× Q 翻訳訳語辞典
keep   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜が絶えない
   
people keep arriving: 訪問客の足が絶えない トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 265
〜しておく
   
keep one’s fences in better repair: 垣根をちきんと修繕しておく ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 11
〜してくれよ
   
keep a sharp watch: しっかり見張っててくれよ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
〜つづける
   
keep pressing sb about ...: 〜の話を(人に)せがみつづける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
〜にこれ努める
   
keep explaining: 弁明にこれ努める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
〜のままである
   
keep one’s eyes cast down: 目を伏せたままである 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 163
〜ままにする
   
keep a slot open: ポジションを空席のままにする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
〜をあずかっている
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 222

あう
   
be entirely out of keeping with the interior scheme: 部屋の雰囲気にはあまりあっていない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 38
あとからあとからつづいく
   
when things begins to happen they are apt to keep on: いったん事が起こりはじめるとあとからあとからつづいて起こりがちのものだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 164
いつまでも〜している
   
keep up the moral indignation routine: いつまでも悲憤慷慨している デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 253
おく
   
keep the unfashionable babies close: 赤ん坊などという野暮なものを手もとにおく ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 191
おさめている
   
keep sth in one bookcase: (物を)ひとつの本棚におさめている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 133
おさめておく
   
keep ... to oneself: (人)ひとりの肚におさめておく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143
きりもりをする
   
keep house: 家のきりもりをする ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 180
くさらない
   
speeches will keep: 話はくさらない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
くずさない
   
keep one’s tone matter-of-fact: 淡々とした口ぶりをくずさない クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 149
これまでどおり
   
keep doing: これまでどおり〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 113
しきりに
   
keep remembering: しきりに思いだされる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 103
keep hearing: 〜ということをしきりに聞きます クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 457
keep doing ...: しきりに〜する 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 12
しつこく
   
keep calling: しつこく電話をかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 127
しまいこむ
   
keep sth in ...: 〜を〜にしまいこむ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 366
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
しまう
   
keep one’s secret in one’s heart: 疑いの塊りをそっと胸の奥にしまう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 51
しまってある
   
sth one keep in ...: 〜にしまってある(物) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
しまっておく
   
keep ... to oneself: 胸にしまっておく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
しょっちゅう〜する
   
things keep coming back to sb: いろんなことがしょっちゅうよみがえってきて、胸がすっきりしない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 21
する
   
keep sth’s engines warm: エンジンを冷やさぬようにする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
そそる
   
keep sb curious: (人の)好奇心をそそる フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 261
そのまま
   
keep going: そのまま行く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 462
そのまま〜
   
just keep on going: そのままとどまることを知らない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 100
たえず〜している
   
one’s hand keep moving to do ...: たえず手をうごかして〜している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
keep clear of ...: たえず近寄らぬようにしている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 57
たえず〜する
   
They'll keep us posted: 状況はたえず知らせてきます マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 374
たもつ
   
keep cozy with ...: 親密な関係をたもつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
だれにも渡さない
   
be gonna keep sth: 〜をだれにも渡さない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 279
つい
   
keep quiet: つい黙っている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
つきあう
   
But not the company he kept: だが、つきあっていた仲間はいかん ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
つくろう
   
struggle to keep one’s face calm: 冷静な表情をつくろうのに苦労する フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 31
つづける
   
keep scribbling: 走り書きをつづける ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 52
つなぎとめる
   
keep sb: (人を)つなぎとめる デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 249
とどく
   
keep an eye on things: 目がとどく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
とどめておく
   
keep ... to ourselves: 〜をわれわれのあいだだけにとどめておく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
どんどん
   
keep on waiting: どんどん先送りにする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 22
なおも〜
   
keep looking for a long time: なおもしばらくにらんでいた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 95
はずさない
   
keep to the main shipping channel: 一度も可航水路からコースをはずさない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 32
ひきつける
   
keep sb’s attention: (人の)注意をひきつける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 424
ひきとめる
   
keep sb in ... till sb’s time runs out: (人を)時間切れまで〜にひきとめておく ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 99
ひたすら〜する
   
keep doing: ひたすら〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 66
ひっきりなしに
   
keep studying oneself and one’s expression: 自分の様子やしぐさをひっきりなしに気にする ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 94
ふところに入れる
   
keep $10 vig: 十ドルの手数料をふところに入れる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 204
まとめる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
やまない
   
keep harassing sb’s thoughts: (人の)心を患わせてやまない 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 22
やる
   
keep a book: ノミ屋をやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
よく〜している
   
keep having lunch with sb: (人と)よくランチをつきあってる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253

引っ張る
   
be kept away from home: 引っ張られて帰れない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 130
隠す
   
secret worth keeping: 隠すに足る秘密 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
be keeping things to oneself: 何かを隠している トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 72
遠ざける
   
keep sb away from ...: (人を)〜から遠ざける ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 110
押しつける
   
keep the receiver to one’s ear: 受話器を耳に押しつける 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 247
押し込む
   
keep sth under the bed: ベッドの下に押し込む サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 169
何度も
   
keep doing: 何度も〜する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 69
過ごす
   
keep traveling for much of ...: 〜の期間の大半を旅行して過ごす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 135
覚える
   
keep sth straight: 〜をちゃんと覚える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 67
堪える
   
open one’s eyes as wide as one can to keep the tears back: 両眼をせい一杯瞠き、こぼれでようとする涙を堪えている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 68
幾度も
   
keep bobbing one’s head apologetically: 申しわけなさそうに頭を幾度も下げる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 38
胸の奥にしまいこむ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
継続
   
keep working on the case: 捜査継続 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
見失わない
   
keep one’s head and place: 冷静さや行くべき座を見失わない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 42
護る
   
keep sb safe from John Barleycorn, the devil: (人を)アルコールの魔手から護ってくれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
向ける
   
be keeping a formidably watchful eye on one’s surroundings: ただならぬ注意を周囲に向けている 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 46
残す
   
keep sb in after school: 放課後残される ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 197
支えている
   
keep sb sane: 〜の正気をささえている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 184
持つ
   
keep oneself together: 気をしっかり持つ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 451
守らせる
   
keep order: 秩序を守らせる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 40
守りつづける
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
守る
   
smile at sb in a can-you-keep-a-secret sort of way: あなたは秘密を守れますか、といわんばかりの微笑をたたえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
keeping faith: 信義を守ること クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
keep pretty much to one’s regular appointments: 約束や予定をできるだけ守るようにしている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 249
keep one’s counsel: 沈黙を守る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 380
hold close to keep one’s baby from the wind: 子供を風から守るようにしっかり抱きしめる ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 250
手もとで大事にする
   
