× Q 翻訳訳語辞典
point

主要訳語: 点(7)   時点(4)   問題(4)   本題(4)   ところ(3)   段階(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ある
   
a sign point to ...: 〜の案内板がある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
いいたいの
   
that’s exactly my point: わたしがいいたいのもそこです クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 124
いう
   
point out that ...: 〜という ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 430
これだけのこと
   
press each point home firmly but with patience, as if one was trying to persuade a child: ざっとこれだけのことを噛んで含めるように説明する 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
さす
   
point one paw down ...: 片足をあげて〜をさす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
しかた
   
there is any point in doing: 〜してもしかたがない 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 64
じっと見つめる
   
point sb: じっと(人を)見つめる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 66
すすめる
   
point to sth: 〜をすすめる トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 220
つきつける
   
point with sth: (物を)(人に)つきつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
be pointed at one’s head: 頭につきつけられた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
とがめる
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 119
とき
   
at some point: ときとして トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
at one point: あるときなど トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
ところ
   
that point: そういうところ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
that’s an interesting point: そこがおもしろいところ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
reach a point of no return: もう後戻りすることのできないところまで行く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 501
とるべき行動
   
that is the point: ほかにとるべき行動はない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 66
ねらい
   
take it to that point: 首尾よくねらいを果たす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
もう
   
come to a point where ...: こうなればもう〜 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 18

ズバリという
   
Jorge pointed: ホルヘはズバリといった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
パーセント
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 21
ポイント
   
that’s the whole point: そこがポイント プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 80
pass out points: ポイントをきめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 317

暗示する
   
point to some drugs connection: 麻薬関係を暗示する レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 193
案内する
   
point out the features of ...: 〜に(人を)案内する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
意見
   
interesting point: おもしろい意見 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 321
意図
   
What was her point last night?: 昨夜のグリンドラの意図は何だったのだろう? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
意味
   
there is not much point in doing ...: 〜は無意味 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
don’t see any point in ...: 〜をしても意味がないと思う ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 126
   
past the point where ...: 〜の域を超えた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 87
一理
   
have a point: (人の)言い分にも一理ある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
加減
   
核心
   
to the point: 核心をつく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 184
come to the point: 核心にずばりと切り込む オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 70
ask, coming right to the point: いきなり核心をついてたずねる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
肝心
   
when it comes to the point: 肝心のときになると アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 18
肝心かなめ
   
so here’s the point: ここが肝心かなめだ フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 56
肝腎
   
the point is that ...: 肝腎なのは〜だ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 120
肝要
   
be the point of doing ...: 〜する場合、それが肝要なのだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
気持ち
   
see the point: その気持ちがわかる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 96
急所
   
one’ point is made: 急所をついている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 155
教える
   
be sympathetic and point sb in the right derection: 気の毒そうに正しい方角を教えてる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 61
見て
   
everything about it points to sth: あらゆる点からみて〜だ デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 164
見当をつける
   
point to ...: 〜と見当をつける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 78
言う
   
point out to sb one thing: (人に)言っておきたいことがある アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 327
言う意味
   
see sb’s point: (人の)言う意味はわかる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 235
語りかける
   
point at all of them: 会衆の一人一人に語りかける スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 65
効果のほど
   
never see the point: その効果のほどはずっと疑問に思っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
向ける
   
point the wrong way: あらぬ方向へ向ける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
point the sword upward: 切っ先をまっすぐ上に向ける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 51
point the revolver at sb: リヴォルヴァーの銃口を(人に)ぴたりと向ける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 267
合図する
   
point at sb to do ...: 〜しろと合図する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
指がさす
   
point at ...: 指がさす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 324
指す
   
point to this sth and that: (物)だの(物)だのを指す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
point sb’s fat fingers at ...: むくんだ指で〜を指す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 54
指をつきつける
   
point at sb to make a note: (人に)指をつきつけ、メモをとれという身振りをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
point at sb: (人)のほうに指をつきつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
He pointed: ディクソンはスターンに指をつきつけた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
指摘する
   
something specific that one can point to: 具体的に指摘できるような点 オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 24
私の言う意味
   
fail to see the point: 私の言う意味をはき違える アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 430
事態
   
get the point: 事態を理解する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 116
時期
   
at that point in one’s life: この時期 バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 72
時点
   
at this point: いまこの時点では トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 254
at this point: この時点で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
at that point: その時点で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 273
at one point: ある時点で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
示す
   
