× Q  ?  翻訳訳語辞典
sb
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

jerk sb around ’cuz ...: ばかにする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 491
a polite inquiry about sb’s cold: (人の)風邪についての一言の見舞い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
there is a story of sb’s one read: (人の)ものを何か読んだことがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
one might call sb taken aback: 辟易したという言葉が当っている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 249
be understandably taken aback by crudeness of sb: (人の)口からこんな下品な言葉を聞かされて、腰を抜かさんばかりに驚く アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 148
be taken aback to find sb: (人の)姿を目にして驚く デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 172
abandon sb’s ship to the winds: 風に船を委せる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
alone in the tiny room where sb1 had abandoned sb2: (人が)が去ったあと、小部屋にひとり残された(人は)思った トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 286
kiss sb with abandon: キスの雨を降らせる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 143
awake the memory of sb’s own sensual abandon: (人の)放恣な肉の記憶をよびさます 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 116
abandon sb: (人を)置いて出ていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 113
in the abandoned yard behind sb’s house: 家の荒れた裏庭には ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
abandoned edge in sb’s voice: (人の)声にひそむ自暴自棄めいたトーン トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
sb in not the first man she has loved in this totally abandoned way: 自己放棄的な愛し方は、(人が)はじめてのものではない 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 178
sb’s abandoned book: 読みかけの本 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 246
be condemned to spend sb’s whole life in humiliation, apologies, and abasement: 恐縮し謝罪しはにかんで生きていなければならない 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 162
give sb a rather abashed grin: ちょっとどぎまぎした笑いを(人に)向ける マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 440
at last sb’s laughter abates: (人は)やっと笑いから醒める 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 42
be so abhorrent to sb: それほどまでに〜に抵抗を感じる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 40
end sb’s current ability to do anything but do ...: 〜が終わると当面できることはなにもなく、〜するばかりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 501
one’s ability was already identified by sb: (人の)才幹が〜によってつとに着目されていた フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 34
be so abject in one’s apologies that sb begin to feel sorry: 気の毒なほど恐縮する 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
able to let sb go: (人を)あきらめることができる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 334
sb is better able than most to do ...: 〜するのにより適任者である フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 11
sb be no longer able to hold oneself back: 怯えていた(人が)、たまりかねて 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 37
neither sb’s doctor nor sb’s children is able to reason with sb in any way at all: 医者や子供たちがなにを言ってもまったく無駄だ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 133
find oneself able to think about sb without doing: (人の)ことを思い出しても〜特に〜しない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 316
be as well able to size sb up as sb: 実力のほどについては(人と)同じくらい眼が利く セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 47
second sb ably: かいがいしく(人を)助ける アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 26
sb’s abnormal manner: ふだんの(人と)違う 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 61
sb’s hand feels abnormally hot: 気持ち悪いくらい、熱い手だ 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 66
want sb aboard: (人を)引きずりこもうとしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
truth about sb: (人に)まつわる真実 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 169
talk with sb about ...: (人と)〜の話をする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
have a talk with sb about sth: (人と)(物の)ことをめぐって論議する べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 82
come to press sb to do something about ...: 〜の件で督励に来る 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 296
and see sb about to wrench sth open: しかも、(人が)今やこじあけにかかったのを見ると ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 293
a man about sb’s own age: (人と)同じくらいの年格好の男 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 108
seem about to advance on sb: (人に)近よるけはいをみせる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 42
at about the height of sb’s waist: (人の)腰ほどの高さのところで 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 5
see through sb’s well-meant lie about ...: (人が)よかれと思って口にした〜云々の嘘を見抜く セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 169
strike sb about the man: 男の際立った特徴にと胸をつかれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
arrive at about the same time as sb: (人と)前後して着く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
this is not a proud story that sb is about to relate: 今から語るのは、実を言えばかなりみっともない話である ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
tell sb about the dust-up between sb and sb: (人)と(人)がひきおこした騒動の顛末を、(人に)話してきかせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
tell sb about ...: 〜の一部始終を(人に)報告する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 125
sb is about for just a moment?: (人)にちょっと会えるかな トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 101
sb is about as superstitious as a tree-stump: 迷信などこれっぽっちも信じない(人) スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
