(人に)さしあげる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 37
心あたり
   
maybe sb have an idea: ひょっとして心あたりは? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
have ideas: 心あたりがある ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 151
any ideas where sb went?: (人の)立ち回り先に心あたりは? フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 365
any idea: 心あたりはないか ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 8
心境
   
be obsessed with the idea that ...: 〜という心境に駆られている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 277
心当たり
   
haven’t the foggiest idea ...: 〜なのか、心当たりがまったくない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 198
have you any idea: 何か心当たりは トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 59
have no idea what this is about: 心当たりがない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
have an idea: 心当たりがある 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 91
Do you have any idea who could have done this?: 犯人について心当たりは? デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 136
do you have any idea of ...: 心当たりはありますか デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 312
ask if sb have any idea: 心当たりはあるかとたずねる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 326
心当り
   
be not without some idea: 心当りが無くもない 安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 42
   
the idea of doing: 〜するという図 キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 45
推測
   
put together a fair idea of sth: かなり近い推測に達する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 156
   
sb’s ideas: (人の)説 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 45
one’s ideas about ... sound fine, but if you ask me ...: 〜という(人の)説は、裏を返せば〜 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 191
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 249
狙い
   
that is the idea: それが狙いだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 395
想像
   
have a rough idea: おぼろげに想像はつく ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 90
have no idea: 想像もつかない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 168
seeing ... gives sb an idea of ...: 〜を見ていると、〜のだいたいの想像がつく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
想念
   
the mixture of facts and ideas: 事実と想念がもつれからまって クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
the ideas of justice: 正義の想念 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 556
知る
   
have no idea: 知るべくもない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 151
知恵
   
run outa ideas: 知恵が尽きる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 508
ill-considered idea: 浅知恵 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 104
智恵
   
put the idea into sb’s head: 智恵をつける 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 70
提案
   
have an idea for sb: 一つ提案がある フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 287
flatly reject the idea: にべもなくこの提案をしりぞける クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 278
   
old ideas: 古い頭 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 272
入れ知恵
   
It was your idea: 竜助さんの、入れ知恵で・・・ 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 198
発想
   
Tymnet's idea was simple and elegant: タイムネットの発想は実に単純にして卓抜だった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 44
harebrained ideas: とんちんかんな発想 オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 30
a wonderful idea: じつに秀逸な発想 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
名案
   
an idea occurred to sb: ある名案が(人の)頭にひらめく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
目的
   
the idea is to do: 〜することが(人の)目的だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 303
問題
   
puzzle over the idea: この問題をあれこれ考えあぐねる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 147
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 1
流儀
   
sb’s idea is to do: 〜というのが(人の)流儀だ レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 212
   
the idea die: この話は立ち消えになる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
seem a bizarre idea to sb: 不思議な話だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 71
neither sb nor sb tolerates the idea: (人に)とっても(人に)とってもそんな話は論外だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
be not an agreeable idea: ありがたくない話だ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 35

