× Q 翻訳訳語辞典
speak   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜が口をついて出る
   
speak words of thanks to sb: (人)への感謝が口をついて出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
〜を口にだす
   
speak the word ‘...’: ・・、という言葉を口にだす 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 181

あたる
   
I should speak to sb: (人に)あたってみよう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
あやつる
   
speak in severely broken Japanese: 片言の日本語をあやつる 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 35
いいきかせる
   
speak to sb carefully and deliberately: 慎重に、噛んでふくめるようにいいきかせる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 140
いう
   
speak to sb quite firmly: きびしくいう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 261
speak the truth about one’s feelings: 自分の気持ちを正直にいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 481
speak tersely: ただひとこという ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
speak fast: 口早にいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 125
speak around mouth: 口をあまりあけずにいう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
おっしゃる
   
speak nicely: はきはきおっしゃい ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 34
speak at random and without wit: 口から出まかせの由なしごとをおつしやつてばかり ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 67
こたえる
   
speak insipidly: そっけなくこたえる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 18
ささやきかける
   
speak in that syrupy mid-South drawl: 母音をひきのばすあの甘ったるい南部なまりでこうささやきかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
ささやく
   
speak among themselves: ささやき交わす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 13
しゃべりだす
   
even before sb speak: (人が)しゃべりださぬうちから クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 531
しゃべる
   
speak with the frustration of a man doing: 〜する男のいらだちをこめてしゃべる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 450
speak rapidly: 早口にしゃべる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 116
speak perfect English: 非の打ちどころのない英語をしゃべる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 238
speak one’s mind: 率直にしゃべる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 116
speak from one’s heart: 心をこめてしゃべる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 341
if I’d spoken that mouthful: あれだけ一気にしゃべったら ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 268
have been speaking for some time: 最前からしゃべっている ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
gather oneself to speak: 覚悟をきめて何かをしゃべろうとする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 278
すすめる
   
speak to sb about going to prison: 刑務所行きをすすめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 27
せりふ
   
speak kindly, but conventionally: 言葉こそ優しいが型通りのせりふだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 48
つぶやく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
のたまう
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 466
ぴしゃりという
   
She spoke as if she hadn't suggested the same thing to Rosalie herself: 似たような口を自分もロザリーにきいたことなどおくびにも出さず、ポリーはぴしゃりといった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
ふりまく
   
speak gin-sodden French: 卑しげなフランス語をふりまく ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 279
ほのめかす
   
speak warmly of ...: 〜のことをほのめかしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
もののいいかた
   
straight speaking: あけすけなもののいいかた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
ものをいう
   
Tyndall made to speak then slumped back at a sharp gesture from Starr: ティンドルはものをいいかけたが、スターの手にすばやく制され、また椅子に身を沈めた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 21
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 223
ものを言う
   
speak out strongly: ずばりとものを言う ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 396
もの言いをする
   
speak carefully: 慎重なもの言いをする アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 394

  意見をする
   
sb speak to sb about sth: (人に)(物事について)意見をする カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 40
洩らす
   
speak up: 人に洩らす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
会話
   
start speaking ... style: 〜を思わせる会話に突入する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214
言い方をする
   
speak of doing sth: えらそうに(物事をする)なんて言い方をする カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 32
言う
   
truer word was never spoken: こんなに正直なことを言ったのはたえて久しくなかった サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
speak with piercing directness: ずけずけと物を言う ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 94
speak very stiffly: 切口上に言う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 426
speak the words coolly: たいそう冷静に言う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 36
speak sharply: きびしく言う 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 156
speak badly of sb: (ひとを)悪く言う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 421
speak angrily: 怒気を含んだ声で言う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 498
speak abruptly: ポツンと言う 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
mysteriously speak in the polite tones of an adult: 妙に大人びた丁寧な口調で言う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 154
know that AA would try to make one speak: (人には)AAがそれを言わせたがっていることもわかっている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
a person’s eyes speak their own language: 目は口ほどに物を言う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 347
言ってのける
   
speak with such confidence: 自信たっぷりに言ってのける 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 236
言葉
   