point surreptitiously at sb: (人を)こっそり示す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 344
a sheet of paper with arrows pointing to the four poles of compass: 方位が矢印で示された紙 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 20
述べる
   
point out: 述べる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 46
小数点
   
floating-point-operation: 浮動小数点演算 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 139
   
press the point with unwavering frankness: 一糸も乱れない見事な率直さでその場を押し切る 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 101
場合
   
that point is when the temperature hits 100 degree: 気温が三十八度を越えた場合です メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 275
   
pop out the point: ノックで芯を出す ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
切尖
   
fine point of a small sword: 鋭利な短剣の切尖 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 222
先端
   
press the point of the knife up against sb’s Adam’s apple: 包丁の先端が(人の)喉仏にぴったりとあてられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
狙いを定める
   
point sth directly at sb’s chest: (人の)胸にぴたりと狙いを定める タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 134
打点
   
point on the scoreboard: (人が)稼いだ打点 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
段階
   
reach a point where ...: 〜する段階にまで達する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
be pushed beyond the point of pride in the result of one’s efforts: 努力の結果に満足する段階を越えて クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
at this point in ...: 〜のこの段階で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 125
地点
   
had reached one’s sexual high point at ...: 〜が(人の)性的最高地点だった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
   
not without its point: 的を射ていなくもない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
   
things have reached a crisis point: 事態がもう限界点に達している ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 531
there is no point in not admiring sb: その点では(人を)賞賛せざるをえない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 61
swing twenty to thirty points: 二、三十点ごまかす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
put up six points: 六点をあげている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
from this point of view: その点になると 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
from the point of view of the public: 他に認められるという点からいえば 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 62
can see one’s own pulse as bright points of light before one’s eyes: どきんどきんと音をたてる鼓動のひとつひとつが、鮮明な光の点と化して、眼の前にくっきりと映しだされるような気さえする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
突きつける
   
point one shaking finger: ふるえる指を突きつけている アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 103
突端
   
point of land: 陸地突端 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 469
年収
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
変化
   
make one’s mental notes at every point: 変化のいちいちを頭に入れる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 222
褒美
   
don’t award points for sth: 〜しても褒美は出ない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 203
本題
   
go right to the point: すぐに本題に入る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 117
come to the point directly: ズバリ本題に入る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
come to the point: 本題に入る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 281
come immediately to the point: ただちに本題に入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 96
   
from a financial point of view: 会計の面からいえば 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 362
問題
   
that’s the point: そこなのよ、問題は トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
half the point: 問題の半分 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 380
get to the point: 問題をはっきりさせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 313
and it still isn’t the point: だけどやっぱり、問題はそこじゃない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 218
用件
   
Then he went straight to the point: やがて、ずばりと用件を切りだした アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 36
come right to the point: ただちに用件に入る オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 31
   
be short and to the point: 簡にして要を得ている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 367
要点
   
stick to the point: 要点をはずさない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 285
get to the point: 要点を話す デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
come right to the point: まっすぐ要点に入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
理由
   
have a point to make: 何かの理由でやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
論拠
   
assist the point: 論拠を補強する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 312
睨む
   
the guns are pointed impotently at ...: 銃砲はむなしく〜を睨んでいる リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 80