She kept the clock, too, dead bird and all, for a while: 時計は鳥の鳴かぬまま、しばらく妻の手もとで大事にされていた フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 149
手もとにおく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
収容する
   
keep sb: (人を)収容する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 178
出ぬようにする
   
still keep to the shadows: やはり暗がりから出ぬようにする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 424
消えない
   
to keep things interesting: そうしておけば火種は消えない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
常に
   
like to keep busy: 常に体を動かしていなければ落ちつかない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 178
飾る
   
keep a photograph of it in sb’s room: 写真が(人の)部屋に飾ってある ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 25
食い扶持
   
earn one’s own keep: 自分で食い扶持を稼ぐ 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 122
心に残る
   
keep something: 心に残ったものがある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 150
絶やさない
   
keep in touch: 連絡を絶やさない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 64
相変わらず
   
keep doing: 相変わらず〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
続ける
   
keep to its course to the south: 南下を続ける 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 22
続出する
   
people keep doing: 〜する者が続出する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 330
待たせる
   
should have keep that cab: あのタクシーを待たせておけばよかった ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 33
大事に
   
keep intact the property left one by one’s ancestors: 先祖から譲られた遺産を大事に守って行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 151
大切にする
   
what makes sb keep sth: 〜が大切にしているわけ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 62
置く
   
keep sb out of the process: (人を)蚊帳の外に置く ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 417
keep sb close to sb’s heart and life: (人を)身近に置いて愛を注ぐ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 125
keep ... a secret: 〜を腹の中にしまって置く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
調整する
   
keep sb’s schedule: (人の)スケジュールを調整する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
投げあげておく
   
keep the spicer in the air for a minute and a half: スパイサーを一分半も空中に投げあげておく アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 138
秘める
   
keep such feelings inside: そういう感情を内に秘める クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
避ける
   
keep oneself from doing ...: 〜するのを避ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332
保っている
   
keep one’s cool: 冷静を保っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
保つ
   
keep peace: 心の平安を保つ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 221
keep one’s silence when it is best: 沈黙を保つのがベストのときには口をつぐむ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 325
keep one’s head: 冷静を保つ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 153
保全する
   
the roof has been kept whole hitherto: 建物の屋根はこれまで保全されてきた E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 33
歩く
   
keep well clear of sb: 〜から十分離れて歩く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 538
抱える
   
keep a tight hold on one’s secrets: 秘密を胸にしっかり抱え込む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 18
keep a special man: 特別の職人を抱える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
免れる
   
keep sb from a quick return to jail: (人が)すぐ刑務所に逆戻りすることを免れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
抑える
   
be kept to a minimum: 最小限に抑えられる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 164
抑へる
   
each manages to keep the laughter down to a half-suppressed snigger: みんなは自分の笑ひを、忍び笑ひ程度に抑へようと苦心する 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 19
乱れないように注意する
   
keep breathing: 息づかいが乱れないように注意する デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 16
立ち行く
   
the house can be kept up: 家が立ち行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 101

