× Q 翻訳訳語辞典
kind   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜なところ
   
be kind of a shy guy: シャイなところのある タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122

いう
   
that kind of thinking: そういう考え方 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
そんな
   
this is not the kind of question sb can always answer: (人に)そんな質問をしたって無理だ。答えられないこともある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 47
the kind of question: そんな質問 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 47
don’t know how to tell that kind of story to a child: 子供にそんな話をする方途がつかぬ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 67
たぐい
   
the same kind of ...: おなじたぐいの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
the kind of sth: 〜のたぐい デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 43
like the kind of woman that ...: 〜(している)たぐいの女のように トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 155
all kinds of hot stuff: みなそのたぐいのかっこいいやつだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
たぐいの(物)
   
the kind of sth: 〜とおなじたぐいの(物) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
ちょっと〜な
   
といったような
   
feel some kind of a goodbye: 別れの気分といったようなものを味わう サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 10
なかなか
   
kind of nice: なかなかいいものだな タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 137
なにかしら
   
a kind of intense and mystical dependence: なにかしら不可解なまでにひたむきな追随性 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 27
なんだか
   
be kind of pruned up: なんだかへしゃっとしている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 582
まるで
   
sb’s manners have been of that silent and sullen and hang-dog kind: (人の)態度ときた日には、全くひと言も口をきかない、全くの仏頂面で、あれじゃまるでふてくされだよ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 250
めいたもの
   
with a kind of ...: 〜めいたものをまじえて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
もの
   
be required to be some kind of “good time girl”: 娼婦的なものをもとめられている 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 49
やさしい
   
be a little kinder: 前よりもいくらかやさしくなっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
ような男
   
be not the kind to hand anyone a rope: 人に秘密を握らせるような男じゃない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 166

タイプ
   
the most difficult kind of case: 一番厄介なタイプ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 306
not the kind of ...: 〜のタイプじゃない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 32

意味
   
have a certain kind of good looks: ある意味では男前だ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 61
一種
   
there is a kind of free-for-all within ...: 〜内部で一種の意見の対立がある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 111
何かしら
   
a kind of sheer ferocity: 何かしら残虐な様相 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 140
何らか
   
produce results of a kind: 何らかの結論が得られる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 6
気のいい
   
kind caring person: 気のいい、思いやりのある人 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 430
懸念の
   
be kind enough to ask after sb: (人の)病気について色々掛念の問を繰り返す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
好み
   
not quite sb’s kind of joke: (人の)好みの冗談とはちがう アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 75
   
those kinds of sth: この手の(物) トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 70
that kind of sth: この手の(物) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 145
that kind of item: まあその手のやつだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 41
親切
   
take a kind interest in sb: (人に)興味を持って、あれこれと親切にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 330
almost kind: ほとんど親切と言ってもいいほどの 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 58
親切そうな
   
stranger with a kind face: いかにも親切そうな顔をした縁もゆかりもない男 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 572
親切で
   
be a kind and good man: (人は)親切でまっとうな男だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
親切な
   
there is not a kinder soul: あんな親切な人間はいない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 360
親切に
   
you are most kind: それはまた親切に トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 129
人のいい
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 430
性格
   
be not worrying kind: 苦労性の性格ではない ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 102
大切に
   
be extremely kind to sb: それはそれは(人を)大切にしてくれる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 373
暖かい
   
kind word: 暖かい言葉 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 51
仲間
   
like most of his kind: 彼のお仲間同様 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 25
   
military kind: 軍隊風 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 110
don’t have that kind of supposing left in one: (人には)そんな風に思える力が残っていない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 71
carry a fat black briefcase of the official kind: ずっしり詰まった公用風のブリーフケースをさげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
   
that kind of school: そういう類の学校 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 202
that kind of place: そういう類の土地柄 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 202

