× Q 翻訳訳語辞典
far   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いちばん奥の
   
in the far corner: いちばん奥の隅に デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 55
およそ
   
be so far removed from ...: 〜からおよそかけはなれた性質 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 14
ぐっと
   
sit far forward: ぐっと身をのりだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
ぐんと
   
be far grander than ...: 〜よりぐんとりっぱだ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 229
ここまで
   
just never think would get this far: ここまで深みにはまるとは思っていない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 387
すぎる
   
be far too pretty to ...: 〜にしてはハンサムすぎる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 168
ずうっと
   
from far back in the train: 汽車のずうっとうしろの方から 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 103
be far smaller: ずうっと小さい 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 64
ずっと
   
there is a far lower risk of detection: バレるリスクがずっと少ない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
far reaches of ...: 〜のずっと端の地域 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 22
とうてい言いがたい
   
be far from an allay of sb: (人の)盟友とはとうてい言いがたい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 76
とおくに
   
be surprised how far sb can go: 驚くほどとおくに行くことがきる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 17
どう見ても
   
be too far beneath sb: どう見てもみすぼらしすぎる 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 24
にくい
   
far out of sight: 見えにくい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 335
はるか
   
be as far away as Pago Pago: はるかかなたの存在だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
むこうの
   
the warehouses of the far bank: むこうの岸に建ちならぶ倉庫 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
in the far corner of ...: 〜のむこうの隅には マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 83
もっと
   
value far more ...: もっと〜を大事にする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
よほど
   
be far more dramatic: よほどドラマチックになる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 109

違って
   
be not very far out: 大して違っていない 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 37
奥の
   
a far wall: 奥の壁 フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 133
   
far inside ...: 〜の奥深く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
on the far wall: 奥の壁に ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 21
遠い
   
be not too far: たいして遠くない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
遠く
   
before sb can get far: (人が)まだ遠くへ行かぬうち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
be far less than ...: 〜には遠く及ばない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 169
遠くでささやく
   
His voice was far and wee: ブライアンの声は、遠くでささやく幼な子の声だった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 49
遠くまで
   
go so damn far: そんなに遠くまで出かける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 136
較べものにならないほど
   
would be far far worse: 較べものにならないほど、ひどい結果になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
距離
   
be as far away as ever: 最前とおなじ距離にある マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 121
距離が遠い
   
it is too far to be a matter of concern: 距離が遠く、案ずるに足りない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 11
向うの
   
not far from sb: (人の)向うの方で 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
向こう
   
on the far side of the Bay: 湾の向こう側 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 371
far end: 向こうのはし アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 91
向こうの
   
adventures toward the far white wall ceases altogether: 向こうの白い壁への冒険もはたとやむ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 81
合わぬ
   
far too vigorously for ... taste: 〜の好みに合わぬ威勢をこめて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 265
   
farther down ...: 〜の先にある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 324
段違いに
   
be far better than sth: 〜よりも段違いに上質だ 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 15
到底
   
be far inferior in every respect: なべてありとあらゆる事に、自分が到底及ばない 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 41
反対
   
the far side of the ring: 舞台の反対側 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 67
反対側の
   
at the far door: 反対側のドア口から ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 247
遙か
   
fear sb’s contempt far more than ...: 〜よりも(人から)見下げられるのを遙かに恐れる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 123

