× Q 翻訳訳語辞典
sounding  
打診
   
take soundings: 打診を行う ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 423

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

take depth soundings: 音響測深をやる
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 51
take one’s soundings about the feasibility of sth: (物の)実現可能性についてさぐりを入れる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 69
caution sb to do, sounding like a veteran ...: いっぱしの〜のような顔をして言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 107
sounding like it is sb’s fault: 〜をなじるような口調なので
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 298
say in a flat, official-sounding voice: 市役所の窓口でかわす問答のような抑揚のない声で言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 129
take one’s time or kid around sounding grouchy: わざとのろくさして、冗談半分に不満そうな声をあげる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 198
high-sounding words: 大言壮語
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 205
sounding slightly impatient: わずかに焦れたような口調で
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 88
say, sounding impatient: じれったげな口ぶりでつづける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 214
sb’s voice, sounding instant friendship in the depths of the receiver: いきなり受話器の底でひびいた(人の)声
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 14
sounding a little worried: わずかながらどことなく心配そうに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 119
have gone from sounding like ... to sounding like a love-struck teen: 今度は〜じゃなくて、恋患いをした十代の娘のような言いぐさだ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 27
'Who?' said his mother, not sounding particularly interested: 「だれなの?」母親はさして関心がないような口ぶりできいた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 247
sounding rather pleased: まんざらでもなさそうだ
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 97
full of portentous-sounding foreign words: しかつめらしい外国語
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 55
say, ..., sounding puzzled: まごついた顔で、(人が)言う
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 218
at the risk of sounding like sb is doing ...: 〜してるように聞こえたら心外なんだけど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 244
How do I say this without sounding sappy?: やれやれ、いったいどういう言葉を使って表現すればその馬鹿馬鹿しさを回避することができるのだろう?
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 78
so solid-sounding: どっしりした響きがある
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 156
say, not sounding too sure: どこか、奥歯に物の挟まったような口調だ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 172
Far from sounding abashed, his voice was even sprightly: その声は少しも悪びれていないどころか、むしろ明るくはずんでさえいる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 102
ツイート