× Q 翻訳訳語辞典
vulgar
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ありきたりの
   
think it is a vulgar accident: あれがありきたりの間違いだったと考えている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 163
くだらない
   
sb’s vulgar rhetoric: くだらない演説 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 83
くだらぬ
   
the moment is lost in vulgar details: 最後の時間がこうしたくだらぬ些細なことによって使いはたされてしまうのだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 110
げびてる
   
strike you as being more vulgar than sb: 〜よりももっとげびてる感じだ 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 4
だらしのない
   
somewhat vulgar attempt at a salute: いささかだらしのない敬礼 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
はしたない
   
vulgar woman: はしたない女 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 179
say really quite vulgar things: はしたないことをいう 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 223

下品な
   
the vulgarest limericks ever recited within these chaste walls: この浄らかな壁の内側で口にされた中で一番下品なリメリック セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 20
a vulgar face: 下品な顔 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 44
下賤な
   
think sb a backward, vulgar lot: (人を)頭が悪くて下賤な連中とみなしている カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 58
失礼な
   
a very vulgar suggestion: ずいぶんと失礼な忠告 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 23
粗野な
   
be an honest, pleasant, easygoing and vulgar person: 真正直で好人物でそしてかなり粗野だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 73
   
the vulgar world: 俗世間 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 9
俗っぽい
   
with a vulgar drop scene staring one in the face: すぐ目の前を俗っぽい垂れ幕が遮っている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 79
be incredibly vulgar: へんに俗っぽい 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 150
野卑な
   
The music seemed to me exceedingly vulgar: 音楽は、私には、いかにも野卑に思われた 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 35
野暮
   
be so seldom vulgar: 野暮ということを知らないひと ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 22
猥雑な
   
become a terribly vulgar external stimulus: ひどく猥雑な外的刺激となる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 104

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

vulgar curiosity: 邪気
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 167
the vulgar way one speaks annoys sb: ものの言い方が無性に腹立たしい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 465
marvel at sb’s vulgar obsession: (人の)思考回路の単純さにほとほとあきれてしまう
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 88
giving away one’s life to the ignorant, the common, and the vulgar: 無智俗悪な人間どもに自分の命を投げだす
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 39
be of the most common and vulgar: ごくありふれた俗っぽいもの
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 64
be motivated no trace of pure, even vulgar curiosity: 気持ちに好奇心や物見高さがない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 144
a mere vulgar intrigue: つまらない情事
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 89
How myriad were the manifestations of the vulgar: この世には実に千差万別の卑俗があった
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 169
ツイート