× Q 翻訳訳語辞典
BB
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

agree to AA but not BB: (AAは)仕方ないが(BBは)いやだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 51
AA and BB alike: AAだけでなくBBはこぞって
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 36
without AA, all BB in the world is ...: AAがなければBBもしょせんは〜にすぎない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 209
control all the gangs from AA to BB: AAからBBにかけてを縄張りにしている香具師の元締
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 15
all AA and BB around: AAやらBBやらがうようよいる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 31
AA’s contacts are almost as good as BB’s: AAはBBに劣らぬ情報源を持っている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 28
AA and BB: AAするくせにBB
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 9
AA and BB: AAだけでなくBB
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 240
both AA and BB as well: AAもBBも
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 55
AA as well as BB: BBとはいえAA
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 58
bad bargain wheedled out of AA by BB: BBがAAに押しつけた一方的取引
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 66
AA beats BB: (BBが)(AAに)やられる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 446
AA before BB: (BBの)先手を打ってAA
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 348
AA gets the better of BB: (BBが)(AAに)一杯食わされる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 206
AA get the better of BB: BBはAAにやられる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 298
AA get better of BB: (BBが)(AAに)まんまと出し抜かれる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 199
be divided equally between AA and BB: AA半分BB半分
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
both AA and BB: AAだけでなくBBまで
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 455
AA would be at liberty to observe BB going about BB’s business: AAにBBの仕事ぶりを見せてやることになる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 22
will not only supply sb with AA but BB: AAにBBというおまけをつけてもいい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 96
true, AA, but BB: AAとはいえBBだ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 90
not only AA but BB as well: AAはもとよりBBでも
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 135
send AA running out to call BB: AAを走らせてBBを呼ばせる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 95
neither AA nor BB is of much help when it comes to sth: AAもBBも〜にはあまり役にたたない
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
at least AA and BB were concerned: AAにせよBBにせよ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 136
would not consider BB unless AA: AAでなければBBは問題外だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 76
AA in turn be controlled by BB: AAをおどらせているのがBBだ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 110
wonder how AA would cope with BB: はたしてBBはAAの手に負えるだろうかと考える
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 17
there are definite correlations between AA and BB: AAとBBは切っても切れない関係にある
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 110
debate whether AA or BB: AAかBBか思案する
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 299
tip AA to BB degrees to the east: 東方へ向かって、AA度からBB度かたむく
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 78
I must say AA can hardly be described as BB: AAはどうひいき目に見てもBBとはいえない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 290
make difference between AA and BB: AAまたはBBを左右する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 20
can not tell difference between AA and BB: AAとBBの見分けがつかない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 86
the months and the years have forced a distance between AA and BB: 年月がAAをBBから遠ざけた
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 103
distinguish sth as AA or BB: 〜をAAとかBBとか分けて自覚する
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 92
AA drive BB away from sth: (BBが)(場所から)拉致される
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 189
AA give BB the elbow: (BBが)(AAに)すっぽかされる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 94
not AA or even BB: AAはおろかBBさえ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 166
have no interest in doing AA, and even less in doing BB: AAする気はさらさらなく、ましてBBすることなど思いもよらない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 74
every AA and BB: AAというAA、BBというBBをことごとく
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 21
AA, BB everywhere: AAやらBBやら片っ端から
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 116
examples include AA and BB: たとえばAA、BBなどである
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
AA in fact BB: AAしたし、BBしてもいた
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 58
AA finished off BB: (BBが)(AAに)とどめをさされる
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 91
focus on AA rather than BB: BBなどは眼中になくAAを論じる
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 10
make AA follow BB to the other world: (BBが)AAも道連れにする
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 126
friendship between AA and BB: AAとBBのなか
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 119
go from being AA to being BB: AAから一躍BBに変身する
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 434
AA is not a lot better than BB: AAはBBと五十歩百歩だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 198
When did sb suffer greater agony -- AA or BB: 苦しい
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
AA and BB do not have to be the same thing: AAとBBとはだいぶちがうことらしい
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 191
