× Q 翻訳訳語辞典
begin   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜かけてきた
   
beginning to show less of ...: 〜が、少し薄れかけてきた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
〜かける
   
begin to nod: 意識が遠のきかける ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 220
〜しつつある
   
be beginning to assume the form of ...: 〜に固まりつつある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
〜してくる
   
be really beginning to do ...: 〜しかけてくる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 276
〜しはじめている
   
begin to infuse all areas of ...: 〜のすべての領域に浸透しはじめている ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 11
〜するようになる
   
begin missing the dinner hour more and more: しょっちゅう夕食をすっぽかすようになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 246
〜にかかる
   
begin to arrange one’s new-found treasures: とれたての宝ものをそろえにかかる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 98
begin one’s work: 仕事にかかる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 11
begin one’s search of the bodies: 被害者の所持品を調べにかかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 434
〜にとりかかる
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 29
〜に入る
   
And now began the most beautiful part of the Saigusa Festival: これからいよいよ、三枝祭は、その最も美しい部分に入るのである 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 52
(〜と)切り出す
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 480
(仕事に)にかかる
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 28
(話に)入る
   
I began my inconsequential chatter, and I received one-word replies: それから世間話に入ったが、毎回たった一語の答えしか返ってこなかった デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 75

あとは〜することにする
   
began to skim: あとはざっと調べることにした ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 369
いいかける
   
'But since I make a formal approach--' Smiley began: 「しかし、正式にはたらきかければ--」スマイリーはいいかけた ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 142
おっぱじめる
   
begin doing ...: 〜をおっぱじめる バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 10
かかる
   
begin to do: 〜しかかる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 293
begin to close in on sb: (人を)追いつめにかかる ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 69
begin gently to release the volume from ...: 〜からそっと本を引きはがしにかかる カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 238
かける
   
begin to understand: わかりかけてくる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 239
これから
   
the night is only now beginning: 夜はこれからだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
have not begun to think seriously about one’s future: これから何をしようというあてもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 87
しかける
   
only begin to do: やっと〜しかけたところだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 174
しだす
   
begin to think that ...: 〜したらと思いだす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
begin to speak again: 突然口を利き出した 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 28
as soon as ..., ... begin to do: 〜したあと、急に〜しだす 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 22
してくる
   
begin to suspect that ...: 〜ではないかと思えてくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 304
して来る
   
begin slowly to lose one’s brightness: 次第に光を失って来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 76
し出す
   
hear that the cherry trees are beginning to flower: 桜の噂がちらほら(人の)耳に聞こえ出す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 68
begin conspicuously to do: 目に立つように〜し出す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 224
すぐさまかかる
   
beginning with the aid of sb, to unhook sth from ...: すぐさま(人の)手を藉りて、〜から(物を)取りはずしにかかる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 181
そのうち
   
begin to do: そのうち〜してくる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 136
そもそも
   
to begin with: そもそも スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
だす
   
begin bit by bit to tell ...: 〜をぼつぼつ、しゃべりだす 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 20
だんだん
   
pieces of the story begin to fall into place: いろんな話がだんだんきちんとした場所に収まってくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 383
begin to feel afraid of ...: 〜がだんだん怖くなる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 225
とば口
   
barely begin: とば口にさしかかったばかり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
とりかかる
   
Then began the first round: 1本目にとりかかった 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 162
begin to write a story: 物語の執筆にとりかかる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 131
begin to do: 〜にとりかかる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 132
begin to ...: 〜にとりかかる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 307
begin sth: (物事に)とりかかる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 94
なる
   
begin to do: 〜になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 90
のりだす
   
begin to do: 〜にのりだす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 218
のり出す
   
begin to investigate: 真相究明にのり出す カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 40
はじまる
   
it began with a call from sb: 〜は(人の)かけてきた一本の電話ではじまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 342
begin coughing: 咳きこみがはじまる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 290
はじめる
   