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

what was the point: まあいい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
what’s your point: なにをいいたいんだ?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
what’s the point: そんな話をして何の得があるんだい?
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 178
try to score points: 功を競う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 128
to this point: これまで
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 107
to cite two cases in point: 現に
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 118
the point of axis of ...: 〜の中心
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 146
that’s my point: そこを僕は言ってる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 204
take the point: その点は認める
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
take the point: その点をのみこむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
starting point: 序の口
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 260
see our point: ということにならんか
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 27
pursue the point: 反論する
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 44
points: ふしぶし
point the way: ヒントを出す
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 169
point out quickly: すかさず切りかえす
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 54
point out ...: 〜と反撃する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 144
point out: ひとこと言う
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 129
point out: ひとこと説明しておく
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 75
point out: ポイントをつく
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 79
point out: 申しひらきをする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
point is ...: ともかくもだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 377
point for action: 戦闘準備万全
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
point fingers: 名指しする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 150
point distribution: 分配率
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
point along ...: 〜をたどっていく
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 246
one’s weakest point: (人の)一番のひけ目
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
no point doing: 〜してもしょうがない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 322
more to the point: 何よりも
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 10
minor point: それほどたいしたことじゃない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 358
make one’s point: (人の)言いたいことだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 366
make one’s point: 正しい
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 142
main point of the story: 話の本筋
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
main point of ...: 本題
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 135
just the point: それだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 38
junction point: 合流点
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 277
in point of fact: じつは
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 17
hit one’s low point: どん底
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 46
have a point: (人の)いったこと、当たってる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
have a point: いい所を衝いている
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 385
have a point: たしかにそうだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
have a point: 一理ある
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 18
have a point: 筋がとおっている
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 151
have a point: 言いぶんがある
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 118
have a point: 指摘は的を射ている
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 310
good point: そりゃそうだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 12
good point: ちがいない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 79
get to that point: そうなる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 110
from that point of view: その点
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 187
central point: 中継点
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 227
beside the point: 二の次
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 49
be not one’s strong point: 苦手な
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 30
at this point: いまさら
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 243
at this point: ここで
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 36
at this point: この時
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
at this point: わたしはさう考えて
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 83
at the point: ここにいたって
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
at that point: そうなれば
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
at that point: そこで
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 264
at that point: その頃
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 438
at some point or other: いつしか
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 273
at some point: いつか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
at some point: いつしか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 212
at some point: いつの間にやら
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 118
at some point: そのうちに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
at some point: ときどきは
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
at some point: どれくらい〜したあとだろうか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
at some point: なにかの折りに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
at some point: ふと気がつくと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
at some point: 何時のまにか
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 262
at one point: そのうちに
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 83
at one point: ふと
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 115
at one point: 途中で
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 153
a reference point: 価値判断や行動選択の基準
you have a valid point: それはもっともだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 316
you have a point: それもそうですね
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 404
you’ve got a point there: 一本取られた
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 249
would at some point forget how unorthodox this relationship is: いつのまにか、二人の関係の不自然さを忘れてしまう
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 155
when it comes to the point: 大事なところになると
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 432
when it comes to the finer points: こまかいところでは
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 195
what would be the point of such a thing?: そんなことしたって何の足しになります?
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 279
what was the point of that hideous manoeuvre?: あんなむごいことをして何になるというのだ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 418
what was the point in doing ...?: 〜して何になるのだろう
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 433
what point is there in doing: 〜して何の足しになるんだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 207
what’s the point of ...: 〜てなにになる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 16
we must stretch a point in favour of sb: (人)にはそうやかましいことも申しますまい
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 64
wander from the point a bit: いささか脇道にそれる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 203
volunteer to be the contact point: 自分から世話役をかって出る
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 19
touch the pressure points: ツボを押さえる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 218
to the point of ...: 〜寸前までに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 457
this is telling point: この一言が効いて