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you keep out of ...: くるな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
you keep it: これはきみにやるよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 21
will just keep on slowly losing out: ジリ貧だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 158
what kept you?: おそかったじゃないか
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 168
send sth to sb to keep sb’s mouth shut: 口止め料
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 20
purchase and keep: 買い取る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
nobody keep doing: いつまでたっても誰も〜しない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 101
kept getting postponed: そのうち、そのうちと一日延ばしで
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 95
keep your temper: あせりなさんな
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 65
keep your temper: 癇癪を起こしちゃいかん
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 62
keep wondering: 気になって仕方がない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 190
keep wishing ...: 〜ばかりを願う
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 291
keep watch: 張り込む
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 135
keep walking: 立ち止まらずにずっと歩きつづけている
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 52
keep up with the news: 耳が早い
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 379
keep trying: 頑張る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 239
keep to ...: (場所)にこもりっきりになる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 109
keep this short: 長居はしない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 135
keep the baby: 子どもを手もとに残す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
keep the appointment: 欠かさず検診にかよう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
keep the appointment: 定期的に診てもらう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
keep telling sb: 何度も繰り返す
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 194
keep telling: 一度ならずいう
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 227
keep still: 動くな
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 61
keep sth intact: (物が)散逸することなく完全に保存される
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 226
keep sth dark: 〜を闇のなかに封じ込めておく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
keep sth balance: バランスをとる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
keep sth: (物を)あくまで離しやしない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 257
keep sputtering out: 足がすくんで動けなくなってしまう
keep smiling: 元気で行こう
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 135
keep seeing ...: 〜から眼が離せないでいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
keep sb quiet: (人を)黙らせる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 36
keep sb overnight: 一晩ぶち込む
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 43
keep sb out: 門前払いを食わせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
keep sb informed: (人に)連絡を絶やさないようにする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 121
keep sb informed: 報告はつづける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
keep sb happy: 〜のご機嫌をとる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 9
keep sb happy: (人の)機嫌を損ねないようにする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 161
keep sb happy: (人を)慰める
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 539
keep sb happy: (人を)満足させる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
keep sb going: あれこれと手間がかかる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 31
keep sb going: 手をひかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
keep sb busy: (人を)働かせる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 124
keep sb away: 寄せつけぬ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
keep sb: (人は)手間どる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 69
keep saying: 繰り返す
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 37
keep right on: たじろいだりすることはまずない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 144
keep right on: 先に行っている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 30
keep revolving: ぐるぐる廻っている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 189
keep quiet: 口を閉じている
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 42
keep quiet: 返事をしない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 226
keep out the winds: 風を遮る
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 7
keep out of this: よせ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 133
keep out ...: 〜をふせぎとめる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 44
keep out: なかには入れない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 337
keep oneself occupied: 仕事を枝葉から枝葉へ殖やす
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 34
keep oneself occupied: 忙しげにしている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 287
keep one’s promise: 約束を実行する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 269
keep one’s nose clean: 大過ない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 24
keep one’s feet: 立っている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 42
keep one’s counsel: 自分の意見をいわない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 48
keep on doing: 続けざまに〜する
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 26
keep on denying: 打ち消し打ち消しする
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 105
keep on coming: 攻撃の手をゆるめない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 68
keep nodding off: 船を漕ぐ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 213
keep me informed: 連絡してくれ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 288
keep laughing: 笑いづめ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 39
keep laughing: 笑い出すととめどがなくなる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 128
keep it up: 〜したいだけしてろ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
keep it up: 頑張れよ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 192
keep it simple: すべて単純に割り切る
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 326
keep it short: 手みじかに願いたいな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 316
keep it secure: くれぐれも安全に
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 356
keep it bland: お手やわらかに
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 190
keep insisting: 強硬に自説を主張する
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 278
keep in touch: 連絡をつづける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 241
keep in ...: 〜はおなかにしまう
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 236
keep harping on the matter: しつこい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
keep going: このまま前に進む
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
keep going: 歩きつづける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 200
keep getting weirder: いよいよもってきみょうな〜だ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
keep getting caught: 年じゅうパクられてる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 146
keep for emergencies: 非常事態にそなえてしまいこんである
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
keep doing: 〜してばかりいる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 331
keep doing: 〜して仕方がない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 213
keep doing: 〜するだけだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
keep doing: 〜するのをやめない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 79
keep doing: あいかわらず〜している
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 154
keep doing: いつまでも〜する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 70
keep doing: いつも〜している
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 404
keep doing: ことごとに〜する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 12
keep doing: このところ頻繁に〜する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 45
keep doing: しきりに〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 239
keep doing: しじゅう〜する
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 8
keep doing: しょっちゅう〜してばかしいる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 116
keep doing: しょっちゅう〜する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 51
keep doing: そのまま〜する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 175
keep doing: ちょくちょく〜する
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 64
you keep out of this: あんたは口出ししないでくれ
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 279
you keep out of ...: おまえは関係ない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
you have to keep up with the times: ご時勢には逆らえない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 39
would like to keep on the good side of sb: きげんを損じたくない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 227
wish to keep sb ignorant: (人に)秘密にしておきたがっている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 203
will be keeping company with sb, and setting up for oneself: (人と)一緒になって、べつに世帯を持てるようになる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 131
while one is talking, one keeps glancing at sb: (人の)目をのぞき込むように話す
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
what one keep thinking about: (人が)ずうっと考えていたこと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 219
we keep Mansonites alive, and that type: マンソン一味やその類の連中はまだ生きているじゃないか
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
warn all human sympathy to keep its distance: 人情などはいっさい受けつけない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 10
