× Q 翻訳訳語辞典
strangely   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あまりにも
   
be so strangely out of keeping with ...: 〜とあまりにも食いちがう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
なぜか
   
Strangely, this had not bothered the police very much: なぜかそれには、警察はあまりいやな顔もしなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 398
strangely soothing: なぜか心を鎮めてくれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
feel strangely depressed: なぜか沈んだ気持ち 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 34
なぜか逆に
   
be strangely relieved: なぜか逆にほっとする デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 167
ふしぎなくらい
   
a strangely mechanical question and answer: ふしぎなくらい事務的な問答 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 69
ふしぎなことに
   
Suddenly, strangely Turner no longer wished to argue: とつぜん、ふしぎなことに、ターナーはそれ以上いいあらそおうとはしなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 378
めずらしく
   
have come to the meeting strangely early today: きょうはめずらしく先に来ている 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 102

案外
   
<例文なし> 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 57
異常に
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 369
異様な光景で
   
the chateau begins to make itself strangely visible by some light of its own: 城館自身がパッと内部から火を発したかと思うと、異様な光景でくっきり浮び始める ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 86
異様に
   
strangely unmarked: 異様にすべすべしてきれい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 300
one’s strangely wide-open eyes: 異様に見開かれた目 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 238
eyes so strangely hostile: 異様に敵意を燃やしている目 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 21
be strangely beautiful: 異様に美しい 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 8
異様の
   
one’s eyes shine strangely: (人の)眼のうちに異様の光が出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20
何とも形容しがたい顔で
   
look at sb strangely: 何とも形容しがたい顔で(人を)見る ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 150
何故か
   
feel strangely anxious: 何故か不安に駆られる 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 217
怪しい
   
move strangely: 怪しい動きがある 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 230
怪しく
   
one’s heart starts pounding strangely: 怪しく胸騒ぎする 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 246
奇妙なことに
   
Strangely, his first impulse was to feel sorry for his neighbor: 奇妙なことに、彼の最初の衝動は隣人ネイトへの憐れみだった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
思いがけなく
   
be strangely appealing: 思いがけなく可憐だ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 102
判然といえない
   
there is on sb’s face a strangely clouded expression: (人の)表情の中には判然といえないような一種の曇がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
不思議と
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
不思議な
   
be strangely overcome with pity: 不思議な傷ましさを覚える 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 52
不審な
   
not acting strangely exactly: 不審な行動をするわけでなはい ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 79
変な
   
look at sb strangely: 変な顔をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 98
look at sb rather strangely: (人を)見て変な顔をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
変に
   
fall into a strangely sorrowful mood: 変に悲しい心持ちになる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
妙な
   
strangely enough: 妙な気持になった 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 115
begin strangely to oppress sb: 〜が妙な力で(人の)頭を抑え始める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 244
妙な目で
   
look at sb strangely: (人を)妙な目で見る 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 220
妙な話だが
   
<例文なし> べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 156
妙に
   
The voice was strangely high-pitched for so big a man: 大男のわりに妙にかんだかい声だった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 477
The shattered bridge was curiously empty now, the men felt strangely alone: むざんに破壊された艦橋は、いまは妙にがらんとして、男たちは妙に孤独な感じをいだいた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 255
strangely rigid from its steel lining: スチールの裏張りのせいか妙に固い感じがする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 27
make sb strangely tense: 妙にドキンとする 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 48
It was strangely indefinite way, a moment of decision: それは、妙に漠然とではあるが、ひとつの決定的瞬間であった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 40
become strangely impatient and jittery: 妙にいらいらとして神経質になる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 38
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 131
面白いことに
   
strangely enough: 面白いことに メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 167
野暮ったい
   
strangely dressed: 野暮ったい服装 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 15

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

curiously, strangely ...: ふしぎなことに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 121
with a strangely calm feeling that surprises even me: 自分でも愕く程冷静な気持で
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 28
sb’s eyes are strangely drawn to ...: (人の)眼、〜へ吸い寄せられる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 40
one’s own words ring strangely to one: 自分の耳に自分の言葉が他人のもののようにひびく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 202
look strangely out of place: どうにも坐りが悪い
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 90
feel strangely uneasy about sb: 得体の知れない不安をおぼえる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 253
act rather strangely: いささか奇妙なそぶりを見せる
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 148
affect sb strangely powerfully: (人に)妙に力強く訴えかける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 345
contrast strangely with ...: 〜とちぐはぐである
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 122
feel strangely let down: がくんと妙な落胆をおぼえる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 124
the letter seems to emit a fragrance of strangely youthful emotion: 異様なほど若々しい情緒に匂う文面だ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 78
His gaze, Smiley noticed again, was strangely innocent: 妙に邪気のない目つきだな、とスマイリーはあらためて気づいた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 299
be rewarded with an strangely knowing smile from sb: (人から)妙にわけ知ったふうな笑みが返る
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 40
Life struck us as being a strangely volatile thing: 人生というものがふしぎに身軽なものにわれわれには思われた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 98
The war had produced a strangely sentimental maturity in us: 戦争がわれわれに妙に感傷的な成長の仕方を教えた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 98
appear strangely meditative: 妙に静かで、何かじっと考え込んでいるふうである
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 53
strangely staring, unblinking eyes: 不思議に大きく見開かれた、まばたきをしない目
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 225
speak in a stilted but strangely confident voice: 妙に自信にみちた声で切口上にいう
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 47
Tweet