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 177
there was no point with sb: (人に)かかっては無理というものだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
there is no point trying to do ...: 〜など考えるだけむだだ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 225
there is no point in ~ing: いつまでも〜してもいられない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 256
there is no point in struggling: もがいたところでどうにもなるもんじゃない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 27
there is no point in saying so: そんなことをもちだしてもはじまらない
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 10
there is no point in saying ...: いまさら怨んでみても仕方がない
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 25
there is no point in doing: 〜してみてもはじまらない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 259
there is no point in doing: 〜しても、それでどうなるものでもない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
there is no point in doing: 〜するにおよばず
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 93
there is no point in doing: 〜するのも無意味だ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 265
there is no point in ...: 〜したところで仕方がない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 34
there is little point in doing: 〜しても意味がない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
there is general agreement on that point: 一同異存ない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 60
there can be no point to such a ...: そんな〜は話にも何もならない
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 46
there’s really little point in speculating: 推測してもしかたがない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 48
there’s no point in telling you about it: お前にいってもはじまらない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 249
there’s no point in doing: 〜しなきゃいいでしょ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 19
there’s no point in doing: 〜するのは賢明じゃない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 338
there’s no point in ...: 〜しても詮ないこと
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 79
there’s no point dwelling on it now: 一生懸命考えても無駄だね
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 21
the points come sb’s way: 思う壺にはまる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 210
the point was well taken: こいつは一本取られたかもしれない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 113
the point of sb’s argument: 〜のいわんとするところ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 31
the point is that ...: とにかく〜だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 267
the point is that ...: 要するに〜だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 233
the point is that ...: 要は、〜ということである
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 68
the point is ...: わたしが言いたいのは〜
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 156
the point is ...: 僕が言いたいのは〜ということだ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 172
that point of view: そういう考え方
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 184
that one seem on the point of being at once released: そんな訳で、今にも釈放という形勢にまでなる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 158
that is the balance point on which whole thing rests: その一点にすべてがかかっている
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 306
that is just the point: それなんです
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 86
that’s not the point: それは話がおかしい
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 417
that’s beside the point: それはどうでもいい
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 133
tell sb merely as a point of information: そっけない説明をする
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 45
subdue to the point of silence: まったくといっていいくらい口を開かない
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 164
sth is a point of pride: 〜を誇りにしている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 53
sth is a point of pride: 〜を自慢にしている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 9
speak simply and to the point: 簡にして要を得た
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 89
somehow and at some point: いつのまにか
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 41
seriously challenge sb’s central point: (人の)論議の核心に真っ向から挑戦する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 167
see no point in suggesting: 皆目見当がつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 237
see no point in spinning out trouble: いざこざを引きのばしたところで仕方がない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 104
see little point in ...: 〜はつづけても意味がありません
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 249
sb points out that ...: (人)によれば、〜だという
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 66
sb have a point of view: (人の)考え方に一理ある
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 36
sb have a point: (人の)言うとおりだ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 34
sb has a point: (人の)いうことももっともだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 143
sb has a point: (人の)言うとおりなのだ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 141
return to one’s starting point: ふり出しに戻る
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 122
reproach sb, pointing out that ...: (人に)向かって〜ではないかとなじる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 187
remain a sore point with sb: (人)の胸に大きなしこりをのこす
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 21
refuse point blank to speak of sb: (人のことを)なかなか正面切っては口にしない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 156
read the high point in ...: 〜にざっと目を通す
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 149
pointing out the chain with one’s blue cap: 例の青帽子で、問題の鎖を教えている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 207
point to sb as the murderess: (人に)罪を着せる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 273
point to a positive proof that ...: 〜という決定的証拠をつかむ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 102
point the nose down at an angle of nearly thirty degrees: ほとんど三十度近い角度に、船首をさげる
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
point the finger of suspicion at sb: (人を)容疑者にあげる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 478
point sth directly at sb: (人に)狙いを定める
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 126
point out that ...: 〜と言って、忠告する
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 77
point out that ...: 考えてもみてください〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
point out by contrast: 際立たせる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 6
point out ... with a flashlight: 懐中電灯で〜を照らす
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 95
point one’s finger at ...: 荷物をよそへおっつける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 98
point one’s face toward ...: 〜の方角をめざす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
point at none of them: 会衆など頭から相手にしていない
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 65
pass the point of no return: 抜きさしならなくなる
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 162
one’s temper reached straining point: 今にも堪忍袋の緒が切れそうだった
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 205
one’s response is to the point: 返答が着眼がよい
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 343
not to put too fine a point on it: もっとありていにいうと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
none of this is the point at issue: そんなことは今はどうでもいい
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 346
no point in doing anything: ばたばたしても無駄だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 46
no point in doing ...: 〜するのはつまらん
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 62
never one to miss a point of vulnerability: 人の弱みをつくのがうまい(人)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