want to keep on: まだ飲みたりない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
venerable wreckage of feudal keep: 封建時代の古びた遺物
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 138
used for keeping all thing in their places: いっさいのものをちゃんとあるべき秩序に保たせる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
trying to keep one’s face from registering amusement at sb: (人に)、おもしろがっているのを悟られまいとする
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 27
try, but fail to keep surprise out of one’s face: 驚きを表情にあらわすまいとしたが、むりだった
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 83
try to smile but anxiety seizes one’s lips and keep them resolutely straight: ほほえもうとするが、不安に唇がこわばってできない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 90
too absorbed in ... to have kept a proper look-out upon sb: 〜に夢中で(人への)目配りを怠っていた
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 174
to keep up one’s alibi: 格好をつけるため
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 53
to keep things hot: 状況は熱いままに保っておく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
this must be kept secret from the sb: このことは(人に)知らせてはいけない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
there is nothing to keep sb long: (人を)ひきとめるものはなにもない
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 95
the yelling to keep sb awake: 目をさませという叫び声
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
the sensational reports keep pouring in: 生々しい情報が刻々と入る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 68
the place keeps Saturday hours: 土曜日の営業時間がそこにしるされている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 236
the more one wants to keep ...: 〜に対する執着はいっそうつよくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 286
the grip sb keep: あくまでくいさがっている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 216
the fucking key keep going astray: キーは入ってくれない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
the decision to keep the baby: 子どもを手もとにおくと決める
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
tend to keep oneself to oneself: とかく孤独癖がある
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 507
tend to keep a close look-out for the slightest sign of ...: どんな形でもいいから〜が見たくてたまらない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 13
tasks to keep one occupied: やらなければいけないこと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
talk like that just to keep people cheered up: 気やすめにそんなことを言うだけだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 64
succeed in keeping one’s face blank: 表情も動かさない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
still to keep on bowing in the empty office: 誰もいないからっぽの行内に、そのまま頭をたれて待っている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 265
sth keep one out of the service: 〜すれば、兵役をのがれることができる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
stay quiet and keep to oneself: ひっそりと自分の中に閉じこもる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 254
sort of keep looking around for ...: 〜をそれとなく捜す
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 306
so one could keep up with ...: 〜を見のがすまいと
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 301
sb let me keep it: このままでよいと言ってくれる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 273
sb keep me on my toes: (人といると)気が抜けない
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 184
sb’s work obliges sb to keep irregular hours: 仕事の都合で帰りが不規則なのは、いつものことだ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 37
sb’s warmth keeps the winter cold at a distance: 身うちに冬の寒夜をものともせぬ温気がこもる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 100
sb’s religion keeps sb from doing any athletic stuff: 宗教上の理由でいっさいスポーツに手を出さない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
sb’s heart keep bad time: 心臓はしめつけられる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 102
sb’s hands won’t keep still: (人の)手がぴたっと止まらない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 233
reply automatically, struggling to keep one’s voice under control: 必然的に無理に声をおし殺して言う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 431
regulate the airflow by keeping an eye on a gauge: メーターを見て送気量を調節する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 112
reach into the works of ... to keep the tip in place: 筒先を〜の内臓に押しこんでいる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 102
quite out of keeping with the wild surroundings: 周囲の荒涼とした風景とはひどくそぐわない感じがする
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 137
query, keeping one’s voice unsensational: 興奮を抑えてたずねる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 316
pretend to keep up with the pack: いかにもみんなと力を合わせている格好をつける
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 123
practically keep sb wrapped in cotton wool: (人を)とても甘やかして育てる
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 62
please keep in mind that: 〜を忘れないでほしい
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 113
out of keeping with: 〜に不似合いに
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 16
our need to keep each other’s time reflects a rhythmic mimicry: お互いの姿勢や動きをリズミカルにまねたがる傾向
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 25
only the prospect of ... keep the sb’s project going: 〜ではないかという懸念だけが辛うじて(人の)計画推進を支えるありさまだ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 106
one’s memory to keep one warm: 慰めとなる思い出
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
one’s laughter keeps bubbling up inside one: (人の)笑いは体の中で尾を引いている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
one’s hand keep rising to tug at ...: 手をあげてひっきりなしに〜をひっぱる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
nothing seems to be able to keep it from going right: どう転んでも悪いようになるはずがない、と気が大きくなる
nothing can keep sb from doing: 万難を排して〜する
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 168
not having kept a more careful eye on ...: 〜について迂闊であったこと
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 234
need to keep up with things: 一人だけ遅れをとるわけにいかない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 160
need to keep up one’s strength: 消耗しちゃったらどうしようもない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 139
must remember to keep on the good side of sb: くれぐれも忘れるな。(人に)悪い影響を与えるようなことをするのはまかりならん
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 36
manage to keep loose track of sb in the years after ...: 〜した後の(人の)消息を曲がりなりにも辿ることができる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 113
make every attempt to keep quiet about ...: 〜を口にすることをはばかる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 53
make absolutely sure that one keep doing: 必死に〜し続ける
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 243
look at sb as if one hardly keep from laughing: おかしくてたまらないといった表情で(人を)見ている
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 103
look as if they are having trouble keeping their hands off one another: 一刻も離れていられないように手を取り合う
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 73
live & keep house with sb: 一つ家に(人と)一緒に暮らす
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 303
let’s keep this short: 手短かにやりましょう
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 89
let’s keep studying hard: これからも勉強がんばりましょう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 86
let’s keep our eye on the ball: 油断は禁物だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
leave sb to keep house: (人に)留守番を頼む
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 202
kept on growing shorter --and fatter --and softer --rounder: ますますちぢんでいって--ふっくらして--ふわふわしてきて--まるまるしはじめる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 192
keeping to the path requires all sb’s attention: 足の方にばかり気をとられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 220
keeping those two important men shut up in ...: この二人の要職にある人物を〜から出さない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 75
keeping one’s mind peacefully blank: 何もかも忘れて穏やかな平和な気分になる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 48
keeping calm is the best medicine: 腹を立てないのが一番の薬
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 15
keep your shirt on: まあそうあたふたしなさんな
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 44
keep your opinions to yourself: おまえの私見など聞く耳持たぬ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 117
keep your head down: 顔を合わせないようにしろ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 466
keep your hands to yourself: 手をかけないでくれない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 326
keep worrying about whether sb is going to do: いまに〜しないかと気になって仕方がない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 183
keep wanting to know who this is calling: こっちの素性をしつこく知りたがる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 223
keep walking and walking: どこまでも歩きつづける
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 239
keep walking and walking: 足が棒になるほど歩く
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 169
keep waiting to do: そのうちに〜するんじゃないかと思って観念する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 222
keep vigil all night: 一睡もせず
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 102
keep very close tabs on sb: (人に)目を光らせる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 162
keep us on our toes: 気合いを入れてくれる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 552
