× Q  ?  翻訳訳語辞典
aboard
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
での
   
solitary life aboard ship: 船での孤独な生活 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

want sb aboard: (人を)引きずりこもうとしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
move aboard: 乗りうつる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 26
climb aboard sth: (物に)のる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 242
clamber aboard: 乗り移る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 326
be aboard: 乗り組む 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 113
aboard the flagship: 旗艦では マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
with two of one’s teammates aboard: ランナーを二人おいて プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 382
Pax aboard now, go.: よーし、一目散で行くぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 281
there can’t be many left alive aboard: 生存者はなにほどもいまい マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 380
break aboard: 甲板にうちあげられる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 126
Jonathan bribed his way aboard: ジョナサンは鼻薬をきかせて乗り込んだ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 176
His career of crime aboard the Ulysses had been brief and painful: ユリシーズにおける彼の犯罪歴は、あっけなくも痛ましいものであった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 86
climb aboard: 乗る セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 181
He had coaxed an exquisite blue caterpillar to climb aboard a twig: ダヘーアは、途中で拾った小枝の切れはしにきれいな青い色をいた毛虫をおびき寄せてのせていた セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 242
conveniently leap aboard: これ幸いと飛びのる オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 66
get aboard gingerly: おそるおそる乗り移る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
a sudden impulse guides sb aboard a number sixty bus heading for downtown Chicago: 衝動的にシカゴの繁華街に向かう60番のバスに飛び乗る フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 57
'Did you see him come aboard' Smiley insisted: 「乗るところを見たのか」スマイリーはかさねてきいた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 325
Now he wanted me aboard: でも今度はわたしを引きずりこもうとしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
proud to have you aboard: ようこそ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 237
It stayed aboard the Salty IV: パイプは〈ソルティIV世号〉におきっぱなしにしてあった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
Aboard the flagship, it was lost to sight almost immediately: 旗艦からその艦影は、たちまち見えなくなった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 147
ツイート