× Q 翻訳訳語辞典
harsh

主要訳語: とげとげしい(4)   耳ざわりな(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
いやな
   
often have harsh thoughts: ずいぶんいやな思いをする 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 40
がさつな
   
harsh rustling of paper: がさつな紙の音 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 78
けわしい
   
the harsh voice: けわしい声 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
しゃがれた
   
a harsh voice: しゃがれた声 アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 54
しゃがれ声
   
chant a harsh unintelligible phrase akin to sth: (物のように)わけの分らぬ言葉をしゃがれ声でしゃべる O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 55
しわがれた
   
with a deep harsh voice and a strongly marked German accent: しわがれたふとい声で、ひどいドイツ訛りがある ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 17
すさまじい
   
sb’s voice is harsh: 声がすさまじい 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 23
するどい
   
Turner's voice was harsh imperious: ターナーの声はするどく、威圧的だった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 313
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
とげがある
   
sb’s voice was harsh and unfriendly: (人の)声はとげがあって冷ややかだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 263
とげとげしい
   
woman with a harsh forbidding face: とげとげしい、人をよせつけぬような顔をした女 ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 57
the voice is harsh: その声はとげとげしい マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
grow harsher: いっそうとげとげしくなる アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 221
grow harsh with sb: (人に)とげとげしくなる マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 52
どぎつい
   
the harsh glare of ...: 〜のどぎつい光芒 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 321

強い
   
eradicate the effect on sb of one’s harsh words: さっきの強い言葉を打ち消す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 46
恐ろしい
   
harsh face: 恐ろしい顔 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
苦しそうに
   
one’s harsh coughing: 苦しそうに咳き込む マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 89
激しい
   
harsh self-recrimination: 激しい自責の念 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 98
険しい
   
harsh look: 険しい表情 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
厳しい
   
two harsh facts: ふたつの厳しい事実 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 45
厳格な
   
kind of harsh: 厳格きわまりないものである ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
厳格一点張りの
   
that harsh uncomely puritanism: かの厳格一点張りのやぼな清教主義 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 193
荒々しい
   
one’s manner is harsh: 態度が荒々しい 辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 38
荒っぽい
   
clipped harsh repartee: 荒っぽくて、気がきいていて言葉をはしょった会話 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 89
荒っぽく
   
give sb a harsh little shake: もうひとつ荒っぽくゆする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
耳ざわりな
   
one’s voice is harsh: 耳ざわりな粗い声音だ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 24
make the harsh cry: 耳ざわりな叫びを発する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 26
draw in breath over one’s teeth in a harsh whistling gasp: 耳ざわりな口笛のような音をたてて歯のあいだから大きく息を吸いこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
耳をつんざく
   
harsh intervals and shrill discords of barbaric music stir sb: 野蛮な音楽の耳をつんざく音程や甲高い不協和音に、かえって感動を覚える ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 198
手ひどい
   
one’s words are harsh: (人の)言葉が手ひどい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
手厳しい
   
無情な
   
the harsh: 無情な者 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 144

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

harsh voice: 難声
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 220
harsh expletive: 悪態をつく
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 34
be surprisingly harsh: 辛辣を極める
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 84
sb’s harshest expletive is sth: (人が)悪態をつくときでもせいぜい〜ぐらいしか言わない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 34
be very harsh to sb: 相変らず(人を)さいなみつゞけてゐる
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 18
be startled to hear sb sound so harsh: (人の)口調の激しさに呆気にとられる
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 23
a harsh metallic ring: 鋭い金属音
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 226
a harsh enjoyment tenses the face of sb: (人は)さも得意そうにキッと顔をこわばらせる
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 119
a harsh bolt of pain: つらぬかれたような激痛
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
sb’s bout of hoarse, harsh coughing: (人)の猛烈な空咳
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 363
chant a harsh unintelligible phrase: 耳ざわりな、わけのわからぬ文句をうなる
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 135
Gradually, then, his harsh voice became far from irritating: そして次第に、そういう難声が気にならぬというのではなく、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 220
harsh-tender wandering tunes: 甘さを含んだしわがれ声で歌うさすらいの調べ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 25
a voice, harsh mocking: するどい、なじるような声
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
Their walkieーtalkies blared with occasional eruptions of harsh static: ときどき携帯無線機が耳障りな雑音をまじえてがなりたてる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 14
ツイート