sb’s boyhood was about sth: 少年時代は〜がすべてだった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 175
one’s hands locked about sb’s neck: 首のうしろで組み合わされている手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
just about ... sb ...: (人)なんか〜〜しかけたくらい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
it just about killed sb when ...: 〜の時など、(人は)危うく憤死するところだった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
it is about time sb’s luck changes: そろそろツキの変わる転機にきているようだ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 256
isn‘t sb about the most handsome man you’ve ever seen?: (人)みたいにハンサムな人ってちょっといないと思わない? ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
I guess I better start asking around about sb: そろそろ(人)本人のことを聞かせてもらおうかな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
be turned fully about to face sb: まともに(人のほうを)向いている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 289
be just about the handsomest, most different kind of boy that sb have met: (人に)とってすごくあかぬけていて、地元の他の男の子たちとはまったく違った種類の人間に見える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
be about to use sb’s name: 相手の名を口にしかける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 203
ask sb many questions about ...: 〜がどんな具合だったかをことこまかにたずねる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
about sb: 〜の身の上 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 54
I heard sb yell from above me: 頭の上で(人の)大きな声がする 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 239
twenty feet above sb: 〜の頭上二十フィート マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 62
watch sb from above ...: 〜の上から眼をのぞかせて(人の)様子を観察する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
above sb: 上方には ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 168
see ... lift directly above sb: 〜が真正面にせりあがってくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 421
up the hill above sb: 山側に隣り合って〜の家を見おろすところに フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 102
it is sb’s eyes above all that are terrible: あの眼がわけても恐ろしい ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 34
in the apartment above sb’s: (人の)上階に住む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
above sb: ふりあおぐと ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 336
above sb: 頭上の マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 370
come abreast of sb: (人に)追いつく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 335
as one come abreast of sb: すれ違いざまに セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 51
tell sb something about life abroad: 向こうの話をする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 206
be abrupt with sb: (人に)つっけんどんだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 120
have an abrupt thought of sb: ふいに(人の)ことが、頭にうかぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
look around abruptly at sb: いきなり振り返って(人の)方へ顔を向ける サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 164
something abruptly caused sb to interrupt: 何を思ったか、だしぬけに話をさえぎった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
ask sb abruptly: だしぬけに聞く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 10
leave sb abruptly: ぷいと立ち去る アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 140
abruptly raise a trap in sb’s hands: 合図もなしに手にした籠を高く差し上げる スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 119
Abruptly sb’s tone of voice shifted from expansive to matter-of-fact: (人の)口調は突然、大言壮語調から実務的なそれに変った。 セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 294
revive sb too abruptly: 唐突に呼びさまされる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 33
grow petulant over sb’s absence: (人の)いないのに気づいて、いらいらしだす アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 112
bring something back to justify sb’s absence: (人が)姿をくらます埋め合わせに何か面白いものを持ってくる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 115
feel sb’s absence starkly: (人の)不在をひしひしと感じる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 89
during sb’s various absences: 何やかやで(人が)不在だった時期に ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
in sb’s absence: (人が)家を留守にすしているあいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 244
there is a half-smile on sb’s face and an absent expression: うっすら笑みをたたえた、どこか茫洋とした表情 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 285
find sb absent: (人の)姿がない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 193
absentmindedly let the music wash over sb: その曲が耳に入ってくるに委せる 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 10
treat sb with absolute contempt: (人を)鼻の先であしらう ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 143
give sb such an absolute and negative answer: (人に)にべもない返事をする グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 113
guard and protect sb absolutely: (人を)どこまでも護る フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 203
be absolutely fatal for sb: (人には)ほんとうに命とりだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 39
absolutely stymie sb: 完全に(人の)出鼻をくじく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 282
trust sb absolutely: (人を)固く信じて疑わない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 178
it’s absolutely impossible for sb to do: (人)には絶対に金輪際〜できるものじゃあない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 262
believe in sb absolutely: (人に)全幅の信頼をおく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 306
you don’t go and kill oneself unless sb absolutely have to: 犬死するなよ 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain )
頭の体操に「翻訳訳語辞典 Quiz」もどうぞ
ツイート