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you are kind: いい人ね
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 40
the real kind: 半端じゃないな
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 480
the kind of: そういうことをやりそうな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 87
the kind ...: そんなたぐいの
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 290
that kind of thing: などなど
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 335
that kind of talk: こんな噂
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 253
some kind of achievement: 偉業
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 107
same kinds of sth: 同種の〜
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 117
respond in kind: 調子を合わせる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 29
reply in kind: お返しに、〜といってやる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
one’s kind of ...: 〜流の〜
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 186
nothing of the kind: よせよ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 96
kind of thing: この類い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 89
kind of racy: 何とはなしに淫靡だ
ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 35
kind of harsh: 厳格きわまりないものである
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
kind of decide ...: 〜と思う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
kind of beatup: かなりのポンコツ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 179
kind of ...: 何だか〜
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 138
kind of: みたいな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 11
kind of: 少々
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 90
kind intentions: 善意
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 295
flowers of all kinds: 色々な花
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 168
both kinds: 両方とも
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 216
be more the kind of ...: 〜に近い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
be kind of sour: 最低だ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 202
be a kind of thick: デキてる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 246
a new kind of ...: 別の〜
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 259
a kind of ...: いわば〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
a kind of ...: どこか〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 273
a kind of: なかなか
You’ve been very kind: 大変お手数をかけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 56
You’ve been awfully kind to my children: いつも子供がお世話になります
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 11
would like to be talking to one’s kind of cop: 話のわかる警官に相手をしてもらいたい
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 240
with the proper kind of pressure: しかるべき圧力をかければ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 416
with a kind of nostalgia: 昔を懐かしむ雰囲気で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 379
when you do the kind of work I do, ...: ぼくのような仕事をやっていますとね、
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 217
what kind of talk is that?: 何か間違っていやあしませんか
what kind of sense does that make, if ...: もし〜だったら、理屈にあわないんじゃないかね?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
what kind of name is that?: なんて名前なんだ、これは
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 211
what kind of man is he?: 何をやっている男です、そいつは
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 237
was a different kind of human being: (人が)こんなじゃなかった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 165
try to play one’s part properly and never fail to give some kind of opinion: その度ごとにとにかく一人前の口をきく
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 182
through every kind of ...: さまざまな〜があった
this kind of scummy business: この手のさもしい商売
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 20
this kind of jealousy: こういう嫉妬
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 222
this kind of ...: こういう〜
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 123
there is no time for any kind of reaction: そんな反応を起こすいとまさえ与えない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 287
there is no improvement of any kind: 事態は一向に好転しない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 78
there is a kind of aloofness to sb: (人に)どことなく人を避けているようなところがある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 308
there be all kinds of leftover stuff: いろんなものがごちゃごちゃ残ってる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 176
there are all kinds of ways to do: 千差万別の〜のし方がある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
there are all kind of ...: 〜にもいろいろな種類がある
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 510
there’s more than one kind of ...: 〜といってもいろいろある
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 322
the worst kind of pariah: 最悪ののけもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 399
the same kind of place as the one where ...: 〜しているような(場所)で
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 27
the same kind of ...: 似たような〜
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 184
the right kind of ...: しかるべき〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 129
the most blatant kind of break-in: 世界でいちばんあからさまな押込みの現場
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
the kind that ring in antique shops when ...: 骨董屋で〜のときにちりりんと鳴る、あの手のベル
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
the kind of worldly goods: 俗っぽい品物
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 339
the kind of sth sb is talking about: (人の)注文どおりの(物)
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 406
the kind of musty smell: 蒸れたような酸っぱさ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 166
the kind of luck one have: とかく運には恵まれない(人の)ことだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 80
the kind of hands more at home with a hammer than a pencil: ペンを握る人のものではなく、からだを使って稼ぐ男の指
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 95
the kind of devoted big brother: 理想の兄の姿
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 219
the kind of ...: 〜にも似た
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 62
the kind of ...: 〜の類いの〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
that kind of stuff: こういった調子で
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 23
that kind of sth: こういう〜
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 132
that kind of speaks for itself: まったくそのとおりさ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
that kind of money: それほどの金
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 21
that kind of ...: ああいう〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