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

your idea: そっちがいいだしたんだぞ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
wrong idea: それはまずい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
what an idea: まあ、あきれた
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 50
the whole idea of ...: 〜など
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 122
steal the idea: (物を)そっくり真似る
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 83
refuse that idea: それを受け付けない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 416
oppose the idea: 断わる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 417
one’s theories and ideas: 観念
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 228
like the idea: 乗り気をしめす
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 82
ideas concerning ...: 〜に対して抱いていた観念
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 16
here’s my idea: 僕に考えがある
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 204
have the idea: 考える
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 308
have some idea: だいたい想像がつく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 150
have some idea: どんなものかわかる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 366
have no idea what is wrong: 原因不明
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 180
have no idea: さっぱり見当がつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 235
have no idea: つかんでいない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
have no idea: とっさには思い当らない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 15
have no idea: まるっきり見当がつかない
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 88
have no idea: まるで思い当たるふしがない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
have no idea: 見当がつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 98
have no idea: 見当もつかない
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 59
have no idea: 見当もつくまい
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 153
have no idea: 思いもよらない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 141
have no idea: 知らないよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
have an idea ...: 〜と思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
have an idea: わかっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
great idea: 賛成!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 350
good idea: いいねぇ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 66
good idea: うん
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 127
good idea: そうしよう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 440
get those ideas: そんなことを思いつく
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 119
get an idea: ちょっと思いつく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 405
get an idea: 思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
express the right idea: 十分
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 208
bad idea: 大まちがい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
a good idea: 名案
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 72
you have no idea ...: 勝手が違うでしょ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 38
you get the idea: まあ、こんなところです
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 36
without the least idea that ...: 〜つもりは全然なくってね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 127
without the least idea that ...: 〜のはちっとも気づかない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 135
whether the idea appeals to sb or not: そう思うのは(人の)気に入らないかもしれないけどね
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
where do you get that idea: どうしてそう思う?
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 134
when one first tried this idea out: やってみると
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 72
what’s the idea of all ...: 〜するのはどういうことだ
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 52
what’s the big idea: いったいどうしたっていうの
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 233
try the same idea: この手を使う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 171
toy with the idea of doing: 〜してみようか、と思う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 43
toy with the idea of ...: 〜を漠然と考える
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 129
to say nothing of how stupid an idea it is to do ...: 馬鹿も休み休みにしたほうがいいんじゃないか
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
this is your idea of sth: きみは〜だと思っている
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 357
this is such a new idea to sb: あんまり思いがけない意見なので
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 74
this is such a new idea to sb: こんなことは考えたこともない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 74
think it is a good idea to do ...: 〜すれば有利かもしれないと考える
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
the very idea is ridiculous: そんなこと、考えるだにばかげている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
the idea that ...: 〜なんぞというの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 217
the idea of ... instantly occur to sb: すぐに〜が頭にうかぶ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 242
the idea of ...: 〜ということ
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 35
the idea occurs to sb that ...: (人は)〜と考える
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 70
the idea never cross one’s mind: (人)には知る由もない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
the idea have just occurred to sb: たった今思いつく
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 84
the idea being an alarming one: 考えて見れば大変なことなので
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 39
that’s a useful idea: 今のお話は参考になります
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 29
tell sb that won’t be a good idea: それはやめたほうがいい、と答える
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 42
start toying with the idea: ちらちら考えだす
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 100
simply abhor the idea of doing: 〜するのは厭なのだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
sb’s idea is that ...: (人の)考えでは〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 46
really have no idea: 自分でも説明がつかない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
put the idea into practice: ちょくらちょいと実行する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
put ideas in sb’s head: よけいな口だしをする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 58
one’s ideas suffer an abrupt about-face, and ...: 手の平を返したように〜
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 301
one’s ideas of sb do not include doing sth: (物事をするなんて)とても(人のすることとは)思えない
