Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
was
▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
ありき
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 25

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

This was the tail end of the 1960s: 時代は一九六〇年代の終わりごろ ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
one’s ability was already identified by sb: (人の)才幹が〜によってつとに着目されていた フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 34
One of the most peculiar things about sth was: (事)にまつわるもっとも特異な経験のひとつは、... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 146
that was what sth was about: それで〜が読めた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 45
sb’s boyhood was about sth: 少年時代は〜がすべてだった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 175
absentmindedly let the music wash over sb: その曲が耳に入ってくるに委せる 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 10
Data was absolutely key: データがすべての鍵だった ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 10
everyone was accounted for: 乗船者の確認が終わる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 19
so accustomed was one to sb’s invariable success that ...: いつも(人が)成功するのを見つづけていたから ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
so accustomed was one to sb’s invariable success that ...: いつも(人が)成功するのを見なれていたから ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 24
so accustomed was one to sb’s invariable success that ...: (人が)いつも成功するのを見せられていたから ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
this was not to be achieved so easily: 事実はそううまくは運ばなかったようである 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
I’d catch a city bus to go to late-afternoon dance classes at Mayfair Academy on Seventy-Ninth Street, where I was taking jazz and acrobatics: 夕方には市バスに乗って七九番通りに行き、メイフェア・アカデミーでジャズダンスとアクロバットダンスを習った ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
was I actually doing?: 〜したのか? 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 97
his bravery was admirable: この男の度胸には感服する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 260
was like today’s Afghanistan: 現在のアフガニスタンと変わらなかった ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 2
that’s what I was afraid you’d say: そう言われちゃおしまいだ コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 33
a weekly newspaper that was popular with African American readers: アフリカ系アメリカ人に人気の週刊新聞 ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
it was only after considerable persuasion that ...: えんえんと説得された末にやっと〜 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 75
was devastated when she rejected him and after that rejection sb began writing like sb for the first time: 彼女に袖にされた(人は)深く傷ついたが、それをきっかけに、初めて(人)らしく書きはじめた ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 449
It was after midnight.: もう真夜中を過ぎていた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 128
it was after four when ...: 〜したときは、もう午後四時をまわっていた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 548
one was never the same after one met sb: (人と)会ったのが運の尽きだった フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 433
life was one depressing thing after another: なさけないこと夥しい 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 162
it wasn’t long after that before ...: そして程なく〜 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 99
because, after all, it was sb: なにしろ相手が(人)だったからだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
after the date for the wedding was set: 式の日取りが決った頃 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
after all, what was the hurry and why wake everybody up?: いまさらいそぐ必要もなし、安眠妨害でしかない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 166
afterwards no more was said of that: その後この件は立ち消えになってしまった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 228
as I was afterwards told: 後になって聞いた話では スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 17
it was afterwards widely concluded ...: 後日各方面で〜と結論された ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 16
he was struck again: またしても驚いていた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
it was quite against my wishes that sb do: (人が)〜するというので、つよく反対したのですが ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 116
his stride was agile: 足はこびは軽やかだった ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
she was small and agile: 母は小柄で動きが速かった ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
that was many years ago: もうずいぶんずいぶん前のこと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 236
she was pretty enough to have been married long ago: きれいなお嬢さんでしたからねえ。もうとっくに結婚なすってらしても、不思議じゃないんですものねえ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 333
I agreed with him completely that swift action on climate change was needed: 地球温暖化に急いで手を打つ必要があることには100 % 賛同する ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 10
was aware of the liaison and apparently had agreed to it: 万事を知っている 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 222
there was no mistaking the air of ...: まぎれもなく〜な空気がただよっている クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 379
All. Cigarettes was gift.: そっくりさ。煙草は土産だもの。 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 163
all this I was told: これはみんな人から聞いた話である スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 25
you must blame me, it was all my fault: 私が悪うございました 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 160
won’t have wasted one’s time coming all this way: わざわざ来た甲斐があった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 379
where it was all those twenties went: あれだけあった二十ドル札はいったいどこへ消えたのか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
