× Q 翻訳訳語辞典
fault   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おかげ
   
that fat pig’s fault: あのブタ野郎のおかげ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
せい
   
this is sb’s fault: これは(人の)せいだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
be all sb’s fault: すべては(人の)せいだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 149
それみたことかと非難する
   
will fault sb if sb can’t: 〜できないといったら(人は)それみたことかと非難するだろう マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 92
へま
   
be never at fault: 決してへまなんかしない ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 175
ぼろ
   
don’t reveal one’s faults: ぼろを出す 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 72
やりこめる
   
fault the liar: 嘘をつく相手をやりこめる ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 85
やりすぎなぐらいに
   
meticulous to a fault: やりすぎなぐらいにうるさい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
わるい
   
that’s sb’s fault: そりゃ、(人が)わるいわ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 18

悪い
   
that’s sb’s fault: それはね、あなたが悪いんでしょ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 18
苦情をいう
   
fault sb: (人に)苦情をいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 235
欠点
   
to a fault: 欠点といってもいいぐらいに ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 35
自業自得
   
it is all one’s fault: すべては(人の)自業自得なのだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
弱点
   
Maybe to a fault: それがおれの弱点かもしれないけどな タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 140
責める
   
fault sb for doing: (〜した人を)責める クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 429
fault sb for ...: 〜といって(人を)責める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 65
責任
   
But it is not my fault okay?: けど、それはおれの責任じゃないよ、オーケイ? ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 151
難点を見いだす
   
be faulted: 難点を見いだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264
不心得
   
the faults of the aspirants: 参禅者の不心得 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 204
落ち度
   
be sb’s fault: 〜は(人の)落ち度だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 146
be at fault: 落ち度 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 86

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

not one’s fault: 〜のせいじゃない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
not one’s fault: (人が)わるいんじゃない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
not my fault: おれがわるいんじゃないぞ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 244
you must blame me, it was all my fault: 私が悪うございました
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 160
when a child goes wrong the fault lies with the parents: 娘の不始末は親の不始末だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 123
sounding like it is sb’s fault: 〜をなじるような口調なので
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 298
ready to find fault with anybody: 相手かまわずあたりちらしたい気分で
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 180
ready to find fault with anybody: 誰だろうと文句をいってやるつもりで
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 189
one’s own fault so one can’t say a thing: 自分が悪いんだから、仕方がない
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 286
it is not sb’s fault: (人に)落度はない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 319
it’s not my fault that ...: おれの知ったことじゃない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 108
it’s not my fault: それは仕方ない
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 64
find fault with ...: 〜に文句を言う
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 29
don’t like being found fault with so much: あんまりあらさがしばかりされて、うんざりする
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 171
don’t like being found fault with so much: こんなに難癖ばかりつけられては、辛抱しきれない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 181
be all one’s own fault: 自業自得だ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
it is all sb’s own fault: (人)だけがわるかった
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 271
But this paragon has one fault: ですがこの逸物には欠点が一つあります
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 141
I thought you Londoners were never at fault: 君たちロンドンっ子ってものは決してへまなんかなさらんものと思ってました
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 175
Meticulous to a fault: やりすぎなくらいにうるさい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
be partly at fault: すべてとはいわないまでも、まちがいだった
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 220
one’s principal fault: (人の)最大の欠点
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 140
ツイート