speak with bittersweet enthusiasm: 熱狂的な言葉の裏に何か吹っ切れないものがある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 189
speak to sb with a truly repentant heart: 善良な心で(人の)前に懺悔の言葉を並べる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
speak again: 言葉をつぐ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 239
言葉が出る
   
can no longer speak: もう言葉は出ない マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 108
言葉をかわす
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
呼びかける
   
speak to sb: (人に)呼びかける 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 181
呼ぶ
   
have no neck to speak of: 首と呼べるほどのものがない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
御下問がある
   
speak often to sb: 何度も(人に)御下問がある スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 30
語りかけてくる
   
the eloquence of sb’s life speaks to me: (人の)生き方はわたしに雄弁に語りかけてくる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 263
語りかける
   
speak affably to sb: 愛想よく(人に)語りかける 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 114
speak about: 〜のことを語りかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
語る
   
when one speak it is in a low voice: それから声を落として語りだす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
speak with credibility to sb: (人に)真実味をもって語りかける ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 410
speak stumblingly: 口ごもりながら語る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
speak one’s mind: 真情を語る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 318
speak haltingly through nearly closed lips: ほとんど口を開かずにとつとつと語る グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 60
   
speak without inner conviction: 口ほどには本音でない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 480
口にする
   
sth that ought not be spoken of: 口にできない(物) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 311
speak one’s final words: 末期の言葉を口にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 49
never speak: 一度も口にしたことがない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
have done ill to speak of sb: (人の)ことを口にしたがために害をなした ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 99
口に出す
   
wait for sb to speak again: (人の)口を出る次の言葉を腹の中で暗に待ち受ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
do not speak: 口に出さない 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 231
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 218
口ぶり
   
speak idly: のんびりした口ぶりだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 43
口ぶりになる
   
speak more gently: いくぶん和らいだ口ぶりになる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 181
口をきく
   
When he spoke, he spoke as a man might talk to himself, aloud: 彼が口をきいたとき、それは声に出してひとりごちる人の話しかたに似ていた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 255
speak with such assurance: 自信満々の口をきく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 24
speak seldom: あまり口をきかない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
speak quietly: しずかな口をきく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 298
speak out of turn: 余計な口をきく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
probably never speak to sb again: 二度と(人に)口をきこうとしなくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
have spoken to a King: 王さまとじきじき口をきいたことのある ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 106
have not spoken before: これまでひとつも口をきかない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 38
have already spoken: 先刻口をきいた ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 116
don’t speak: 口をきかない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 325
<例文なし> 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 111
口をひらいた
   
With an effort, he spoke again: やっとの思いで、彼はまた口をひらいた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 369
口をひらく
   
When Vallery spoke, his voice was quite expressionless: ヴァレリーが口をひらいたとき、もうその声にはなんの感情もなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 140
They completed a round in silence before Enderby spoke: 無言で一周まわりおえてから、エンダビーが口をひらいた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 382
speak slowly: ゆっくりとした調子で口をひらく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
finally speak: ようやく口をひらく ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 45
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
口を開く
   
wouldn’t even have to speak: 口を開こうとさえしない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 326
When he spoke, it was with his slow, countrified drawl: 口を開いたとき、そこから出てきたのはゆっくりと間延びした、いかにも粗野な声だった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 448
口を出す
   
speak up: 口を出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 107
口を利く
   
speak to sb: (人と)口を利く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 23
begin to speak again: 突然口を利き出した 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 28
口調
   
be speaking quite seriously: 口調もまじめそのものだ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 157
口調をつかう
   
speak sternly: きびしい口調をつかう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 84
向かっている
   
speak on the phone: 電話に向かっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 320
講演する
   
come to speak to the conference: 会議で講演するために出向いてくる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 264
唆す
   
speak of espial and discovery: さぐりをいれて相手の素性を知るようにと唆す ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 94
質問する
   
speak impetuously: がむしゃらに質問する アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 238
主旨を伝える
   
speak for ...: 〜の主旨を伝える ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 144
述べる
   
speak quickly and matter-of-factly: とり急いで事実だけを述べる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 61
speak one’s mind: 意見を述べる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
心に響く
   
speak directly to sb: じかに心に響く ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 303
訊く
   
want to speak with you: きみに訊きたい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 91
   
speak with the self-congratulatory air: その声には自己満悦の響きがある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
声をかける
   