never cease pointing out another woman’s defects: ほかの女の欠点をあげつらってやまない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 77
nervously raise a point with sb: おそるおそる(人に)質問する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 54
more to the point: こちらのほうがもっと重要なのだが
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
more to the point: それに何よりも
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 157
more to the point: もっとはっきり言えば
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
more to the point: 何と言っても
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 466
maybe sb have a point: (人の)おっしゃることにも一理ある
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 28
make it a point of honor never to do: 主義として〜しないたちだ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 223
make a point of slamming down the lids of ...: 〜のふたを叩きつけるように閉める
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 234
make a point of not doing: 〜しないようにしている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 30
make a point of getting sb to do: (人が)うまく〜するようにもっていく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 20
make a point of doing: 〜しているふりをする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 292
make a point of doing: 〜しないという一線を死守している
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 188
make a point of doing: 〜という段取りになる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 483
make a point of doing: せっせと〜する
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 85
make a point of doing: わざと〜してみせる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 41
make a lot out of the point that ...: 〜ということを大げさな問題にする
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 272
look at it from sb’s point of view: (人の)立場を考える
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 7
look as though sb be underscoring the point: 何か念を押しているようなやり方だ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 155
logic is never strong point of a dream like that: この手の夢は理屈を超えて展開する
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 15
like to make a point of doing: 〜する道を選ぶ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
let me make a further point: もうちょっと突っ込ませてくれないか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 316
let me come right to the point: 単刀直入に言わせていただこう
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 135
know sb have a point: いわれてみれば、確かにそのとおりだ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 67
it would rather spoil the point: それじゃあ面白くない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 187
it is useless to pursue one’s point: いつまでかかり合っても無駄だ
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 19
it is loss of time to dwell upon the point: これ以上ぐずぐず論じている余裕はない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 209
in Point of ...: 〜という問題に関して
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 28
in a business point of view: 商売上の立場から
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 113
I have to admit sb has a point: なるほど、(人の)言うとおりかもしれない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 236
hit all the high points: 要点はのこらず突いている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 456
have reached the point of desperation: 絶望の度を加える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 417
have reached a point in one’s life: 寄る年波で
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 44
have made a point always of standing well in sb’s esteem: (人に)よく思われるよう、日頃から心がけている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 113
have been dying to point it out all along: それがさっきから言いたくて仕方がなかった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 97
have been at pains to make that point: そう言い続けている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 280
had a point to make: こういいたかったのだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
go to the point: 単刀直入に言う
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 111
go to a point which ...: 〜という線までいく
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 90
give sb no points: (人を)認めてやる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
give one a long view along each of the four main points of the compass: 東西南北に見通しがきく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 398
get to the point: 何が言いたいのだ
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 229
get right to the point of ...: 〜の目的をずばりと切りだす
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 216
get one’s points of view across: 自分の考えを理解させる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 379
get no style points: 体裁をつくる必要はない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 398
from the point of view of ...: 〜から言っても
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 31
from sb’s point of view: (人に)してみれば
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 35
from one’s point of view: (人に)とっては
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 424
from my point of view: 僕としては
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 125
from an undeniably hoyden point of view: 反良俗的女性の見地からするとき
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 87
from a purely psychological point of view: 全く心理学的な観点から
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 29
form one’s point of view, one couldn’t have come at a better time: 〜にとって、いちばんいい時間だった
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 116
examine sth closely from every point of view: あらゆる角度から詳細にしらべてみる
examine sth closely from every point of view: あらゆる角度から注意ぶかくしらべてみる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
examine sth closely from every point of view: あらゆる角度から念入りに調べてみる
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
everything pointed in that direction: あらゆる情況から考えあわせて
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 312
even to the point of doing: 〜さえ行われるくらいだ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 50
don’t see any point in ...: 〜したってしょうがない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 219
don’t make one feel nervous, or point out one’s mistake: 押しつけがましくなくて、寛大だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 70
don’t get the point: まるで要領を得ない
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 149
don’t get the point: よく分かりませんが
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 107
do not waste time on the niceties but get right to the point: 上品ぶったあいさつなどそっちのけで、すぐさま用件に入る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
do not see much point in doing: 〜してるなんて、よく意味がわからない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 216
do not see any point in ...: 〜の重要さをかけらも認めていない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 285
do not press the point: 問いただすことはしない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 260
dangerous points of colour: 危険な色の斑点
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
crowd at the moment to bursting-point: その時はパンクせんばかりに人でごった返している
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 14
commit salient points to memory: 要所要所を記憶に刻みつける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 106
come to the sticking point: 話が肝心のところにさしかかる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
come straight to the point: 単刀直入にいう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 144
come straight to the point: 単刀直入に切り出す
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 123
come right to the point: ずばりいう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 70
come right to the point: 結論からいう
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 100
change the subject at that point: そのまま話を打ちきる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 144