AA is BB’s only hope: AAこそBBの唯一の頼みの綱だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 271
if I am to do AA, I should like to do BB: わたしとしてもAAする以上、BBする義務がある
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 75
AA if not BB: BBでないまでもAA
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 36
impact that AA can have on BB: AAがBBをどれだけ左右するか
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 20
AA would mean inevitable BB: AAならばBBしかない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 46
keep AA from telling BB about sth: 〜をAAの口からBBに言わせぬようにする
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 48
AA could lead only to BB: AA などはBBのもとではないか
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 64
select AA to leapfrog BB: BBの頭ごしにAAを抜擢する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 227
leave AA to BB: AAをBBにゆだねる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 231
I told you AA, not BB: AAといったろうが。BBなんてとんでもない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 199
AA not BB: BBというよりAA
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 39
AA only when BB: BBして初めてAAする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 32
AA only to BB: AAしてもついにはBB
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 250
AA or BB: AAなりBBなり
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 177
look more in place in AA than BB: AAよりもBBのほうが似合いそうだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 35
AA’s place is to be taken by BB: AAの後釜に坐るのはBBという人物だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 277
prefer not AA rather than BB: AAしてBBすることを好まない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 163
AA rather than BB: BBよりAAが先だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 83
AA reaffirm BB: AAを見てBBを改めて思い出す
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 170abbate
abbess:女子修道院長
辞遊人辞書
abbot:修道院長
辞遊人辞書
abbreviate:省略する
辞遊人辞書
abbreviate:短縮する
辞遊人辞書
abbreviation:省略
辞遊人辞書
abbreviation:省略形
辞遊人辞書
abbreviation:短縮
辞遊人辞書
abbreviation:略語
辞遊人辞書
be throbbing with activity: 騒然としている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 370
tales of Caribbean adventure: キューバ人の犯行を伝えるそうしたニュース
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 43
go ahead and be stubborn then: まあ、いいわ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 80
a sack of pearl pebbles, all colors: いろんな色をした真珠石の袋
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 13
slobber all over sb: (人に)べたべたしまくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 190
allow one’s people to nibble at the edges of the operation: 仕事の周辺部を手下に任せる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
always mask a jackrabbit temper: カッとなりやすい性格のカムフラージュといってもよい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
a hobby to keep sb amused: ささやかな楽しみ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
..., water flooding and ebbing: 寄せては退く水
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 411
And there's a lot to smell on Nettie Cobb: で、ネッティ・コッブは弱点のかたまりときてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
demand in a sobbingly angry voice: 息をきらし、かみつくようにいう
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 124
Debbie Sue announced: デビー=スーが声をあげた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 151
the dancing had not robbed sb of any of sb’s energy: 踊ったあとも、(人は)エネルギーに満ち満ちていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
be stubborn if one’s anything: 何はともあれ頑固さにかけては右に出るものがない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 358
keep bobbing one’s head apologetically: 申しわけなさそうに頭を幾度も下げる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 38
be an apparent robbery: 見たところ強盗事件である
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 380
after a displeased appraisal of one’s manicure’s shabby condition: はげかかったマニキュアをちらと不興げにながめてから
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 127
a rehabbed area: 再開発地区
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
make the steam arising from the bubbling lake: 〜のため池は沸き立ち
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 7
around the Dryad’s Bubble: 妖精の泉のほとり
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 234
scrabble around: その辺をかきまわす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
Debbie Sue asked: デビー=スーがせがんだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
Debbie Sue asked: デビー=スーが問いを重ねた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
one’s stubborn refusal of ask for help: 援助をいさぎよしとしない頑固な性格
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
an autograph is a simple, short scribble of the pen: サインをするときも単純な線をさっと走らせるだけですむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 168
a shabby trick to avoid giving a tip: 心づけをけちるためのしみったれた手口
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 153
can hear one’s heart lub-dubbing calmly away in there: 心臓の鼓動がおだやかにおさまっていく気配が耳を通して伝わってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
sb’s awful, unswerving stubbornness: 他人に譲歩することのできない石頭の持ち主
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 294
babble nonsense: 支離滅裂なことを口走る
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 265
over the babble of questions about sb’s disappearance to sth: 〜へ出奔したことについて矢つぎばやの質問が浴びせられる中で
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 550
babble that nonsense at the top of one’s voice: 根も葉もないことを大声で言い散らす
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 62
a babble of questions rose: ばらばらと質問の声があがった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
babbler:チメドリ
