× Q 翻訳訳語辞典
anything   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
こと
   
can do anything no matter how awful: どんなひどいことだってやれるんだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 60
anything serious: 由々しいこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 511
こんりんざい
   
would not tell a story for anything: こんりんざいつくり話なんかする人じゃない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 241
ちっとも
   
there is not anything to be ashamed of: ちっとも疚しいことじゃない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 198
どんなこと
   
be even more interested in doing than anything else: ほかのどんなことよりも〜で頭がいっぱいだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 523
どんなことでも
   
virtually anything: 文字どおりどんなことでも トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
どんなものでも
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 130
なにか
   
if sb find out anything: (人が)なにかつかんだら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 387
establish whether anything had changed: なにか変化があったかたしかめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
なんだって
   
one could do anything one wanted -- well, almost: しようと思えばなんだって、でもないけど、できる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 15
なんでも
   
oh God, please let me do ... I’ll do anything: 〜ができたらもうなんでもする、神様 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 36
be hungry for anything that ...: 〜なものなら、なんでもがつがつと飛びつく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 380
なんにかぎらず
   
hate anything messy: なんにかぎらず乱れたことが大嫌い デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 142
もしものこと
   
should anything happen to sb: (人に)もしものことがあれば 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 103
if anything happened to sb: (人に)もしものことがあれば ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 199
もしもの事
   
if anything did happen: もしもの事があったら 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
もの
   
don’t ask me to read anything tonight: 今夜はものを読むのは御免だ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 224

一番
   
cause more trouble than anything else: 一番面倒が起るのは〜の問題だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 73
何か
   
don’t volunteer anything: 自分から何かを切り出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
何が何だか
   
do not understand anything: もう何が何だかわからない ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 129
何なりと
   
for sb anything: (人の)ためなら何なりと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 28
何ひとつ
   
I don't forget anything: おれは何ひとつ忘れん デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 109
何ら
   
don’t think anything about ...: 〜について何ら感慨らしきものを抱かな カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
何事にもせよ
   
The idea of forcing her to do anything bridled Kelly: 何事にもせよ彼女に無理強いするというのは、ケリーには気が進まなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 132
何事によらず
   
You never want to discuss anything: 何事によらず、話し合うということをしたがらない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 72
手あたりしだいに
   
steal anything: 手あたりしだいに盗む スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
Tweet