keep up with them: 人と肩を並べる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 143
keep up with the particulars of sb’s lives: 個人的データを頭に入れている
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 47
keep up with sb: 〜とつき合っている
keep up with sb: (人に)ついてくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
keep up with sb: (人に)つきあう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 489
keep up with ...: 〜を気にする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 170
keep up the show in public: 人前では体裁をとりつくろう
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 129
keep up the rep: 評判を傷つけないようにする
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 170
keep up one’s strength by ...: 〜で元気をつける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 267
keep up one’s own courage: 自分の気持ちを奮い立たせる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 172
keep up one’s indignation: 不快を抑える
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 39
keep up one’s end of the conversation: 会話の相手をする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 305
keep up a stream of complaints aimed at ...: ひとしきり〜について悪口を述べる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 457
keep up a steady stream of small talk: 取りとめのないはなしをしている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 53
keep two lessons ahead of ...: 〜よりも二時限ずつ先まわりする
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 26
keep trying to do: しつこく〜しようとする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 129
keep track of the stream of documents: 書類の流れをさばく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 90
keep track of the movements of ...: 〜の動静を、のがさず追っている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
keep track of sth: 〜がわかる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 364
keep track of sb: (人)から目を離さないでいる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 172
keep track of money down to the hundreds of a penny: 一セント単位まで正確にデータを扱っている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
keep track of ...: 〜を管理する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 78
keep together in groups of ten or twenty: 十人二十人と隊伍を組む
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 239
keep to the schedule of ...: 〜に従って、日々のスケジュールをこなす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 98
keep this intelligence from sb: (人には)その話は伏せておく
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 176
keep this fact from sb: (人には)この事実を秘密にする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 288
keep thinking about ...: 〜が気になって仕方がない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 161
keep thinking about ...: 〜のことが忘れられない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 177
keep the telephone lines buzzing about sth: 電話のやりとりをくりかえす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 52
keep the tears at bay: 涙をかろうじて食い止める
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
keep the ship afloat: 艦を沈めない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 72
keep the power pouring through this vast network: 大きく広がった鉄道網の隅々に電気を供給する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 113
keep the peace with sb: (人と)争わぬ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 132
keep the outside world at bay: 外なる世界を寄せつけないようにする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 174
keep the fuck out of this: 余計な口を出すんじゃない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 395
keep the feds from tracing sth to sb: 〜と(人)とを結びつけようとする政府の追及をかわす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 311
keep the dog quiet: (人が)首を縦にふる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
keep the crew in order: 乗組のものを引きしめる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 111
keep the card astronomical: カードに刷りこむ文句は天文学的な表現に徹する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 16
keep the big house in ...: 〜に広い家を構えている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 176
keep the “Admiral Benbow” inn: 「ベンボー提督亭」という宿屋を開いている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 11
keep that myth alive for the rest of one’s life: どうして死ぬまでその伝説を強固に守り通す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 123
keep that information to oneself: そういう事情は伏せておく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 132
keep that extraordinary balance provident: バランスを保つことに異様なほど気をつかう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
keep tell sb to do: 〜するべきだと何度もくりかえす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
keep talking at odd moments about ...: 突拍子もないときに〜の話を持ち出す
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 244
keep talking about sth: 馬鹿のひとつ覚えのように〜という
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 129
keep tabs on sth: 〜に監視の目を光らせる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 74
keep tabs on ...: 〜を気にする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 40
keep sth within easy reach: (物を)すぐに手に取れるように置く
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 79
keep sth under surveillance: 〜を監視する
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 43
keep sth to oneselves: 〜は内密にする
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 550
keep sth to oneself: 〜を自分の胸にしまっておく
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 29
keep sth to oneself: (何かは)言わないようにする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 80
keep sth out of electronic mail: 電子メールは禁物だ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 117
keep sth in one’s pocket: (物を)いつもポケットに入れている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 7
keep sth in mind: よく頭に入れておく
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 191
keep sth in front of one’s mind: (物事を)肝に銘じておく
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 110
keep sth in a constant dither: (物には)つねに戦慄がたえない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 16
keep sth in ...: 〜に〜をひそませている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
keep sth for oneself: (物を)猫ババする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 56
keep steeled within one’s own Pandora’s Box: 自分のパンドラの箱のなかにとじこめておく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
keep staring at ...: 〜から眼を離せない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
keep staring at ...: 目は〜に釘づけになる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 201
keep special watch on sb: (人を)専門につけねらわせる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 191
keep silent about one’s problem: 問題を伏せる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 197
keep sidestepping sb with noncommittal answers: のらりくらりと逃げる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 215
keep seeing sb anyway: おかまいなく(人と)デートする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 90
keep sb wide awake: 眼が冴えて来て寝られない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 64
keep sb prisoner in sb’s own house: (人を)家にとじこめておく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 267
keep sb out of the office: 勤めなくてすむ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 75
keep sb out of all entanglements with the opposite sex: 女などには眼もくれない
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 138
keep sb out in front: (人を)矢面に立てる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 279
keep sb on the tracks: (人を)軌道にもどす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
keep sb on the run: 〜から逃げ回る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 216
keep sb on sb’s toes: (だれかの)統率がとれる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 132
keep sb on call: (人を)拘束して待機させる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 83
keep sb on a long leash: せいぜい自由にさせてやれ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 164
keep sb on ...: (場所に)釘づけにする
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 130
keep sb off the track: (人の)注意を転じる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 287
keep sb off our backs: (人から)にらまれないようにする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 22
keep sb off one’s back: (人に)頭を押さえつけられている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 160
keep sb off one’s back: (人の)圧力をかわす
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 19
keep sb more than occupied: 忙殺される
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 231
keep sb looking the wrong way: (人に)よそ見させる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 171
keep sb in tow: 取巻きに加えている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 120
keep sb in perspective: 〜の真相を正しくとらえる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 207
keep sb in line: (人を)おとなしくさせておく
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 222
keep sb in good humor: (人の)おかげで上きげんになる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 233
keep sb in due restrain: 適当な取締まりをする
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 72
keep sb from getting bored: 退屈しのぎになる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 40
keep sb from doing ...: 〜しなくてすむ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 308
keep sb from doing: 〜するといけない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 42
keep sb from doing: (人が)〜しなくてすむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 106
keep sb from ...: 〜はお預けだ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
keep sb from ...: 〜をためらう
