× Q 翻訳訳語辞典
dubious   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あやぶまれる
   
dubious retirement: あやぶまれた引退生活 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 7
いかがわしさ
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 192
いぶかしげな
   
a dubious silence: いぶかしげな沈黙 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 149
ずるくてけがらわしい
   
appear extremely dubious: 非常にずるくてけがらわしい 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 83
なんと言っていいかわからない
   
look dubious: なんと言っていいかわからないようすだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 360

怪訝な
   
seem dubious: 怪訝な顔つきをする ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 449
疑問の余地のある
   
no matter how dubious and ill-conceived it is: たとえ賢明さに欠け、疑問の余地のあるものであろうと ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 44
真意をはかりかねる
   
Gray was dubious: グレイは真意をはかりかねた ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 50
得体の知れない
   
dubious spill: 床にこぼれた得体の知れない液体 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
熱意がない
   
had been dubious from the beginning: もとから熱意がなかった 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 145
迷っているような
   
look dubious: 迷っているような顔になる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 122

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

look dubious: まだ信用できないようだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 286
be dubious still: いぜんとして腑におちかねているふうだ
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 101
a dubious honor: 有名無実
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 291
some nobody, some man, some person of a most dubious kind: どこの馬の骨かも知れない男
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 121
shake one’s head in a dubious moral way: ちょっともったいらしく、にわかに父親らしく頭を振る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 297
say, frankly dubious: ぬけぬけと言う
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 498
"It's one way to advertise," Eleanor offered, but she seemed dubious: 「それも一つの宣伝ですのね」エレナーは口ではいい、しかし怪訝(けげん)な顔つきをした
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 449
ツイート