× Q 翻訳訳語辞典
Japanese   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
日本製
   
“--Japanese,” sb said: 「日本製でしょ」(人が)言葉を継いだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
日本人が得意な
   
Japanese awareness of the double-sidedness of things: 日本人が得意な物事の二面性の認識 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 19
日本
   
Japanese room: 日本間 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
邦...
   
be equivalent to seven hundred and fifty Japanese yen: 邦貨で七百五十円 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 65
和文
   
<例文なし> 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 141

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

traditional Japanese restaurant: 和食屋
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 33
Japanese flag: 日の丸
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 121
Japanese aesthetic sense: 日本的審美感
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
a basic mode of behavior among the Japanese: 日本人の基本的な行動様式
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 1
speak in severely broken Japanese: 片言の日本語をあやつる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 35
give a grasp of the most Japanese characteristics of all: 最も日本的な特色がつかまえられる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 6
Japanese climate: 日本という風土
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 10
be fairly commonly found among the Japanese: 日本人の間にかなり広く見られる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 123
be an extremely everyday underlying component of the Japanese mentality: 日本人の心理の根底に巣喰っている極めて日常的なもの
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 156
Japanese conduct human relations on the basis of the dual structure of tatemae and honne: 日本人は建前と本音の二本立てで人間関係を営む
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 60
defects of the Japanese: 日本人の好ましからざる特性
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 35
look up sth in a Japanese dictionary: (〜という言葉)を辞引きで引く
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 33
discover just what it was that made the Japanese what they are: 日本人の日本人たる所以を明らかにする
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 5
have not fancied anything Japanese: 日本製は敬遠してる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 177
a flimsy houses of an ordinary Japanese town: 薄ぎたない日本の街
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 81
Japanese-style freedom: 日本的な自由
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
have a small Japanese-style room: (人の)部屋は小さな日本間だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 10
Hey, are you speaking Japanese What language are you using?: ちょっと待って、あなた、どこの国の言葉使ってる?
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 15
one need only refer to Japanese history for proof that ...: 〜は、現に日本の歴史の証明するところである
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 93
Only 10 percent of Japanese firms set a similar hurdle: アメリカ企業と同じ投資基準を設定している企業は、日本ではわずか10パーセントしかない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 187
be the very image of average Japanese children: まぎれもない日本人の顔をしている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 225
psychological makeup of the individual Japanese: 日本人の精神構造
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 23
a Japanese country inn: 日本の田舎の旅館
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
large Japanese doll: 大振りの日本人形
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 113
sth still pervade the Japanese mentality: 日本人の心情の中には〜がまかり通っている
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 42
Momentum is on the side of the Japanese: まず、日本には時の勢いがある
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 364
most Japanese are ...: ふつう日本人は〜だ
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 18
peculiar nature of the Japanese psychology: 日本人心理の特異性
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 6
from a Japanese perspective: 日本の感覚では
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
Even today, Japanese know precious little about sheep: そして今日でもなお、日本人の羊に対する意識はおそろしく低い
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 176
speak the most primitive Japanese: 日本語は片言しかしゃべれない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 107
special qualities of the Japanese psychology: 日本人心理の特性
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 7
be the psychology underlying Japanese group-ism: 日本人の集団指向性を裏付ける心理である
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 54
reflectively asnwer “No! Japanesein such stentorian tones: 反射的に「ノオ、ジャパニーズ」とかなり大きな声で言う
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 68
remote from everyday Japanese reality: 日本人離れして
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 12
a rough Japanese sea: 荒々しい日本の海
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
"--Japanese," Norris said: 「日本製でしょ」ノリスが言葉を継いだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
two Japanese girls seemingly by themselves: 日本娘の二人連れらしいの
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 66
within a Japanese setting: 日本の風土のなかで
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 7
structure of Japanese society as a whole: 日本の社会構造
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 23
the sunfish (manbo in Japanese)--a silvery-white specimen: マンボウという更に奇態な銀白色の魚
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 92
Nikon-toting Japanese: ニコンを抱いて旅する日本人観光客
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 60
un-Japanese:非国民的な
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 53
well-made Japanese products: すぐれた日本製品
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 38
Japanese are characterized by “group-ism”, while Americans are individualistic: 日本は集団主義的でアメリカは個人主義的である
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 53
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!