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 223
keep sb for fleecing: (人は)カモにするもんだ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 80
keep sb content and in camp: (人に)不満のない毎日をキャンプで過ごしてもらう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 81
keep sb constantly entertained: 間断なくいろんなことをやってくれる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
keep sb close to one: (人を)手元に置く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
keep sb busy all day long: (人を)ひまにさせまいとする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 215
keep sb at bay: (人を)寄せつけない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
keep sb at arm’s length: 心を閉ざす
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 137
keep sb a little off balance: (人の)調子を狂わせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 311
keep sb’s name out of it: (人の)名前を出さない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 195
keep sb’s ... to oneself: 決して〜を表に出さない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 69
keep running through one’s mind: 頭をよぎる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 53
keep repeating to oneself: 懸命に自分に言いきかせる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 261
keep recur to sb: なにかというと(人の)頭によみがえってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
keep reassuring sb physically: 絶え間なく、躯で思い知らせる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 259
keep putting off the moment when one would do: 惜しみ惜しみ〜する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 401
keep pushing against ...: 〜をくいくいと押す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 54
keep preying on one’s mind: 無遠慮に(人の)意識のなかに入り込んでしまって、なかなか薄れようとしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 126
keep picturing sb doing: 〜している(人の)姿がまざまざと目に見えて仕方ない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 240
keep passing it on to one’s kids: 長いこと歌い継がれている
keep out the cold: 寒さしのぎ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 243
keep out of the argument: 喧嘩には加わらない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 108
keep out of sight until ...: 〜まで人目につかないようにする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 203
keep out of ...: 〜からのがれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
keep out of ...: 〜をよける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
keep oneself under control: しゃんとする
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 52
keep oneself under control: じっとこらえる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 65
keep oneself stoked in liquor and hookers: 酒と娼婦びたりの日々を送る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 220
keep oneself out of the way of ...: 〜には当たらないように注意している
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 161
keep oneself out of mischief: 悪いことにかかずらっているひまもない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 221
keep oneself in one’s place, as a physician: 医者として(人に)協力する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
keep oneself even busier: 前にも増して、よく体を動かしている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
keep one ear cocks toward ...: 〜から流れてくるおしゃべりに片耳をそばだたせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
keep one’s wits alert: 警戒心を研ぎ澄まさせる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 203
keep one’s wit about one: しっかり頭を働かせている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 114
keep one’s voice steady: 平静な声を出す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
keep one’s voice even: 声をうわずらせぬよう気をつける
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 466
keep one’s voice down: 声を低くする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
keep one’s voice down: 低い声で話す
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 227
keep one’s trap shut: 口がかたい
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 279
keep one’s solitary vigil: 全体に睨みを利かせている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 400
keep one’s secret intact: 秘密をさとられない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 89
keep one’s promise to sb: (人に)対する約束を果たす
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
keep one’s opinions to oneself: 意見は自分の胸だけにおさめる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 277
keep one’s opinions to oneself: 好き嫌いを論じたりはしない
keep one’s movement altogether secret: 完全に秘密裏に行動する
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 115
keep one’s mouths shut: 口を閉ざす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 224
keep one’s mouth shut: 口をつぐむ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
keep one’s mouth shut: 知らぬが仏、言わぬが花
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 163
keep one’s mouth shut: 内聞にする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 233
keep one’s mind open: 偏見を排する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 159
keep one’s lips zipped: 貝のようにおとなしくしてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
keep one’s head, for all that: 懸命に心を引きしめる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 194
keep one’s head in the sand: 知らぬ存ぜぬで通す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 212
keep one’s hand in: 手を温存する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
keep one’s feelings quiet: 冷静でいる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 54
keep one’s face blank: 冷静な面持ちできいている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
keep one’s eyes on ...: ずっと〜に視線をそそぐ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 368
keep one’s eye out for ...: 〜を尋ね求める
keep one’s ears open to help one do: また何か噂を聞いて〜する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 273
keep one’s deepest secrets hidden: 自分がいちばん奥に隠している秘密を守る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 88
keep one’s day loose: 時間をあける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 152
keep one’s business afloat: 商売を順調に進める
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
keep one’s bare feet clear: むきだしの足が水に浸からないようにする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 283
keep one’s arm crooked a bit: 腕を少したるませ気味にする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 228
keep on with it: その線を先の方まで追求する
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 49
keep on walking without paying the slightest attention to sb: 知らん顔をしてよそを向いて歩く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
keep on waiting expectantly for sb: 心待ちにしている
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 53
keep on the alert: しじゅう気を配る
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 320
keep on saying that one is going to die: 自分で死ぬ死ぬっていう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 101
keep on saying ...: 〜とうるさく言う
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 171
keep on piling fact upon fact on sb: つぎからつぎに、(人に)事実をつきつける
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 52
keep on living in solitude: 一人でいる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 196
keep on doing ...: ずっと〜しててあげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
keep on about going to ...: 〜に行く行くという
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 124
keep note in longhand: 手書きのメモを残す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 168
keep not doing ...: まだ〜していない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
keep mixing up the accelerator and the brake: アクセルとブレーキをよく間違える
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 79
keep me in the loop: これからも逐一報告してくれ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
keep making believe ...: 〜というふりを見せる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 203
keep looking for ...: ちゃんと捜す
keep looking at each other: しきりに目配せしている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 202
keep it under wraps completely: おくびにも出すんじゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 69
keep it under control: ハメをはずさないでいる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 45
keep it between you and me: おれとあんただけの問題にしておける
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
keep in touch with sb for a while: 思い出したように連絡をとってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
keep in touch with ...: 〜と同調させる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
keep in one’s head: (人の)頭のなかにしまいこんである
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
keep hotheaded Palestinians under control: パレスチナの過激派を手なずける
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 83
keep holding on to ...: 〜にしがみつく
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 235
keep growing and growing: みるみる大きくなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 99
keep good eye contact: 目をしっかり見つめる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 138
keep going for sth: 〜の好きなのって、(物)ばかりじゃない
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 147
keep glancing at sth: しきりに(物を)気にしている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 225
keep getting in the way: いつも邪魔だてをしてくれる
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 252
keep getting fatter and fatter: みるみる肥えふとる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 157
keep getting emptier and emptier: どんどん空っぽになってゆく
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 36
keep from screaming with laughter: 笑いの発作をこらえる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 23
