× Q 翻訳訳語辞典
care   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あずかる
   
take proper care of sth: 〜をちゃんとあずかる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 201
いい
   
I don’t care about that: そんなことはいいんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 105
いたわり
   
show sb tenderness and care: 優しいいたわりの気持ちを持って(人に)接する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 341
かまう
   
I don’t care: なんだってかまうもんか カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 203
I don’t care: 何だってかまやしないわ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 111
こだわる
   
Why do you care so much that ...: 何でそんなにこだわるのさ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 227
care what ...: 〜ということにこだわっておられる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 206
する気がある
   
would you care for company on ... ?: 〜を一緒にする気はあるかい? ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 140
たいせつ
   
care only about ...: たいせつなのは〜だけだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194

サービス
   
take care of sb: (人に)サービスをする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 215
メンテナンス
   
the rituals of caring for them: メンテナンスのためのもろもろの儀式 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 7

意を用いる
   
care enough to do: 〜するよう、ひとかたならず意を用いる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 143
引き受ける
   
take care of everything else: あとは(人が)引き受ける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 215
看護
   
care for sb: (人を)看護してやる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 268
a lot of loving care: 手厚い看護 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 27
管理
   
a tender care: 心のこもった管理 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 231
機嫌
   
take good care of yourself: 随分御機嫌よう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 89
気づかって
   
there be genuine care in that voice: あれは、おれを心底気づかってくれてる声だった タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 133
気にかける
   
don’t care about ...: 〜のことなんか気にもかけてない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 398
気にする
   
care about sth: (物事を)気にする デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 148
care about ...: 〜を気にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 215
気にとめる
   
do not care whether ...: 〜しようがどうしようが、そんなことは気にもとめない バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 113
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
気になる
   
hardly care: まったく気にならない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
care about sth: (物事が)気になる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 148
気に入る
   
don’t care for the company: 同席した連中がどうも気に入らない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 351
気持
   
long after one have ceased to care for sb: (人の人に)たいする気持がなんでもなくなってしまってから ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 152
苦しみ
   
the cares and sufferings of all living creatures: この世のあらゆる生き物の苦しみや悲しみ ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 29
元気
   
take care: 元気でな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
好き
   
I don’t much care for smart people: 切れ者というのはあまり好きじゃないんだよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
have never cared much for sociology: 何でも社会のせいにするのは好きではない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
好む
   
do not care much for sth: 〜ということをあまり好んではいない 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 36
考える
   
don’t care about sb at all: (人の)ことなんか、ちっとも考えていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
祭る
   
be being cared for with reverent dignity: 丁寧に立派に祭られている 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 106
仕事
   
have to take on one the cares of woman at once: 同時に家の仕事もやってゆかなくてはならない E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 55
思い入れが激しい
   
Because you care: あなたの思い入れが激しいから デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 342
治療する
   
have the problem taken care of: 本格的に治療する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
手はず
   
take care of sth with sb: (人に)頼んで手はずをつける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 166
手入れ
   
receive affectionate care: いつくしんで、手入れしてもらう 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 90
準備
   
have been planned with meticulous care: 周到な準備のうえでおこなわれた バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 324
心にかけている
   
care for sb: (人を)心にかけている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 286
心にかける
   
care much: 心にかける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
心遣いをしめる
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226
心配事
   
take the cares off sb’s shoulders: (ひとの)心配事をなくす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 178
世話
   
work in the care of critically ill patient: 重症患者の世話をしてきた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 565
take good care of sb: 立派に(人の)世話をする ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 76
be under perpetual veterinary care for ...: 〜の病気でしょっちゅう獣医のお世話になる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 24
大事
   
take good care of sb: (人を)大事にしてあげる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 90
知る
   
don’t care about ...: 〜のことは何も知らない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 67
注意
   
with slow, infinite care: ゆっくりと、細心の注意を払って プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 385
great care is to be taken in drawing analogies: 安易ななぞらえ方をされないように細心の注意を払う グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 80
exercise the greatest care imaginable: 万全の注意を払う 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 339
注意を払う
   
who cares: 誰が注意を払うものか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 325
到れり
   