just perceptibly begins to dry: ほのぼのと乾きはじめる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 72
have not even begun to come to grips with ...: 〜を理解しはじめてさえいない ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 15
feel ecstatic heat begin to uncoil in sb’s loins: (人は)感じる。身体のいちばん深い場所で、絶頂へのぼりつめようとする熱がほどけはじめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
begin that lamebrained talk: 愚かな繰り言をはじめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
begin quite openly to do: だしぬけに〜しはじめる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 293
begin climbing the hill past sth: 〜横の坂を昇りはじめる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 96
ぼちぼち〜はじめる
   
begin to think: ぼちぼち考えはじめる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 239
ぼつぼつ〜しはじめる
   
begin going over some of the notes: ノートを、ぽつぽつ見直しはじめる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 334
まさに
   
begin to touch heaven: まさに天国にとどこうとしている バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 66
やっと
   
begin to understand sb better: (人の)意味がやっと呑み込める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 48
ようになる
   
begin to do: 〜するようになる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 134
begin going in to ... every day: 〜へ通うようになる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 129
よびかける
   
begin in a low, timid voice: おそるおそる小声でよびかてね ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 28

アイデアがめばえる
   
The book begun on a New York subway: この本のアイデアがめばえたのは、ニューヨークの地下鉄のなかだった フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 2
スタート
   
begin: スタート! タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 248

引き込まれてゆく
   
begin a new romance with sb: (人)との新たな恋に引き込まれてゆく ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 418
火蓋を切る
   
The national revolution has begun: 国粋革命はいまや火蓋を切った 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 252
開始する
   
begin one’s own personal exercise regime: 自主トレーニングを開始する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 117
滑り出す
   
the second act begins smoothly: 第二幕は順調に滑り出す デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 30
起こす
   
really begin ringing bells: とんでもない波紋を起こしてしまう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
begin with a discussion of sth: 〜から説き起こす 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 7
起こる
   
begin to doubt sb: (人に)疑いが起こる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
begin to discuss plans for ...: 〜という相談が(人の)間に起こる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 102
a journey of a thousand miles begin with a single step: 千里の行も一歩より起こる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 266
起点をおく
   
really begin: 真の起点をおく ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 15
急に
   
feel one’s ticker begins to race: 急に心臓の鼓動が速くなる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 236
現われる
   
presentation credits begin: 画面にクレジットが現われる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 17
言いかける
   
Norbert Steiner began, but then he, too, saw the red star, and became silent: ノーバート・スタイナーはドイツ語で言いかけてから、赤い星に気づいて、口をつぐんだ ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 7
begin and stop: 言いかけて口をつぐむ ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 300
言う
   
begin self-consciously: 少し困った口調で言う フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 80
口をきる
   
begin again: また口をきる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 112
口をひらく
   
begin again: また口をひらく ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 122
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
口を切る
   
'Have you ever done any encounter groups?' he had begun: 「集団療法ってやつ、やったことある?」と彼は口を切った レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 137
"A historic moment," Luther began: 「歴史的瞬間です」と、リューサーは口を切った クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 201
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 191
広める
   
begin in Western culture the worship of ...: 〜崇拝の思想を西欧文明に広める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
仕向ける
   
begin to chatter about ...: 〜の話を(人に)仕向ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 243
始まり
   
beginning and end: すべてが始まりであり終りである。 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 24
始める
   
begin to move slowly: そろそろと前進を始める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
begin to have an inkling that ...: 〜をうすうすと感じ始めている 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 3
begin to cry: おいおい泣き始める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 64
begin strangely to oppress sb: 〜が妙な力で(人の)頭を抑え始める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 244
begin redecorating: 模様替えを始める ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 188
begin fooling around with something: ぼちぼちと演奏の真似事のようなものを始める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 190
begin a competitive publication: 同じような出版事業を始める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
取りかかる
   