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 51
now that the idea has occurred to sb: いったんそう思いこんだが最後
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 277
not one’s idea of sth: (人が)(物)と思うのとはちょっとちがう
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 279
not a good idea: いや、それはまずい
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 63
must admit that one be rather annoyed at the idea of ...: 〜だと思うとさすがにいい気持ちはしなかった
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 79
might be a good idea to do: 〜してもいいな
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 433
like the idea of travelling: 世界を歩いてみたい
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 67
like the idea of ...: 〜と考えてごきげんになる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 276
laugh tremendously at the idea of ...: 〜と言って笑いころげる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 89
laugh at the idea: 一笑に付す
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
it would be a good idea to do: 〜するのが賢明だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 353
it will be a good idea to visit sb’s cottage: (人の)家を訪れるのが得策だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 52
it might put ideas into people’s heads: 知らない人が聞いたら本気にしてしまう
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 31
it is not such a good idea to get on sb’s bad side: 〜を怒らせないほうがいい
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 40
it’s a smart idea to do: 〜というのも味なものだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 163
it’s a good idea to do sth: 〜が身のためだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 588
it’s a good idea: 念のためですよ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 243
if it’s not their idea it’s no good: ひとが言うことには耳を貸さない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 190
I really don’t think it’s such a good idea for you: ぼく思うんだけどね、ちょっとまずいんじゃない?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
I have no idea whether or not ...: 〜について、わたしはなんとも言えない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 387
I have an idea I’d like to talk to you about: ちょっとご相談に乗ってもらいたいことがあるのですが
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
I had no idea: そんなことがあったなんて、全然知らなかった
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 133
I get the idea: そういうものかな
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
I don’t want to give you ideas: 妙なことを考えるんじゃねえぜ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 146
I don’t think it’s a good idea: そういう気持ちになれない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 76
I’ve come up with an idea: いいことを思いついた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 290
how long have one been brooding over the idea that ...: いつからそんなふうに考えてたんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
haven’t the slightest idea what ... is: 〜とは何であるかを一向に理解しない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 12
haven’t the faintest idea: 見当もつかない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 66
have the slightest fuckin idea: 考えもしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
have the right idea about ...: 〜にたいする考えは間違っていない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 395
have some idea of the way ... and why: 薄々〜の事情をわきまえている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 66
have one’s own ideas of what beauty is: 自分なりに美の基準を持っている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 137
have not the slightest idea why ...: どうして〜なのかさっぱり訳がわからない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 80
have not the slightest idea what ... is: 〜がどういうものか、まるで知りません
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 10
have not the slightest idea what ... is: 〜がどんなものか、これっぽっちも知らない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 131
have not the slightest idea what ... is: 〜がなにかも実はちんぷんかんぷんなのだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
have not the slightest idea what ... is: 〜とかいったって、全然わけがわからない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 17
have not the slightest idea what ...: なにがなにやらさっぱりわからない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
have not the slightest idea: ついぞ見当もつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 72
have not the faintest idea: てんで知らない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 224
have not any idea of how to bet: どうやって賭ければよいものやらとんと見当がつかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
have no idea no inkling: かいもく見当もつかない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 173
have no idea why ...: なぜ〜なのか、見当がつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
have no idea why ...: なんで〜なのか見当がつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 141
have no idea why: 理由はわからない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 44
have no idea where sb is now: (人の)居場所もぜんぜん知らない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
have no idea where sb have disappeared: (人の)行方はとんと思い当たらない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 249
have no idea when ...: いつのことになるのか目算も立たない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 207
have no idea what to do: どうしたらいいか、かいもくわからずただとまどっている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 282
have no idea what to do: はたと当惑する
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 53
have no idea what sb is up to: どういうつもりでいるのか見当もつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 403
have no idea what sb is driving at: (人が)何を言おうとしているのかはかりかねる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 31
have no idea what one is saying: 何を云っているか全く前後不覚である
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 308
have no idea what’s going on here: なにがどうなってんだかさっぱりわかりません
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 106
have no idea that ...: 〜ことについては一向に覚えがない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 191
have no idea that ...: 〜などは夢想だにもしない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 128
have no idea that ...: 〜なんて、まったくの初耳だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 469
have no idea oneself: (人)自身が見えていない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 237
have no idea of what sb agreeing to: いったいなにに対してはいと答えていたのか(人には)まったくわかっていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 290
have no idea of what one is up to: 自分のやっていることがわかっていない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
have no idea it is so difficult: それがむずかしいことなのかどうか、まるでわからない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 135
