× Q 翻訳訳語辞典
reference   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
価値判断の基準
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 368
禁持出しの本
   
the reference shelves: 禁持出しの本を集めた棚 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
呼ぶ
   
this is one’s condemning reference to sb: (人の)ことをいつも軽蔑をこめてこう呼ぶ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 204
参考資料
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 112
参照
   
with reference to sth: 〜を参照しながら 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 76
情報
   
references to ...: 〜についての情報 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
信用照会状
   
references furnishes on request: 御要望により信用照会状持参 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 295
調べる
   
a reference to the record shows ...: 記録を調べてみると〜がわかる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 153
問い合わせ
   
offer a couple of names for reference: こちらに問い合わせてみて下さいと言ってふたつばかり名前をあげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 285
問題
   
no references to the weather: 天気などは問題にしない オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 26

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

for future reference: 次の機会のために
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 155
a reference point: 価値判断や行動選択の基準
a character reference: 素行調査
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 279
without embellishment or reference to his own feelings, then or now: あのときの自分の気持ちや、今、どう思っているかということにはいっさい触れない
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 114
wasn’t making the reference: それを口にしたおぼえはない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
make reference to ...: 〜について語る
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 179
make no reference to ...: (〜の〜の)字も言わない
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 301
having noted the references to ...: 〜を引合いに出しながら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
have once made an oblique reference to sth: 〜についてそれとなく仄めかしたことがある
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 89
fit into one’s narrow frame of reference: 信頼をかちえる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 76
feel awkward using the reference: 引合いに出そうとしている事柄に、気おくれをおぼえる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 296
do ... without including an obscene reference to sb: 〜するたびに(人を)口ぎたなくののしる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 38
deny sb the reference of stars: 星で方角を知ろうにも、〜でだめだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 463
by idle reference: それとなく洩らす言葉から察すると
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 43
cross-reference:相互乗入れの線路を走る電車
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
cross-reference directory: 住所別電話帳
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
the reference books dutifully removed from ...: 〜から義務のように本を引き抜いてくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
there is nothing to shock sb in the manner of his reference: 父親の話しぶりには、(人を)不安がらせるようなものは、何もない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 10
overt reference to sth: わざわざ〜と書き入れる
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 91
reference check:身元照会
辞遊人辞書
untouched works of legal reference: ひもとかれたことのない法律書
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 292
drop a veiled reference to ...: 〜のことをそれとなくにおわせる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 57
ツイート