× Q 翻訳訳語辞典
mark   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あらわれ
   
a mark of character: 人格のあらわれ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
くぼみ
   
deepened mark in the nose: 鼻のくぼみが深くなる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 216
こころ
   
as a mark of one’s gratitude: 礼のこころで 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 134
しみ
   
livid marks: それとわかるしみ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 228
しるし
   
bear the mark of a frightening and shameful heritage: 後ろ指をさされるような恐ろしい継承のしるしが焼き付けられている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 523
とある
   
at a door marked ...: 〜とあるドアへくると ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
なる
   
mark the shift away from ... towards ...: 〜から〜へのかわり目になる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
ねらい目
   
as if I am kind of mark or something: まるでねらい目だとばかりに ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 124
ひかえる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160

マーク
   
the human question mark: 歩くクエスチョン・マーク ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 307
マークをつける
   
be marked ‘Confidential’: マル秘のマークがついている デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 121
レッテルを貼る
   
mark sb as ...: (人に)〜というレッテルを貼る グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 5

印刷する
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 344
覚える
   
you mark my words: それを覚えとけよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 128
形跡
   
have every mark of ...: あきらかに〜の形跡がある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 196
誇示する
   
be marked by a hard masculine neatness: こわもてのする男っぽい小ぎれいさを誇示する ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 141
刻みこむ
   
mark ... in one’s mind: 頭に刻みこむ ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 25
刻み込む
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 47
痕跡
   
try to erase the marks of one’s presence: そこにいた痕跡を消しにかかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 265
思い知らせてくれる
   
there are mementoes enough to mark the passage of time: 時の移ろい易さを思い知らせてくれるものもたくさんないわけじゃない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 49
事実
   
be not far from the mark: 事実に近い オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 21
示す
   
mark the beginning of ... ranch: 〜農場に入ったことを示している ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 17
書く
   
be marked ...: 〜と書いてある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 318
傷をつける
   
mark sb: (人に)傷をつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
   
the marks of disapproval: 不快の色 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
成績記入
   
Marking Day: 成績記入日 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 317
彫りの深さ
   
with none of the marks and twists: 彫りの深さもなければ、謎めいた影もない スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 234
彫り物
   
tattoo marks: 彫り物 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 319
   
hit the mark: 的を射る ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 29
be on the mark: 的を射ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
   
five black marks: マイナス5点 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 127
特徴
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 293
表示する
   
sth marked ...: 〜と表示した(物) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 320
報告書
   
a proof mark: 報告書作成 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
本領
   
be the mark of such men: こうした男たちの本領である クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
目星をつける
   
mark locations for the camera crew: 撮影する場所の目星をつける クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 112
目盛
   
halfway mark: 半分を示す目盛 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
烙印
   
be marked for death: 死の烙印が押されている グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 79

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the mark of a great personality: 大器
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 346
speed off the mark: 敏捷性
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 230
miss one’s mark: 投げた〜がそれる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 98
marked man: 暗殺目標にされた男
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
mark you: 〜よ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 145
mark sth: 〜を特徴づける
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
mark sb’s words: (人の)言葉にうそはない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 94
mark out: 線を引く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
mark out: 白羽の矢を立てる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 106
mark my words: おぼえておきなさいよ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 46
mark by sth: (何かで)仕切る
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 12
make one’s mark: 名を成す
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
liver mark: 肝斑
be marked: 汚名を背負う
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 291
be marked: 書きこまれている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
be marked: 表示がしるされている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
you mark one’s words: いいか、聞いといて損はないぞ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
you mark my words: これは嘘じゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 161
with a deep harsh voice and a strongly marked German accent: しわがれたふとい声で、ひどいドイツ訛りがある
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 17
those marked for extinction: 暗殺を予告すべき人物
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
this bottle is not marked “poison”: このびんには『毒』なんて書いてない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 22
there is nothing of high mark in ...: 〜には特にとりたてて言うことはない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 89
that’s not my mark: そんなこたあ、いらんこったぞ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 130
sour envy is nearer the mark: せいぜい、ひねくれた羨望といったところだろう
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 208
simply yell and mark time: ただガナッている感じだ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 98
sb’s answer is a little wide of the mark: 答えはちょっと見当外れだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 186
pencil check marks beside sth: 〜に鉛筆でしるしをつける
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 175
one’s spirits are always at high-water mark: いつも大元気だ
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 59
not far off the mark: それほど桁違いには違っていない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 233
not a mark against sb: (人が)非の打ちどころがない
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 120
mark the end of ...: (〜の)終焉を告げる
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 233
mark sb down as an insensitive, mindless show-off: (人を)鈍感な、頭のない、こけおどしと決めつける
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 32
mark off time with a precise tick-tock, tick-tock: カチッカチッと正しく時を刻んで行く
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 110
make one’s mark on the Army: 陸軍で栄達をとげる
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 28
it’s marked out just like a large chessboard: あんなふうにしちゃって、まるで大きなチェス盤そっくり
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 42
it’s marked out just like a large chessboard: 大きなチェス盤みたいに仕切ってある
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 44
give sb full marks for perspicacity: わかっていたのか
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 194
get so much pleasure from keeping other people up to the mark: とかく咎め立てするのが好きだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 12
confused jumble of jumbo and pygmy pencil marks: デカチビ文字混合のエンピツ字
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 95
ceremonies marking a turning point in life: 人の節目のセレモニー
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
bear sclerotic rust marks: 錆が硬くこびりつく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
bear every mark of ...: どう見ても〜だ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 54
be quick off the mark: もうやってる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 184
be not so far off the mark when ...: 〜という(人の)言葉は当たらずと言えど遠からずだ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 381
be not so far off the mark: 当たらずと言えども遠からず
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 171
be marked with cigarette burns: たばこの焼け焦げがある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
be completely off the mark concerning ...: 〜についての見当はずれ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
be completely off the mark: 〜ほど見当はずれなものはない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 87
be beyond one’s mark: 〜なんてまるでだめ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
arranging themselves into something of a question mark: といかける表情になる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 25
a race marked by the shabbiest kind of Red-baiting: 最も卑劣なアカ攻撃で一躍有名になった選挙戦
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 20
..., mark my words: きっと〜だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 136
end almost all of one’s sentences with a question mark: なにをしゃべっても疑問符で終わるような話し方をする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
mark the occasion with proper amenities: 〜を記念して気持のいい一席といく
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 32
close one’s hand on the odd mark as well: ついでに少々小遣いかせぎをする
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 281
grim mark of sb’s decline: 凄惨な衰亡のしるし
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 45
be not so far off the mark when ...: 〜という(人の)言葉は当らずと言えど遠からずだ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 381
half-way mark: 折り返し地点
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 200
high-water mark:最高水位
辞遊人辞書
high-water mark:最高点
辞遊人辞書
high-water mark:絶頂
辞遊人辞書
high-water mark:頂点
辞遊人辞書
insert a question mark: 疑問符をさしはさむ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 111
only the vigilant would ever have noticed that mark: 見ていた人間でなければ、そんなしるしにも気がつきはしない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 124
wheel mark: 轍
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 104
Mark Simm's estimate of his character still rankled rather: マーク・シムズが彼の性格について下した評価がまだ心にわだかまっている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 143
The events of that evening in Mark's flat he had many times relived: マークのフラットでのあの夜の出来事を彼は何度も反芻した
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 213
Mark, suddenly, asked him what he was thinking about: マークがだしぬけに、いったいなにを考えているの、と訊いた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 182
Why not find out where Mark lived and suggest they meet for a drink?: マークの住所を突き止めて、酒でも飲みにいかないかと誘ってはどうだろう?
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 51
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!