取り戻す
   
begin to feel alive: 人間らしい気分を取り戻す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 227
手をつける
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 87
手を着ける
   
have tried to begin many times before but unsuccessfully: 今まで幾度か手を着けようとしては手を引っ込める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 65
種をまく
   
the event’s proper history began during ...: その事件は〜時代にすでに種をまかれた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 43
出る
   
have only recently begun one’s studies: 修業に出たばかりだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 154
begin to talk about ...: 〜について話が出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
準備をする
   
begin thinking of things one ought to say: 言い訳の準備をする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 217
初めて
   
beginning to be struck by sb’s manner: 初めて(人の)態度に気がついたものか ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 150
少し
   
begin to lose one’s confidence: 少し自分の度胸を疑る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 66
少し〜する
   
the time the afternoon sun begin to wane: 午後の陽が少し翳ったころ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 32
begin to harden: 少しかたまる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 107
乗り出す
   
Americans begin to explore space: アメリカが宇宙開発に乗り出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 271
身をゆだねる
   
begin to cry as sb have never cried before: かつて知らぬ慟哭に身をゆだねる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 236
声が聞こえる
   
faintly begin: 消え入るような(人の)声が聞こえる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 125
切りだす
   
do not know how to begin: どう切りだしたものかわからずに困っている ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 194
begin delicately: やんわり切りだす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 105
'Gianni,' she began expansively: 「ジャンニーニさん」と、彼女は気さくに切りだした ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 306
切り出す
   
I didn't know how to begin so I began by telling her that: どう切り出せばいいかわからなかったので、正直にそういってみた ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 326
'My plan is nearly complete,' began James: 「ぼくのプランはほぼ完成している」とジェームズが切りだした ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 312
<例文なし> ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 242
達する
   
feel that a new phase is beginning: すべてがもう一つ新しい段階に達したように感じる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 144
端を発する
   
what began ... was the fact that ...: 〜は〜ことに端を発する アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 13
着手する
   
begin developing ...: 〜の構築に着手する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 112
幕をあける
   
At Needful Things, the first full day of business had begun: ニードフル・シングスは、こうして本格的な商売の幕をあけたのだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
連なる
   
beyond the field begin sth: その草原の彼方には(物が)連なっている カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 5
話しはじめる
   
Colonel Kent began:: ケント大佐が話しはじめる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 22
begin without preamble: 前置きなしに話しはじめる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 218

