× Q  ?  翻訳訳語辞典
sadness

主要訳語: 哀愁(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
かなしみ
   
be touched with sadness: かなしみがふくまれる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 92

哀愁
   
warm sadness: ぬくもりのある哀愁 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 128
be shadowed with a sadness: 哀愁の影が宿る 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 52
an odd sadness in sb’s expression: その表情には奇妙な哀愁がただよっている マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 294
哀切さ
   
blend of sadness and indolence: 哀切さと倦さとの入りまじった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 203
暗然たるもの
   
feel a unbearable sadness: 何かやりきれない、暗然たるものを感じる 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 68
情けない
   
sadness and resignation writ large upon one’s face: 情けないような、匙をなげたような色が顔にありありと浮かぶ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
悲しみ
   
give sb a level look of real sadness: 心からの悲しみを見せて(人を)みつめている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 332
悲しみの念
   
make sb feel a new sadness for ...: 〜に対する(人の)悲しみの念を新たにかきたてる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
憂い
   
sadness and superstition: 憂いとおびえ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 102

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

real sadness: 大惨事 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 26
sadness and loneliness of one’s life: 辛い悲しい気持ち 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 13
sth help blunt the sadness: (物事に)紛れて悲しい気持が薄れる 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 156
feel a faint sadness pirce one’s chest: 薄らさびしさが胸にしみる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 35
hang on to such torments as sadness and loneliness: 悲しいとか寂しいとかいって悩んでいる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 115
feel a helpless sadness: 情ない悲しい気持になる 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 98
a kind of sadness: かなしみに似た 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 77
make up for all the sadness: 悲しい気持ちが慰められる 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 13
nudge up against sadness: 悲しみを呼び覚ます オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 234
a cool, profound sadness: 体の奥底からにじんでくるような冷たい哀愁 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 167
a cold shaft of sadness: 冷たいもの悲しい気分 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 116
there is a touch of sadness in one’s voice: その口調はちょっぴり悲しげだ ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 62
ツイート