after all this care and attention: こんなに到れり尽くせりにしてもらって 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 36
頓着
   
do not care: 頓着しない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
   
with care: 念を入れて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 100
care for the retrieval of one’s fortune: 家運挽回の念 ポオ著 中野好夫訳 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』(Murders in the Rue Morgue and other Stories ) p. 82
庇護
   
under the care of sb: (人の)庇護の下に 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 136
悲しんでいる
   
the man cares: あの人、悲しんでるんだよ オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 33
平気だ
   
do not care: いっこう平気なのである アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 141
片づく
   
nothing there a little steel wool won’t take care of: 金たわしを使えば片づく程度の汚れだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 372
魅せられる
   
really care about ...: 心底魅せられたのは〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
夢中だ
   
care for the woman at all: 別にその女に夢中ってわけじゃない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 317
夢中になる
   
care too much: 夢中になりすぎる性質だ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 32
care about sth: 〜というと夢中なる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 52
面倒
   
take care of everything: 全部まとめて面倒をみる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 309
問題だ
   
I don't care what I just said: さっきどう言おうと問題じゃない デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 42
用心
   
with good care: 用心さえしていれば 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 56
constant care is necessary: 用心が肝要だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 117
養生
   
nutrition and care: 栄養と養生 オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 173