keep from bursting out laughing: 噴き出したいのを怺える
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 27
keep from being sentimental: 寂しさをまぎらわせる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 161
keep for around-town errands: 近所へお使いに出かけるときの足にしている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
keep falling and falling: どこまでも堕ちて行く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 292
keep doing, until ...: ひとしきり〜していたが、やがて〜
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 135
keep doing till ...: 〜して〜しそうになる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 200
keep doing as fast as one can: 次から次とまるで競争みたいに〜する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 197
keep doing and doing and doing: ぶっ続けで〜する
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 281
keep doing and doing: いつまでたっても〜し続ける
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 202
keep doing and doing: どんどん〜しつづける
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 189
keep combing through ...: 〜を子細に点検する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 9
keep close to sb’s side: 引き添うように傍に付く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
keep clear of sb: (人の)そばには寄りつかない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 227
keep changing into something else: 間断なく移ろい、とりとめなく変化していく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
keep calling sb ...: (人の)ことを〜, 〜って言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 31
keep calling out the numbers of the streets: 町の丁目の数をいちいち大きな声でどなる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 239
keep busy and stay in touch with people: 身体を忙しく動かし、人々と触れ合う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 345
keep bugging sb to do: 〜しろとうるさい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 183
keep begging sb to do: 〜してくれとよくいう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 11
keep away the devils: 魔よけする
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 144
keep away from any real harm: (人の)身にとりたてて悪いことは何も起こらない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 123
keep asking sb to do: 〜してみろといってきかない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 119
keep an open mind: 安直に結論を急ごうとしない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
keep an eye out for ...: 〜に眼を光らせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 14
keep an eye on sb: (人の)行動にいちいち目を光らせる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 151
keep an eye on sb: (人を)監視する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
keep an eye on sb: (人を)見張る
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 159
keep an eye on sb: よく見張っている
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 43
keep an American dry-good store: アメリカでいうドライ・グッズを売る店の主人だ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 61
keep an admonitory eye on the school children: 学童たちに眼を光らせる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 152
keep AA from telling BB about sth: 〜をAAの口からBBに言わせぬようにする
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 48
keep a respectful distance: 気おくれしたように距離をおいている
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 76
keep a nervous eye out for ...: 〜を気にしている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 480
keep a meticulous and proud list of ...: 克明な記録をつけ、誇らしげに〜を逐一並べ立てる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 43
keep a master chart: 予定表にする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
keep a log of events: メモをとる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 359
keep a little to oneself: なんだか気取っている
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 268
keep a firm grip on ...: 〜をしっかり押さえている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 107
keep a firm fix on ...: 〜を把握する
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 128
keep a curb on one’s irresponsible talk: 流言蜚語は固く慎め
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 67
keep a constant vigil over sb: (人)から目を離さない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
keep a common beat: 調子をあわせる
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 25
keep a bright look out: 油断なく警戒している
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 108
keep A away from B: AをBから遠ざける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 409
keep ... to oneself: 〜を胸にしまう
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 47
keep ... to oneself: 〜を伏せて置く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 136
keep ... to oneself: だれにも黙っている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
keep ... to oneself: 口をつぐむ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 49
keep ... out of one’s answers: 〜のことに触れずに質問に答える
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
keep ... on the run: 警察の目をのがれることに汲々としている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
keep ... not too personal: なるたけ自分の感情をまじえない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 19
keep ... from getting dusty: 〜に土がつくのを嫌う
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
keep ... from bothering ...: 〜が〜に近づかないように見張る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 124
keep ... fresh in one’s mind: 〜の記憶を新たにする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 182
keep ... clear of the water: 〜が水に浸からないよう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 153
keep ... at arm’s length: 〜に知られないようにする
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 116
just keep using more, no matter what: どうしても量が多くなってしまう
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 55
just keep on lying one’s head off: 夢中で嘘をつづける
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 151
just keep me out of it: おれはごめんだ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 45
just keep letting sb go: 毎度放免している
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 230
just can’t keep quiet any longer: どうしても黙っていられない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
it keeps sb out of house: (人を)外へひっぱりだしている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
it is rather difficult for sb to keep in sb’s place: その場にがんばっているのはけっこう骨が折れる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 189
it is impossible to keep the infection off: ほかの者たちにうつっていく
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 97
it is hard to keep track: ついていけない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 452
irresponsible making of promises which are never kept: 口先だけのいい加減さ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 343
in the hope of making sb keep quiet: 口止めに役立たせようと
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 30
if this keeps up: この分でいくと
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 473
if I don’t keep right on sb’s tails: しっかり尻をたたいてやらないと
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 81
I hate to keep doing: 何度も〜するようで悪いが
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 192
I’ll bet whatever sock sb keeps sb’s mad-money in is flat: へそくりをカラにしちゃったことだけはまちがいないわね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
how about keeping your voice down: そんなに大きな声を出さなくてもいいだろう
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 299
hold one’s breath to keep out the vile, stupefying fumes of the drug: いまわしい目のくらむような麻薬の煙をなるべく吸わないようにする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 164
he keeps on sipping away: ちびりちびりとよく飲む奴だ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 11
have trouble keeping up with payment: 支払いに追われるようになる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 81
have to keep sb on a tight rein: 手綱をゆるめるわけにいかない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 243
have to keep oneself from letting sb know ...: 〜を分からせるようなことは、すべてひかえなくてはならない
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 182
have to keep oneself from doing: 〜しないようにするのが精一杯だ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 185
have to keep a sharp eye on ...: 〜から離されない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 60
have to keep a hold on oneself: 落着け、落着け
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 402
have to keep a constant watch on sb: (人から)一刻も目が放せない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 56
have to eat and keep going: ちゃんと食べて、頑張って生きていかなきゃならない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
have kept up a correspondence with sb: 頻々と便りを寄こす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 279
have kept quiet about ...: 〜について、ずっと胸に秘めてきた
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 75
have kept in touch: 交流を続ける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 377
have kept for all these years: いまでもちゃんととってある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
have got to keep sth quiet: 〜を表には出せない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 200
had kept one’s eyes on sb so well: 〜のことにはあれほど目を光らせてた
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 177
gotta keep an eye on sb: 眼を離すわけにいかない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 52
go to keep an appointment with sb: 約束どおり会いにいく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
give sb sth to keep sb going: 間に合わせに(物を)やる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 164