Without turning, I spoke before Glyndora could get far: 相手がまだ遠くへ行かぬうち、わたしはそっちを見ずに声をかけた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
speak to sb: (人に)声をかける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 96
speak close beside sb: すぐそばで声をかける セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 106
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
声をだす
   
speak a little louder: もうすこし大きな声をだす バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 112
声を出す
   
begin to speak: 声を出し始める セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 47
切りこむ
   
speak precisely: ズバリと切りこむ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 220
切りだす
   
speak in the calm and sweetly reasonable voice: おだやかでやさしげなわけ知りの声で切りだす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
送られる
   
speaking from ... transmitter on the artificial satellite: 人工衛星のトランスミッターから送られてくる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 31
打ち明ける
   
speak up: 打ち明ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
speak of one’s feelings: 気持ちを打ち明ける フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 419
喋りはじめる
   
speak quickly in a low voice: 早口のひくい声で喋りはじめる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 45
喋る
   
speak proudly: 得々と喋る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 152
電話口まで呼び出す
   
speak to sb: (人を)電話口まで呼び出す アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 286
答える
   
speak slowly: ゆっくりと答える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
speak in such an adult, formal fashion for a second grader: 二年生のくせになにかあまりにも大人びてきちんきちんと答える 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 43
発声する
   
the treble’s shrill tongues speaking at lead: 先手で発声する高音鐘の甲高い舌 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 58
物の言い方をする
   
be inclined to speak sharply to sb: (人に)なにかとつっけんどんな物の言い方をする アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 36
物語る
   
speak calmly and deliberately: 淡々と、詳しく物語る グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 77
聞かせる
   
speak of one’s early courtship to sb: (人の)艶めかしい回想などを(人に)聞かせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
聞く
   
speak to sb: (人に)聞く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 135
返事をする
   
neither turn nor speak: ふりむきもしなければ返事もしない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
問いかける
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 47
用語
   
Police Speak: 警察用語 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 347
   
speak no more about ...: それぎり〜について話をする機会がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 128
long spoken of and frequently postponed: 話ばかりでのびのびになっていた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 22
話し
   
love to speak: 話し好き トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 140
話しかける
   
None of Harvey's guests dared to speak for fear they might be wrong: ハーヴェイの客たちは早とちりをおそれて、だれもハーヴェイに話しかけなかった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 251
話しだす
   
speak in a softer tone: 前よりもやわらいだ口調で話しだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
Eventually, she spoke, though it seemed to require considerable deliberation: しばらくしてやっと話しだしたが、それだけでも彼女にとってはかなり決断を要するようだった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 231
話す
   
want to speak as little as ...: 〜のほうもあまり話したがっていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
speak softly: 猫撫で声で話す タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 68
speak of sth casually: 〜をこともなげに話す ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 103
speak of sb with admiration: (人)のことを賞賛の口ぶりで話す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 150
speak of ...: 〜のことを話す トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 323
speak low: こそこそと話す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 387
speak loudly and directly: まっ正面から大きな声で話す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60
speak for sb: (人に)なりかわって話す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 296
speak cryptically to sb: (人と)なにやらひそひそ話する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 283
speak briefly to sb: (人と)少し話す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 396
hate not speaking one’s mind: 自分の気持をはっきり話せないのは大嫌いだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
話をかわす
   
have not actually spoken to sf about ...: (人と)そういう話をかわす機会などもてはしない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 205
話をする
   
speak with sb privately: (人と)差し向かいで話をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 496
speak to sb of other things: (人に)色々の話をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
speak frankly: ざっくばらんに話をする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 72
finally speak with sb again: 久しぶりに(人と)話をする 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 25
be sort of on speaking terms: 会えば話をする仲だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
炙り出す
   
speak blacks and whites: 物事の黒白を炙り出す スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 20
Tweet