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you take care: じゃあ元気でな
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 154
you take care: 達者でな
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 437
with loving care: こわれ物でもおくように
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 66
with care: そっと
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 18
with care: 慎重に
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 19
who cares: いいよ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 136
who cares: それがどうした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
who cares: どうだっていいじゃないか、そんなことは
who cares: どっちでもいいよ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 44
who cares: 悔いはない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 160
who cares: 関係なし
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
the caring heart: 慈愛の心
take good care of oneself: 節制する
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 150
take care of yourself: お大事に
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 103
take care of it: 手を打つ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 296
take care of ... for me, will you?: 〜を頼む
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 88
take care: 心がける
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 76
take care: 慎重な行動をとる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
require medical care: 医者の世話になる
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 9
receive excellent care: 相当に優遇される
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 119
nobody cared ...: 〜を黙殺する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 94
if anyone cares: どうでもいいことだけれど
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 13
health care: 医療
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 3
exercise care: 用心深くやる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 263
doting care: 溺愛
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 68
don’t care sth: いまは大目にみてやってもいい
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 208
don’t care: ぜんぜん頓着しない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 23
don’t care: どうでもよい気分だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
don’t care: どちらでもいい
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 64
don’t care: まるで意に介してないようだ
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 186
don’t care: ものともしない
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 102
don’t care: 痛くもかゆくもない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 50
don’ care: 知ったこっちゃねえ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
do not care: そっけない
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 124
do not care: どうでもいいの
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 79
do not care: どうでもいい気持ちだ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 143
do not care: どうとでもなれと思う
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 248
do not care: ヘイチャラだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 181
do not care: 意に介さない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
do not care: 平気だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 53
cease to care: すてている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 40
care for sth: (物の)ことを気づかう
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 116
care for sb: (人が)我慢ならない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 227
care for sb: (人に)好意をもつ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 81
care for patients: 病人の脈を取る
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 65
care for a game?: やるかい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 67
care for ...: 〜が気に入る
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 215
care for ...: 〜を嗜む
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 7
care about sb: (人を)大切にする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 208
care about ...: 〜に興味がある
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 228
care about ...: 興味をもつ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
care about ...: 大事なのは
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 34
be cared for: 何もかもいたれりつくせりだ
address the letter in care of ...: 〜気付で
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 364
you’re going to take care of sb: この人の面倒を見てもらいたい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
would you care to hear: ひとつ聞かせてやろうか
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 20
would you care to have a look?: お見せしましょう
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 419
would you care if sb did this to you?: (人に)こんな仕打ちをされたらどうする?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 97
would you care for some champagne?: きみもシャンペンをすこしどうだ?
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 221
with great pride and care: 念入りに、またいかにも得意そうに
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 50
with great care and calculation: 深謀遠慮を以て
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 83
will take care of you in the end: まさかほっときもしないだろう
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 5
will take care of everything: あとのことは始末しておく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 344
will not care what one do: とにかく無茶苦茶なことをやる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 191
who the hell cares: 知ったことか
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
who care if it be A or B: AだかBだか知らないけど、そんなのどうでもいい
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 211
who care about who: 誰だっていいじゃないか
when one care to talk: 一度物をいう気になると
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
what the hell does sb care about sth?: (人の)知ったことではないはずだ
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 98
what could you care about sth?: (物も)くそもあるか
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 231
we’ll take care of sth: わたしたちにまかせなさい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 566
unless one take better care of oneself: あんまり軽はずみをして
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
try to take real care: 慎重にすすめる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 313
Things Take Care of Themselves: ひとりでにカタがつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
they can drop all the atom bombs they like for all I care: 落したいなら原爆でもジャンスカ落すがいい
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 20
that’s taken care of: これでもうだいじょうぶよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
That’s all I care about: 狙いはそれだけだよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 206
than sb care to think about: うんざりする程
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 173
taking great care not to do: うっかり〜してはならない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 398
taking care of ...: 〜の御心配
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 15
take such care with ...: 〜を吟味してある
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 133
take some care over one’s appearance: なかなか外観を重んじる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 155
take more care over ...: 大事をとる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 37
take jolly good care: せいぜい気をつけてくれ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 107
take great care over one’s appearance: 大層着飾っている
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 182
take good care of sb: (人)を可愛がる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 238
take good care of ...: 〜を大切に保管する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 200
take good care of ...: ちゃんと飼う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 107
take excellent care of sb: 痒いところに手が届くように世話をする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 87
take care what one say: 言葉に気をつける
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 67
take care to do: 〜するよう心がける
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 176
take care to ...: 〜ための手を打つ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 32