challenge sb on a point sb have not thought of: (人の)虚をつく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 12
came to the point where ...: 〜はもうほぼ確実なことだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 34
become a sticking point on sb’s point in sb’s heart: (人の)心の深い傷となって残る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
be very obscure on that point: 言葉を濁す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 259
be stretched to breaking point: 背に腹は代えられない
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 18
be stretched taut to breaking point: いまにもたち切れんばかりにぴんと張りつめた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 28
be sth from one’s point of view: 〜のつもり
be so quick to point out: いみじくも言い当てる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 30
be small to the point of almost being petit: とことん小男だ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 185
be pointed out to visitors as one of the local sights of ...: 〜の景勝の一つとしてわざわざ観光客に話す
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 81
be on the point of ~ing: 〜しようとする
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 102
be on the point of starting out to do ...: 〜しに出かけようとしていたところだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 38
be on the point of death: 死んでゆく
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 27
be not to the point: どうでもよい
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 385
be not the real point: 問題はまた別なはずだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 429
be not easily controlled when one has made up one’s mind on a point: 思いこんだらてこでもうごかない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 116
be leaden to the point of indifference: 無感動といっていいほどものうげ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 453
be just on the point of ~ing: ちょうど〜しようとする矢先
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 103
be hardly the point: 考えられない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 113
be beside the point: 〜する必要もない
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 213
be being careful to the point of paranoia: (人の)用心ぶりは、パラノイアに近かった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 68
be at a point now with ...: 今では〜までになっている
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 272
at this point in the calendar: いまの時期
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 146
at some point in one’s growth phase: 育ちざかりというのは
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 258
at some point during one’s relationship: いつのころからか
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
at one point in one’s life: あるときふいに
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 168
as if to drive home one’s point: あてつけのように
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 135
appreciate the points sb have made: 言わんとするところはよくわかる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 387
advance to the point where ...: 〜の間際まで進んで来る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
acknowledge the boons at the several points in the course of ...: (人が)受けた恩恵について、文中で適時述べる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 591
a weak point of sb’s talk: (人の)話の不備
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 172
... may have a point: 案外〜に学ぶべき点があるかもしれない
the point is academic: その点には疑問がある
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 206
point across the room: 部屋の反対側をゆびさす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 300
'That is just the point sir,' Mostyn agreed, talking only to Smiley: 「そこなんです」モスティンはあいづちを打って、スマイリーひとりに話しつづけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 86
sb’s all-point want on ...: (人の)〜に対する偏執ぶり
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 152
and approach one’s second and last point: いよいよ第二の点にとりかかる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 38
consider it from another point of view, then: そうでなくっても
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 144
Smiley seemed about to argue this point then changed his mind: その点でスマイリーは反駁しそうに見えたが、考えなおした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 235
have arrived at the point of being able to do: 〜するくらいのことは出来るようになる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 14
even when it’s as normal as ninety-eight-point six: いくら正常に見えたとしても
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
find oneself asked point-blank if ...: いきなり〜ときかれる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
ask sb point-blank: いきなりありのまま、(人に)聞いてみる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
She assumed it had to do with work and didn't press the point: 仕事のことだろうと察して、問いただすことはしなかった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 260
focal point of attention: 目が離せない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 101
have become a talking point over the whole length and breadth of the land: 日本国じゅうの話題をさらった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 407
sb’s stress is building to a breaking point: ストレスが高まって、臨界点に近づいている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 177
the point of each breast: 乳首の先
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
put on the back burner at this point: いったんそこでストップする
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 2
What's your point bush?: なにをいいたいんだ? 小僧
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
be careful to point out ...: 周到に〜を指摘する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 11
She crossed a leg casually at one point;: ある時点で彼女はさりげなく片脚を立てた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
ceremonies marking a turning point in life: 人の節目のセレモニー
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
Five point six and some change actually: 五百六十万ドルあまりだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
clear freezing point: 氷点を上まわる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 102
code point:コードポイント
辞遊人辞書
code point:符号点
辞遊人辞書
code point:Unicodeの文字に割り当てられた数値
辞遊人辞書
cold-bloodedly perform the only action that can turn events at this point: 大胆にも、体勢逆転のために唯一可能な行動に出る
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 202
be laid out in two columns and set in dense eight-point type: 二段組みにびっしり8ポ活字が並んでいる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 252
things come so quickly to the sticking point: 事態はこんなにも早く、行きつくところに行きついてしまった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
‘You have a pointBrooks conceded: 「それもそうですね」ブルックスも同じた(どうじた)
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 404
I've told you up to the point where I had her cornered: 問いつめたところまでお話したんでしたっけな
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 73
It could be a focal point for spreading the idea to--: 彼らが火つけ役になって、万が一--
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 70
be indeed a critical point: まさに要衝である
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 12
crucial point: 要所
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 64
crunch point: 山場
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 193
In the darkness, his gloved fingers ticked off each point: 暗がりの中で手袋をはめた指がひとつひとつ数えあげていく
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 66
after some mental debating of that point: その点は、いろいろ胸の中で考えた末
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 256
delicately point this out to sb: (人に)その点をそれとなく持ち出す
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 153
a difficult point: 微妙な問題
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 46
point sb in the right direction: (人に)ヒントをくれる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 115
ツイート