give sb choices and keep sb informed on ...: 〜を選びだして早手まわしに知らせてくれる
give one a gate to keep: 門番にしてくれ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 130
get so much pleasure from keeping other people up to the mark: とかく咎め立てするのが好きだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 12
for the safe keeping through the night: 夜中の用心のために
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 321
follow sb, keeping close: ぴったり(人の)あとにつづく
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 305
flowerbeds bordered with bricks to keep people off: 人の入ってはいけないレンガ囲いの花壇
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 37
feel an unaccustomed desire to keep oneself to oneself: 珍しく一人になりたい気分だ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 59
exclaim with a thrill of speculation one can hardly keep in: 想像を掻き立てられ、興奮を抑えきれずに叫ぶ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 176
evencing a tendency to keep one’s own counsel: ほとんど口を利かない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
don’t keep us waiting: もったいぶらずにはじめろ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 180
don’t keep track of ...: 〜をいちいち考えたりしない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 181
does not keep sb from being ...: 〜でないってことにはならない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 210
do not have much luck keeping one’s database up to date: データベースはとかく時期遅れになりがちである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 112
do a good job of keeping most of them at bay: うまく彼らを遠ざける
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 18
diligently keep a log of sth: 〜をせっせと記録する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 253
die keeping one’s secret from sb: (人に)隠して死ぬ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
destiny will keep sb out of ...: (人は)、なんとか〜へ戻って来られん方がいいな
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 335
definitely keep ones hands on the money: 金は(人が)がっちり押さえている
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 216
could be kept quite quiet: 隠密に運ぶことも可能だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 112
coddle sb into keeping ... under wraps: 〜についてしっかり口をつぐんでいるよう、(人を) 甘い言葉で丸めこむ
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 249
clutch the side of the desk to keep from falling forward: デスクに手をついてよろけそうになる身体を支える
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 34
cannot keep oneself from ~ing: 〜せずにはいられない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 141
cannot keep one’s thoughts from drifting toward sth: どうしても〜のほうへ考えが行く
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 149
cannot keep excitement out of one’s voice: 声に興奮がはいりこむのを禁じ得ない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 161
can not let sb keep doing: (人に)〜されるのはもうたくさん
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 86
can not keep sb from doing: (人が)〜するのをなす術もなく黙認する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 51
can not keep oneself from doing: 〜せずにいられない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 126
can keep up with sb: (ひとの)相手が勤まる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 18
can’t keep from giggling at the obvious silliness of my own words: われながら馬鹿らしいナンセンスのように思われてひとりでくすくす笑う
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 42
can’t keep anything on one’s stomach: 食べたものを全部もどしてしまう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 323
by one’s nature like keeping things to oneself: (人は)口が固いからまず口外しない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
being profane, one keep sb on edge: この下品さが(人を)いらつかせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
begin to keep a distance from sb: (人と)距離をおくようになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 93
become compulsive about keeping the house locked up: 戸締りに病的に神経質になる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 41
be to keep out of ...: 当分〜へ立たない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 135
be to be kept as it was: すっかり昔のままにしておく手はずになっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 348
be sure to keep a mental note of ...: 〜はしっかり頭に叩きこんでおくほうがよい
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 73
be supposed to keep an eye on sb: 目を離すわけにはいかないのよ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
be still keeping ... to oneself: 〜はまだだれにも話していない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
be so strangely out of keeping with ...: 〜とあまりにも食いちがう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
be responsible for keeping the peace in ...: (場所)の治安に当たっている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 40
be played for keeps: 本気でたたかわされる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 407
be obliged to keep: つきあわされる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 408
be not kept on the mantelpiece: マントルピースの上に飾られるものではない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 325
be kept working on Mars: 火星では大事に使われる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 12
be kept out by ...: 〜に追い出される
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 62
be kept for the time being: 預けられている
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 391
be kept extremely occupied every day: それこそ毎日忙しい日を送っている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 224
be kept at a respectful distance: 敬して遠ざけられる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
be kept as well: 〜もまた行きとどいたものである
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 66
be keeping time with sth: 〜と調べを合わせる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
be keeping sth tight: 秘密にする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 346
be keeping an eye on sb: (人を)気にしている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 25
be enough to keep sb going: (人を)食べさせるくらいはどうにかなる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
ask sb to keep an eye out for sth: (物を)みつけてきてほしいと頼む
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
as can be kept from knowledge of sb: できる限り(人の)耳に入れないようにする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 157
always keep the set on until ...: 〜してスイッチを消すことにしている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 187
after keeping sb in suspense for some moments: 充分に(人を)じらしておいたうえで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 5
a well kept tree: 手入れの行き届いた木
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 81
a hobby to keep sb amused: ささやかな楽しみ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
keep absolute silence: いっさい交信を控える
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 99
The former clown and acrobat liked to keep busy: 道化でアクロバット芸人だっただけあって、彼は常に体を動かしていなければ落ちつかなかった
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 178
keep ... at Action Stations: 〜を戦闘配置に縛りつける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 199
If one is depressed, it actually helps to keep oneself occupied: 気の鬱屈するときには寧ろ忙しげにしている方が助かるようだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 287
keep adjusting the claim: 査定額を随時更新する
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 284
the proceeds are what keep sb afloat: その上がりで(人は)やって行ける
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 93
keep fanning oneself all the time: ひっきりなしに扇子をぱたぱたやる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 28
keep one’s tone one of light amusement: 意識的にふざけ半分の口調をとりつづける
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 131
keep them for one’s own private amusement: 自分のなぐさみに飼う
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 51
keep one’s boat anchored at ...: 〜に繋留されている
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 50
keep apart: 分け隔てられる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 415
keep apologizing profusely: くどいほど詫びを言う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 98
keep a meek appearance and a steady pace: 神妙な態度と一定の歩調で進む
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
keep up appearances: 平静を保つ
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 40
keep straight down a steep little approach: 急な坂をどんどん下る
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 59
keep sb at arm’s length: (人を)うるさがる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 39
you keep your arse to the sunset: きみもせいぜい気をつけることだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 317
keep sb’s ass out of sight: 面をひっこめとく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 147
keep one’s attention upon the child-automatons: 自動人形から視線をそらさない
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 54
keep sb awake: (人が)ずっと寝つけない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 307
keep thundering away: ずっと猛攻撃をつづける
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 151
keep away: こない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 347
keep sb off one’s back: (人に)にらまれなくてすむ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 106
keep backing off: ひるんで、あとずさりする
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 86
keep one’s end of the bargain: 約束を守る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 88
keep the bed warm: ことを進める
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 115
This is a harmless and possibly beneficial project to keep them busy: これは周囲に害をおよぼすことじゃあないし、軍の警察機構を働かせるのは、むしろ世の中のためになるんだよ
ストール著 池央耿訳 『