Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
would
▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
〜ことがあった
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
〜しかねない
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
〜しないでいられるものか
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 89
〜するさ
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
〜するのが筋だ
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 28
〜せずにはいられない
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 218
〜できる勘定だ
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
〜筈である
   
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 168
(〜した)もんだ
   
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 297

いいと思う
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 113
きまっている
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 185
さぞ〜したことだろう
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
しかねない
   
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 43
しそうである
   
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
たい
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 400
とうてい〜まい
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 275
どうしても
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
どうやら
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
はずである
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 96
まさか〜する
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 242

気がする
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 14
思います
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 286
辞さない
   
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 34
常だ
   
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 230
訊かれれば〜だ
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
当然だ
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
必ず〜する
   
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 286
迷わず〜する
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 105
予測
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 240

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wouldn’t want sb to do: いいのよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
wouldn’t leave: 頑としてうごこうとしない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 263
wouldn’t do: 〜はずがない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 122
would usually do: たいてい〜するのが常だった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 5
would say ...: 〜と言うとこだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 104
would rather do: (人が)〜するって人だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 276
would not do: 〜してくれない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
would not do: 〜するまでのことはない 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 201
would not do: 〜するものか ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 279
would not do: うんと言わない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 200
would not do: どうしても〜しようとしない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 237
would not budge: しらばくれる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 72
would not ...: 〜するつもりもない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 324
would not ...: どうしても〜しなかった デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 120
would do: 〜することがよくあった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 285
would do: 〜なら、〜したいところである マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 267
would do: いつも〜する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 157
would do: しょっちゅう〜していた ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 41
would be ...: きっと〜するさ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
would always say: いつも言う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
sb would: やりそうなことだ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 305
I would say that ...: 〜ですね ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 308
I really would: 実際そうしたいとこだけど サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 244
I’d like to ask one’s forgiveness: 許してね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
you wouldn’t think that ..., would you?: 〜ということもあるまい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 383
you wouldn’t like to do, would you?: ねえ、〜しない? 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 151
you wouldn’t happen to have been in ...?: ひょっとして、〜に入ったことはないだろうな? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
you would find yourself doing ... if you did ...: いっとくが〜したら〜することになる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 288
wouldn’t want sb to leave sth: ずっと〜してていいのよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
wouldn’t want sb to do: 〜しなくていい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
wouldn’t want sb to do: (人に)そんなことをしてもらうわけにはいかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
wouldn’t walk away from the chance to do: 〜するチャンスをむざむざふいにするはずがない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 306
wouldn’t give any actual ground: 譲歩のきざしはまったくない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
would you like to ...: どうです、〜しませんか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
would you like me to do ... ?: 〜しましょうか? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
would you like ...: 〜したほうがいいのかな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
would you care to have a look?: お見せしましょう 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 419
would you care for some champagne?: きみもシャンペンをすこしどうだ? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 221
would you call this ...?: これを〜と呼べるだろうか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
would sb consider that ...: どうだろう〜してくれないか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
would read this report with consistent pleasure: この所見書を折りにふれて読み返しては、喜びに浸る アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 152
would rather do than do: 〜するのは好いが〜はかえって厭だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 57
would rather die than do: 〜するくらいなら死んだほうがましだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 18
would not want to do: 〜するのは気がひける ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 120
would not say one believe sb: (人を)信じる気はさらさらない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 159
would not play with sb: (人と)勝負するのはごめんだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 246
would not have such another walk for the three kingdoms: 全国残らずやるといっても二度とあんなにして歩くことはまっぴらじゃ E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 51
would not have done: (人)には〜しようがない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 164
would not do it: どうしてもうんといわない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 264
would not be ignored: 切り捨てて済むものではない バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 73
would nearly kill sb: (人を)危うく殺しかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 279
would like to do: 〜してみたい 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 50
would just as well do: (〜する)ほうがいいでしょう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 15
would insist that ...: 〜というのが口癖だった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 307
would hazard for sb, without a moment’s demur: 一瞬のためらいもなしに、喜んで賭けることも辞さない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 147
would have turned heads: 思わずふりかえってしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
would have much preferred to do ...: ほんとうは〜したかった ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 384
would end up ...: やがて〜になってしまう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 261
would do well to do: 〜するほうがいい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
would do for ...: 〜だけでも〜してふしぎはない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
would do better doing: いい結果が出る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
would be smart to forget about it if ...: よしたほうがいいです 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 32
would be in a hell of a mess if ...: ・・しても困る 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 61
would be far, far, worse: 較べものにならないほど、ひどい結果になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
would be best of all: 〜だったら言うことありませんが カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 322
would ask you to do: 〜してほしいといいたいところだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
who wouldn’t do ...?: 〜しないやつがいると思うかい? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
who would think that ...?: まさか、〜とは誰も思っていなかった ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 309
who would have thought ...: それにしても〜とはなあ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 368
that would seem to be the case: そういうことも考えられる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 422
talk about should-haves and would-haves: たらればの話をする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
sometimes it would help: 時によっては、〜でけっこう励まされていた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
personally would encourage you to do: 私としては〜をお奨めしたいのだが 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 247
perhaps you would let me explain: 説明してもかまいませんか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 375
other times, one would do: 〜したりもした ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 475
one would think that there is no one in the room: 部屋が人気のないようだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 230
one would have to get the job done: 断じてやりとげなくてはならない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
nobody would ever do: 〜するのはまっぴらごめんというだろう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 37
nobody would believe ...: 〜とは、だれも信じないにきまっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
never thought one would grow up to do: まさかこんなことする羽目になるなんて考えもつかなかった カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
it would appear that ...: 〜しているんじゃありませんか 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
in the past one would have done: 昔の(人)なら〜したかもしれない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 165
if they wouldn’t willingly fall in with us as recruits: もしそいつらが補充兵としてわが隊に加わることを拒否したときには シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 200
if sb had not been involved, one would surely have done: もし相手が(人)でなかったならばどんなに〜したかわからない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 237
I would say that ...: 〜というか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
I would say sb could make ...: (人は)〜になれるよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
I would never say ...: 〜なんてだれもいってやしないわよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
I would like to do: 〜したい気持はやまやまだ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 340
I would be most grateful if ...: 〜だと、すごくうれしいんだけど プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 178
I think I would do: なんというか〜っていう気がする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 291
I’d rather you view sth yourself: なにとぞ御自分の目でお確かめ頂きたく存じます スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
I’d prefer not to: やめといたほうがいいと思ってね クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 37
I’d like you to come down to the station: 署までご足労願いたいのですが クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 93
I‘d love to but I just don’t have time: そんな暇はないの 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 35
how sb would like to do: ああ〜してみたい 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 64
half thinking that one would do: 〜じゃないかと半ばおびえながら カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 201
ask sb if sb will do ...: もしいやでなかったら〜してもらえないだろうか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
any ... would do: 〜でいっこうにかまわない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 44
A would not be mistaken for B: AがBでないことは確かだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
... or I wouldn’t be answering the phone: でなきゃ電話に出るわけないでしょ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 210
頭の体操に「翻訳訳語辞典 Quiz」もどうぞ
ツイート