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

too far: 距離がありすぎます
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 344
to go further: 一歩進めていうと
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 143
this far: いまのところ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264
this far: ここまで
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 117
the far end: 〜のはずれ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
so far so good: 万事順調
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 9
so far: いまのところ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 67
so far: ここまでのところは
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
so far: これまでも
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 213
so far: そこまでいったら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
so far: 今日まで
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 254
so far: 目下のところ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 59
seem far away: 夢でも見ているふうである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 296
not very far: たかが知れている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 47
not far away: つかず離れずの
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 152
look to the far side: 向う向く
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 229
in a far corner of one’s bedroom: 寝室の隅
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 47
have gone too far: 出すぎた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 176
go too far: やりすぎ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 262
go too far: 少し口が過ぎる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 220
go far: 出世する
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 228
from far away: 遠隔地の
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 44
farther back: その向こうに
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 189
far too good: もったいないくらい立派な
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 202
far too easy: 大いにありうる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 71
far too conscientiously: おそろしく良心的に
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 190
far out: ぶっ飛んでる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 345
far out: 沖合に
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149
far off: 遠いところで
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
far from it: さらさらない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
far from it: それどころか
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 131
far from doing: 〜するどころか
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 67
far from being: 〜ないばかりでなく
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 23
far from ...: 〜どころかむしろ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 102
far east: 東の端
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 275
far below: 深い谷底を思わせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 26
far as I remember: たしか
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 25
far ahead: 前方はるか
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 117
by far: よっぽど
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 41
by far: 群を抜いて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 73
by far: 他の追随を許さない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 112
by far: 他を断然引きはなして
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 186
be really far out: 変だ
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 17
be going a bit far: 失礼だ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 91
be far mistaken: 思いすごしだ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 42
be far gone: 焼きがまわっている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 167
be far away: 忘我の表情
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 423
be far and away the best: 群を抜く
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 28
at the far end: 端っこ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
as far asis concerned: 〜だって
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 84
as far as I know: どうやら
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 170
a far province: 僻遠の地
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 477
you’re really going too far: ものには限度がある
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 91
with a far more grudging condescension and patronage than one could have shown if ...: 〜な場合にでも言いそうな、いかにも不承々々といった恩着せ顔のお義理愛想
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 203
too far and too fast: 勢いあまって
tip back in a chair too far: 椅子を倒しすぎる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
this was his biggest prize by far: こんな大物ははじめてだった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 157
then as far as I’m concerned: そんなら俺は
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 42
the worst by far: 群を抜いて最悪だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
the way one’s day have gone so far: 今日一日のなりゆきから考える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
the scariest by far: これまでのところ、もっともヤバい感じ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
the heavier attack by far: 前回をはるかにしのぐ猛攻撃
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 457
the far side of the lot: 駐車場のずっとむこう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 350
the far side of ...: 〜のはずれ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 19
the far end of the corridor: 廊下のずっとむこう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 334
the far edges of things: 可能性の限界
the door in its far corner: いちばん奥の隅にある扉
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
that is far enough: この辺までだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 103
stray too far from an acceptable range of behavior: 道を誤って容認できない行ないをする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 57
stay far away from sb: (人に)近寄っちゃだめだよ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 290
spend far too much time in ...: ほとんど(場所に)こもりきりになる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 57
somewhere far far away: どこか遠くの遠くの
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 74
sometime, not too far from now: いずれ遠からず
something not too far from panic: パニックとさして変わらぬ表情
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 233
so far so good: ここまではまだよかった
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
so far so good: それだけなら何のこともなかったが
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 23
so far you haven’t seen diddly: お楽しみはこれからだ
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 191
so far so good: いまのところ、まず問題はなさそうだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
so far have done: すでにこれまで〜している
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 203
so far from being nervous: あがるどころか
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 127
so far as sb knows: 〜の知っている範囲で
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 20
so far as one can tell: (人の)知るかぎりでは
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 143
so far as one can see: どう見ても
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
she is far too attractive not to have drawn sb’s attention: 彼女ほどの魅力的な女性が(人の)注意をひかないはずはない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 156
