× Q  ?  翻訳訳語辞典
impatient

主要訳語: 苛立つ(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
いらいらとした
   
there is an impatient look in one’s eyes: (人は)いらいらとした眼をする 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 119
いらいらとする
   
become strangely impatient and jittery: 妙にいらいらとして神経質になる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 38
こらえ性のない
   
impatient people: こらえ性のない連中 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 412
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 191
しびれを切らしたような
   
make an abrupt, impatient motion: だしぬけに、しびれを切らしたような態度を見せる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 225
しびれを切らす
   
Vallery was impatient: ヴァレリーはしびれを切らした マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 307
seem impatient at ...: 〜にしびれを切らす 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 117
じりじりして
   
must be impatient: さだめしじりじりしておられるのではないか マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 492
an impatient and stern sb: じりじりして顔つきが険しくなっている(人) タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 69
じりじりしている
   
get impatient with sth: 〜にじりじりしている 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 50
じりじりしてる
   
be impatient: じりじりしてる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 129
じりじりしながら
   
impatient: じりじりしながら タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 180
じりじりする
   
'Yes, yes,' Nicholls was impatient: 「そうですね」ニコルスはじりじりした マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 265
じれったい
   
It makes me very impatient to hear them playing: こうやって芸者衆の三味線を聞いてますと、じれったくなったりして、 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 49
じれったそうな
   
impatient growl of engine: じれったそうなエンジンのうなり ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 42
すぐにキレそうな感じ
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 149
とげとげしい
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 127
まどろっこしい
   
be impatient with ...: (〜では)まどろっこしい 谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 65

逸る
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 114
苛立つ
   
impatient with sth: (何かに)苛立つ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 59
be impatient with ...: 〜に苛立つ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 81
a bit impatient: いくらか苛立っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 92
気ぜわしげな
   
impatient hands: 気ぜわしげな手 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 174
気もそぞろ
   
seem impatient distracted: どこかしら気もそぞろで、苛立っている風だ セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 338
歯痒い
   
have no idea how much more impatient one is with oneself: (人)自身が何層倍歯痒い思いを重ねて来たか知れない位だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 271
feel very impatient with sb: (人を)見て歯痒がる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 271
邪険
   
Glory's attitude toward him was becoming distant, even impatient: グローリーの彼にたいする態度は、このところとみによそよそしく、邪険にすらなっている クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 163
焦る
   
mustn’t be impatient: 焦ってはいけない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 153
神経質に
   
with an impatient shrug of one’s shoulders: 神経質に肩をすくめると アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 313
性急
   
His tone was brisk, even impatient: 語調はきびきびして、性急でさえあった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 229
待っている
   
be impatient for ...: 〜を待っている 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 183
落ちつきを欠いている
   
'Yes? What is it? ' Hunt sounded impatient: 「それで?用件は?」ハントは落ちつきを欠いているようだった ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 28
乱暴に
   
with an impatient wave of one’s hand: 乱暴に手を振って マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 244
痺れを切らした
   
At two fifty-three the clerk pushed £10 over to the impatient young man: 二時三十分に、出納係は痺れを切らした若者に十ポンド支払った ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 141
痺れを切らしている
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 284
痺れを切らす
   
feel a little impatient: 好い加減痺れを切らす 谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 97

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sounding slightly impatient: わずかに焦れたような口調で 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 88
something impatient: 苛立ち レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 114
say, sounding impatient: じれったげな口ぶりでつづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 214
impatient with ...: 〜に業をにやす キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 272
grow impatient: じりじりする アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 72
grow impatient: なんとなくあせりはじめる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 190
become impatient: 痺れを切らす ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 268
be impatient: じれったがる 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 254
be impatient: せっかちだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 75
be impatient: 気がせいている 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 65
be impatient: 急いている 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 175
make an impatient dismissal of that suggestion: (人の)提案をにべもなく斥ける マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 467
it doesn’t do to be impatient: 短気をおこしても仕方がない ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 14
grow impatient to do: 〜したいとねがう 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 9
become more and more impatient: じりじりしてくる ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 204
be impatient with ...: 〜事を歯掻く思う 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 202
be impatient to get away: 早く解放してもらいたい ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 111
be a little impatient: それほど悠長にかまえてはいられない セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 311
as if one is impatient: せき込むように 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 47
a impatient man with time on one’s hands: 思い立ったらじっとしていられない性分の男 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 197
be just as impatient as sb is: せっかちなところは(人に)そっくりだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 75
be impatient with one’s own lack of endurance and power: 自己の根気と精力の足らない事を歯掻く思う 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 202
physically, sb is impatient for ...: (人の)躯が、〜を待っている 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 183
so often that he, watching them, almost found himself growing impatient: いら立って来るほど幾度もその同じことを、二人は無心に繰り返していた 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 9
ツイート