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

where it is beginning: その現場
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
to begin with: はじめのうちは
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 63
to begin with: もともと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 203
to begin with: 最初から
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 295
the frog begins: 蛙が歌をうたいはじめる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 105
the disruption begins: 凋落の気配は忍び寄っている
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 163
really begin doing: 〜することが身についてくる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 79
music begins: 音楽が流れる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 71
it first began when ...: まず
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 5
immediately begin doing: すかさず〜にかかる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 9
immediately begin doing: 早くも〜している
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 11
I begin to think that ...: 〜かな
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 56
do not begin: それきり口をつぐむ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 39
beginning to do: そろそろ〜しかかる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 227
begin with ...: 〜から話の糸をほどきはじめる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 375
begin with ...: はじめから〜
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 175
begin to sweat: 汗がにじみだしてくる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 100
begin to swear: おもわず悪態が口からとびだす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 183
begin to smile: にんまりと笑みを洩らす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
begin to smile: 顔に微笑が広がる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 418
begin to relax: ほっと一息つく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 123
begin to laugh: 笑い声をたてる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 12
begin to forget: 忘れかけている
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 192
begin to emerge from its cocoon: 羽化する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 53
begin to eat: 口に運ぶ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
begin to do: 〜しかけている
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 154
begin to do: 〜しかける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
begin to do: 〜しようとする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
begin to do: 〜する傾向がある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
begin to do: 〜にかかる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 147
begin to do: 次第に〜する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 85
begin to cry: ぽろぽろと涙を落とす
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 267
begin to cry: わあっと泣きだす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 287
begin to cry: 泪ぐむ
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 66
begin to comprehend: 一つの考えがひらめく
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 198
begin tiring: 疲れを見せはじめる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 292
begin stealing things: 盗みをやりだす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 500
begin one’s letter:: 手紙の書き出しはこうだった
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 92
begin in earnest: 本格化する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
begin getting ready: 肩ならしにかかる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 390
begin feeling nervous: 落ち着かない気分になる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 36
begin doing: 〜しだす
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 7
begin doing: 〜するようになる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 243
begin doing: すぐに〜になる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 31
begin describing ...: 〜をぽつりぽつりと話しはじめる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 6
begin buzzing: ものうげに鳴る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 394
begin apologetically: 弁解がましく切りだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
begin anew: 新規蒔き直しをしてみる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 274
begin again: いいなおす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 65
begin again: 再開される
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
begin again: 最初からやりなおす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 133
began to cry: 泣いていた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
... that begins the book: 冒頭の〜
... sb begin: 〜しかけて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
you begin with ...: まずは〜する
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 242
you are really beginning to annoy me: きさま、本気で私を困らせたいらしいな
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 108
would have to begin again: これですべてが水の泡だ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 113
when the real trouble begins: 事態がぬきさしならなくなってくると
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 329
until it begins to get light out: 夜が明けるまで
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
trial begin at ...: 第1回の公判は〜に開かれる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 375
think one is beginning to understand: ようやく事情がわかりかけてきた
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 128
the waves begin to be waves: 波がうねりを増す
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 272
the war only just beginning: 戦争はまだこれからだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 111
the true story begins to take shape for sb: 事態の真相が(人の)前に姿を現す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 98
the telephone begin to ring: (人の)耳に電話のベルがひびく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
the tears begin to fall from sb’s eyes: (人の)両眼から涙がぼろぼろこぼれ落ちる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 500
the story begins to unravel when ...: 〜のところから、話の糸はときほぐされる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 198
the snow has began to drive thickly: 雪はいよいよ本降りになってきた
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 14
the road begins to climb left: 道路が左手に向けて上り坂になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 322
the quality is beginning to arrive: 高級品の出番だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 190
the night have only just begun.: まだ宵の口だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 94