take care of yourself: 元気で暮らせよ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 398
take care of yourself: 達者で暮らせよ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 375
Take Care of Things Permanently: きっちりカタをつける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
Take Care of Things: カタをつける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
take care of the cooking: 料理を見る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 339
take care of that thought: 胸のざわめきはしだいにおさまる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
take care of sth: (何かを)指示する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 185
take care of sth: (物事を)なんとかする
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 34
take care of sth: かたづける
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 107
take care of sth: 引き受ける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 129
take care of sb asleep: (人の)ねんねのお守りをする
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 177
take care of sb’s correspondence: 手紙の整理をして返事を書く
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 78
take care of sb: (人を)おとなしくさせる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 115
take care of sb: 相手をする
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 224
take care of possessions: ものを大切にする
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 118
take care of oneself: 〜は〜で何とかやっていく
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 205
take care of oneself: 自分の身は自分で護る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
take care of itself without any help from sb: いっさい手は加えない
take care of everything: 万事そつなくやる
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 36
take care of each other: 労わり合う
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 110
take care of all that: ちゃんと根まわしする
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 104
take care of ...: 〜に決着をつける
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 15
take care of ...: 〜に留意する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 364
take care of ...: 〜の勘定を払う
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 163
take care of ...: 〜を監視する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 267
take care of ...: 〜を取りしきる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 128
take care of ...: 〜を手配する
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 225
take care of ...: 〜を担当している
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 34
take care not to have one’s attention caught: 目が合わないようにする
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 115
take care not to do: 〜しないように気兼ねする
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 71
sth under sb’s care: 〜があずかる〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 278
sth that one care: (人)には重要なこと
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 145
spend one’s days caring for oneself: おしゃれに時を費やす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 101
select words with elaborate care: 言葉を慎重の上にも慎重にえらぶ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 251
sb will take care of ...: 〜を(人に)まかせておく
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 191
sb doesn’t care to: 別に欲しいものでもない
ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 187
read the letter from sb with unusual care: 〜からの手紙は、いつになく心にしみて読みとっている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 195
read a great many books with scrupulous care: 数多の書物をむさぼり読む
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 93
pretending that one do not care about anything: 何事にも無頓着な風を装う
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 240
pick one’s word with measured care: 慎重に語をえらびえらびいう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 257
past shame or caring: 恥も外聞もなく
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 273
one more thing not to care about: 数ある無関心事のひとつでしかない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 22
not caring whether one get splashed or not: はねの上がるのも構わずに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 221
not caring at all when sb remember that ...: 〜を思い出すとやりきれない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 57
not caring a button for that: そんなことには一向構わずに
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 25
nobody care how old sb be: 誰もひとの年を気にしない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 133
no longer caring what happened: やぶれかぶれだ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 243
no longer care what one say: もうなにをいうもおかまいなしだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 290
might care to do: 〜してくれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 196
leave one’s child in sb’s care and surrender him for adoption: (人に)まかせて養子に出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 146
leave in the care of nature: 自然に任せる
just do not care about ...: 〜のことなどこれっぽっちも考えていない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 339
if one would care to do: さしつかえなかったら〜する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 232
I would have taken care of it!: わたしにもできたことがあったのに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
I hope you care to live?: もう一度生きたいんでしょう?
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 27
I’ll take care of this myself: この始末、おれの手でつけてやる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 357
I’ll take care of things: ここは私が
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 398
have taken care of oneself a long time: 長い間、自分のことは自分で始末をつけてきた
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 38
have not particularly cared for ...: 〜にさして感興を催さなかった
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 137
have done more times than one care to remember: 何度も何度も(人が)〜してみる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332
good luck and take care: 首尾よくおやんなさい
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 290
give no sign of caring: (人は)どこ吹く風だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 138
for all I care: 〜してもこっちはいっこうにかまわん
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 327
find sb something one doesn’t care for: (人を)いけ好かないと感じる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 153
find a way to take care of oneself: 生きていくための手だてを、自分で見つける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 364
fill sb in with more detail than sb care to know: 細かい事実を(人が)べつに知りたいと思わないところまで、べらべらしゃべる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 383
expense money to take care of a snitch: 街の密告者に払う金
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 239
examined sth with intense care: (物を)子細にあらためる
don’t seem to care: 案外平気な顔をしている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 110
don’t really care about sb: (人の)ことなんか屁とも思わない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 458
don’t much care for ~ing: 〜するのはあまり気が進まない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 135
don’t care to do: 〜する気にはなれない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 134
don’t care one way or the other about ...: 〜がどうなろうがどうでもいい
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 66
don’t care how sth do: 〜しようと知ったことではない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 271
don’t care for ...: 〜が気に入らない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 188
don’t care about sth: 〜のことも念頭にないのです
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 222
don’t care about anything: 前後の見境なんてない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 203
don’t care about ...: 〜が乗り気じゃない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 198
don’t care about ...: 〜は差し支えない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 33
don’t care about ...: 〜を無視する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 363
don’t care about ...: 見向きもしない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 123
doesn’t always care for an audience: いつも人にきかせたい話ばかりじゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 291
do not even care enough: ないがしろにする