thanks very much. very kind of you: こりゃ挨拶だね
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 289
talk all kinds of jive about ...: 〜がどうのこうのとわめきたてる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
take on the consistency of a kind of muck: 有機物が堆積したようなどろっとした感じがつづく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
sth kind of guy: 〜の登場人物
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
stand for one’s kind of love: 〜好みの愛のしるし
spend a bit over a decade in this kind of shiftless fog: 十年ちょっとの間、こんな具合にぐだぐだと意気地なく暮らす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
some nobody, some man, some person of a most dubious kind: どこの馬の骨かも知れない男
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 121
some kind of sth: 〜を思わせるもの
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 111
some kind of sick joke: たちの悪い冗談
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
some kind of Mafia in-family squabble: マフィアの些細な内輪もめ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 378
some kind of jagged, icy gap: 何かしらぎくしゃくとして冷ややかな空気
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 148
some kind of adjustment: なんらかの規制措置
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
some kind of ...: 〜かなにか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 319
some kind of ...: 〜かなんか
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
some kind of ...: 何らかの・・・
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
shy and kind of cute: シャイで、どことなくかわいい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 264
shouldn’t work these kind of hours: こんな時間に働くのはおかしいんだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 194
seem to float in a kind of ethereal mist: 立ちのぼるかげろうのなかに浮き上がって見える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
seem the kind of person one could talk to: なかなか話せそうな人だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 215
sb isn’t not one’s kind of ...: (人の)ような〜は好きになれない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 13
ride around in all kinds of weather: 雨が降っても風が吹いてもあっちこっち飛び回る
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 496
repeat one’s feelings to a table of one’s kind: 仲間にそのことをくりかえす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 329
relatives of some kind: 親類筋にあたる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 29
regard foreigners of all kinds with apprehension: 外国人と聞くと警戒する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 229
put up a kind of tarp-surrounded enclosure: 防水シートで囲いのようなものをつくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 45
put all kinds of stuff on tapes: わが身に起こったこと洗いざらいをテープに吹きこむ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 380
provide a lot of opportunity for casual conversation of a knowledgeable kind: 軽く蘊蓄を傾けるにはちょうどいい時間だ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 512
prove what kind of ... sb really are: 一人前の〜かどうか証明してみせる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 75
pretty extensive injuries for a fall of that kind: その手の転落事故にしてはずいぶん派手な怪我だな
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 112
praying for a kind smile of recognition: お帰りなさいませという笑顔を期待して祈るような気持で
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 23
owe sb some kind of explanation: (人に)取り繕って置かなければ済まない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 200
one of one’s kind: (人の)同類
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 52
old cliched kinds of ...: いわゆるお仕着せの〜
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 82
of so serious a kind: 一方ならず真剣で
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 127
of just this kind: ちょうどこういうふうに
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 122
must be kind to sb: あんまりすげなくするわけにもいかない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25
make no movement of any kind: ぴくりとも動かない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 43
make a kind of sign to sb: 何やら(人に)合図を送る
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 251
make a kind of pilgrimage: 巡礼のまねごとをする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 230
love all kinds of sth: そういう〜が好きなのだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
look right at home in this kind of office: この手のオフィスとは最高に相性が良さそうだ
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 104
look kind of fun: おもしろそう
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 49
lead to kinds of trouble: トラブルの渦に巻きこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
lack any kind of warmth: 暖かみのいささかもない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 161
kind of Scotch with the roll: カネのことになるとたいそうな締まり屋
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 82
kind of go into a funk: まるで崖から突き落とされたみたい
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 153
just the kind of ... one like: (人に)とってはおあつらえむき
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 330
just the kind of ...: これこそまさに〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
just kind of snap: 突然ぷっつん切れる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 391
just kind of crampy: ちょっとごろごろするだけ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
just kind of chalk sth up to experience: もう過ぎたこととする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
just have that kind of a stomach: そういう胃袋の持ち主
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
it was extremely kind of you to do: 〜していただいて恐縮です
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 376
it takes all kinds: いろんなやつがいるもんだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 188
it isn’t kind to tell sb so: 面と向かってそう呼ぶのは気の毒だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 166
it is kind of embarrassing: なんだか面映ゆい気もする
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 345
it’s the kind of ...: いってみれば〜のようなもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
it’s always kind of a sad surprise to sb: (人は)〜に気づいてせつないおどろきをおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
in any kind of storm: 嵐が来ると、強さの程度に関係なく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 92
in a kind of indignant despair: 腹立ちまぎれみたいに
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 131
impose a kind of hypnosis on sb: (人に)催眠術のようなものをかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
I wish I had that kind of time on my hands: 暇なんだな
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 17
I just wanted to thank you again for always being so kind: 本当にいつもどうもありがとうございます
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 26
have this kind of trouble with ...: 〜のことでこういうトラブルに見舞われる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
have this kind of money: これだけの金がある
