× Q 翻訳訳語辞典
awake   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ふと眼が醒める
   
awake in the middle of a prodigiously tough snore: ひどい鼾をかいて眠っていたがふと眼が醒める ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 68
まんじりとしない
   
stay awake: まんじりとしない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 292

覚める
   
awake from one’s trance: 放心から覚める 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 86
覚醒する
   
be awake in a way: 覚醒している スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
眼ざめる
   
awake in the dawn: 夜明けとともに眼ざめる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
気張る
   
be all awake: 気張る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 253
起きる
   
let sb be the one to lie awake night: 夜ごと夜ごとがばりと跳ね起きるがよい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
bolt awake: ガバとはね起きる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 114
働きを見せる
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 63
暴れまわる
   
fully awake: 暴れまわる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
眠らない
   
stay awake: 眠らない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 292
眠りからさめる
   
start awake: 眠りからさめはじめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
目がさえている
   
lying long awake: 床に入ってからいつまでも目がさえている 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 13
目ざめる
   
jolt awake: ふいに目ざめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
目は冴えて
   
be fully awake and alert: 目は完全にさえて、感覚も鋭い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 506
目覚める
   
awake to the mewing of gulls: 鴎の鳴き声に目覚める クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wide awake: 目はさえる一方だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 163
stay awake: 目がさえる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 102
keep sb awake: (人が)ずっと寝つけない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 307
half awake: 半ばうとうとしながら
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 32
find oneself awakened: たたき起される
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 116
feel awake: 眠くない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 35
be wide awake: とっくに目をさましている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 53
be wide awake: 眼をぱっちりと見ひらく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
be wide awake: 寝足りた
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 128
be awake: 意識が戻る
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 573
be awake: 眠気が消し飛ぶ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 27
be actually awake: ほんとうに眠っているのではない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 263
awake to ...: 〜で眼がさめる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 159
try to stay awake: 眠気を払う
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 19
the yelling to keep sb awake: 目をさませという叫び声
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
the pain jarred sb awake: 痛い痛い--というところで目が覚めた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 79
spend most of the night awake and steaming, taut: 眼は冴え、頭はかりかりし、神経は張りつめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
lie awake until dawn stains the east: 横になったまま東の空が白々と明ける時刻を迎える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
lie awake most of the night: 一晩中ほとんどまんじりともせずに過ごす
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 348
lie awake for hours: まんじりともしない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 269
keep sb wide awake: 眼が冴えて来て寝られない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 64
in a strange semiconscious state between asleep and awake: ねむっているともおきているともいえない怪しい半ネムリ状態で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 103
fully expect to spend most of the night awake: 夜はほとんど眠れそうにもない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
do not allow ... to awaken any serious fears in one’s breast: (人としても)、別に〜から重大な不安を感じることは、何もない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 118
be wide awake restless: すこしも眠くなく、落ち着かない気分だ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 258
be lying, half awake: うとうとしながら横になっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 352
be awakened from a state of blissful slumber: ぐっすりといい気分で寝ていたのを起こされた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 254
be awaken to a painful reality: 苦痛に満ちた現実に引き戻される
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60
awake the memory of sb’s own sensual abandon: (人の)放恣な肉の記憶をよびさます
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 116
awake in an agony of fear: 逃げ場のない恐怖に呻吟しつつ目をさます
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 10
eagerly shake me awake: ものすごい勢いで私を揺り起こす
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 9
forasmuch as to entertain any suspicion that sb be awake: (人が)起きているという気配ひとつ察することでさえ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 11
awake with the first Sense: 痛みを感じるやいなや眼を覚ます
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 23
For not having slept in twenty-four hours, I felt surprisingly awake: まる二十四時間眠っていないわりには不思議に眠くなかった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 35
half awake: 寝足りないような
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 220
half awake: 薄ぼんやり目ざめた
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 31
jolt awake: 突然ギクッとして目ざめる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 100
lay awake: まんじりともしない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 209
lie awake doing: 床のなかで〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 106
awake from a restless noonday nap: 寝苦しいひとときの午睡から目覚める
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 379
there are nights when sb lie awake until dawn stains the east: 横になったまま東の空が白々と明ける時刻を迎えることもめずらしくない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
reluctantly awake to another dawn: 寝起きの悪い朝を迎える
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 59
snap awake: いっぺんに眠気がふっとんだ
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 13
Still, I'll rattle the cage again, and see that they're awake in Bonn: とにかく、もういちど揺さぶりをかけて、ボンの目を覚ますようにしてみよう
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 125
struggle to stay awake until ...: 〜まで我慢づよく起きている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 61
I was suddenly awake aware of what was happening in our computer: 研究所のコンピュータで何が起きているかに思いいたるとたちまち眠気は消し飛んだ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 27
wide-awake:まんじりともせずに起きている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
be wide-awake: 完全に目をさましている
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 252
Tweet