shake one’s head like a man who is far from being satisfied: ひどくふにおちないといったようすで頭をふる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 215
seem then very far indeed from ...: このときほど〜と縁遠く思われたことはない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 199
scatter far and wide: パッと四方にまき散らす
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 284
sb be far too sensible: (人は)そんな馬鹿なまねをする人間ではない
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 111
really rural life is far from idyllic: 田園生活が牧歌的だと考えるのは見当違いもはなはだしい
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 12
quake far beneath the surface: 意識の深層を揺り動かす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
push oneself as far as possible: 笈を新たにする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 213
penetrate the furthest reaches of the Town: 街の隅々にまで響きわたっていく
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 31
one’s crisis is far behind one: とうに峠をこす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 438
once go so far as to do: それのみならず〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 170
on the far side of the woods: 林を抜けると
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 189
on the far side of the trees: 林を抜けて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
on the far side of ...: 〜のいちばん奥にいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
often act with a playfulness far beneath one’s age: 年に似合わぬいたずらっぽいしぐさをすることがある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 11
obey, so far as to quit the chamber: この部屋を出ることだけは(人の)言葉に従う
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 41
not very far from ...: 〜から目と鼻の先の所
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 112
not far off the mark: それほど桁違いには違っていない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 233
not far from ...: 〜からさほど遠くない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
not far from ...: 〜の近くだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 86
not far from ...: (場所)からほど近い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
not as far as one know: そうでもないらしい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 327
no special meaning so far as I know: べつに意味なんか無いのじゃなくって
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 73
much less see far enough into the future to realize...: まして先のことまでは見えないから〜とはわからない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 294
mechanism seems to be moving along its cycle properly so far: メカニズムは一応正常に働いているように見える
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 105
look far more tired than one ever has before: 以前とちがってひどく疲れているようだ。
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 240
long ago and far away: 昔々、あるところで
it would be mortifying and much too far beneath one’s dignity to do: 〜するのも業腹で沽券にかかわる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 121
it is not too far to sth: 〜するのは時間の問題
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 156
It has been far too long.: しばらくでした。
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 221
it’s really not far: たいした距離じゃあない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 64
it’s not so far that ...: 〜するような距離ではない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 290
it’s gone too far to just put the money back: 簡単に返せない額なんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
indignation at sth overcame sb so far that ...: (物を)見て思わず激怒して〜する
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 143
I don’t suppose sb’s experience has gone very far: (人の)経験がそれほど豊かだとは思わない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 190
I’ve come this far: 乗りかかった舟だ
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 75
however far one go: 行っても行っても
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 119
how far sb is willing to go to do: 〜するためには手段を選ばないつもりでいる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 93
how far one might be able to go: どこまで踏み込んで行っていいのか
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
having come this far: せっかくここまでやったのだから
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 119
haven’t got that far yet: まだそこまでは煮つまっていない
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 133
have thus far done: 絶えず〜していた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 71
have so far received no bad news: 何ともいって来ない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 73
have so far not had any opportunity to do: 〜した事がなかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
have gotten that far in one’s reasoning: 漠然とそう推察する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
have gone too far: これは調子にのりすぎだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 167
have gone pretty far in the emotional pathway: 精神的にも、ずいぶん奥の深い体験をした
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 118
have gone far enough: ちょっとやりすぎる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
have come this far and can’t back out now: いまさら後にはひけない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 77
great, ranged waves of the far Alps to the west: 西方に波濤のように遠望されるアルプスの峰々
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 155
go much too far: 度がすぎている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 254
go as far as to do: 〜する事もある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
go as far as one can to make sb angry: (人が)頭に来そうなことなら、何だって片端からやる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
go as far as doing: 〜することさえある
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 9
go as far as ...: (場所)まで行く
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 82
for ever so far round: このへん一帯
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 83
fling far ...’s empire: 〜の領土を拡張する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 335
find ... far more difficult and exasperating than one had ever imagined: 思ったより説き落とすのに骨が折れるので弱った
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 194
far side of ...: 〜の行きどまり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
far out of sight: 人目につかぬところに隠されている
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 26
far off downstream on sth: 〜のずうっと川下に
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 121
far more ... than we could ever invent: 私たちのおよびもつかない〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 90
far from doing, ...: 〜するまいことか、〜する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 457
far from cheering sb up as they are meant to do: 意図に反してかえって
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 140
far end of ...: もう一方の端
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
far away from ...: 〜とは無縁の
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
far as we go: ここまでです
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 24
far as I can see: どう見ても
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 236
far and away the most outstanding genius among sth: 〜中、前後に比類のない天才
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 25
fan ... far away: 〜などはたちまちのうちに吹き飛ばす
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
