× Q 翻訳訳語辞典
youth   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
子供の頃
   
Ever since my youth I have had a fondness for Oriental cuisine: 子供の頃からずっと、東洋料理が好きなんだから ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 166
若い
   
had been a playboy in one’s youth: 若いころプレイボーイとしてならした ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 333
be losing one’s youth and energy: 若い気力もうせてゆく 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 50
若いころ
   
physical strength of youth: 若いころの体力 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 24
若いもの
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
若い者
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 178
若さ
   
voyaging youth: 奔放な若さ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
one’s own youth is quickly fading at the hands of sb: (人に)身をまかせて若さが過ぎてゆく 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 57
heartbreaking emblems of youth: 息をのむほど若さにあふれ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
若者
   
troubled youth: 悩める若者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
若年層
   
expand into the youth market: 若年層の利用者を開拓する 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 190
春秋
   
with a great deal of youth ahead of sb: 春秋に富んでいる カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 43
少女
   
the irrepressible youth: 衝動にまかせて好き放題をしている少女 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 52
少年
   
The youth wheels around, and lowering his head, moves faster: 少年、くるりと反転、頭を下にして速度を早める 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 238
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 238
青春
   
relive one’s youth: 青春をよみがえらせる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 28

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

rowdy youth: あばれん坊
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 267
of one’s youth: 若かりし日の
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 10
in the days of one’s youth: 遠い昔に
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 93
in one’s youth: 若い時分
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 166
wild days of one’s youth: 腕白坊主だったころ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 74
in the enthusiasm of one’s youth: 若気の至りで
モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 14
during sb’s mother’s youth: (人の)母の娘時代
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 87
all well past their youth: どれもよれよれ
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 66
Victims abound when youth ends: 青春の終わりは犠牲者に満ち満ちている
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 18
in between sb’s youth and sb’s apotheosis: 青二才だった(人)が今の身分になるまでには
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 250
predictable bad judgment of the youth: 青年期にありがちなミスジャッジをしたこと
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 254
blind youth: 無知な若さ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 428
sb’s heart is bubbling with lively youth: (人は)溌剌とした若さで胸がわくわくしている
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 144
But he has to go looking for the fountain of youth: だのにあいつ、若さのもとをさがしにいかなきゃおさまらないなんて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
she would drop the pimply youth: 彼女がにきび面の若者を袖にする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 17
an effective youth: 強そうな若者
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 198
Even when he slept, his dreams were no longer what they were in his youth: もっとも、目を閉じたところで、若いときのようないい夢は滅多に見られなくなっている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
for all one’s youth: そんな若さで
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 8
fountain of youth: 若さのもと
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
thinly gilded youth: ちょっとばかりけちくさいおしゃれな若者たち
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 141
thinly gilded youth: うすっぺらなしゃれ者の青年たち
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 93
a goatish but obliging youth: 女好きの、だがよくはたらく青年
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 374
the infatuated youth: 首ったけの若者
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 197
an infatuated youth: 勝手に熱をあげている若者
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 189
maintain most of physical strength of youth: 若いころの体力の大部分をいまだに持ち続けている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 24
The youth manages the watercycle adroitly, playing tag with his pet fish: 少年、たくみに水中自転車をあやつって、自分の魚と、鬼ごっこをはじめる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 244
pathetically weak-willed youth: 気の弱い少年
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 122
only a shadow of one’s former youth: 少年のなれの果て
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 60
youth of some sophistication: 一寸すれた若者
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 232
be the tonic to bring stirrings of youth: 若さをゆりさましてくれる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 104
Honda suddenly felt his own youth rushing back upon him: この叫びが本多の心を、一挙に自分の少年の日へ突き戻した
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 31
Death is undoubtedly close to us in youth as close as it is in infancy: たしかに<死>は、幼児とともに青年になろうとしている人々に親しいものに相違あるまい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 109
bumblings of an untried youth: 無能で未熟な若者
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 73
But the youth had no time to admire such wonders: だが、少年には、そんな物珍らしさに熱中したりする余裕はなかった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 266
worthy youth: 有為な若者
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 343rise
Tweet