the letter begins in that way: 大体斯う言った書き出しである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 12
the fear and other symptoms begin to lift: 恐怖やその他の症状はだんだん治まる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
the entire crowd begins to bellow: 群衆の喚声がひときわ高まる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
the convulsion seemed to end almost as soon as it had begun: 凄まじい地震は、瞬時にして過ぎ去ったように思われた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 234
that’s enough to begin with: よし、そこらへんでけっこう
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 114
tell sb the right way to begin: 話の糸口をつけて下さる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 86
suddenly for some reason or other, one begin to wonder if ...: ひょっとした機会から〜という気になる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 175
suddenly begin to talk about ...: 〜について突然口を切る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 236
sit with the knife in her hand, very much puzzled how to begin: ナイフを手にして、どうしたものか頭をかかえている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 139
sit in the the night and begin to shake: 夜気の中に腰を下ろし、ふと寒気を感じる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 436
sb begin then have to stop: 口を切りかけて(人は)いいよどむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
sb’s face begin to sweat: (人の)顔に汗が吹き出す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
sb’s bath have begun: (人は)すでに風呂に漬かっている
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 158
say sb, not wishing to begin an argument: (人は)議論になるのがいやなので、話をそらす
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 104
release whatever it had begin in one: 〜の中に宿った何かを解き放つ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 149
realize that one have felt one’s heart begin to dance: 心の躍るようなものを感じている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 29
people begin to whisper that ...: 〜ということはもっぱらの噂だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 325
one’s love affair with ... began when ...: (人が)なぜ〜に凝りはじめたかというと、その発端は〜
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 177
one’s face begin to work: (人の)能面のような顔に表情がよみがえりはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
one’s eyes begin to widen: 眼がみるみるうちにかっと見ひらかれていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
one’s conscious train of thought begins to break up: 意識はぷつんと途切れてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
one’s cheeks begin to fill with dark red color: (人の)頬はどす黒い赤に染まりつつある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
may begin with a small molecule called ...: 〜と呼ばれる分子が引きおこすのかもしれない
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 45
it is essential to begin by clarifying where responsibility lies: 責任の所在がまず明確にされなくてはならない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 18
it is beginning to come to sb now: (人)にもだんだんわかってきたらしい
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 423
it begins as a tiny silver of light, thereafter, it enlarges rapidly: ひとしずくの光りに見えるものは、それからぐんぐん大きさをます
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 100
it began with ...: 〜がそもそもの始まりだった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 200
it all began when ...: 事の始まりは〜したときだ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 91
is beginning to ...: そろそろ〜にかかる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 277
I have begun the question on my lips: でも、もう半分口にしてしまったわけですから、申上げてしまいますけど
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 270
I’m beginning to think I must do: あたしって〜なのかしら
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 397
he ... began methodically turning through the entries until he had extracted some half dozen: ピムは・・・綴じ込みを順序よくめくり、いくつかを抜き出した
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 182
have only just begun as ...: 〜としてまだ駈けだしだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 486
have not begin to do: 〜にも移っていない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 333
have begun using ... quite frequently: 〜がこの頃しきりと使われる
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 25
have already begun to do: さっきから〜している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 63
had hardly begun to do when one did: 〜する余裕を与えないほど早く〜した
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 40
finally begin to ease: すこしずつおさまっていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
feel one’s spirits begin to lift: しだいに気分がほぐれてくるのを感じる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 80
feel one’s senses begin to cave in: なんとなく落ち込んだ気分になってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362
feel one’s mind beginning to slip: (人は)心が萎えていくのをおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
doubt begins to seep in: 疑惑のさざなみがじわじわと忍びよりはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
don’t know where to begin: 言葉に窮する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 134
don’t know how to begin a conversation with sb: (人に)どう話しかければいいかわからない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 66
civilization which human beings have now begun to replace: 地球文明にその座を奪われつつある文明
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 14
cannot even begin to do: 〜の糸口すらみつけることができない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 291
can not help one’s lips curling up into a smile as one begin: 話すよりさきに口もとがほころびてきちゃってね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 136
can not even begin to guess: 推測の糸口さえみつからない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 473
can’t begin to sort anything out: うまく気持を整理することができない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 240
can’t begin to guess ...: 〜か、まったく予想できない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 589
by the time it begins to get dark: 闇があたりをつつみはじめるころ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
begin and can say no more: 口をひらいた(人は)言葉をそれ以上つづけられない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
begin with an old trick: よくやる手をまず使う
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 403
begin to worry sb terribly: (人が)神経を悩ます
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 133
begin to worry about ...: 〜を気づかう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
begin to wonder why ...: 何故〜するのか理解出来ない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 124