have no idea how to react: どうしてよいかわからぬ風情だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 287
have no idea how to proceed: その先どうすべきかわからない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 93
have no idea how to do: 〜する手段など、知るすべもない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
have no idea how to cope with sb: 受けとめるすべをしらない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 186
have no idea how often ...: 何遍〜したかわからない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 49
have no idea how much more impatient one is with oneself: (人)自身が何層倍歯痒い思いを重ねて来たか知れない位だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 271
have no idea how ..., nor if ...: 〜か、〜か、どつちもすこぶる心許ない話だ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 152
have no idea at all what is going on: 事態がどういうことか判らない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
have no idea anything is wrong: 楽観している
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 492
have little idea of ...: はっきりわかっていない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 22
have had uniformed ideas of ...: 〜と、なんとなくそんな決心もしてみました
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 274
have got some ideas of one’s own already: 年相応に理解している
have got a pretty good idea: かなりの確信がある
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 203
have got a pretty good idea: わきまえている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 119
have an very clear idea: はっきり心得る
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 19
have an idea what to do: 存念がある
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 254
have an idea for ...: 一計がある
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 45
have an idea about the audit: そうか、あの会計監査には対処する手があるぞ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
have an idea ...: 〜をおぼえている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
have ambitious, extravagant ideas about ...: 〜という途方もない野心を抱く
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 80
have acquired some idea of what the work actually is: 実際の仕事の見当がつく
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 71
have absolutely no idea who one be: 自分が誰なのかはわからない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 7
have absolutely no idea what you’re talking about: なんの話か皆目見当もつかない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 257
have absolutely no idea ...: 〜のやら、まったく見当もつきかねる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 189
have a vague idea ...: ぼんやりと〜のような気がする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 104
have a vague idea: 〜かもしれないなと思う
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 103
have a pretty good idea: おおよそ察しはついてる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 115
have a pretty good idea: 察しはついている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 82
have a pretty damn good idea ...: ちゃんとわきまえてる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 88
have a glimmering of an idea: 心の片隅でちらりと思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
have a general idea what’s happened anyway: およその見当はついている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 54
have a fair idea of ...: 〜についてなら十分に承知している
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
have a fair idea ...: 〜がはっきりと掴める
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
hate the idea that ...: 〜なんて我慢できない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
hate the idea of doing: 〜するなど考えるだけでもいやなことだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 458
hate the idea of doing: 〜するのがつらい
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 109
had some idea to do ..., but ...: そうは思ったものの、〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
grow strong in one’s own ideas: だんだん我が強くなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 299
grin at sb’s idea: (人の)頭のなかがわかってにやりとする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 130
give up the idea: やっぱりだめだと思う
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 119
give sb an idea of the facts: ご了解いただく
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 130
give sb an idea ...: 〜ということがわかりかけてくる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 296
get the idea that ...: 〜だと思い込む
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 17
get the general idea: 見当をつける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 339
get the general idea: 言わんとすることはだいたいわかる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 326
get a kick out of the idea that ...: 〜ということが(人に)は愉快だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 254
get a fair idea of ...: 〜のだいたいの輪郭をつかむ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 216
get a faint idea: ぼんやり感じられる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 357
for want of a better idea: 切羽つまった処置として
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 96
find oneself becoming obsessed with the idea of ...: 〜したいと強迫観念に似たものにとりつかれる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 221
don’t relish the idea of doing: 〜するのはぞっとしない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 49
don’t relish the idea of ...: いまさら〜するのはいやだ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 78
don’t like the idea of ...: 〜を想像して、やる気をなくす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
don’t have the vaguest idea: まったく心あたりがない
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 56
don’t have the slightest idea what ...: ほんとにもう、これっぽっちもわかってないんだから
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
don’t have the slightest idea if ...: 〜か、知れたものじゃない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
don’t have any idea what sb is talking about: (人の)言ってることがチンプンカンプンらしいのだ
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 145
don’t have any idea ...: 〜をまるでわかっていない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 250
don’t get the idea that ...: 〜じゃないんですよ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 366
don’t find the idea as funny as sb apparently do: (人と)ちがって、そのことけっこうマジに考えてるの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
do you have any ideas: 心当たりはないかな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 240
do you have any idea what ... is?: あなたは〜ってどんなものだか御存じなんですか?
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 401
do one have any idea about ...: 〜のことをどう考えてるんだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
do not think ... is a clever idea: 〜に乗り気ではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
do not like the idea of doing: 〜するのは気がさす
