Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
assault
▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
危害
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 145
急襲する
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 364
攻撃
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 281
襲撃
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
切り返す
   
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 49
痛めつける
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 449
突撃
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 206
砲撃
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 56
冒涜
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 297

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

assault on sb’s emotions: 泣き落し 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『たった一人の反乱』(Singular Rebellion ) p. 391
a nonfatal assault: 傷害事件 エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 205
imagined one’s own stench assaulting one: 自分の嫌な匂いを嗅いだようなきがした 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 205
continue one’s assault alternating abuse with painstaking explication: なおもなじり、かきくどく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 124
charge of third-degree assault: 第三級暴行罪 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
can be quite an assault on the nerves: まちがいなく神経を傷つける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
be assaulted by the uneasy feeling that ...: 〜という不安に駆られる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203
ツイート