begin to wonder whether ...: ふと〜だろうかと思う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
begin to weary of this inactive life: (人の)気力がその位の刺戟で満足出来なくなる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 61
begin to walk more quickly: さっさと歩き出す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 78
begin to understand what this is about: 事件の輪郭が見えてきた気がする
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 115
begin to think that one should have to pass the night at ...: 一時はねえ、これはもう今夜は帰れないかな、と思うくらいだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
begin to think of sb: (人の)頭に(人の)顔が再び浮いて出る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
begin to think about sex: ふとセックスのことが頭に浮かぶ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 76
begin to tell about sth: すらすらと打ち明ける
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
begin to suspect that ...: 〜という思いが、日増しに強くなる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 114
begin to smile and cry at the same time: 微笑もうとしてそのまま泣き出す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 113
begin to slow down: 途中からのろのろとした動きに変わっていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
begin to show some speed: じわじわと上がってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
begin to shake one’s head emphatically from side to side: 顔をコキザミに左右に激しく動かしてみせる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
begin to seem hazy and unreal: 幻のように消え去りつつある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
begin to see ...: 〜だということがわかってくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 134
begin to remember things gradually: 段々と昔のことを憶いだす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 207
begin to plod toward home: とぼとぼと家路をたどることにする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
begin to move up on the outside: 外側からぐいっと上がってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
begin to look exhausted: もういい加減へたばってきたようだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 237
begin to look cold: 日に日に冷えびえとして見える
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 213
begin to laugh weakly: 力つきたような笑いを洩らす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
begin to keep a distance from sb: (人と)距離をおくようになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 93
begin to hate sb: (人を)憎らしく思う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 94
begin to grasp what sb is trying to say: (人の)言おうとすることがだいたい飲みこめる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 74
begin to give oneself virtuous airs: 自分のほうがきちんとしてるなと威張ってみたくなる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 134
begin to form a reply, then stop: 何かを言おうとしたが、途中で言葉を失ってしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 481
begin to follow one’s beloved true way: 自分の好きな道を歩き出す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
begin to fold sth into ...: 〜を折って〜をつくりあげていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
begin to fill with unknown people: 見知らぬ人たちが続々と押しかけてくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 369
begin to fill with deepening shades of gray: しだいに色を深めていく灰色の影にすっぽりとおおわれてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
begin to feel that ...: 〜という気になる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
begin to feel soggy: じっとり湿りを持って来る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 156
begin to feel small: 小さくなる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 80
begin to feel a strange kind of sorrow: 変に悲しくなる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
begin to fall into disrepair: だんだん荒廃していく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 387
begin to express more concern for ...: 〜により関心を示す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 444
begin to doubt whether one feel any love for sb: 自分が(人を)愛しているのかどうかあやふやな気がする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 175
begin to discard from one’s possessions, to select: 集めた貝の中からいいものだけを選び、他は捨てることにした
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 107
begin to deteriorate rapidly: すっかり具合が悪くなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 347
begin to ask some questions: いくつか疑問が湧いてくる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 218
begin to appreciate the meaning: 意味がわかりかける
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 155
begin talking in a free and easy way: まず砕けた話をする
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 47
begin sporadic attempts at conversation: ぼつりぼつりお互に口をきくようになる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 122
begin slowly to do: 次第に〜する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 133
begin setting an agenda: なすべきことにとりかかる
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 136
begin running into sb: 時々一緒になることがある
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 10
begin quietly asking questions: 探りを入れてみる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
begin one’s life’s work on ...: 物心ついたときから働き続ける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 402
begin once more ‘You’re my --’: もう一度いいかける。「おまえは拙者の--」
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 151
begin making one’s way across the infinitely wide state of ...: 広大な〜州の横断にかかることになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 139
begin living with sb: (人と)所帯を持つようになる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 93
begin languidly to raise oneself from one’s chair: のっそり立ちあがりかける
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 237
begin feeling sorry for ...: だんだん〜が気の毒になってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
begin doing so well: 仕事が軌道に乗る
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 364
begin deliberately to walk away from sb: (人を)視線の外に置くような方角へ足を向ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 35
begin by telling a bit about ...: 〜について少し語っておく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
begin as a ship’s carpenter: 船大工からのたたきあげだ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 55
begin an excited account of ...: 興奮して〜の逐一を話してきかせる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
before one begin doing: 〜する際には
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 129