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
do not have the foggiest idea what sb is talking about: (人が)何を言っているのかさっぱりわからない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 315
do not have the faintest damn idea: ぜんぜん見当もつかない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 167
develop an idea of sb: (人に)ついてさんざん想像をめぐらせる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 76
close enough to give the catchers some idea: キャッチャーが感触をつかむには十分なスピード
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 46
certainly have a good idea of it: 大体の想像はついている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 386
begin to have a faint idea: わかりかけてくる
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 72
be toying with the idea of doing: 〜するつもりがいくらかある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 261
be such a good idea: なかなか悪くない
be sort of toy with the idea of doing: 〜することをなんとなく考えてみる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 80
be so much in the grip of a fixed idea: 一途に思いこんでいる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 99
be rather doubtful over the idea of ...: 〜は考えものだと云う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 229
be obsessed with the idea of ~ing: 〜しようと躍起になる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 40
be not your idea of ...: 〜にはほど遠い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 72
be not sure one like the idea of ...: 〜が気になる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 286
be not sb’s idea of fun: (人は)どうもあまり気が進まない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 40
be not resigned to the idea of ...: 〜という事態を心に受け入れていない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 486
be no one’s idea of ...: 〜と縁のない(人)
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
be furious at the idea: それを聞いて憤慨する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 177
be easy prey for stronger men with wickeder ideas: 腕力と悪知恵をそなえた黒幕にとっては、赤子の手をひねるより簡単な相手だ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 133
be confused by the idea of urban life: 都会暮しに混乱している
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 273
be beginning to get some ideas about ...: 〜についてはすこしわかってきた
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 65
be already set on the idea: 腹はもう定まっている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 89
be all sb’s idea: (人の)言い出したことだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 18
be a little uneasy with the idea: そう言われて考えこむ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 106
and you give me an idea: そうだ、これで思いついた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 258
an idea actually dawns: なにか思いつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
an example will best convey the idea of sth: 具体的な例を挙げた方が、(物事は)一番わかりいいだろう
aghast at the idea: それを聞いてびっくり仰天した
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 68
adjust to the idea that ...: 落ち込みから立ち直り、〜に頭を切り換える
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 36
a conscientious, punctual schoolgirl alive with a hundred ideas: あれもしよう、これもしようと考えていた潔癖で几帳面な少女
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 18
a bright idea comes into sb’s head: (人)はぱっと閃く
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 101
100 percent behind the idea of ...: 〜を全面的に応援する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 51
have absolutely no idea: 皆目見当もつかない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 331
can probably accept the idea ...: 〜を認めるのはさほど抵抗を感じないだろう
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 136
accept the idea that ...: 〜と割り切る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 308
Shiro, however, adamantly opposed the idea even losing his temper:: それなのに四郎はかたくなに怒気まで含んで断わりつづけたのだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 417
have no idea how it affected sb: (人が)どんな気分でいるかはわからない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 213
The idea of forcing her to do anything bridled Kelly: 何事にもせよ彼女に無理強いするというのは、ケリーには気が進まなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 132
the very idea appals me: ぞっとしないな
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 476
Stern found the idea startling -- particularly its appeal: このアイデアにスターンは驚いた--とくにそれの持つ力に
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
the idea have ... arresting clarity: ハートをぐさりと突き刺すほど鮮烈な考え
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
the imagination baulk at the very idea: 〜という想像は、浮かんだはなから消えてしまう
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 327
though dismiss the idea as baseless: むろん根も葉もないこととすぐに打ち消したが
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 152
a blasphemous idea: 不遜なことを考える
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 455
be a bloody marvellous idea: とびっきりの名案だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 248
a brilliant idea: なかなかたいした考え
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 67
be brilliant idea: 申し分なしだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 58
you can forget that idea: やめておいたほうがいい
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 39
confirm one’s idea: (人の)考えを確証する
ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 65
never dreams of considering whether the idea is right or wrong: その思想が正しいものか、それとも間違ったものであるかをじっくり考えてみることなどおもいもよらぬのだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 20
It could be a focal point for spreading the idea to--: 彼らが火つけ役になって、万が一--
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 70
decide that ... is such a good idea: 考えてみると、これはなかなか悪くない
very decided idea: しっかりとした意見
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 26
find the idea rather depressing: それが、いささか鬱陶しい
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 86
detest the very idea of Prussia: プロシア、と考えるだけでぞっとする
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 33
might not be anybody’s idea of a dream date: 女性がデートをしたがる相手ではないかもしれない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 177
drop the whole idea: 諦める
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 6
sb1 have accepted sb2’s idea so easily: じぶんの考えが(人に)素直に受けいれらた
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 144
really, the idea pleases me enormously: こいつは思いのほか面白いアイディアだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 16
have not the faintest idea that ...: 〜がどうしてもわからなかった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 95
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!