× Q 翻訳訳語辞典
quite   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あまり
   
quite unsuitable: あまり感心しない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 210
あんまり
   
fear it would not be quite civil: あんまり不作法みたいで気がひける ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 166
いっこうに
   
quite happy: いっこうにかまわない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 121
いとも
   
quite elegantly: いともみごとに ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 47
いまにも
   
it quite seems to take one’s breath away: いまにも息がとまりそうだ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 36
うまく
   
can’t describe quite what ...: 〜がなんであるのかうまく説明できない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
うんと
   
quite sarcastic: うんと皮肉な サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 36
えらい
   
take quite a liking to sb: (人が)えらいお気に入り 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 209
えらく
   
take quite a liking to ...: 〜のことがえらく気に入ってる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
かなり
   
be quite familiar with sb: (人とは)かなり親密な間柄だ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 37
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 195
かなりの
   
quite a spectacular: かなりの見もの プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 86
be quite good-looking: かなりの美丈夫だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 51
かなり手きびしく
   
be quite critical of sb: (人の)ことをかなり手きびしく批判する 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 51
がらりと
   
the situation is quite different: 状況ががらりと変わる ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 62
in quite a difference tone: がらりと変わった口調で レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 90
きれいさっぱり
   
quite take off sb’s thoughts from ...: 〜のことなんか、きれいさっぱりどこかへふっとんでしまう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 53
きわめて
   
quite exceptional: きわめて非凡な マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 32
quite dispassionately: きわめて冷静に レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 386
laugh quite merrily: きわめて陽気な笑い声をたてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 66
くらい
   
for quite five seconds: 五秒間くらい アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 372
けっこう
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
この上なく
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 301
ごく
   
quite by accident: ごく偶然のように ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 249
have still been quite young: まだ、ごく若いころである アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 144
be quite a nice ordinary woman: ごくありふれた人のよい婦人だ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 158
all seem quite natural: ごく当り前のことに思われる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 12
ごくごく
   
in quite a straightforward way: ごくごく率直に レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 401
さっぱり
   
don’t quite understand what sb is getting at: (人は)さっぱりわけのわからんことをいう ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 241
can’t quite succeed: さっぱりうまく運ばない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 87
can’t quite make out what’s wrong with it: どこが間違っているのかさっぱりわからない ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 49
しかと
   
make quite certain: この目でしかとたしかめる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 44
しかとは
   
have not been quite sure what to expect at ...: 〜で待ち受けているものが、しかとはわかっていない ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 78
じつに驚くべき
   
quite a trick: じつに驚くべき特技 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 50
すぐ
   
the explanation is quite simple: それはすぐ説明のつくことだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 121
すこぶる
   
be quite a thing apart from normal table manners: すこぶる礼法にはずれている 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 5
すごく
   
quite relaxed: すごく落ち着いて 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 160
すっかり
   
quite satisfied: すっかり安心して ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 25
grow quite dark: すっかり暗くなる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 86
be quite delighted: すっかり気をよくした 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 78
be getting to be quite the New Yorker: すっかりニューヨークにくわしくなった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 380
すばらしい
   
get oneself quite a place: すばらしい場所を見つける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 167
そのもの
   
be speaking quite seriously: 口調もまじめそのものだ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 157
それこそ
   
will be quite a battle cry: それこそ凱歌があがるだろう マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 248
たいした
   
one was becoming quite a fellow: 自分もたいした男になったものだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
make quite a sight: たいした見ものだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
have quite a life: たいした生活の持ち主なのだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
be quite a theory: たいした理論である トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
ただ
   
look quite stupidly at sb: (人の)顔をただポカンと、馬鹿みたいに眺める ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 268
だいぶ
   
put ... quite differently, in fact: だいぶちがう説明をもちだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 282
be in quite wrong with ...: 〜からだいぶ睨まれている ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 138
だた
   
answer that ... quite simply: 単簡にだた〜という 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
ちっとも
   
be quite unimportant to sb: (人が)ちっとも〜に頓着しない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 133
ちょっと
   
quite a way from ...: 〜からはちょっと遠い メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 100
ちょっとした
   
quite a row: ちょっとした騒ぎ カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 98
quite a building: ちょっとしたビルだ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 235
つい
   
quite forgetful of ...: 〜をつい忘れがちに 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 194
とっくの
   
for quite some time now: とっくの昔から 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 36
とんだ
   
quite a scene one play: とんだひと幕 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 326
どうしても
   
be quite incapable of doing ...: どうしても〜することが出来なくなる 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 7
どうにも
   
be quite ridiculous: どうにも馬鹿馬鹿しい 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 73
どうも
   
do not look quite right: どうもしっくりしない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
なかなか
   