be still hesitating for the name of a town beginning with H: ウのつく町の名を思いだそうとあせっている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 127
be just beginning to think one can trust sb: (人)のこと、もうすこしで信じてしまうところだった
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 121
be just beginning to say ...: 〜といいかけたところだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 89
be just beginning to say ...: 〜といいかけたとたん
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 97
be difficult to begin with, keyed-up, hellion-hearted: 気性が激しく、とっつきにくくて荒っぽい
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 58
be begun at once: すぐさまとりかかる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 277
be beginning to weep: そろそろと涙を流しはじめる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 94
be beginning to sound drunk: だいぶ酔いがまわっているようだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 258
be beginning to show one’s age: 弱って来ている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
be beginning to run down: 幾分話に疲れてくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 392
be beginning to relax again: (人の)顔に安堵の色がもどる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
be beginning to feel one can no longer cope: 我慢の限界が近づいてきているという気がする
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 157
be beginning to do: 〜しかけてくる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 302
be beginning to ...: そろそろ〜しはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
be already beginning again: 早くもぶりかえしてはじめている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
be about to begin: 〜はもう目前だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 68
as one begin to step off the ladder: タラップを降りかけたところで
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 24
approaching disgrace begins to darken the closing years of my life: 身近にせまる恥辱のため晩年が暗黒にとざされんとする
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 121
a resignation begins to descend on sb: あとは(人が)手を引くだけということになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
a new day will begin: 新たな一日が幕をあける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
... have officially begun: つつがなく〜の幕は切って落された
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 83
be so abject in one’s apologies that sb begin to feel sorry: 気の毒なほど恐縮する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
begin an excited account of what one witnessed the night before: 昂奮して昨夜の逐一を話してきかせる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
begin actually to have confidence in ...: 〜が十分に信頼できるものであることを思い知る
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
as sb read sb begin to laugh afresh: 読み進むにつれて新たな笑いがこみあげてくる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 64
begin to show signs of age: これから老年に向かう
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 166
a boy of one’s age begin doing: こんなに小さいうちから〜する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 46
begin aggressively: 気負ってはじめる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 272
begin to feel less alarmed: いくらか警戒心が弱まる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 38
it is all too much for sb who begin to do: それを見ただけで(人は)〜をはじめる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 193
almost begin to despair of doing ...: 〜することにはそろそろあきらめかける
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 260
begin angrily: ずけずけいいはじめる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 180
begin angrily: ぷりぷりしながらいう
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 189
begin to eat sth with cheerful appreciation: 〜をうれしそうに味わいながら食べはじめる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 28
get down on all fours and begin crawling around in a zealous attempt to isolate sb’s prey: 四ツン這いになって甲板を這いまわり、なんとかそいつを捕えんものとヤッキになる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 52
begin to have an awful sound: 無気味な音になりかけている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
begin to melt back into the chair: 椅子に溶けこむように、背がじりじりと倒れはじめる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 117
begin our life together, on terms so bad, that ...: 〜ような、理由のわからぬ気まずい生活をする
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 134
before sb begin to do ...: 〜してから、〜しはじめた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
begin to bend down to retrieve sth: (物を)しゃがんでひろおうとする
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 34
the blood when it begin to flow: 血がしたたりはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
begin to blur: あいまいになる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 54
begin to bubble and boil: 泡をはじけさせて煮立ちはじめる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 92
slowly begin to break up: 徐々にお開きになっていく
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 86
begin chewing on it broodingly: 仏頂面で噛み始める
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 182
begin buffeting one’s way toward ...: 人ごみをかき分けて進んでいく
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 28
business begin to suffer: さびれる
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 30
begin an industrious perusal of one’s charts: カルテの束を忙しげにめくりはじめる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 33
begin to chew on the vine: 蔓をかじりはじめる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 218
clearly begin to age: めっきり歳を取り出す
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 50
cannot begin to compete with sth: 〜の足もとにもおよばない
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 436
begin one’s critique of sth: (物に対する)講評をやりはじめる
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 105
can not help one’s lips curling up into a smile as one begin: いまにも口もとがゆるんでくすくす笑い出しそうになるのをこらえて、いった
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 145
a slick of telltale dampness begin to gather: それとわかる冷や汗がにじみはじめる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
begin a lovely dance, snaking one’s way: 身体を優雅にくねらせながら踊る
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 72
begin to decrease dramatically: 急速になくなっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 35
cannot begin to describe the depths of depression to ...: そのユーウツさは比類ないものであろう
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 11
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!