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 98
have served as a kind of fertilizer: 肥料をやった覚えもある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 199
have no ties of any kind with the other people: 人の(人の)家族でない事が解る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
have kind of been ~ing: かねてから〜している
have done every kind of part-time job: アルバイトというアルバイトはみんな経験した
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 127
have a kind of truth behind the eyes: 目が正直に物語る
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 168
go to some kind of retreat: 人目につかない場所に行く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 241
go deep into the muck with a kind of a thunk: 地中深く、ぐさっと突き刺さる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 105
give sb a kind of perky look: ちょっと生意気な感じがする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 170
give ... a kind of curious wild quality: 〜に奇妙な、荒々しい味を加える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 111
get some kind of dispensation about: 〜に関してなんらかの適用免除をしてくれるよう頼む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 322
for any kind of sustained conversation: 会話をつづけている間は
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
feel no elation of any kind: 嬉しくも何ともない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 93
drum up some kind of a practice: いくらかでも自力で刑事事件を獲得する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 227
don’t be under no kind of apprehension: 心配するこたあねえ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 239
discuss matters of a wholly uninteresting kind with sb: (人と)糞面白くもない話をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 423
come to some kind of terms with ...: 〜と話をつける
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 310
cause distress of various kinds to one’s friends: あちこちの知人に迷惑をかける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 74
can’t have this kind of commotion: こんな馬鹿騒ぎはお断りです
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 158
begin to feel a strange kind of sorrow: 変に悲しくなる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
be very, very kind to sb: (人に)ずいぶん甘い顔をする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 249
be total strangers to the kind of the world sb knows or has experienced: 〜に深いつきあいをした経験がない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 48
be the kindest man sb has ever known: 世にも珍しい、親切の権化のような男だ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 369
be the kind of work that makes sb happy: 〜の仕事をしているときがいちばん楽しい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
be the kind of guy who do: 〜する手合いだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
be the kind of a world we live in: 浮き世のさだめというもんだ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 141
be such kind honest people: 人が良すぎる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 97
be some kind of family obligation: 親戚の義務としての〜だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
be pressed to answer all kinds of questions about ...: 〜のことでいろいろと問いつめられる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 78
be not the kind of thing one do: 〜する筋合いのものではない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 196
be not sb’s kind: 〜と(人)では、しょせん住む世界がちがう
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 149
be kind to sb: (人)に味方する
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 16
be kind of taken with sb: わりと(人に)好意的だ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 217
be kind of shock: 縮みあがったような状態にある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 453
be kind of grateful to have something serious and substantial in one’s life: 地道にこつこつ稼げる仕事ができたのは、とりあえずありがたい
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 37
be kind of fucked up emotionally: 精神的に駄目にされてしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
be kind of a free spirit: 自由な精神の持主
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 97
be kind enough to read sth: (物に)快く目を通す
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 354
be kind enough to do: 〜してくれる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 238
be kind enough to ...: 折角〜してくれる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 161
be just not the kind to live in ...: (〜の)水に合わない
谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 204
be in some kind of booby-trapped spook house: なんだかわけのわからないからくり屋敷に足を踏み入れてしまった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 364
be impressed by this kind of professionalism: いかにも専門家らしいその小道具に感心する
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 91
be having that kind of trouble with sb’s career: いま話している問題を土俵生涯を通じてもちつづける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
be given kind and courteous treatment: 個人的にねんごろにもてなしてくれる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 70
be even kind enough to say that ...: 〜だ位の事をいう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 55
be a kind of warning: 符牒があう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 79
be a kind of a hard thing to talk about: 〜を口にするのは辛い
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
be a kind of ...: 〜という意味だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 82
be a good kind girl: なかなか感心な子だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 95
assuming it wouldn’t sound all that affected in this kind of company: この相手なら気障にならないはずなので
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 92
appear kinder softer, less formidable: もっと穏やかで気さくな感じ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 69
always seem to be on the itinerary in this kind of thing: この手のストーリーには、かならず出てくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 336
all that kind of stuff: そういうもの全部
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 97
all kinds of vegetables: 色とりどりの野菜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 246
all kinds and varieties of men come out of ...: 出てくるときは千差万別の人間になっている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 31
all kind of torches, large and small: 大小さまざまの松明
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 195
all kind of ...: ありとあらゆる〜
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 242
add with a kind of sob: 半べそになってつけくわえる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 73
action of any kind becomes impossible for sb: 動けなくなる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
act out a kind of formalized, largely permitted brand of ‘criminality’: いわばお墨つきで、おおっぴらに「犯罪行為」を実行する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 410
a Year Book kind of: 年鑑むきの
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 45
a very uncommon kind of torch: 不思議な松明