when all was said and done: つまるところ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 417
that was all sb managed to tell: そこまで語るのが(人には)やっとのことだった 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 107
that’s all there was: それだけのことにしておく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 162
static is all it was putting out: 流れてくるのはぶうんという雑音ばかり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
it was all ...: ここまでは〜 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 29
I wonder what this was all about: 何事があったんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 186
be all wasted upon sb: いたずらなものでしかない ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 28
all this was amusing: なかなか洒落たことをする コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 197
all sb found was ...: 〜ばかり 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 78
all one said was ...: ただひとこと〜といって サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 244
all I did was: 他にどうしようもないし サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 238
A could only guess at what the intent of the B was in allowing this: それをするすると通したBの真意を測りかねていた 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 398
there was almost a problem: あやうく大事件になるところだった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
it was almost three when ...: 〜は、かれこれ三時だった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 467
the day was almost over: もう夕方近くなっていた 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
haughtiness alone was not good enough to help him: いくら傲然としていても 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 27
was already fond of doing: その時分から〜する事が好きだった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 151
although sb wasn’t ever a lucky child: そりゃ(人は)、運のいい子とはいえなかったかもしれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
although he was so old: そのとしで ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 194
ã¨ããã人ãç¦ãããããªå¥ã§ãã£ã: Altogether she was what you would have called provoking ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 95
always there was sb’s laughter: (人は)実によく笑った フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 103
always was: 昔からそうだった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
have always done, since one was little: 小さいときから〜だ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 294
always drug whoever was on duty: 見張り番を片っ端から薬で眠らせる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 146
it was our life, not hers, and always would be: 私たちの人生は私たちのもので、母のものではなく、この先もずっと変わらないのだから ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
even sb was amazed at the skill and speed: さすがの(人も)瞠目するほどのみごとな手ぎわ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 27
among other things, sb was telling about sth: (物事の)ことなど話した 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 32
a certain amount of the talk was about ...: 〜は、かなり話題になった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 367
the blood was a color ampule: 血だと思っていたものは、ガラス容器が割れて、赤色の液体が流れていただけだった ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 4
middle C was the anchoring point: 中央のドは基準点なのだ ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
nor was it more retentive of its ancient state, within: 家の中も同じように荒れ果てて、昔の面影はさらにない ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 48
and sb was thinking that ...: いましも頭にわいたのは〜との思いだった ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 177
I was reading sth and forgot: 〜を読んでたら、忘れちゃった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
and so it was that ...: 〜というべきであろう 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 19
he was the most angelic person: あんな天使みたいな子、見たことがなかった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 141
one’s reading was becoming even more animated: (人が)いよいよ熱を加えて読んでいた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 23
The music was never annoying: こうした音楽にイライラさせられることは一度もなかったが ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
there was yet another delay.: こんどもすぐに返事はなかった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 212
another job was done: またひと仕事が終わった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
there was another surprise in store for sb: (人は)もうひとつ裏切られた 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
live to be another man from what I was: 今までとは生れかわった人間として暮す ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 109
as if this was just another day: いつもとちっとも変わらぬ様子だ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 413
what was said in disappointing anti-climax, by ...: がっかりさせたこの竜頭蛇尾の光景を見て、(人が)わめいた言葉といえば ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 200
Here are some of my favorites that I would rather not live without: soap, cement, plastic, washing detergent, toilet paper, and antibiotics: わたしにとってなくてはならないものをここにあげてみよう。石鹸、セメント、プラスチック、洗剤、トイレットペーパー、そして抗生剤 ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 6
wash anxiety away: 不安を取り除く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 96
you never saw anybody that was deader: あんな確かな死にざまはめったにない ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 225
if anything was wrong: どうかしたのか サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 271
Anyway, if I was back on shore, I’d only be suffering from the heat: どうせ、陸へあがっても、暑くるしいばかりだ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 19
my mother didn’t work and our apartment was so close by: 母は働いておらず家もすぐ近くだった ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming )
翻訳訳語辞典で経済金融・証券会計訳語辞典も引ける広告なしの Pro版発売中!
ツイート