don’t get very far: 話はそれ以上先に進展しない
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 243
do not go far: たいしたことができるはずはない
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 6
do not go far: たかが知れている
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 17
care not a fig for ..., either, as far as that goes: くだらなさにおいては〜も、みな似たり寄ったりだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
can not be far from ...: 〜までもうひと息です
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 257
can make it at least as far as the living room: 居間までならだいじょうぶ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
can make headway, as far as that goes: 動くことは動く
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 46
by far the most ...: 何もまして〜
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 235
by far the less organized of the two: 二人のうちで計画性に乏しいほう
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 66
be very far from nodding: どうして居眠りするどころじゃない
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 86
be too far gone to do: すっかりまいっていたので、〜する力もない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 201
be surprised at how far the autumn has progressed: 秋がこんなにも闌けていたのか
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 123
be so far successful: まんまと図に当たる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 278
be so far like the present period: あまりにも現代に似ている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 9
be rocking too far back on one’s hind foot: 軸足に体重をかけすぎている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 227
be only pennies as far as you’re concerned: あなたにとっては端た金でしょう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
be not so far off the mark when ...: 〜という(人の)言葉は当らずと言えど遠からずだ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 381
be not far wrong: そう的はずれでもない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 105
be not far off the list: それほど大幅に順位を下げたわけではない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 289
be not far off ...: 〜からさほど遠くない位置に付ける
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 289
be not far off: 〜にはまだ少し間がある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 56
be not far from wrong: あながち間違ってはいない
be not far away: もうそこまで来ている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 135
be not far astray in this estimate: (人の)言葉はたいしてはずれていない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 19
be not as far down as one thought: 自分で思ってたほどかすじゃない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 262
be moved so far as to do: あげくのはてに〜する
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 124
be located on the far outskirts of ...: (場所)のそのさらに外れにある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 13
be in a far more upbeat mood than sb expected: 思いがけず陽気な顔つきになる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 123
be few and far between: ちょっといない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 10
be farther gone than anyone of sb: (人の)なかで(人が)いちばん酔っぱらっている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 366
be far too serious for ...: 〜には由々しすぎることである
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 447
be far too positive to allow any quarreling: 有無を言わさぬ断固とした口調だ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 242
be far too frightened to call: それが心配で、つい敬遠しているところです
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 29
be far too cautious to do: 用心にも用心して〜しない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 493
be far too careless on sth: 〜が無神経すぎる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
be far too busy to do: 忙しくて〜するどころではない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 94
be far the largest: ずばぬけて大きい
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 167
be far removed from ...: 〜からあまりにかけ離れている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 287
be far more than most sons ever do: 〜なこと、とてもじゃないが普通の息子はやってくれない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 530
be far from sure one agree: 全然そんな気分ではない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 199
be far from meaning a lack of interest: 無関心の結果ではない
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 46
be far from coast: 〜は海は非常に遠い
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 86
be far from ...: 決して〜ではない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 340
be far better hitting team: 打撃面では(人を)はるかに凌いでいる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 193
be as far as ...: せいぜい〜どまり
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 181
be already too far away too see: すでにはるかかなたにかすんで見えない
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 197
be about far from being passionate and committed: 意欲も情熱もひとかけらもない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 203
be a great deal too far off to trouble myself about sb: こんなに遠く引離されちゃあ、とても面倒みきれやしない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25
as far back as one could remember: 物心ついてから
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 79
as far as we know: 当方の知る限り
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 295
as far as the patient is concerned: あの患者の
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 207
as far as the eye can see: 見わたす限り
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 82
as far as talking to ... one is leaving that to ...: 〜という問題に差しかかると〜に下駄をあずける言い方になる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 208
as far as sth is concerned: 〜から見るかぎり
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 275
as far as sb be concerned: (人の)見るかぎり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
as far as sb be concerned: わたしに言わせれば
as far as one is concerned: 考えれば考えるほど
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 51
as far as one have been able to determine, ...: (人が)調べたかぎりでは
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 87
as far as one can understand it,: (人の)承知するかぎりでは
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 315
as far as one can tell from one’s account: (人が)勘定している限りでは
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
as far as one can tell: (人に)言えるのは
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 304
as far as one can tell: (人の)知るかぎりにおいては
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 414
as far as one can see: (人の)見たところ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 109
as far as I’m concerned: 私も、〜と思いますよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
as far as going higher: 上へいけばいくほど
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
as far as ... go: たしかに〜はね
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 51
as far as ...: 〜だけを〜していれば
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
a rifle fired far in the distance: はるか彼方で引金をしぼられたライフル
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
A is far behind B: なによりもBがもとめられる。それにくらべれば、Aなんて二の次、三の次だ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 222
a far greater amount of healthy nourishment: それを上まわる休養
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 40
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!