do not care who knows it: それをだれに恥じることもない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
do not care what: 何はともあれ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 196
do not care too much for ...: 〜はあまり感心しない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 155
do not care too much: どうでもいい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 194
do not care to look sth closely: とてもそれ以上目を凝らす勇気はない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 415
do not care if ...: 〜したって、べつにどうってことないんです
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
do not care if ...: 〜しようとどうしようとおかまいなしである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 69
do not care for ...: 〜は気が進まない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 81
do not care for ...: 気に入らない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 172
do not care as long as ...: 〜さえあれば気にすることではない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 222
do not care about the consequences: そのあとのことはどうでもいい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 330
do not care about ...: 勘弁してくれない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 217
do not care a rat-fuck about sth: 〜なんかクソ食らえと思っている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 408
do care about doing: 〜だけは避けたい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 112
do as much as sb care to: 心ゆくまで〜する
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 175
did not know or care what one was up to: 何が何やら無我夢中だった
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 82
could not care less: どうでもいい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 230
confiding sb to sb’s care: 留守中、(人を)お願いしたい
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 110
cloud of caring for nothing: 黒雲のような無興味、そして無感動
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
choose the site with elaborate care: 場所を贅沢に選択する
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 51
Care to try it again someday?: どうだ、またいつかやってみるか。
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 450
care to pop upstairs a jiffy: ちょっと上にきてくれませんか
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 74
care to do ...: 〜したがる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
care nothing for ...: 〜なんかどうでもいい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
care not a fig for ..., either, as far as that goes: くだらなさにおいては〜も、みな似たり寄ったりだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
care not a fig for ...: 〜などまるでくだらんと思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
care needs to be taken: 慎重なふるまいに出たのは当然のなりゆきといってよい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
care more for sth than ...: ・・・よりも〜を重んじる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 300
care little about ...: 〜には頓着しない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 130
care have to be taken: 慎重にふるまわなければならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
care for her much too much not to embrace her: 彼女が愛しくて、抱きしめずにはいられない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 295
care deeply about sth: 〜にどっぷりとのめりこむ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 57
care about the feelings of others: 他人の気持を忖度する
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 70
cannot take care of yourselves and your children: 自分のことも、子どものことも見てやれない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 198
can take care of oneself: どうにかする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 51
can not have cared less: どうでもいい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
can not care less: (人)にとってそんなことはどうでもよい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
can not be taken care of by doing: 〜しても役に立たない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 21
can’t care less about sth: 〜なんて大したことはない
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 34
be taken care of for you: 誰かが代わりにやってくれる
be sleeping away as if one didn’t have a care: のうのうと眠っている
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 46
be quite capable of taking care of oneself: 身のほどをよく知っている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 312
be perturbed that sb cares so little about one: そこまで軽んじられていたとあっては、心穏やかでない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 270
be past caring what is happening: もう何も分からないようになっている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 144
be in one’s care: 預かっている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 97
be dressed with care: 身だしなみがよい
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 197
be being taken care of: 着々と進んでいる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 458
ask sb if sb would care for ...: (人に)〜を頼む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 316
arrange with matronly care: まるでおかみさんよろしくの入念さで生花を生けておく
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 11
and then who would care: そうなればこっちのものだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 29
about anything you cared to mention: ことごとに
a healthy person caring for a patient: 無病であった看護人
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 215
a gang of people sb don’t care about: 虫の好かない連中
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 69
... become manifest in all such places that are ill cared for: こうして掃除も行き届かない場所に限って、〜が、激しく鼻をつくようになる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 130
that’s all taken care of: それなら心配ないわ
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 53
That's taken care of, big boy, and I must get to work!: これでもうだいじょうぶよ、さ、仕事に出かけなきゃ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
Apparently, Dixon had exercised more care than Margy had made out: どうやらディクソンは、マーギーが考えているより用心深くやってきたらしい
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 263
be burden with care: 重苦しい
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 74
But two or three drinks took care of that thought: とはいうものの、二杯三杯とグラスをかさねていくうち、胸のざわめきはしだいにおさまっていった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
sb’s face is care-worn and depressed: 苦労にやつれた元気のない顔をしている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 124
cease to care for sb: (人)への関心はもうない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 50
can go climb trees for all sb care: (人が)どれだけ心配したって、やりたいことはやる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 122
compromise one’s care: 治療を妨げる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 245
be hard to convince sb that she didn’t care: どうでもよかったと(人に)信じさせるのは骨だ
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 64
with deliberate care: ことさらもったいぶって
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 400
do in a devil-may-care spirit: なんでもかまわない、やっちまえと思って〜する
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 91
too drunk to care: いつも酔っ払っていて、そんなことはどうでもよかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
take earnest care of ...: ひたすら〜に留意する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 364
take care of everything efficiently: 万事ぬかりなく管理する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 308
care as much as ever: やっぱり気になる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 236
By that time, everybody was taking care what they said in front of others: もうそのころには、誰しも人前へ出たときには言葉に気をつけるようになっておりました
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 67
exercise great care: 細心の注意を払う
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 45
exercise extreme care in everything sb do: なにをするにも細心の注意を払う
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 22
need to find a place that offers more supervised care: もっと行き届いたケアをしてくれる場所に移る必要がある
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 44
praise sb for sb’s care: (人の)看護ぶりをほめる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 55
I couldn't care less, frankly: 正直言って、おれにはどうでもいいことなんだから
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 230
be grateful for medical care: 医者に手を合わす
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 26
ツイート