It's quite tiring talking to mice: 鼠と話するのもなかなかつかれるぞ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 241
have the makings of a quite remarkable agent: なかなか得がたいエージェントの素質を持っている イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 209
for quite a while: なかなか 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
be quite a role: なかなかいい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
be quite a powerful speaker: なかなか口達者だ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 14
be quite a mystery man: なかなか謎の人物だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
なかなかの
   
quite an armful: なかなかのグラマー ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 63
quite a sight: なかなかの光景 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 26
quite a boy: なかなかの青年 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 241
なるほど
   
you are quite right: なるほどいわれるとおりです マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 192
なんとも言えなく
   
be quite delightful: なんとも言えなくありがたい ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 131
はっきり
   
quite remember: はっきり思い出す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
はっきりとは
   
can not quite recollect ...: はっきりとは思い出せない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
ひしひしと
   
one’s guilt is still quite real: いぜん罪悪感はひしひしと身に迫る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 228
ひとしきり
   
lie quite still: ひとしきりじっとしている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 138
ぴったり
   
the door is not quite closed all the way: ドアがぴったり閉じていない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 313
へべれけに
   
be quite drunk: へべれけに酔っている マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 20
ほとほと
   
have become quite weary of apartment-hunting: そんな部屋さがしにほとほと疲れた 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 149
ほとんど
   
be quite incapable of comprehending the fact that ...: 〜がほとんど理解できない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 20
ほぼ
   
feel quite oneself though a bit weary: まだちょっと疲労が残ってはいるものの、ほぼふだんの気力を恢復している アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 111
ほんとうに
   
one be quite incorrigible: ほんとうにあなたにあっては敵わない ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 117
look quite insane: ほんとうに狂ってしまったように見える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
I am quite pleased with the promptness with which you attended to our needs: われわれがお願いしたことを早速片づけて下さってほんとうにありがとうございました ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 108
ほんとに
   
be quite odd: ほんとに変だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
be quite liable to die: ほんとにいつ死ぬかわからない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 43
まったく
   
be quite obvious: まったく白々しいばかりだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 80
まるで
   
quite undeflected: まるで矛先をそらされることなく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
むしろ
   
seems quite relaxed as one stands there: (人の)態度がむしろ落付いている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
もう
   
it’s quite late in autumn: もうすっかり秋だ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 74
もちろん
   
quite serious: もちろん本気だ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 174
もっと
   
have a quite different parentage: 自分の親はもっとちがう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 497
be quite visible: もっとわかりやすい フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 56
もっぱら
   
quite unconsciously: もっぱら無自覚のうちに 鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 90
ゆうに
   
be quite six feet tall: 身長はゆうに六フィート ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 14
よく
   
still do not quite know why: なぜなのか、いまだによくわからない ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
sleep quite soundly: よく寝ている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 123
seem not quite to see me: 私がよくわからないみたいだった カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 23
resemble quite astonishingly: びっくりするほどよく似ている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
can’t quite remember if ...: ちゃんと〜したかどうかもよくおぼえていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
よくよく大した
   
be quite a girl: よくよく大した女だ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 225
よほど
   
Such a gullible cretin would be quite open to any suggestion: もしいたとしたら、よほど暗示にかかりやすいお人好しにちがいない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 10
よほどの
   
there is quite a contrast between ... and ...: 〜と〜とはよほどの懸隔がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 151

ナンバーワン
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81

  一向
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 14
何だか
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 93
完全な
   
not quite right, somehow?: 完全な答にはなっていないと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
完全に
   
sb’s behavior never seems quite right to one: (他人の)行動ってやつは(人)には完全に理解できないんじゃないかな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
look quite different: 完全に別物だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 156
haven’t quite imbibed ... spirit: 〜の精神を完全にのみこむまでには至っていない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 63
can not quite fathom: 完全には見抜けない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
be quite dead: 完全に息が絶えている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 215
be not quite evaporated: 完全になくなったわけではない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 459
顔負けの
   
be quite a sth: 〜顔負けの中身だ ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 98
   
quite near the sea: 海へ極近い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
   
be quite bare: 空坊主になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20
結構
   
I'm quite used to that kind of stuff from work: 私は仕事上そういうのには結構なれてるし、 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 72
have taken quite a lunch of rust of one’s fingers: 指に積った鉄錆を、結構一食分くらいはペロリとなめてしまう ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 132
catch quite a lot: 結構そこそこの獲物を仕とめる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 179
厳密に
   
実に
   
quite remarkable: 実にうまい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
quite plausible: 実に当を得ている 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 37
充分
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
充分ある
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 137
十分
   
be quite self-possessed: 十分落着いて 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 87
重々
   
be quite aware that ...: (〜は)重々承知のことである 安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 70
少しも
   
quite unremarkable: 少しも人目を引くところのない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 19
少なからず
   
She became quite angry and pouted: 彼女は少なからずお冠になって、つんとしていた 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 124
心から
   
随分
   
used to be quite frightening: もとは随分酷かった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 135
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 32
全部
   
ain’t quite done yet: まだ全部終わったわけじゃない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
相当難儀な
   
be quite a crossing: 相当難儀な渡りになる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 344
多少は
   
perhaps not quite disinterestedly: もっとも多少は自分のほうの魂胆もないわけではない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 141
大した
   
be quite a gal: 大したはねっかえり娘だ ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 62
大分
   
become quite familiar with sb: (人と)大分懇意になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
如何にも
   
quite extraordinary: 如何にも珍しい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 10
別に
   
think it quite acceptable to do ...: 〜するのは別に悪いことでもないくらいにしか考えていない ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 29
満ちる
   
be quite convinced that ...: 〜という気が充ち満ちている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 134
妙に
   
seem quite fond of each other: 二人は妙に仲が好い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 151
明らかに
   
quite illegally: 明らかに不正行為だけれど プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
露ほども
   
be quite unrepentant: 露ほども悔いていない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 215
Tweet