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 76
a sheet of paper with all kinds of lines indicating major and minor roads, lanes and such: 大きな道路や小さな道路や小道やら何やらかやらが書き込まれた紙
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 20
a kind of very fat turnip-shaped body: 異様に太ったかぶらみたいな体型
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 317
a kind of superphenom: 超事件というべき存在
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 37
a kind of study trip: 見学ですね
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 30
a kind of sth: 言うなれば〜のようなもの
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 73
a kind of squeak: ぎゃっという感じの悲鳴
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 287
a kind of sadness: かなしみに似た
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 77
a kind of frenzy descend on sb: 熱にうかされたような気分につつまれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
a kind of dream-haunted drug-daze: 薬のせいで夢とうつつの境目をさまよう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 269
a kind of craack: ばりっとひび割れるみたいな音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 226
a kind of closed practice: いってみれば部外秘のトレーニング
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 30
a kind of carnival atmosphere imbues ...: 〜に一種お祭のような気分が染みわたっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
a kind of ...: 〜といわんばかりの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
a kind of ...: いってみれば〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
a kind of ...: いわば〜の
a certain kind of admirable simplicity: 一種質朴な点
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 150
... has been kind to sb: (人は)〜に借りがある
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 183
... and their kind: 〜といった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
be just about the handsomest, most different kind of boy that sb have met: (人に)とってすごくあかぬけていて、地元の他の男の子たちとはまったく違った種類の人間に見える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
head up to some kind of admission: なにかを告白しようとする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 93
treat sb with the kind of backhanded affection: 情はあるものの邪慳な態度で(人を)扱う
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 76
a kind of go along with it: ええ、とか、ああ、とか相槌を打つ
a kind of aloof, impersonal efficiency: 恬然として公正な決断の早さ
I always get those vomity kind of cabs if I go anywhere late at night: 夜おそくどっかへ行こうとすると、僕は、きまったように、こんなへどの臭いのする車にぶつかるんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 127
there has always been that certain kind of guilt about doing ...: (〜するとき)決まってあの妙なうしろめたさがつきまとう
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
kind-looking always smiling: 人のよさそうな、実にいい顔をして笑う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 121
As for DiMaggio himself, she thought him kind and almost unbearably shy: ディマジオについては、優しいけれど、こちらがいたたまれなくなるほど内気な人だ、と感じた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 95
greed had annealed with some kind of benighted manliness: 一種の蛮勇によって鍛え抜かれた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 278
it might be possible to make an arrangement of some kind: なんとかなるかもしれない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 203
don’t entail artifice of any kind: 別に作為でもなんでもなく
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 31
what kind of an ass are you?: なんてドジなの
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 120
with that kind of attitude: そんなことを言っていると
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 157
avoid saying just what kind of ...: 如何なる種類の〜か、説明を避ける
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 148
Normally Stengel encouraged banter of this kind: 普通ならこのような冗談を歓迎するステンゲルだが、
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 135
This subtle kind of bashfulness gave a special character to their marriage: この種の羞恥こそかれら夫婦の特質をなすものだった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 323
become a kind of obsession with sb: (人の)頭にこびりついて離れなくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
be a kind of professional benevolence: 一種の職業上の深なさけだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 144
play the best kind of sax: 抜群のサックスを吹く
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 91
a kind of sports-bar bimbo: スポーツ・バーの常連
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
the bitterest kind of a heartache: どうにもならないせつない思い
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 394
till it kind of blows over: ほとぼりがさめるまで
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 240
be a kind of Boche: ドイツ人らしい嫌味はある
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 344
certainly esteem oneself a steady, reasonable kind of body: 自分でも相当しっかりした理屈のわかる人間と思っている
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 69
be bothered by business of any kind connected with sth: 〜のことなんかとうてい構っちゃいられない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 93
fear that sb is some kind of bounder: (人を)信用していない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 85
most brazen kind of ...: 大胆きわまる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 404
have a brisk kind of way with one: ものごしがてきぱきとしている
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 82
a kind of cairn to memory: 思い出のよすが
a strange kind of calm have descended over sb: 奇妙な静寂が(人を)を包んでいる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 54
can’t have this kind of fumbling: こういうドジはもうたくさんだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
in a kind of careful way: 深い思い遣りから
the kind of catastrophe that only occurs once in hundred of years: 何世紀に一度あるかないかという大異変
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 226
cause all kind of commotion: 大騒動をひきおこす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
kind of cemented things: ドリルでも使わなきゃならないほどカチカチ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 95
the worst kind of rabble-rousing, evangelical charlatan: あれは最悪の愚衆扇動家、福音主義の山師
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 535
the kind of cheating: いんちき〜
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 228
have a cheerful face and kind eyes: 陽気な顔と親切そうな目をしている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 215
with a kind of childlike awe: あどけない崇拝者の目で
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 40
speak clear and kind: はきはきと、そしてやさしく話す
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 18
clearly a kind man: どう見ても親切な人
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
in a comforting kind of way: これぞまさしく〜である
commit some major kind of indiscretion: 目にあまる不謹慎な言動に走る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 35
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!