× Q 翻訳訳語辞典
ship

主要訳語: 船(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
まわす
   
ship sb off: 〜へまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57

仕入れる
   
since the cost of shipping new units from ... is so great: 何しろ〜から新しい機械を仕入れるには莫大な運賃がかかる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 12
出す
   
ship produce to market: 製品を市場に出す 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 160
出荷する
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 281
   
tell ships to stay out of sth: 船に〜に近づかぬよう警告する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 549
solitary life aboard ship: 船での孤独な生活 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
ship’s business: 船の作業 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
go down with one’s ship: 船とともに沈む ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
船が航行する
   
soon be closed to shipping: このままほうっておけば船が航行できなくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
流通
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 132
僚船
   
the other ships in the convoy: 船団の僚船 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 296
恋愛を応援する
    辞遊人辞書

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the side of the ship: 甲板
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 12
ships: 艦艇
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 81
ship sth off: 〜を発送する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 245
ship out to ...: 〜に赴く
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 402
ship out: 除隊する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 313
right the ship: 気をとりなおす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
one of our own ships: 僚船
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
jump ship: 失踪する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 262
jump ship: 離脱する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 214
British ships: 英国艦船
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 98
take ship and leave sb: 舟を仕立てて旅に出る
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 103
ship sb to ...: (人を)(場所に)送り込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
ship out for ...: 〜に出発する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 255
be shipped back ...: 〜にもどされる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 43
abandon sb’s ship to the winds: 風に船を委せる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
"Actually," he said, "our ship hit an iceberg and sank: いえ、氷山にぶつかって船が沈みましてね、
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 97
keep the ship afloat: 艦を沈めない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 72
Behind every big ship you'll find a dozen little ships atrailing: 超弩級の船が一隻いれば、その後ろには重数隻の小舟が従う
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 39
the ship still bears on her course: 船がそのまま向きをかえず遠ざかる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 285
begin as a ship’s carpenter: 船大工からのたたきあげだ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 55
big ship: 超弩級の船
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 39
on the board ship: 船中での
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
the ship is plowing calmly through a monster-infested Strait of Magellan: マゼラン海峡を通過しようとする彼らの船は、いろんな怪物の跋扈する海をしずしずと進んでいる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 216
These are the classic requirements of a naval ship in wartime: これが古来、戦時における軍艦の要務であり
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 56
Commondore’s ship: 船団長の船
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 476
cross over to ... in a ship: 舟で〜を渡る
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 55
the dark side to this culinary delight is the fact that the ship carries no fresh wasabi: ただひとつ残念なことに、船には本物のワサビがない
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 94
engage the whole ship: 船を完全に借りきる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 254
every ship: 全艦
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 386
ship’s fitting: 船の部品
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 56
the very forepeak of the ship: 艦首最先端
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
ship’s doctor generally has oodles of time on his hands: 船医なんてもうメチャクチャに閑である
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 17
blessed the genius of the Clyde ship-yard that had made her: ユリシーズをうみだしたクライド造船所の偉大さをたたえたことだろう
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 154
ship’s horns: 船の汽笛
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
in the ship: 艦内
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 189
XX was incomparably the most efficient--indeed the only efficient--radar ship in the world: XXこそは世界でもっとも優秀な、いな、優秀とよぶなら唯一のレーダー装備艦だと信じていた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 235
a ship seems small and insignificant: 船は小さく安っぽく見える
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 49
Took a special dislike to me--said I was to be booted off the ship instanter: とりわけ、私はきらわれたものだ--即刻本艦からおっぽりだすそうだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 36
leading ship: 先頭船
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 333
a luxurious passenger ship: 贅をつくした客船
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 220
his ship: 自艦
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 472
ship and crew are in peril of tempest: 船も船員たちも、今や嵐にもまれている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 56
rescue ship: 救難艦
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 90
respected ship’s cook: 料理長殿
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 96
ship in which sb be going to sail: (人が)乗組むはずの船
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 100
Only man in the ship who can make you see even a modicum of sense: きみに毛ほどでも道理をわからせることのできる艦内ただひとりの人間だからな
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 189
ship-borne fighter: 上空直衛にあたる艦載機
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 99
sinking ship: 沈みゆく船
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 26
My God! was there ever a slaughter-house like that ship: 神よ!あの船のような修羅場が、またとございましょうか
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 128
a ship is tender: 重頭船
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 120
this ship: 本艦
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 419
echo through the ship: 艦内にひびきわたる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 89
the ship backs its tonnage away: 巨大な船はしずしずと港から出ていく
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 135
the torpedoed ship: 被雷した船
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 295
as if a mere ship were altogether unworthy of sb’s notice: 船なんか眼中になく
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 93
Why, he's the chaplain of this ship--the chaplain, no less!: なあに、この船の教誨師でおさまっとるのさ--教誨師でよ!
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 125
ツイート