× Q 翻訳訳語辞典
suspicion

主要訳語: 疑惑(6)   疑い(6)   疑問(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
勘繰り
   
it amounted to nothing but suspicion: すべてが(人の)勘繰りにすぎない 安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 42
危惧
   
confirm sb’s suspicions: (人の)危惧を裏付ける マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 154
疑い
   
view sb with suspicion: (人を)疑いのまなこで見る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
there is not the slightest sign of suspicion in sb’s eyes: (人が)少しも疑い深い眼を向けない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
tend to look upon ... with suspicion: 〜を見たら疑いの眼をむける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 154
confirm the suspicion that ...: 〜との疑いを裏づける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 265
cast suspicion on sb: (人に)あらぬ疑いをかける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 322
cannot brook any real suspicions: どんな疑いも耐えがたい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 237
疑いの眼
   
eye sb with suspicion: (人を)疑いの眼でじっと見ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
疑うこと
   
was sick and tired of suspicion: もう人を疑うことにつくづくいや気がさしていた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 35
疑われる
   
lay sb open immediately to suspicion of homosexuality: すぐに同性愛を疑われる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 135
疑心暗鬼
   
in one’s state of suspicion: (人の)いまの疑心暗鬼の状態では ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 352
in an atmosphere of suspicion: 疑心暗鬼の雰囲気のなかで ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 40
疑念
   
suspicion born at sb’s: (人の家で)きざした疑念 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 187
疑問
   
the nagging suspicion crosses one’s mind: しつこく巣くっている疑問が頭をもたげる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 130
one’s central suspicions: (人が)もっとも気にかけている疑問 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
entertain suspicions: 疑問を抱く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 288
疑惑
   
view ... with frightened suspicion: 〜を恐怖と疑惑の混じった目で眺める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 46
the leverage the suspicion gives one: 疑惑が生みだすてこのような力 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 90
one’s suspicions are correct: 自分の疑惑が正しい アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 62
harbour suspicions: 疑惑をいだく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
agonize over one’s suspicions: さまざまな疑惑にさいなまれて過ごす クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 388
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 45
疑惑の対象
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 71
疑惑の目
   
look upon one another with suspicion: お互いに疑惑の目を向け合っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 114
疑懼
   
have one’s dark suspicions that ...: 〜ではないかという疑懼を持つ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 80
嫌疑
   
suspicion of her hardly touches sb: 彼女に対する嫌疑はほとんどうかばない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 252
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 105
思いつき
   
what better way to mock the meanness of sb’s suspicions: (人の)思いつきの卑しさを嘲笑するのに、これ以上のものは考えられない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
思惑
   
armed with this information, and one’s suspicions: これだけの情報と思惑を胸に ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
邪推
   
harbor suspicions: 邪推する 谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 15
推理
   
be right in one’s suspicions about ...: 〜が(人の)推理どおりだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
不審
   
scowl at sb in suspicion: (ひとを)不審の目でにらみつける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 205
sb’s suspicions are aroused: 不審に堪えない 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 123
不審の思い
   
suspicion remains with sb: (ひとに)不審の思いがつきまとう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 25
猜疑
   
regard sb with suspicion: 猜疑の眼で(人に)対する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
猜疑心
   
one’s own suspicion has gotten the best of one: (人の)いだいていた猜疑心が抑制する心を上まわる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

in suspicion: いぶかしい表情で
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
full of suspicion: さも不審そうな
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 48
excite the suspicion: 邪推される
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 320
confirm sb’s suspicions: (人に)たしかにそのとおりだと言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
wandering sth raise one’s suspicions: 〜というのもいかがわしい
view with some suspicion: 何となく胡散くさいものに思う
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 336
there mustn’t be a suspicion that ...: 〜なんて、匂わせてはいけない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 88
the suspicion that ... foretell something grim: 〜が予言する陰惨な未来
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
the suspicion of treachery never for instant enters sb’s mind: そんな陰謀がかくされているとは、夢にも思わない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 120
suspicions about sb ease: 周囲の見る目が違ってくる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 62
regard sb with a good deal of suspicion: (人を)見ると気味が悪い
regard it with infinite suspicion: 天から疑ってかかる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 64
in one’s unworthy suspicions about sb, one imagine ...: 〜か、と勝手な想像をたくましゅうする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
have not the vaguest suspicion that ...: 〜を知らない
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 142
forasmuch as to entertain any suspicion that sb be awake: (人が)起きているという気配ひとつ察することでさえ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 11
examine sb with suspicion: 警戒するように(人のほうを)注目する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 221
be nothing but groundless suspicion on sb’s part: (人のほうで)邪推していただけだ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 55
point the finger of suspicion at sb: 疑惑の矛先を(人に)向ける
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 138
point the finger of suspicion at sb: (人を)容疑者にあげる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 478
But then suspicion gradually raised its ugly head: しかし、そのうち、だんだんと、疑いが首をもたげてきた
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
There was but one means to clear away this intolerable suspicion: その世にも耐えがたい疑いを晴らす途は一つしかなく、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 406
least likely to arouse suspicion: 絶対に相手の疑惑をかきたてるおそれのない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 109
It was demoralizing, and that day I decided to leave with suspicion: すっかり気がくじけてしまって、その日はまあ、黙ってひきあげることにしました
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 74
look at ... in long suspicion: 〜を、いぶかしい表情でしばらくみつめる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
suspicion raise its ugly head: 疑いが首をもたげてくる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
suspicion remains with sb: (人に)不審の思いがつきまとう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 25
be tortured with suspicion: 猜疑の鬼になる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 74
there was always a touch of suspicion in sb’s manner: (人の)素振りにはいつもなんとなく疑惑の色が見えていた
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 110
a tuck of suspicion: 疑惑のしわ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
Tyndall looked at his unsmiling face in long suspicion: ティンドルは、にこりともせぬ相手の顔を、いぶかしい表情でしばらくみつめた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
ツイート