辞遊人辞書
the little wail that challenges the vast babbling of the sea: 海の巨大なざわめきに刃向かうかぼそい泣き声
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 257
a babbling mess: 泡を吹いてもがく(人)
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
babbling of a woman stricken with the heat: 暑さに汐垂れた女の譫言
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 36
sb’s drunken babbling: くだを巻いているということ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 177
be stabbed in the back: うしろから斬りつけられる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
get back-stabbed: 左遷される
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
even if one do have the bad luck to get robbed: 万が一盗難にあったとき
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 182
robber band: 盗賊一味
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 122
There was barely enough rubble to fill a bucket: 石屑もせいぜいバケツに一杯である
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 283
be yanked down by some robber barons: どこかの泥棒成金が取り壊そうとしている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 14
beam a scrubbed, schoolboy smile at sb: 優等生らしい清潔な笑顔を向ける
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
because of sb’s stubbornness: (人の)強情を折り曲げるために
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 195
yank sb into one’s cubbyhole behind the box office: (人が)使っている切符売り場の奥の小部屋に引きずり込む
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 75
one’s belly bobble wildly: 腹はぼてぼてと上下にゆれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
dribble of brown water running between one’s fingers: 茶色の泥水を指のあいだからぽたぽたと垂らす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
the big empty lobby: 広々とした無人のロビー
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 22
big dumbbell: 阿呆
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
be just a little bit stubborn: そりゃあちょっとばかり頑固だけど
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 265
no blabbing: 人にしゃべっちゃだめだぞ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 137
a place of blackened emptiness and rubble: 焼け跡のつづく瓦礫だらけの街
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 44
wobbled glass blocks of the bathroom window: バスルームのがたつくガラス窓
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
blubber:泣きじゃくる
辞遊人辞書
I blubber: 泣きの一手だ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 271
be perilously close to blubbering now: いまにも涙があふれだしそうだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
a blue-ribbon commission report on sth: 〜に関するすぐれた委員会報告
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 36
bobbing, tilting, gazing, smiling, swaying, flirting: うなずき、小首をかしげ、見つめ、ほほえみ、身体をゆらし、気をそそろうとする
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 23
be bobbing up and down: ゆらめく
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
filled with bobbing cakes of dirty ice: 汚れた氷の塊が一面にゆらゆら浮いている
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 49
make a little bobbing movement: ちょこんと身をかがめるような仕草をする
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 33
ice is bobbing in amber liquid: 琥珀色の液体の中に氷が浮かんでいる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 473
uncertain craft bobbing along the water: 流れに浮いてはかなげに揺れる艀
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 120
bobbin:ボビン
辞遊人辞書
His bow tie bobbed as he swallowed: 唾を呑み込んだ喉のあたりで、ボウタイがぴくりと動いた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 29
be bobby-pinned up: ヘアピンで留めてアップにしてある
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 135
begin to bubble and boil: 泡をはじけさせて煮立ちはじめる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 92
just the way bubbles form at the surface of boiling water: 湯玉が上がってくるように
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
shoot home like a bolting rabbit: 脱兎の如く自分の巣に飛びこむ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 200
bones bubbling up in tar: 絶滅した恐竜の骨がタール坑の底から浮かびあがってくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
like seeing a rubber boot on a church altar or a rose lying on the engine block of a tractor: 教会の祭壇におかれた長靴とか、トラクターのエンジン部におかれた一輪の薔薇とか、なにかそういうものを眼にしたような
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
wear tall rubber boots: ゴム長靴をはく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 58
a bubble in the brain: 思わず〜してしまった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 102
gasping and sobbing for breath: ぜいぜいはあはあと息を切らす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 307
stubborn brevity of sb’s speech: (人の)執拗なまでの言葉すくなさ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 87
Blood and hair and stringy gobbets of flesh flew up in the bright autumn sun: 血と髪の毛と細長い肉の切れはしが、秋のまばゆい太陽のもとでとびちった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
sth bring on a fresh spate of sobbing: 〜が、ふたたび(人の)すすり泣きに火をつける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
come up again, drenched and bubbling: びしょぬれで、あっぷあっぷと浮きあがってくる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 145
sb’s heart is bubbling with lively youth: (人は)溌剌とした若さで胸がわくわくしている
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 144
hear the fountain bubbling: 噴泉の音が聞こえる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 98
bubble on about sth: 〜を蝶々と述べ立てる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
with his bubble butt high: 大きな尻を突き出して
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 184
bubble to the surface: 表面に浮かびあがる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 393
bubble over the top of the bottle: 泡と化してびんの外からあふれだす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 273
ツイート